ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

長期レンタカーは1ヵ月いくら?各社の口コミや料金、最もお得な方法を紹介

長期レンタカーの料金は1ヵ月でいくら?各社の料金目安と損しない選び方

1ヵ月などまとまった期間で車が必要だけれど購入するほどでもないというときに役立つのが、お得な料金で手軽に車を借りられる長期レンタカーです。

ただ、時間や日数に応じて料金が決まる一般的なレンタカーとどの程度料金が違うのか、また本当に長期レンタカーはお得なのか疑問に思う方もいるのではないでしょうか。

そこで、長期レンタカーと一般的なレンタカーとではどちらがお得なのかを、ファイナンシャルプランナーの伊藤真二さんの解説とともにご紹介します。また、長期レンタカーとよく比較検討されるカーリースの特徴や料金などについても見ていきましょう。

1年以上の長期利用を予定している方に最もおすすめの方法はこちら

  • 長期レンタカーは一般的なレンタカーより割安料金で車を借りられる
  • 1ヵ月以上借りるなら長期レンタル可能なカーリースのほうがお得
  • 1年以上車に乗るならカーリースがおすすめ

長期レンタカーの料金目安と各社の口コミ

長期レンタカーは実際のところ、どれくらいの料金で利用できるのでしょうか。一般的なレンタカーと比べて本当にお得なのか、あらかじめ知った上で利用を検討したいところです。

ここでは、長期レンタカーを提供している5社の料金や各社の口コミと併せて、一般的なレンタカーの料金目安についても見ていきましょう。

〈長期レンタカーの料金目安〉

レンタカー会社 1ヵ月間の料金 
トヨタレンタカー 91,850円 
ワンズレンタカー 77,000円 
イーレンタカー 66,000円 
賃貸自動車 54,780円 
ニコニコレンタカー 77,000円 

 

※2022年4月時点の最安料金です。

●トヨタレンタカー

トヨタレンタカーは、約15日分の料金で1ヵ月間レンタカーを利用できるマンスリーシステムを提供しています。そのため、3週間程度車が必要という場合は、長期レンタカーを利用したほうがお得になるでしょう。

●ワンズレンタカー

ワンズレンタカーは、マンスリーパックを利用することで、1ヵ月77,000円から利用可能です。1ヵ月31日換算で、1日の料金が2,500円を下回るため、費用を抑えたい場合はおすすめのレンタカーといえます。

●イーレンタカー

イーレンタカーは、法人・事業主向けの長期専門のレンタカーです。箱バンやアルミバン、マイクロバスなど、業務用の車種が多数そろっているため、仕事で長期的に車が必要な場合に役に立つでしょう。貸出と返却は希望場所で行える点も魅力です。

●賃貸自動車

賃貸自動車は、格安マンスリーレンタカーというサービスを提供しており、任意保険(自動車保険)やロードサービスなどもコミコミの料金で利用できます。格安の料金設定が特徴で、普通車だと1ヵ月54,780円から利用可能です。全国対応しているため、とにかく費用を抑えたい方はチェックしてみるといいでしょう。

●ニコニコレンタカー

ニコニコレンタカーは、1ヵ月利用可能なマンスリーコースに加えて、1週間利用可能なウィークリーコースも提供しています。まとまった期間車が必要だけれど1ヵ月は長すぎるという方は、ウィークリーコースも検討してみるといいでしょう。時期によっては最大70%割引などのキャンペーンを行っている場合もあり、タイミングが合えばかなりお得に利用できるでしょう。

〈一般的なレンタカーの料金目安〉

レンタカー会社 1日の料金 1週間の料金 1ヵ月間の料金 
トヨタレンタカー 7,150円 43,450円 18万8,650円 
ワンズレンタカー 6,600円 26,950円 11万9,350円 
オリックスレンタカー 6,600円 36,300円 15万5,100円 

 

※2022年4月時点の最安料金です。

FP:伊藤
FP:伊藤

長期レンタカーは一般的なレンタカーに比べて、割安で利用できる点が魅力です。あらかじめ1ヵ月程度車が必要なことがわかっている場合は、各社が提供するマンスリーパックなどを利用することで、かなり節約できる可能性があるでしょう。

なお、レンタカー会社によって料金にばらつきがあるのは、免責補償やオプションの有無など、料金に含まれる内容が異なることも理由のひとつです。そのため安さだけでなく、利用料金に含まれている項目も確認することが大切です。

長期レンタカーの特徴と一般的なレンタカーとの料金の違い

まとまった期間で車が必要なときに便利な長期レンタカーですが、利用する時間や日数に応じて料金が決まる一般的なレンタカーと比べて、お得に利用することはできるのでしょうか。

