ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

走りの良さが魅力のワゴンRスティングレーをリースで利用するメリットとは?

走りの良さが魅力のワゴンRスティングレーをリースで利用するメリットとは?

出典:スズキ「ワゴンRスティングレー」外観

押し出しの強い迫力のあるエクステリアが印象的なスズキ「ワゴンRスティングレー」は、ベースモデルであるワゴンRよりも車両価格が高額なこともあり、購入するとなるとためらいを感じてしまうこともあるかもしれません。

そんなときはカーリースの利用を考えてみてはいかがでしょうか。カーリースならば頭金や初期費用が必要なく、車に関する税金や自賠責保険料などがコミコミになった月々のリース料金のみでワゴンRスティングレーをマイカー感覚で使用することができるのです。
ここでは、ワゴンRスティングレーに乗るのであればカーリースがおすすめである理由を紹介します。

ワゴンRスティングレー

カーリースだとワゴンRスティングレーに月々19,590円(税込)から乗れる!

カーリースは車のサブスクリプションサービスです。
サブスクリプションとは、携帯電話や音楽配信サービスなどのように毎月定額制で契約して利用するしくみのこと。そのため、車の所有者はリース会社ですが、利用者は車をマイカーのように自分だけの物として自由に利用できたり、乗りたい新車を選ぶことができたりするのが大きなメリットです。
まずは、カーリースがお得な理由や契約年数ごとのワゴンRスティングレーの金額などをご紹介します。

カーローンよりお得に車に乗れるカーリース

カーローンとは、車の購入時に金融機関などからお金を借入れて組むローンのこと。カーリースは、所有者であるリース会社に使用料を払う車の利用方法です。買ったお金を分割して払うものと使用料を毎月払うものといった違いです。
月々の支払いにも差があります。カーローンでは借入れた車両価格を分割して返すだけですが、カーリースでは車両使用料のほかにも税金や自賠責保険料などの維持費も含まれています

カーリースと購入ってどっちがお得?シミュレーションで比較してみた!

契約年数ごとのワゴンRスティングレーの料金は?

カーリースでは契約年数の長さによって月々のリース料金は変わり、原則としては契約期間が長くなればそれだけ月々の料金は安くなります。契約年数によってどの程度月々の料金に差が出るのか、カーリースの定額カルモくんのワゴンRスティングレーの料金を基に確認してみましょう。なお、グレードは「HYBRID X」の2WD車で、ナビや有料ボディカラーなどのオプション、メンテナンスプランは追加しないものとしています。

契約年数月額料金(税込)
11年19,590円
10年20,910円
9年22,120円
8年23,990円
7年26,300円
6年27,950円
5年30,150円
4年34,440円
3年39,115円
2年51,325円
1年82,455円
*2022年7月の金額です

ワゴンRスティングレーの金額をシミュレーションしてみる

リースでワゴンRスティングレーを手に入れるメリットとは?

カーリースがいい

リースは月々の支出を抑えて車を利用することができることや、ライフステージに合わせて乗り換えができるなどさまざまなメリットがあります。そのほかにも、リースでワゴンRスティングレーを購入する上で知っておきたいメリットをみていきましょう。

リースの場合、月々の料金は返却時の価値(残価)を基に算出されます。そのため、車両価格から残価を引いた金額を契約期間で割って支払っていくため、月々の料金を安く利用することができます。

1. 定額で利用できる

車を維持するためには、税金や保険料、メンテナンスなどさまざまな費用が発生します。しかし、リースでは月々の支払金額にそれらの費用が含まれているため、急な出費の心配がありません。契約期間中はずっと定額で利用できるので、家計管理のしやすさも特徴のひとつです。

2. 頭金や初期費用がいらない

ずっと定額

車を購入するためには、頭金や初期費用が必要となりますが、リースではそれらの費用も必要ありません。そのため、まとまった費用を用意することが難しいときでも、リース契約をすることができます。

3. 経費として計上できる

通常、車などの高額な買い物を経費として申告する際には、まとめて計上することはできません。しかし、リースは定額制サービスと同様に経費として計上することが可能です。(業務で使用した場合に限ります)

ほかにもカーリースのメリットとしては、以下のようなものがあります。

  • 新車に乗れる
  • 手続きが簡単
  • メンテナンスも定額にできる(リース会社による)
カーリースのメリットや詳しい内容について知りたい方はこちらもご覧ください。

カーリースとは?本当のメリット・デメリットと車のリースを徹底解説!

