ディーラーローンと銀行マイカーローンの違いは?審査基準やメリットを解説

ディーラーローンと銀行ローンの違いは?審査基準やメリットを解説!
ローン無しでも新車

ディーラーで車を購入する際に利用をすすめられることが多いディーラーローン。ディーラーローンを使えば十分な貯金がなくても車を購入できますが、状況によって向き不向きがあります。
一方、銀行などが扱うマイカーローンも車の購入に使用できますが、ディーラーローンに比べて金利が安い半面、審査基準がきびしい傾向があり、誰でも利用できるとは限りません。

自身に適したローンを利用するためにも、ディーラーローンと銀行系マイカーローンそれぞれの特徴や違い、審査通過が難しいケースなどについて理解しておきましょう。

【この記事のポイント】
✔銀行系マイカーローンはディーラーローンは審査基準がきびしい傾向がある
✔ローンを完済するまでの車の所有権はディーラーローンと銀行系マイカーローンで異なる
✔月々の負担を減らすなら月々定額のカーリースがおすすめ

ディーラーローンとは?

ディーラーローンとは?

ディーラーローンとは、ディーラーが提携している信託会社やクレジットカード会社、保証会社などが提供するマイカーローンです。借入時には、購入する車が担保になるのが特徴です。
購入手続きと併せて手軽に申込みや契約ができるため、購入時の手間をできるだけ軽減したい方や銀行系マイカーローンの利用が難しい方に向いています

また、ディーラーローンには、「フルローン」と「残価設定ローン」の2種類があり、金利や利用条件が異なります。車を自分のものにしたいという方はフルローン、定期的に車を買替えたいという方は残価設定ローンがおすすめです。

・フルローン
ローンで車の代金を全額借入れて、契約月数で分割して返済する方法です。フルローンは残価設定ローンよりも金利が高い傾向がありますが、ローンを返済し終われば、車は自分のものになります。

・残価設定ローン
借入期間に相当する数年後の想定下取り額(残価)を最終回の返済に据え置いて、残りの金額を分割して返済する方法です。フルローンよりも金利が低い傾向がありますが、残価を含む車両価格全体に金利がかかります。また、最終回の返済時には、「ディーラーに車を渡して残価を精算する」「残価を一括で返済して買い取る」「残価を再度ローンを組んで分割で返済しながら買い取る」という3つの選択肢から選ぶことになります。

ディーラーローンは銀行ローンと何が違うの?

ディーラーローンとよく比較されるのが、銀行のマイカーローンです。銀行系マイカーローンは、メガバンクから地方銀行まで、規模を問わず多くの銀行で提供されています。
まずは、ディーラーローンと銀行系マイカーローンを比較して、その違いを確認してみましょう。なお、ここにある条件は一例のため、ローンによって内容が異なる場合もあります。

〈ディーラーローンと銀行系マイカーローンの比較表〉

 ディーラーローン銀行系マイカーローン
審査基準比較的緩いきびしい
審査期間30~60分1~3営業日
審査申込み車が決まってから申し込むいつでも申し込める
金利(※1)年3.5%~9%程度年1.2%~4%程度
保証料(※2)購入者が負担する場合が多い銀行が負担してくれる場合が
多い
繰上返済手数料が発生する場合がある一般的に手数料は無料
返済期間短い長い
完済までの
所有者
ディーラー車の購入者
用途・ディーラーでの車やオプションの購入・車やオプションの購入
・車検費や修理費
・消耗品の購入費
・免許取得費用 など

※1 金利
ディーラーローンでも、銀行系マイカーローンでも、ローンには返済中の金利が変わらない「固定金利」と、市場の動向に合わせて利率が変わる「変動金利」の2種類があります。現在の日本は低金利なので変動金利よりも固定金利のほうが利率が高くなる傾向があります。また、「変動金利」は、固定金利よりも利率が低い一方で、市場の金利が上がるとローンの金利も上昇するため、返済額が増える可能性があります。どちらがお得かは、景気の動向によるため断定はできないので、リスクが低いほうを選びたい場合は「固定金利」がいいでしょう。