長期レンタカーの特徴とともに、それぞれの料金の目安を確認していきましょう。

長期レンタカーの特徴

レンタカーは一般的に数時間や数日間だけ車を借りるサービスですが、長期レンタカーでは数週間や1ヵ月などの長期間車を借りられます長期レンタカーが一般的なレンタカーと異なるのは、長期間借りるからこその割引きを受けられる点です。

レンタカー店舗は、車を貸し出す前に、清掃したり点検したりする必要があります。そのため、利用者が変わる度に清掃や点検を繰り返さなければなりません。しかし、長期レンタカーの場合は1人が長いあいだ利用するため、作業にかかる人件費をはじめとするコストを下げられるのです。

以下のようなケースの場合は、時間や日数に応じて料金が決まる一般的なレンタカーではなく、長期レンタカーを利用したほうが費用を抑えられる可能性が高いでしょう。

  • 長期出張や長期休暇で一定期間だけ車が必要
  • 家族が入院し送迎のために一時的に車が必要
  • 車の修理にある程度の時間がかかりそのあいだだけ車が必要
  • 1ヵ月程度帰省する予定がありそのあいだだけ車が必要
  • 会社の営業活動で一時的に車が必要

1ヵ月以上借りるなら長期レンタル可能なカーリースのほうがお得

1ヵ月以上車が必要な場合、長期レンタカーを利用すると割安な料金でお得に車に乗れますが、長期的にレンタルできるカーリースを利用するとさらに料金を抑えることが可能です。

ここでは、長期でレンタル可能なカーリースの特徴と併せて、カーリースで1ヵ月車を借りた場合の料金目安を確認してみましょう。

1ヵ月契約が可能なカーリースもある

カーリースは、利用者が希望する車をリース会社が購入して貸し出すサービスです。一般的なカーリースは数年単位で長期間車を貸し出しますが、1ヵ月ほどの短期間でも車を貸し出してくれるカーリース会社もあります

カーリースはサポートが充実しているのが特徴で、利用中にトラブルに見舞われた際などもすぐに対応してもらいやすいため、普段車に乗り慣れていない方でも安心して利用できるでしょう。

また、カーリースの場合はレンタカーのように「わ」ナンバーではないため、マイカー感覚で利用できるというメリットもあります。

カーリースで1ヵ月借りた場合の料金

カーリースで1ヵ月車を借りた場合の各社の料金目安は以下のとおりです。

カーリース会社 1ヵ月間の料金 
ワンコインリース 15,000円 
ニコリース 26,000円 
ニチゴカーリース 16,000円 

 

※2021年4月時点の最安料金です。

長期レンタカーの料金より大幅に安くなっていることがわかります。1ヵ月ほど車を借りたいと考えている方は、長期レンタカーではなく短期で利用できるカーリースを利用すると、出費を大幅に減らすことができるでしょう。

FP:伊藤
FP:伊藤

カーリースはほとんどの場合、任意保険料は別途負担する必要があります。また、短期契約の場合は契約時に保証金が必要になる会社もあるため、利用前に必ず確認するようにしましょう。

利用料金以外にもかかる費用を想定し、トータルでどれくらいの出費になるのかをシミュレーションした上で、お得と判断できるほうを選ぶことをおすすめします。

1年以上乗る場合は業界最安水準の定額カルモくんがお得!詳しくはこちら

長期レンタカーとカーリースの注意点

選ぶ期間や料金によって、それぞれメリットがある長期レンタカーとカーリースですが、注意点もあります。デメリットもきちんと知った上で利用するかどうかを決めましょう。

長期レンタカーの注意点

長期レンタカーを利用する場合の注意点は、一般的なレンタカーを利用するときとほぼ同様です。まずは以下の点をあらかじめ理解しておくようにしましょう。

  • 1年以上の運転歴があり、21歳以上~70歳以下であること
  • 車内は原則禁煙
  • 事故などを起こし損害額が保険の補償額を上回ると自身で払う必要がある
  • 起こした事故が保険契約の免責事項に当てはまると保険金は支給されない
  • 事故を起こした場合は警察の事故証明がないと保険金が支給されない場合もある
  • レンタカー会社に責任のない事故で車を修理するときは、休業補償を支払う必要がある

また、長期レンタカーを利用する場合は、次の点にも注意が必要です。

駐車違反をしてしまったときの対応に注意

万が一レンタカー会社から借りている車で駐車違反をしてしまった場合、警察からレンタカー会社へ通告されます。反則金は自身で支払い、反則金納付書はすみやかにレンタカー会社へ提出しなければなりません。

もし、車を返すときまでに反則金納付書を提出しなかった場合は、レンタカー会社へ違反金を支払うことになります。一定期間内に対応しないときは、レンタカー会社から違反金の請求をされることになるため、迅速に対応するようにしましょう。

