カーリースとレンタカー、カーシェアリングの違いとは

カーリースとレンタカー、カーシェアリングの違い
カルモくんなら新車が

「カーリース」「レンタカー」「カーシェアリング」は、いずれも、自分で購入することなく車に乗れるサービスですが、内容はまったく異なります。
3つのサービスを賢く使い分けるには、それぞれの特徴をよく理解しておくことが欠かせません。
そこで、それぞれの違いや特徴、メリット・デメリットを、利用期間や料金など8項目に分けて詳しく解説します。また、自身に合ったサービスの選び方についてもご紹介します。

近年利用者が急増中の、貯金ゼロでも新車に乗れる方法はこちら

【この記事のポイント】
✔カーリース、レンタカー、カーシェアリングにはそれぞれ違う特徴がある
✔3つのサービスのメリット・デメリットを知れば、上手に使い分けられる
✔おトクにマイカー 定額カルモくんなら、自分の車にできるプランがある

コミコミ1万円バナー

カーリース・レンタカー・カーシェアリングの違いは?

「カーリース」「レンタカー」「カーシェアリング」は同じ「車を借りる」乗り方ですが、特徴がまったく異なるため、利用の際は事前にしっかり把握しておくことが大切です。
まずは契約期間や利用期間、料金形態などから、それぞれの違い、メリット・デメリットを見ていきましょう。

〈カーリース・レンタカー・カーシェアリングの違い〉

 カーリースレンタカーカーシェアリング
利用期間年単位で選べる
契約期間中は
いつでも利用可能
数時間~数日短時間(10分~数時間程度)
※貸し出し中の場合は利用不可
料金体系月額定額利用時間(日数)分の支払い月会費、利用時間、
走行距離分の支払い
諸税・自賠責保険すべて月額料金に含まれる
※リース会社による
支払い義務なし支払い義務なし
車の名義所有者はリース会社
使用者は契約者本人
所有者、使用者ともに
レンタカー会社
所有者は会社
使用者は契約者本人
車種選択新車を自由に選べる
(リース会社が用意している車種から選べる)
レンタカー会社が用意しているものから選択カーシェアリング会社が用意しているものから選択
燃料費契約者負担契約者負担不要
駐車場代契約者負担契約者負担契約者負担
ナンバープレート通常のナンバー「わ」または「れ」ナンバー「わ」ナンバー

 

さまざまな違いがありますが、とくに利用期間や料金形態に大きな特徴があることがわかります。
それぞれの項目について詳しくご説明します。

契約期間、利用時間

契約期間、利用時間

契約期間や利用時間はいずれも利用者の都合で決められますが、選べる範囲に違いがあります。

カーリース

カーリースでは、多くの場合年単位で車の利用契約を結びます。「リース」というのは、機械や設備を長期間賃貸することを指す言葉です。

レンタカー

レンタカーの場合、数時間から数日、長くても1ヵ月程度の利用が一般的です。
旅行やドライブなど、期間の決まっている用途によく利用されます。

カーシェアリング

カーシェアリングでは、10分など、短い単位で予約することができます。1時間未満や数時間程度の短時間の利用がほとんどです。
そのため、近所への買い物や送迎などのシーンで利用されています。

料金体系

料金体系は、カーリース、レンタカー、カーシェアリングの大きな違いのひとつです。

カーリース

カーリースでは、契約時にあらかじめ契約期間を設定し、車両代金やその他の諸費用を契約月数で割った料金を月々支払うことになります。月額料金には、車の購入や維持にかかる自動車税(種別割)や自動車重量税、自賠責保険料などが含まれています。
ファイナンシャルプランナーの花輪陽子さんは、「選ぶ車種や期間によっては、新車を購入してカーローンで返済をするより月々の支払い額が抑えられる場合も多い」と述べており、マイカーと比較しても魅力的なサービスといえるでしょう。

レンタカー

レンタカーでは、利用した時間(日数)分の料金をその都度支払います。
車種によって料金設定が異なり、一般的に、ボディサイズが大きくなるほどレンタル料が高くなります。