早速カーリースのサイトを確認する

カルモくんなら新車が

デメリットもしっかり把握しておこう

好きな新車にお得に乗れるカーリースですが、いくつかデメリットもあります。

・走行距離制限がある
リース会社ごとにひと月の走行距離制限が設けられており、超えた場合は超過分の料金や、残価の低下相当額の負担が発生することがあります。
なお、カーリースの定額カルモくんの走行距離制限は月1,500㎞と高めに設定されているので、日々の買い物や年に数回の旅行程度であれば超える心配はほぼありません。また、走行距離無制限のオプションもあるので、さらに安心してお使いいただけます。

・返却時には原状回復が必要
カーリースでは、契約期間満了時に車をリース会社へ返却します。その際、傷やへこみなどを修復して原状回復する必要があります。そのため、カーリースでは元に戻せないようなカスタマイズも行えません。
なお、カーリースの定額カルモくんでは、契約満了時にそのまま車がもらえるオプションを準備していますので、返却時のことを考えて使用することもありません。返却や乗換えを希望の場合は、メンテナンスプランをつけることで原状回復費用も補償されます。

・中途解約が原則できない
カーリースの利用料は、本体価格から残価を引いた金額を契約年数で割っているため、中途解約をすると残りの金額を一括請求されることがあります。
カーリースを検討するときは、デメリットもしっかりと把握しておくことが大切です。

「ワゴンRスティングレー」は本当にあなたに合う車なのか。ワゴンRスティングレーを徹底的に紹介!

「ワゴンRスティングレー」は本当にあなたに合う車なのか。出典:スズキ「ワゴンRスティングレー」外観

スズキ「ワゴンRスティングレー」は、元祖軽ハイトワゴンである「ワゴンR」の派生モデルとして2007年に登場したエアロ系モデルで、現行モデルは2017年2月に登場したワゴンRとしては6代目、ワゴンRスティングレーとしては4代目にあたります。

カーリースでの車選びに悩んでいる方やワゴンRスティングレーについてもっと知りたい方のために、ここではワゴンRスティングレーの燃費やグレードなど、ワゴンRスティングレーの魅力を紹介しましょう。

ワゴンRスティングレーの魅力とは?

ワゴンRスティングレーは、ワゴンRならではの広い室内空間や使い勝手の良さはそのままに、エアロ形状の前後バンパーやメッキ加飾とブラックパール塗装のフロントグリルなどをまとい、存在感と迫力を強めた押し出しの強いエクステリアデザインが特徴です。

また、現行型のワゴンRスティングレーはモーター走行が可能なマイルドハイブリッドシステムを搭載し、優れた燃費性能を実現しているのも魅力のひとつといえるでしょう。

ワゴンRスティングレーのグレードは?

車はグレードによって搭載される装備内容が異なることがほとんどです。そのため車を選ぶ際にはグレード構成を把握し、グレードごとの特徴を理解することが大切です。

ワゴンRスティングレーのグレード構成は非常にシンプルで、「HYBRID X」と「HYBRID T」の2種類のみとなっています。グレードごとにパワートレインが異なり、「HYBRID X」はNAエンジン、「HYBRID T」は最高出力64psを発揮するターボエンジンが搭載されます。

ワゴンRスティングレーは元々ワゴンRの上級エアロモデル、という位置付けにある車種なので、グレードを問わず装備内容は充実しているのが特徴です。

「HYBRID X」では携帯リモコンを身につけておけばその都度キーを取り出さなくてもドアの解錠や施錠ができ、エンジンもスイッチで始動することができるキーレスプッシュスタートシステム(スマートキー)やエアフィルター付きのフルオートエアコン、全面UVカット機能付きガラスや分割可倒式リアシートなど、新型車に期待したいものはほぼ標準装備されています。

さらに軽自動車では上級グレードのみに搭載されることが多いLEDヘッドランプやLEDポジションランプ、LEDフォグランプが装備されているのもエアロモデルならではといえるでしょう。もちろんスズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」も標準装備されています。