コインパーキング代が膨らむ可能性も

1ヵ月に満たない程度の期間で車を借りる場合は、月極駐車場を借りられないためコインパーキングなどを利用する方もいるかもしれません。コインパーキング代は月極駐車場などに比べてかなり割高になるため、長期レンタカーを借りる場合は、こういった費用も含めて考える必要があります。

カーリースの注意点

カーリースは料金の安さが魅力ですが、返却時の車の原状回復に必要な費用をあらかじめ確保するために、契約時に保証金を払うのが一般的です。

ただし、返却時に原状回復する必要がなかったり、原状回復費用が保証金の額を下回ったりした場合は、未使用分を返金してもらえます。

また、カーリースの場合、貸し出し終わった車を中古車市場で売ることによって利益を確保するため、走行距離制限を設けて車の価値をある程度残しておくのが一般的です。

そのため、月々の走行距離制限が設けられていることも多く、超過すると追加料金が必要になるので注意が必要です。

FP:伊藤
FP:伊藤

カーリースの走行距離制限は、よくデメリットとして取り上げられますが、普通に使用する分には特に問題のない距離が設定されていることがほとんどです。ただ、毎日通勤で長距離を運転するような方の場合は制限を超過してしまう可能性もあるため、走行距離制限をなしにできるリース会社を選んでおくと安心でしょう。なお、中古車リースの場合は、そもそも制限を設けていないことも珍しくありません。

半年や1年以上車が必要なとき、どんな方法がおすすめ?

期間限定で車が必要な場合、長期レンタカーやカーリースが候補となります。しかし、期間限定とはいっても、週に2〜3回車に乗れればいいと考える場合や1ヵ月ほど乗り続けたい場合、さらに数年単位で車を借りたい場合など、車を利用したい期間によって選ぶべきサービスは変わってきます。

車が必要な期間別に、おすすめの利用方法や適した用途を見てみましょう。

〈利用期間別の車の利用方法〉

車が必要な期間 利用方法 適した用途 
週2~3回 カーシェアリング・レンタカー 病院への送迎など 
1ヵ月 カーリース・長期レンタカー 出張、愛車の修理時や車の買替時など 
数ヵ月から半年 カーリース・長期レンタカー 出張、赴任など 
1年以上 購入・カーリース 出張、赴任など 
数年 購入・カーリース 通勤や買い物などで常に使う 

 

例えば、家族がケガをして病院へ送迎することになった、車が壊れて一時的に別の車が必要になったなど、短期間だけ車が必要になった場合は、長期レンタカーやカーリースがおすすめです。長期レンタカーやカーリースを利用する期間は、1〜数ヵ月程度が適しているといえるでしょう。

一方、出張や赴任が決まって車が必要になった、通勤や買い物などで日常的に車を使いたいなど、1年以上の期間車が必要な場合は、購入やカーリースが最適です。

ただし、車を購入する場合は、一括購入でもカーローン利用でも初期費用の負担が大きくなってしまいます。少ない負担で車を利用したい場合はカーリースがおすすめです。

FP:伊藤
FP:伊藤

カーリースは購入と違って、頭金や初期費用が不要のため、まとまった資金を用意するのが難しい方でも利用できる点がメリットです。特にすぐ車が必要な場合、コツコツと購入資金を貯めるような余裕はないでしょう。月々定額制で車に乗れるだけでなく、乗り始めの負担が軽い点もカーリースが人気を集める理由です。

カーリースの特徴やメリットは?

リース料金の残価設定

カーリースとは、自分が乗りたい車をリース会社に代わりに購入してもらい、月々定額料金を支払うことでその車を利用するサービスです。

長期レンタカーと併せてご紹介したカーリースは1ヵ月から車を借りられるものでしたが、多くのカーリースは1年以上など長期間にわたって車を貸し出しています。そのため、1年以上の利用を検討しているなら、長期レンタカーや購入よりお得に利用できます。

カーリースの特徴やメリットは以下のとおりです。

月々の料金が安い

カーリースでは、車両価格から契約満了時の残価を差し引いた金額を基に月額料金が算出されます。残価とは、契約満了後に車を下取りに出したときの想定価格のことです。

自身で車を購入する場合は、車両価格のすべてを支払う必要がありますが、カーリースの場合、車両価格から残価を差し引いた金額のみを支払うことになるため、月々の出費を安く抑えることができるのです。

また、カーリースの契約期間は3~9年といった長期契約が一般的です。長期間契約することにより多くの回数で分割することができ、月々の利用料金を安く抑えられます。

さらにカーリースの多くは初期費用やボーナス払いなどがなく、契約期間中はずっと同じリース料金を支払うことになります。このように、安い月額料金だけで新車に乗り続けられるのが、カーリースの大きな特徴です。

マイカーのように利用できる

カーリースなら、豊富な車種の中からグレードやオプションも含めて自由に新車を選択できます。さらにナンバーもレンタカーのような「わ」ナンバーではないので、マイカー感覚で利用できる点もメリットだといえるでしょう。