カーシェアリング

カーシェアリングでは、事前に会員登録を行った上で、車を使いたいときにオンラインで予約をして、予約時間に指定の駐車場で車を借りるシステムになっています。
一般的に、料金は月会費に加えて、実際に車を使用した時間や距離分を支払います。

コスパがいい方法を知りたい方はこちら

任意保険や免責補償

任意保険や免責補償

車の保険には、加入が義務付けられている自賠責保険と、任意で加入する任意保険があります。

カーリース

カーリースの月額料金には、被害者の救済を目的とした自賠責保険料のみが含まれているのが一般的です。自賠責保険でカバーできない部分を補償する任意保険への加入は、契約者個人で行うケースが大半です。

レンタカー/カーシェアリング

レンタカーやカーシェアリングの場合、車の所有者であるレンタカー会社やカーシェアリング会社に税金や自賠責保険料の支払い義務があります。また、料金には任意保険の代わりとなる免責補償料が含まれています。
ただし、免責補償の範囲については、レンタカー会社やカーシェアリング会社によって異なります。

車の名義

車の名義

車の名義とは、車の所有者のことをいいます。

カーリース

カーリースでは、所有者はリース会社、使用者は契約者となります。
契約者は、自分で車を持つのではなく、毎月定額の料金を払うことで車を使用する権利を得る形になります。

レンタカー/カーシェアリング

レンタカーやカーシェアリングの場合、所有者・使用者ともにレンタカー会社やカーシェアリング会社です。

車種選択の自由度

車種選択の自由度

車を借りる際の選べる車種にも違いがあります。

カーリース

カーリースは、契約者が好きな車種を自由に選択し、その車種をリース会社が契約者のために購入するシステムです。取り扱う車種はリース会社によって異なります。
カーリースの定額カルモくん では、国産メーカーの全車種・全グレードを取り扱っているので、マイカー購入と同じように豊富な選択肢の中から選ぶことが可能です。

レンタカー/カーシェアリング

レンタカーやカーシェアリングでは、それぞれの会社があらかじめ用意した車の中から、好みや目的に合わせて車種を選択します。

特別仕様車にも乗れる!定額カルモくんについて詳しくはこちら

燃料費

燃料費

車の使用に欠かせない燃料費についても、カーリース、レンタカー、カーシェアリングで次のような違いがあります。

カーリース

年単位の長期契約であるカーリースでは、自分で購入した車と同じように、給油した際の燃料費は自分で支払います。

レンタカー

半日から数日の利用が想定されているレンタカーでも、燃料費は利用者の負担となります。
返却の直前に給油して満タンの状態で返却する方法や、返却時に使用した分を現金で清算する方法などがあります。

カーシェアリング

長くても数時間程度の利用となるカーシェアリングでは、燃料費もそれほど高額にならないことから、ほとんどの場合、利用料金に含まれています

駐車場代

駐車場代

車の保管場所となる駐車場を用意する必要があるかないかもそれぞれ異なります。

カーリース

車をマイカーのように長期間使用するカーリースでは、駐車場が必要です。また、契約の際には車の保管場所を確保していることを証明する「車庫証明書」を提出しなければなりません。
自宅などにガレージや車を置けるスペースがある場合を除いて駐車場を借りる必要があるため、駐車場代がかかります

レンタカー/カーシェアリング

レンタカーやカーシェアリングは、短期的な利用を目的としているため、自分で駐車場を用意する必要はありません
ただし、借りているあいだにコインパーキングなどを利用した場合の料金は自己負担となります。

ナンバープレート

ナンバープレート

借りている車は「わ」や「れ」ナンバーのイメージが強いですが、一般ナンバーが使用できる方法もあります。

カーリース

カーリースでは自家用車のナンバーが使われるため、自分で購入した車と同じ感覚で利用できます。
さらに、「おトクにマイカー 定額カルモくん 」をはじめ、リース会社によっては希望のナンバーを申請できる場合もあります。