※2 保証料
保証料とは、カーローンを組む際に、保証人を必要としない代わりに保証会社に支払わなければならない費用を指します。保証料は借入額の1~2%程度に設定されており、借入れの際に支払います。

このように、ディーラーローンと銀行系マイカーローンは、特徴が大きく違うことがわかります。ディーラーローンを検討している場合は、下記のメリットとデメリットを把握した上で、どちらにするか判断するといいでしょう。

ディーラーローンのメリット

ディーラーローンのメリット

ディーラーローンの手続きは車の購入手続き中に行われることから、審査時間も1時間程度と短く、スムーズに車を購入できます。ディーラーは土日でも営業しているため利用しやすく、平日に銀行まで足を運ぶ手間と時間も必要ありません。
また、審査基準のきびしい銀行系マイカーローンよりも審査に通る可能性があり、ノンバンクがディーラーと提携しているため交渉が行いやすい点も魅力です。条件次第で金利を下げてもらったり、購入金額の値引きをしてもらえたりすることもあります。

このように、手軽にローンを組める点は、ディーラーローンの大きなメリットといえるでしょう。

〈ディーラーローンのメリットまとめ〉
• ローン審査が銀行系マイカーローンほどきびしくない
• 審査結果が出るまでが早い
• 新車購入価格が安くなることもある
• 融通が利きやすく、好条件で借りられる可能性がある

ディーラーローンのデメリット

ディーラーローンは金利が高く、返済期間が短いため、返済総額と月々の負担が大きくなる可能性があります。また、ディーラーローンでは、完済するまで車の所有権(名義)がディーラーや信販会社などになります。基本的に返済中は、車の売却や譲渡ができず、事故で廃車となれば一括返済を迫られる場合もあります。返済が滞れば、車を引き上げられる可能性もあることを覚えておきましょう。
そのため、「より低い金利で借入れたい」「手間を惜しまない」「銀行でカーローンが組める」などの場合には、銀行系マイカーローンをおすすめします。

〈ディーラーローンのデメリットまとめ〉

  • 金利が高い
  • 返済期間が短い
  • 返済の負担が大きい
  • 申込みのタイミングや用途に制限がある
  • 車の所有権は完済までディーラーが持つ

ローンの審査に通らないケースとは?

勤続年数が短い

ディーラーローンと銀行系マイカーローンでは審査基準が異なり、一般的に銀行系マイカーローンのほうが通過しにくい傾向があります。

そのため、審査に不安がある方はディーラーローンを利用するケースが多いですが、比較的審査に通りやすいディーラーローンでも、経済状況や申込み内容によっては審査に落ちてしまう場合もあります。

基本的に審査基準は非公開になっていますが、これまでの事例や、一般的に借入れに必要な条件から、ディーラーローンに通りにくいケースをご紹介します。

年収が200万円以下

年収が200万円以下の場合、月給は17万円程度です。そこから税金や生活費、車の維持費が差し引かれることを考えると、ローンを返済するのはきびしいと考えられます。この場合、貸し倒れのリスクが高くなるため、ローン審査に通らない可能性があります。
また、年収が200万円を超えていても、収入が安定していない場合は、返済中に収入が途絶えるおそれがあるため、ローン審査に通りにくくなります

勤続年数が短い

勤続年数が短い場合も、ローン審査に通らない可能性があります。明確な基準はありませんが、勤続年数が3年以上なら審査に通りやすく、1年未満では通りにくいといわれています。
ただし、転職前の職歴や勤続年数から返済能力があると判断されるなど、勤続年数が1年未満でも審査に通る場合もあります。

過去に返済の延滞を繰り返している

クレジットカードやキャッシング、分割払い、各種ローンの返済において、過去に延滞を繰り返している場合は、ローン審査に落ちる可能性があります。延滞に気づいてすぐに振り込んでいても、返済のタイミングによっては個人信用情報機関に延滞した記録が残ります。記録が残っていると、カーローンの返済中も延滞される可能性があるとみなされてしまい、ローンに通らないケースがあります。

金融事故を起こしたことがある

過去に金融事故を起こしている場合は、ローンに通るのがかなり難しくなります。金融事故とは、返済が大きく遅れる、または返済できなくなることを指します。金融事故には次のような種類があります。