足回りは155/65R14ラジアルタイヤに、エアロモデルらしく14インチのアルミホイールとなっています。

ターボエンジンを搭載する「HYBRID T」では、エンジンのポテンシャルを活かすためフロントにはベンチレーテッドディスクブレーキが装備されているほか、マニュアル感覚の走りを楽しめるパドルシフトが標準装備になります。

タイヤやホイールもインチアップし、165/55R15ラジアルタイヤに15インチのアルミホイールが組み合わされ走りの安定感を向上させるとともに、ルックスにも迫力をプラスしているのがポイントです。

そのほかの快適装備などは「HYBRID X」とほぼ変わりありません。

さらに詳しくグレードの情報を見るならこちら

ワゴンRスティングレーの内装は?

ワゴンRスティングレーの内装は出典:スズキ「ワゴンRスティングレー」室内空間

現行型のワゴンRスティングレーでは、スズキの新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」の採用によりエンジンルームが従来モデルよりも縮小され、軽ワゴンNo.1(*2019年12月、スズキ調べ)の室内長2,450mmを実現。それにより狭くなりがちな後席でも大人がゆったりと足を伸ばして座れる空間を確保しました。

インテリアデザインはグレードによる差はほとんどなく、ブラック基調のすっきりとしたシャープな仕上がりとなっています。一般的にエアロモデルはエクステリアのイメージをそのままインテリアにも反映し、加飾類を多用したきらびやかで派手な仕上がりになっているものが多いですが、ワゴンRスティングレーではメッキ加飾などはそれほど使用されておらず、大人の雰囲気を感じさせる落ち着いたインテリアデザインであるといえるでしょう。

幾何学模様をあしらったファブリックのシートがシンプルなインテリアのアクセントとなっている印象です。

インパネにはダークバイオレットパールにシルバー加飾をあしらったカラーパネルを採用することでブラック一色の室内空間にわずかな色気をもたらしており、抑えた華やかさを感じさせます。

座席周りの収納は充実しており、カードホルダーなど、こまごましたものの収納場所が確保されているほか、運転席前のインパネアッパートレーや助手席前のオープントレー、助手席シートアンダーボックスなど、軽自動車ならではの使い勝手の良さを考えた収納が用意されています。

また、リアドアには傘を立てた状態で収納でき、傘についた水滴は車外に排出されるアンブレラホルダーを装備。スズキならではのユニークな収納です。

さらに詳しく内装の情報を見るならこちら

ワゴンRスティングレーの燃費は?

燃費は必ずチェックしたい車選びの重要ポイントのひとつ。現行型のワゴンRスティングレーでは、全車にISG(モーター機能付き発電機)によって減速エネルギーを利用して発電し、その電力を活かして加速時にモーターがエンジンアシストを行うマイルドハイブリッドシステムを搭載することで低燃費を実現しています。

また、停車前の減速時からエンジンをストップさせてガソリンの消費を抑え、実燃費向上に貢献する「新アイドリングストップシステム」を採用しているほか、2020年1月の一部仕様変更において、NAエンジンは熱効率向上技術を搭載した新開発の直列3気筒DOHCエンジン(R06D型)を採用しました。

さらにスムーズな加速と燃費性能向上に貢献する新開発CVTを組み合わせたことにより、ワゴンRスティングレーは軽ワゴンNo.1、軽ワゴンターボ車No.1(*2019年12月、スズキ調べ)の低燃費を実現しているのは特筆すべきポイントでしょう。

ワゴンRスティングレーのWLTCモードカタログ燃費と実燃費は以下のとおりです。

駆動方式WLTCモードカタログ燃費実燃費
2WD23.4~25.2km/L20.6km/L
4WD21.8~24.2km/Lデータなし

 

WLTCモード燃費は、信号や渋滞などの影響を受ける市街地モード、信号や渋滞などの影響を受けにくい郊外モード、高速道路での走行を想定した高速道路モードの3つのモードでの計測値を平均的使用時間配分で構成したもので、日本だけでなく国際的に使用されている燃費の計測方法です。これまで日本で使用されてきたJC08モード燃費よりもカタログスペックは低くなる傾向があります。

WLTCモード燃費は実際の車の使用環境により近い方法で計測されていますが、実燃費とまったく差がないというわけではありません。運転の仕方や走行環境にもよりますが1~1.5割程度の差が出ることが多いようです。

その点を踏まえると、ワゴンRスティングレーの実燃費とカタログ燃費の差は平均値よりも若干大きい状態であるといえるでしょう。

さらに詳しく燃費の情報を見るならこちら

ワゴンRスティングレーの安全性能は?