レンタカー/カーシェアリング

レンタカーやカーシェアリングで使用される車は、「わ」または「れ」ナンバーの貸渡用車両です。
そのため、ひと目でレンタカーやカーシェアリングの車だとわかります。

利用のしやすさ

利用のしやすさ

カーリース

カーリースは自分で車を管理できるため、購入した車と同じように、いつでも好きなときに使用できます。無駄な時間をカットできるだけでなく、返却時間を意識して慌てる必要もありません。
また、月額定額のため、支払額に頭を悩ますこともなく安心です。

レンタカー/カーシェアリング

レンタカーやカーシェアリングは、返却時間があらかじめ決まっていて、使用した分だけお金がかかります。そのため、借りている時間を少しでも短くするために事前の計画が必要だったり、返却時間に間に合わせるために焦ったりと、制約を感じる場面も少なくありません。格安スーパーに行くためにレンタカー代などを払ったのでは、格安スーパーに行く意味がなくなってしまうでしょう。
車を借りにレンタカー店に行ったり、カーシェアの空きを待ったりする時間や手間もかかります

家計への負担

家計への負担

初期費用や維持費は、カーリース、レンタカー、カーシェアリングともに購入した場合より抑えやすくなっています。

カーリース

カーリースは、乗り始めるときに頭金などの初期費用が必要ないことに加え、税金をはじめとした車の維持費も月々の定額料金に含まれているのが特徴です。
例えば、定額カルモくんであれば、月々10,000円台から新車に乗ることができるため、家計への負担は極めて軽いといえるでしょう。

レンタカー/カーシェアリング

レンタカーは1日5,000〜10,000円程度、カーシェアリングなら月額基本料金に加えて1時間1,000円程度で借りることができます。

一方で、ファイナンシャルプランナーの花輪陽子さんは「必要なときだけ借りればコスト安になることもありますが、時間あたりの価格では割高になる場合もあります。そのため、地方や郊外に住んでいる方、駅から徒歩20分などと離れているエリアに住んでいる方には現実的な方法ではないかもしれない」と述べています。
カーシェアリングやレンタカーは使用頻度や生活環境によって、お得度が変わるといえるでしょう。

また、一般的にレンタカーは返却の際にガソリンを満タンにする必要があります。カーシェアリングは、返却時間をオーバーすると超過料金を請求されるため、時間を意識して行動しなければなりません。

日本一安い*カーリースで新車に乗るにはこちら

* 一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

カーリース、レンタカー、カーシェアリングの違いから見るメリット・デメリット

カーリース、レンタカー、カーシェアリングの違いから見るメリット・デメリット

カーリースやレンタカー、カーシェアリングは、いずれも現代の車の利用方法として注目を集めています。
しくみはもちろん、それぞれにメリットとデメリットが異なるため、どのように車を利用したいのかを明確にした上で、自分に合った方法を選ぶのがおすすめです。

カーリースのメリット・デメリット

カーリースは、月々定額の料金を支払うことで、リース会社が購入した車を自由に乗れるサービスです。
カーリースにはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

カーリースのメリット

車の購入には頭金などの初期費用が必要ですが、カーリースであれば、初期費用なしで乗り始めることが可能です。
車種の選択肢が豊富
なのもメリットのひとつで、定額カルモくんのように、国内メーカーの全車種・全グレードを取り扱っているリース会社もあります。
なお、定額カルモくんは車選びから申込みまでインターネット上で行えるので、忙しい方にもおすすめです。

また、契約満了後は車をリース会社に返却するだけなので、廃車などの手続きも必要ありません。法人の方であれば、料金を経費として計上することもできます

カーリースのデメリット

カーリースは契約満了後に車を返却することが前提なので、元に戻せない改造はできません。また、基本的に、中途解約や契約内容の変更も認められていません。
リース会社や契約の内容によっては、年間、もしくは月間の走行距離に制限があり、オーバーすれば追加料金が発生する場合もあります。
また、残価精算を行う契約方式の場合、契約満了時の車両の価値が予定していたよりも下がっていると、差額の精算が必要になるので注意しましょう。