〈金融事故の種類と情報保有期間〉

種類内容情報の保有期間
長期延滞61日、または3ヵ月以上延滞した1~5年
代位弁済支払いが滞り、保証会社が代わりに返済を行った5年
強制解約契約違反や延滞などの理由で、金融業者側が契約を解除した5年
債務整理返済ができなくなり、借金を減額したり、無くしてもらったりした5〜10年
自己破産返済ができなくなり、裁判所に破産を申し立てた5~10年

 

金融事故情報の保有期間は、金額や遅延の解消までの期間などによって異なります。また、金融事故を起こすと、個人信用情報機関に事故情報が登録されるため、保有期間中はローンなどの審査に通らなくなります。

他社からの借入れが多い

カーローンだけでなく、カードローンやキャッシング、割賦払い、クレジットカードの分割払いなど、カーローン以外の借入れが多い場合も審査に落ちることがあります。

また、借入れができるか否かは、年収に対する年間のローン返済額の割合を指す「返済負担率」で判断されます。比率が高くなればなるほど、返済が難しいと判断され、審査に通るのが難しくなります。なお、年収400万円未満であれば25%、400万円以上であれば35%の返済負担率が目安です。

ディーラーローンや銀行系マイカーローンの審査に通りやすくする方法はある?

ディーラーローンの審査に通りやすくするための方法はある?

審査条件の年収などに心配がある場合でも、ローンの申込み方法や契約内容を工夫すれば審査に通ることがあります。ただし、金融事故を起こしていたり、延滞などの情報が残っていたりする場合は、借入れは難しくなります。

ディーラーローンや銀行系マイカーローンの審査に通る可能性を上げるためには、次のような方法があります。

連帯保証人を付ける

連帯保証人を付けることで、貸し倒れのリスクが下がって審査に通りやすくなる場合があります。年収が200万円以下、非正規労働者で収入が安定していない、勤続年数が短いなどの場合でも、支払能力のある連帯保証人を付けることで審査に通る可能性が上がるでしょう。

頭金を入れる

貯金がある場合は、頭金を入れて借入額を少なくすることで、審査に通る可能性を上げられます。申込み金額でのローン審査が通らなくても、金額の条件付きで融資が可能となる場合もあるため、その場合には差額を頭金として支払えば借入れができます。

なお、銀行系マイカーローンの中には、頭金の支払いを必須条件としているところもあります。

仮審査を受ける

カーローンにはディーラー系、銀行系を問わず仮審査があります。「事前審査」とも呼ばれ、本審査前に行われる審査です。借入れができるかどうかを簡単に調べることができるため、ローン会社を選ぶ際の目安を知ることができます。

短期間に複数のローンに申込みをすると、以後のローン審査に影響を与える可能性がありますが、仮審査はローン会社内での審査のため信用情報機関に履歴は残りません。気軽に自身の状況をチェックでき、おおよその見当がついた状態で対策を立てられるため、有益な方法といえるでしょう。

月々の負担を減らしたい方には「カーリース」がおすすめ

ディーラーローンは手軽に申し込めるカーローンですが、無理に借入れを行えば返済が大きな負担になるかもしれません。ディーラーローンの返済で生活がきびしくなる可能性がある方には、「カーリース」の利用がおすすめです。

ここでは、カーリースの特徴をローンとの違いから見ていきましょう。

ローンよりカーリースのほうが支出が安定する

カーリースは、リース会社が購入した車を利用者に長期間で貸し出すサービスです。利用者は毎月定額のリース料金を支払うことで、自由に車に乗ることができます。

リース料金は、車両の本体価格と税金、自賠責保険料などの総額から契約満了時の残価を差し引き、契約月数で割って算出されます。そのため、購入時のほか、車検などの際もまとまった出費の心配がなくなります。

残価設定ローンとの大きな違いは含まれる費用と残価の扱い

残価を用いる点は残価設定ローンとしくみが似ていますが、カーリースではリース料金に税金や諸経費、メンテナンス費用が含まれています。また、残価設定ローンでは「据え置き」となる残価を、カーリースでは「差し引く」という点も大きな違いです
そのため、カーリースであれば、車に関する出費を一定に保ちながら月額も抑えられるというわけです。

さらに安く新車を利用できる定額カルモくんとは?