ワゴンRスティングレーはスズキの主力車種であるワゴンRの派生モデルだけに、安全性能にも力が入っている印象です。現行型のワゴンRスティングレーは全車において単眼カメラと赤外線レーザーレーダーの2種類のセンサーを併用した検知システムを採用するスズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」を標準装備し、政府が普及を推進する先進安全装備を搭載した車「サポカー」の中でも最も装備内容が充実した上位の分類である「サポカーSワイド」に適合しているのは評価できるポイントです。

ワゴンRスティングレーに搭載される「スズキ セーフティ サポート」には、車両に加えて歩行者の検知ができる衝突被害軽減ブレーキである「デュアルセンサーブレーキサポート」や後退時に障害物を検知し、障害物の位置をドライバーに知らせるとともに衝突の危険が生じればブレーキ制御が入る「後退時ブレーキサポート/リヤパーキングセンサー」、ペダル踏み間違い時の飛び出し防止をサポートする「誤発進抑制機能(前方・後方)」、車線逸脱の危険やふらつきを検知すると警告を発する「車線逸脱警報機能」や「ふらつき警報機能」、「先行車発進お知らせ機能」、必要に応じて自動でハイビームとロービームを切り替える「ハイビームアシスト」が含まれています。

さらにオプションで車両の周囲の状況をモニターしてナビ画面に映し出し、安全確認をサポートする「全方位モニター用カメラ」や、ダッシュボード上に車速などの運転に必要な情報を映し出す「ヘッドアップディスプレイ」も追加可能です。

ワゴンRスティングレーの安全性能について、詳しくはこちら

ワゴンRスティングレーは軽自動車としての実力とエクステリアデザインにこだわる方におすすめ!

ワゴンRスティングレーはベースモデルであるワゴンRの室内空間の広さや使い勝手の良さ、優れた燃費性能はそのままに、迫力のある押し出しの強いエクステリアデザインとなっているのが持ち味のモデルです。

エクステリアのデザインにこだわりたいけれども、軽自動車としての実力も高い車が欲しい、という方にはぴったりでしょう。充実した先進安全装備を有しているので、安全性能に妥協したくない方にもおすすめです。

ワゴンRスティングレー

「ワゴンRスティングレー」をリースするには?

「ワゴンRスティングレー」をリースするには?出典:スズキ「ワゴンRスティングレー」外観

個人向けのカーリースサービスにはさまざまな種類があります。リース会社ごとに取り扱っているメーカーや車種、契約年数などが異なるため、どれを選んでいいかわからないという方もいるのではないでしょうか。
そんな方のために、ワゴンRスティングレーを取り扱っているリース会社や実際にカーリースを契約する際に気を付けたいこと、カーリースの利用の流れをご紹介します。

ワゴンRスティングレーを取り扱うリース会社

・カーコンカーリース「もろコミ」
カーコンビニ倶楽部のカーリースサービス「もろコミ」は、軽自動車から商用車までさまざまな車種を選ぶことができます。また、契約期間は7年の「もろコミ7」と9年の「もろコミ9」の2種類から選択が可能です。オプションプランには、カーナビやETCなどドライブに欠かせない設備がセットになったカーアクセサリーセットや、車の維持に欠かせないメンテナンスパックなども用意されています。

・コスモMyカーリース
コスモ石油のカーリースサービス「コスモMyカーリース」では、ガソリンスタンドの燃料油割引がついているのが特徴です。メンテナンスパックなしの場合は1円/L割引、メンテナンスパックのレベルごとに最大5円/Lまで割引が設定されています。また、リース期間は3年、5年、7年の3つの期間から選ぶことができ、頭金やボーナス払いの有無も選ぶことができるため、契約時の状況にあわせて選ぶことができます。