定額カルモくんは残価精算を行わない契約方式を採用しているため、契約満了時に残価との差額を請求される心配はありません。
また、7年以上の契約で走行距離の制限がなくなるので、思う存分、車を活用することができます。

カルモくんはクローズエンド

レンタカーのメリット・デメリット

レンタカーは料金を支払って車を借りるサービスで、金額は車種や借りる時間によって変わります。長距離ドライブや旅行先での足として、よく利用されます。
レンタカーにはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

レンタカーのメリット

利用のたびに異なる車種に乗れるのは、レンタカーのメリットだといえるでしょう。利用目的や人数に合わせて車種を選べるほか、いろいろな車を試すこともできます。
自動車保険に入ったり、車検を受けたりする必要もなく、購入する場合に比べて維持費もかかりません
レンタカー会社によっては、借りた店舗とは別のお店に車を返却できる乗り捨てプランを用意しているので、系列店が多い会社は使い勝手もいい[/marker]といえます。

レンタカーのデメリット

レンタカーの利用時間は6時間・12時間・24時間といった長時間のレンタルが基本なので、30分や1時間といった短時間利用には向きません。あらかじめ決めた時間内に返却しなければならず、過ぎた場合は追加で費用がかかるため、利用時間をよく検討する必要があります。
24時間を超えての利用も可能ですが、料金が高額となります。また、繁忙期には予約が増えるので、使いたい車種に空きがない場合もあります。

カーシェアリングのメリット・デメリット

カーシェアリングは、事前に会員登録をし、予約をして車を利用するサービスです。車は所定のカーステーションに置いてあります。
カーシェアリングのメリット・デメリットを見てみましょう。

カーシェアリングのメリット

カーシェアリングは必要なときにスポットで車を借りるサービスなので、車の保険料やガソリン代、車検といった維持費がかかりません。予約に空きさえあれば、24時間いつでも短時間から利用できます
利用時間はカーシェアリング会社によって異なりますが、一般的には15分からの利用が可能です。
また、予約をしてからすぐに使えるのもメリットだといえるでしょう。

カーシェアリングのデメリット

カーシェアリングは借りた場所に必ず返す必要があるので、乗り捨てはできません。返却時間には必ず返さなくてはならず、時間を過ぎれば超過料金が発生します。
短時間なら利用しやすいですが、長時間だと料金が高くなるため、レンタカーとの上手な使い分けが必要です。
また、前に使った人のゴミなどがそのまま残されていたり、車内が汚いままだったりすることもあります。

カーリース、レンタカー、カーシェアリング、あなたに向いている方法は?

カーリース、レンタカー、カーシェアリング、あなたに向いている方法は?

カーリース、レンタカー、カーシェアリングのメリット・デメリットを紹介しましたが、一番大切なのは自分に合った車の使い方です。できればおトクに車を使いたいと思うのは当然だといえます。
ここでは、それぞれの車の利用方法に向いている方を解説しましょう。

カーリースに向いている方

初期費用の負担を減らして、手頃な料金で車に乗りたい方

短期間で車を乗り換えたい方

車に関する大きな支出を抑えて、毎月定額で車を利用したい方

できるだけ安く新車に乗りたい方

車が必要なときに気軽に使いたい方

カーリースは、頭金などの初期費用を抑えたい方や、短期間で新車に乗り換えたい方におすすめです。
マイカー同様に管理できるため、車が必要なときに気軽に使いたい方にも向いています

レンタカーに向いている方

旅行などでたまに車を利用する方

利用シーンによって車を変えたい方

車に乗る機会は少ないものの、1回に6時間以上の長時間利用をする方

車と一緒に飛行機や新幹線などを併用したい方

レンタカーは、旅行などで単発の遠出をする方や、いろいろな車種を試したい方、目的やシーンによって、その都度、使い勝手の良い車を選びたい方に向いています。
また、乗り捨てプランがあるレンタカー会社であれば、飛行機や新幹線など、交通機関との併用も可能です。

カーシェアリングに向いている方

短時間の利用が多い方

自宅の近くからすぐに利用したい方

車種にこだわりがない方

不特定多数の方との共同利用に抵抗がない方

カーシェアリングは、会員登録さえ済ませておけば、予約後に自宅近くのカーステーションで車をすぐに利用できます。短時間の利用が多い方や、車種にこだわりがない方におすすめです。
ほかの方との共同利用に抵抗がなければ、コストを抑えて車を使えるでしょう。

定額カルモくんなら、使いたいときに気軽に乗れて毎月定額!

