審査なしで契約できるカーリースはある?審査を受ける際のポイントも紹介

審査なしで契約できるカーリースはある?審査を受ける際のポイントも紹介

カーリースは、月々定額の利用料の支払いだけで車を利用できるとても便利なサービスです。
ただし、利用にあたっては、車を購入する場合のカーローンと同じように「審査」があるのが一般的です。
ここでは、審査なしで利用できるカーリースはあるのか、審査に通るか、通らないかを決める基準は何なのか、審査に通るにはどんな点に気を付ければいいのかを紹介していきます。

「審査なし」のカーリースはある?

カーリースは「利用者が選んだ新車をカーリース会社が購入した後、契約期間を設定して利用者に貸し出し、利用者はその車を利用する代わりに、毎月カーリース会社に使用料を払う」というサービスです。
ここで、カーリース会社の立場を考えると、一番避けたいのは「車を提供したのに、利用者がリース代金を払ってくれない」という事態でしょう。ですから、カーリース会社は契約を結ぶ前に審査を行い、リース代を払ってもらえないリスクがあるかどうかを判断しています。
そのため、まったく「審査なし」で利用できるカーリースは基本的にはありません。
もし、そういったところがあるのであれば、利用する前にどのようにそのリスクを回避しているのかを聞いてみることをおすすめします。

審査なしのカーリース会社ではなく、審査に通りやすい、言い換えると審査に甘いカーリース会社を探すほうが、何かと安心かもしれません

まずは審査

審査の基準はカーリース会社によって違う

審査なしで利用できるカーリース会社はありませんが、審査基準のきびしさについては会社によってバラつきがあります。
多くのカーリース会社では、審査は信販会社(クレジットカード会社のような会社)が行っています。
この場合の審査基準は一般のカードローンや自動車ローンとほぼ同等で、収入や信用情報などに基づいて、月々の支払いがきちんとできそうな人物かどうかが判断されます。

一方、カーリース会社の中には、信販会社を通さずに自社独自の基準で審査を行っている会社も存在します
こちらは信販会社より基準が甘く、信販会社に任せる大手カーリース会社に比べれば審査に通りやすいのが特徴です。ただ、中古車のみなど大手に比べればサービスの面では劣っている場合が多く、金利も高くなる傾向にあります。

カーリースの審査基準

カーリースの審査基準

カーリースの審査で見られているのは、次のような項目です。

年収

「年収○○万円以上」と明確な規定が設けられていることは少ないですが、年収200万円以上がひとつの基準になるといわれており、これを下回ると審査に通りにくくなります。ただ、ほかの項目の状況や毎月のリース料金とのバランスも考慮されるので、年収200万円未満だから絶対に通らないというわけではありません。
例えば、定期収入を持たない主婦・主夫や年収200万円に届かないアルバイト勤務であっても、しっかりした保証人がいる、担保にできる不動産があるなどの事情があれば審査に通りやすくなります。

信用情報

過去に自己破産や任意整理をしている場合、その「事故情報」が信用情報機関に登録されている5年間(自己破産は10年間)のあいだは、ローン審査に通るのが極めてきびしくなります。クレジットカード利用分の払い忘れなどで、何度も延滞を起こしている場合も同様です。
また、すでにカードローンやクレジットカードのキャッシング、住宅ローン、英会話教室の分割払いなどで多額の借入れがある方、高額のリボ払い残高や税金の滞納がある方も審査で不利になります。

職業

フリーターや自営業者、非正規雇用で働いている場合は、たとえ年収額は高くても安定していないとみなされやすく、審査では不利になりがちです。特に、自営業者で税金対策として所得を低く抑えている人は注意が必要です。逆に、公務員や正社員であれば安定収入があるとみなされるため、審査では有利になります。

なお、個人事業主で事業用の車をカーリースで利用したい場合は、審査申込みの条件などが個人と異なる場合があります。法人・個人事業主向けのサービスを確認してみましょう。

一本化 法人

勤続年数

3年間以上同一の勤務先に勤めていると、安定性が高いとみなされて審査で有利に働きます。逆に1年未満だと安定性が低いとみなされ、不利になりがちです。

その他の要件

自宅は持ち家か賃貸か、連帯保証人がいるか、審査報告時に虚偽の申告をしていないかなども審査結果に影響します。
虚偽申告が見つかった場合は、ほかの内容にかかわらず審査に落ちることがほとんどです。