・おトクにマイカー 定額カルモくん

カルモくん_new

おトクにマイカー 定額カルモくん」は、審査申し込みまでをオンラインで手続きが可能なため、忙しい方にもおすすめ。また、主要国産メーカーの人気車種がそろっているので、上位グレードなど、ほかのリース会社にはない車種も選択が可能です。
また、契約期間も最短1年から11年と幅広く、ライフプランに合わせやすい契約スタイルになっています。維持費が心配な方は、整備や車検基本料などもカバーできる定額制プランも用意されているので、安心してカーライフが楽しめます。

リース会社選びはオープンエンドとクローズドエンドに気を付けて

カーリースの契約形態にはオープンエンドとクローズドエンドという2種類があり、契約方法によって追加精算が発生する可能性があります。そのため、契約時にしっかり確認しておくことが大切です。

・オープンエンド契約
オープンエンド契約の場合、リース契約終了時の車両の価値(中古車として売却した場合の価格)を見込んだ金額(残存価格)を車両価格から差し引いて月額料金を算出します。そのため、カーリースの月額料金が安くなっています。
しかし、車の価値は年数や走行距離が増える度に減少します。ですから、残存価格を高く見積りすぎている場合は、追加精算が発生する可能性があります。実際に、オープンエンド契約を採用しているリース会社とのトラブルで、返却のタイミングの価値が想定より下がったなどの理由で高額な追加精算を請求してくるというケースもあるので注意しましょう。

・クローズドエンド契約
クローズドエンド契約は、追加精算がない契約方法です。オープンエンド契約と同様にリース契約終了時の車両の価値はあらかじめ設定しますが、市場価格の変動を理由にした追加精算は行いません。そのため、契約時に残存価格の明示をすることもありません。なお、「おトクにマイカー 定額カルモくん」では、クローズドエンド契約を採用しているので、安心してご利用いただけます。

リースを利用するときの流れ

一般的にリースの申込みはオンラインや電話などで行われます。また、審査には2〜3日、新車の納車の場合は車種によりますが1ヵ月半~2ヵ月程度かかることが多く、郵送での書類のやりとりもあるため、余裕を持って手続きをするのがおすすめです。
ここでは、「おトクにマイカー 定額カルモくん」での申込みの流れを基に、リースを利用するときの流れをご紹介します。

<リースの流れ>

  1. 車を選ぶ
  2. オンライン見積りで費用感を確認
  3. 審査申込み
  4. 審査通過後、車種やオプションの決定
  5. 契約書を自宅に郵送
  6. 返信用封筒を使って契約書を返送
  7. 契約締結
  8. ディーラーより納車日や必要書類の連絡
  9. 自宅へ納車

定額カルモくん利用の流れを詳しく知りたい方はこちら

おトクにマイカー 定額カルモくんの自信

さまざまなリース会社がありますが、国産メーカー全車種を取り扱う「おトクにマイカー 定額カルモくん」なら、どのグレードやカラーのワゴンRスティングレーでも契約が可能。月々19,590円(税込)からワゴンRスティングレーに乗ることができます
そのほかにも、オプションプランで車検などのメンテナンスも定額制にできることや、契約満了時に車がもらえるオプション「もらえるオプション」など、知っておきたい定額カルモくんの魅力をご紹介します。

カルモくんでできること

国産メーカーの全車種から選べる!

定額カルモくんでは、国産メーカーの全車種を取り扱っており、メーカー保証付きのディーラーの新車に乗ることができます。
グレードやボディカラー、オプションも自由に選択・カスタマイズできるため、マイカーのように自由にカーライフをお楽しみいただけます。
また、どんな車を選んで良いかわからないという方は、車選びのプロが希望条件などをもとにアドバイスしてくれるので、ライフプランや生活スタイルに合った最適な1台を見つけられるはずです。家族や友達と大人数で出かけたい、趣味に使いたい、とにかく安く車が欲しいなど、車のことなら何でも気軽に相談してみましょう。

頭金不要、充実したメンテナンスプランも用意

「おトクにマイカー 定額カルモくん」では、頭金などの初期費用、ボーナス払いは不要のため、月々の利用料金のみでリースが可能
カーリース料金には、自動車税(種別割)や自動車重量税などの税金、自賠責保険料などが含まれているので、急な出費もなく、家計管理も簡単です。さらに、定額カルモくんでは選べるメンテナンスプランを用意しています。メンテナンス料金を定額にできるだけでなく、指定の大手整備工場などで車検や点検を行うことができるため、お店を探したり手続きをしたりなどの手間も省くことができます。