ここまで、カーリース、レンタカー、カーシェアリングについて、それぞれのメリット・デメリットなどを見てきましたが、中でもカーリースには、レンタカーやカーシェアリングにはない特徴があります。
日本一安い*定額カルモくんを例にご紹介しましょう。

* 一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

自分専用の新車に乗れる

レンタカーやカーシェアリングは、きちんと掃除がされているとしても、1台の車をほかの人と共有するシステムです。特にカーシェアリングは、使われる度に掃除がされるわけではないので、車内の足元が砂や泥で汚れていたり、ゴミが置きっぱなしになっていたりすることもあります。

カーリースであれば、ピカピカの新車であることに加え、自分専用の車が用意されるので、他人の使用後の形跡を気にすることはありません。

コストの面が気になるかもしれませんが、定額カルモくんなら、維持費もコミコミで月々10,000円台から新車に乗れるので、少ない負担でカーライフを楽しめます。

新車が10000円台

最後はマイカーになる!カーリースだけのメリット

カーリースが、レンタカーやカーシェアリングと決定的に違うのは、契約満了後にあります。レンタカーやカーシェアリングは、利用時間がくれば車を返却して終わりです。しかし、定額カルモくんなら、7年以上の契約の場合、月々500円の「もらえるオプション」に加入することで、契約満了後には自分の車として使い続けられます
愛着のわいた車を手放さずに、そのまま使い続けられるのは、大きなメリットだといえるでしょう。
さらに、定額カルモくんでは7年以上の契約で走行距離制限もありません

車がもらえる

目的や予算に合わせて賢く乗り方を選びましょう

車を使う方法には、購入する以外にも、レンタカーやカーシェアリングがあります。それぞれにメリットがある半面、予約を取りにくい時期があったり、頻繁に利用するとコストがかさんでしまったりといったデメリットもあります。
ある程度の期間、もしくは頻繁に車を使うのであれば、使うタイミングや時間に制約がなく、月額定額制で維持費やメンテナンス代もカバーできるカーリースがおすすめです。
中でも日本一安い*定額カルモくんには、カーリースのデメリットをカバーする独自のサポートが充実しているため、安心して利用できます。
まずは5分程度で申し込める「お試し審査」で、自身がカーリースを利用できるか確認しておくのもいいでしょう。審査に通ったからといって、必ずしも契約する必要はありません。

* 一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

まずは審査

よくある質問

Q1:カーリースと、レンタカー・カーシェアリングの違いは?

A1:カーリースとは、リース会社が購入した車を、月額料金を支払って長期間借りるサービスです。契約期間中、車は常に契約した方の手元にある点が、その都度、車を借りる必要があるレンタカーやカーシェアリングと異なります。

Q2:カーリースとレンタカーとカーシェアリング、それぞれのメリット・デメリットは?

A2:カーリースは購入した車と同じように使えますが、基本的に中途解約や改造はできません。レンタカーはいろいろな車種に乗れますが、店舗まで出向く手間や、時間内に返却しなければならないなどの制約があります。カーシェアリングは短時間利用に向いていますが、長時間利用すると料金の負担が大きくなります。

Q3:おトクに乗るなら、どの方法がいい?

A3:一番のおすすめはカーリースです。頭金などの初期費用が必要なく、毎月定額のリース料金だけで自由に車を使えるので、トータルで考えるとおトクになります。リース会社や契約内容によっては、走行距離制限をなくしたり、契約期間満了後、そのまま自分の車にしたりすることも可能です。

※記事の内容は2021年7月時点の情報で執筆しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

自宅から納車まで完結