マイカーとの違いは、走行距離に制限があるところです。カーリースでは月間の走行距離制限が設けられているケースが多く、規定の走行距離を超過した場合は追加料金を求められることもあるため、注意が必要です。

また、契約満了時には車を返却する必要があり、原則として原状回復をする義務があります。そのため、契約満了時の車の状態によっては、原状回復費用が必要になるケースもあります。

ただし、走行距離制限がなかったり、契約満了時に車がもらえることで原状回復の必要がなかったりするリース会社もあるので、そのようなところを選べば、よりマイカー感覚で利用できるでしょう。

FP:伊藤
FP:伊藤

契約満了時に車がもらえるリース会社を選べば、返却する必要がなくなることから、車のカスタマイズも自由に楽しめるようになります。負担を抑えて車に乗りながらも、マイカーのように自由に扱えて、最後は本当にマイカーになる、このしくみを上手に利用することで、金利なしで車を手に入れられることになります。

お得に長期レンタル可能で車をもらうこともできるカーリース

カルモくん_new

まとまった期間車が必要な方におすすめなのが、業界最安水準の料金で新車に乗れるカーリースの定額カルモくんです。定額カルモくんは、最短1年から最長11年まで1年単位で自由に契約期間を選べるため、車を必要とする期間だけ無駄なく利用することができます。

ここでは定額カルモくんの魅力を3つご紹介します。

借りられる車は全部新車

定額カルモくんでは、国産メーカー全車種・全グレードから乗りたい車種を自由に選ぶことができます。レンタカーのように限られた車種の中からしか選べないということはなく、自身で車を購入するときのように車選びができる点がメリットです。

契約後はピカピカの正規ディーラー車が届けられるので、納車されるまでの待ち時間もワクワク感を楽しめるでしょう。

万全のサポート体制!いつでも相談できる

定額カルモくんでは、車の知識が豊富なマイカーコンシェルジュに、契約前からいつでも無料で相談することができます。カーリースを利用するべきかどうか悩んでいるという場合でも、もちろん相談可能です。

実際に車に乗り始めた後も、心配なことや疑問点がある場合は、いつでも気軽に相談できる環境が整えられているため、安心してカーライフを送れるでしょう。

借りた車をそのままマイカーにすることも可能

定額カルモくんでは、7年以上の契約で適用できる「もらえるオプション」に加入することで、契約満了時にそのまま車をもらうことが可能です。

いずれはマイカーを持ちたいと考えている方は、ローンを組むことなく、金利もなしで車を手に入れられることになります。

料金や特徴を確認し、利用期間に合うサービスを選択しよう!

期間限定で車が必要になった場合は、利用期間や利用頻度によって選ぶべきサービスが変わります。長期レンタカーやカーリースが適している場合もあれば、カーリースが適している場合もあります。

それぞれの特徴や料金を確認した上で、利用期間や頻度に合うサービスを選びましょう。1年以上の長期間、車が必要な場合は、より費用を抑えてお得に新車に乗れるカーリースを選ぶのがおすすめです。

なお、定額カルモくんでは、審査に通るか事前にチェックできる「お試し審査」を受けることもできます。審査結果は通常翌営業日(最大3営業日)にわかるため、早く車に乗りたいという方も安心です。

審査に通るかチェックしたあとはキャンセルすることも可能なので、とりあえず利用できるかどうかだけ知りたい!という方も気軽に試してみてはいかがでしょうか。

よくある質問

Q1:長期レンタカーは一般的なレンタカーよりお得なの?

長期レンタカーは、時間や日数に応じて料金が決まる一般的なレンタカーより、お得な料金で利用できます。レンタカー店舗は、利用者が変わる度に清掃や点検を繰り返さなければなりません。しかし、長期レンタカーの場合は1人が長いあいだ利用するため、作業にかかる人件費をはじめとするコストを下げられるのです。

Q2:カーリースも1ヵ月から利用できるの?

一般的なカーリースは数年単位で長期間車を貸し出しますが、1ヵ月ほどの短期間でも車を貸し出してくれるカーリース会社もあります。このようなカーリースの多くは中古車を提供しており、レンタカーと同じように、用意されている車の中から好きな車を選ぶことになります。

Q3:1年以上車が必要な場合はどの方法が一番おすすめ?

1年以上の利用を検討しているなら、カーリースがおすすめです。カーリースは契約期間が長くなるほど料金が安くなるしくみのため、長期契約の場合はよりお得な料金で車に乗ることができるでしょう。なお、最短1年から最長11年まで1年単位で自由に契約期間を選べる定額カルモくんなら、業界最安水準の月々10,000円台から新車に乗れます。

※この記事は2022年4月時点の情報で制作しています

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
走行距離制限なし