通常記事_コミコミ1万円バナー

審査を通過するためのポイント

審査を通過するためのポイント

審査を通過するためには、先に紹介した審査基準のポイントを踏まえて対策をすることが大切です。具体的には、次のような点に気を付けてみてください。

月々の収支バランスを確認する

「収入や資産状況から考えて、月々これだけの利用料を支払うのは無理では?」と判断されると、審査に落ちる原因になります。車を借りれば月々駐車場代やガソリン代もかかることを踏まえた上で、月々の収支バランスが取れる範囲の利用料に抑えることが大切です。

税金や携帯、クレジットカードなどの料金支払いに遅延がないか確認する

税金やクレジットカードの料金が支払い遅延状態になっていると、審査に落ちる原因になります。もし支払っていないものがあるなら、審査を受ける前に精算しておくのがおすすめです。

自分の信用状態を確認する

自己破産や支払い遅延の経験があり、その情報が信用調査会社のブラックリストに載っていると、それだけで審査で大きく不利になります。
少額キャッシングの返済し忘れなど、自分でも知らないうちにブラックリストに載っている場合もあるので、気になることがあるなら一度自身の信用状態を調べておくのがおすすめです。
信販会社が使う信用調査会社としては、CIC(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関)やJICC(指定信用情報機関 株式会社日本信用情報機構)、JBA(全国銀行個人信用情報センター)があり、自身についてどのような情報が登録されているのか、情報開示を求めることができます。

あなたは審査に通る?

ここまで、審査前に行うことを説明してきましたが、まずは一度、試してみるのもよいでしょう。
おすすめとしては比較的安い車種で試してみることです。実際にそうしてまずは審査に通るか試し、審査通過後に車種を変えるという方法をとっている方も少なくありません。

まずは審査

審査に通らなかった場合の対処法

審査に通らなかった場合の対処法

審査に通らなかった場合、状況を変えないまま再申請を行っても結果が変わることはほぼありません。次のような方法で状況を変えてみると良いでしょう。

審査が不利になる要因を解消する

税金やクレジットカードの未払いがある、自己破産から10年経っていない、カードローンの借入れがある、勤務先での勤続年数が1年未満など、審査が不利になる要因があった場合は、まず原因を解消しましょう。その後で再審査を申し込めば、今度は通る可能性は十分あります。
ただ、一度目の申請からあいだを空けずに申し込んでもきびしい結果となる場合がほとんどなので、少し時間を置いてから申請するのがおすすめです。

連帯保証人をつける

収入や信用状態に不利な点があっても、しっかりした保証人がいる、担保となる不動産があるなど、ほかにプラスの要素があれば審査に通る可能性はあります。特に、カーリース会社から提案があった場合には、保証人をつけることで審査に通る可能性は高いです。

カーリース会社を変える

信販会社を通さず自社で審査を行っている会社は、信販会社を使う大手カーリース会社に比べれば審査基準が甘めです。そのため、大手カーリース会社の審査には通らなくても、自社審査の会社であれば審査に通ることは珍しくありません。ただし、サービス内容の違いや金利の高さには注意が必要です。

一本化新キャンペーンバナー

カーリース会社選びは慎重に

カーリースサービスを利用するには、審査に通過しなければいけません。自社基準で審査を行うカーリース会社のほうが、審査には通りやすいですが、信販会社の審査に比べて金利が高い、月々の車の利用料が高い、中古車に限られるなどのデメリットもあります。信販会社の審査でも、ポイントをしっかり踏まえておけば通る可能性は高くなります。カーリース会社を選ぶときは、審査の通りやすさだけでなく、総合的に判断してみてください。

よくある質問

Q1:カーリース審査では何をチェックされるの?

A:カーリースの審査項目は一般的なローン審査とあまり変わりません。年収や職業、勤続年数、信用情報などのほかに持ち家かどうか、虚偽申告がないかなどもチェックされます。

Q2:カーリースの審査基準に差はある?

A:どのカーリース会社でも審査はありますが、審査基準は会社によって異なります。審査の厳しさについてはリース会社によって差があると言えるでしょう。

Q3:カーリースの審査に通らない時はどうしたらいい?

A:信用情報に問題がある、勤続年数が短いなどの審査に不利になる原因がある場合には、まずその原因を解消してから再審査を申し込みましょう。カーリースでは連帯保証人をつけることで審査に通ることもあります。また、審査の厳しさはカーリース会社によって異なるので、カーリース会社を変えるのもひとつの方法です。

Q4:審査に通るための対策を教えてください

A:月々の収支バランスを確認し、駐車場や燃料費なども考慮に入れて、無理なく支払える範囲の車種を選びましょう。また、自分の信用状態を確認しておいたりクレジットカードや携帯料金などの支払い遅延は審査前に清算したりしておくことも大切です。

※記事の内容は2019年9月時点の情報で執筆しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

pr