・シルバーメンテプラン
シルバーメンテプランは、カーリース契約に必須となる返却時の原状回復や車検基本料・法定費用、法定12ヵ月点検、エンジンオイルやオイルフィルターの交換がついています。原状回復費用や車検基本料・法定費用などは、車の維持費の中でも高額となる可能性があるため、月々の支払いに組み込んでおくと安心です。

・ゴールドメンテプラン
シルバーメンテプランの内容からさらに充実したゴールドメンテプランでは、タイヤのメンテナンスやブレーキオイル・パッドの交換、バッテリーの交換費用、その他消耗品の補充、交換費用などが含まれています。車のメンテナンスに必要な内容がほとんど組み込まれているので、初めて車を持つ方にもおすすめのプランです。

・プラチナメンテプラン
プラチナメンテプランではゴールドメンテプランの内容にメーカー一般・特別保証対象部品の延長保証が追加されます。万一のトラブルが起こっても延長保証で契約満了時までしっかりカバーできるので、長期間の契約であっても安心して利用できるメリットがあります。

もっと詳しくメンテナンスプランについて知りたい方はこちらをご覧ください。

そして、カーリースの概念を変える「もらえるオプション」

カーリースの大きなデメリットといわれていた契約満了時の車の返却ですが、定額カルモくんでは、カーリース契約満了後に車がもらえるオプションプランをご用意しています。月額料金に500円プラスすることで、オプションの「もらえるオプション」に加入が可能。加入条件は、契約期間7年以上、対象車種(軽自動車とコンパクトカー)のご契約が対象となっています。リース契約満了後の追加料金もなく、リース車をマイカーとして使い続けることができる新しいカーリースのプランです。

ワゴンRスティングレーに乗るなら定額カルモくんで決まり!

ワゴンRスティングレーはワゴンR譲りの広い室内空間と優れた燃費性能を持つと同時に、エクステリアデザインにこだわりを感じさせるエアロモデルです。
そんなワゴンRスティングレーに乗ってみたいとお考えであれば、新しい車の乗り方であるカーリースを利用してみてはいかがでしょうか。
カーリースでは頭金や初期費用が不要で、税金などの維持費はリース料金に含まれているので定額制で新車のワゴンRスティングレーに乗ることができます。
さらに「おトクにマイカー 定額カルモくん」なら、「もらえるオプション」を追加して契約満了時には車をもらえたり、メンテナンスプランを追加してメンテナンスの費用も定額制にしたりすることが可能なのです。

メリットがいっぱいの「おトクにマイカー 定額カルモくん」で、ワゴンRスティングレーに乗ってみませんか?

よくある質問

Q1:ワゴンRスティングレーのリース料金は月額どのくらい?

A:カーリースの月額料金は契約期間が長ければ長いほど安くなるのが一般的です。業界最長(*2020年3月、定額カルモくん調べ)の11年の契約期間の設定がある「おトクにマイカー 定額カルモくん」なら、最長の11年でご契約いただくと月額10,000円台で新車のワゴンRスティングレーに乗ることができます。

Q2:ワゴンRスティングレーをリースするメリットは?

A:カーリースでは頭金や初期費用が不要、月々のリース料金の支払いのみで新車のワゴンRスティングレーに乗れるのが最も大きなメリットでしょう。「おトクにマイカー 定額カルモくん」であればクローズドエンド契約を採用しているので、契約満了時の残価精算の心配がないのも魅力です。さらに「もらえるオプション」を追加すれば、最終的には車をもらうこともできます。

Q3:ワゴンRスティングレーはどんな方におすすめの車?

A:ワゴンRスティングレーはベースモデルであるワゴンR譲りの広い室内空間と軽ワゴン・軽ワゴンターボNo.1(*2019年12月、スズキ調べ)の優れた燃費性能や使い勝手の良さはそのままに、エアロパーツを装着し迫力のあるエクステリアとなっているのが魅力のモデルです。エクステリアデザインにこだわる方はもちろん、軽自動車としての確かな実力を持つ一台を探している方におすすめです。

※記事の内容は2021年1月時点の情報で執筆しています。

スズキワゴンRスティングレーの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のスズキワゴンRスティングレーの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
読了後バナー