カルモくん_new

個人向けカーリースの「おトクにマイカー 定額カルモくん」は、1年から11年のあいだで1年単位の契約が可能です。契約期間の幅が広いことで、カーリースを検討する方が自身のライフプランに合わせやすいといったメリットもあります。

また、月々の支出予定に合わせて契約期間を決めることも可能です。最長の11年契約では、月額10,000円台から新車に乗ることができます。乗りたい車でシミュレーションして最適なカーライフを設計しましょう。

定額カルモくんについて詳しく知りたい方はこちら

日本一安い*カーリースだから審査対象となる金額を下げやすい

定額カルモくんは、頭金なし、ボーナス払いなし、契約満了時の差額精算も不要の日本一安い*カーリースとして多くの方に選ばれています。

月額利用料が安いため、審査対象となる金額を抑えられます。また、頭金やボーナス払いも不要で、月額料金には税金や保険料、各種手数料なども含まれているため、初期費用をかけずに新車に乗ることができます

*一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし、ボーナス払いなし、クローズドエンド契約)の個人向けリースとして月額料金が日本最安値。(2021年3月カルモ調べ)

「お試し審査」でリース可能な車をチェック

定額カルモくんでは、審査に通るかどうかだけでなく、リース可能な車を簡単に確認できる「お試し審査」を用意しています。

申込みはネットで5分ほどの入力で完了。審査に通ってリース可能な車がわかったとしても、必ず契約しなければいけないということはありません。申込み後のキャンセルも可能なので、気軽に試せる人気のサービスとなっています。気になる車が見つかったら、さっそくチェックしてみましょう。

まずは審査

定額カルモくんには、まだまだおトクな魅力がたくさん

定額カルモくんには、まだまだ伝えきれない魅力がたくさんあります。その一部を簡単にまとめました。

●7年以上の契約で走行距離制限なし
●「もらえるオプション」をつければ契約満了時に車がもらえる
●国産メーカーすべての車種・グレードから新車が選べる
●メンテナンスプランでは車検代や消耗品の交換、メーカー保証終了後の同程度の延長保証をまとめてカバー

※まだ紹介しきれないおトクな魅力がいっぱい!詳しく知りたい方は、こちらから

ディーラーローンや銀行系マイカーローンは特徴をしっかり理解して利用しよう

ディーラーローンは、銀行系マイカーローンより審査に通る可能性があり、手間なく借入れができる半面、返済の負担が大きいカーローンでもあります。

金利の負担がきびしいと感じる方は、カーリースを検討してみてはいかがでしょうか。特に定額カルモくんであれば、サポートも充実しているため、安心して車に乗ることができます。

業界最安値のカーリース

よくある質問

Q1:ディーラーローンとは?

A:ディーラーローンとは、ディーラーが提携している信託会社やクレジットカード会社、保証会社などが提供するマイカーローンです。借入時には、購入する車が担保になるのが特徴です。また、ディーラーローンには、「フルローン」と「残価設定ローン」の2種類があり、金利や利用条件が異なります。

Q2:ディーラーと銀行のマイカーローンの違いは?

A:審査基準や金利の設定に違いがあります。 ディーラーローンは、銀行系マイカーローンよりも審査に通りやすいといわれていますが、半面、返済期間が短い、金利が高めなどで負担が大きくなる場合もあります。また、車の所有権においても違いがあり、ディーラーローンは完済するまで所有権はディーラーにありますが、銀行系マイカーローンでは自身の所有権となります。

Q3:ローンは審査が心配。ほかにマイカーを持てる方法はある?

A:カーリースを利用すれば、マイカーを持てる可能性があります。カーリースにも審査はありますが、日本一安い*「おトクにマイカー 定額カルモくん」なら、審査対象となる金額を抑えやすいでしょう。

* 一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし、ボーナス払いなし、クローズドエンド契約)の個人向けリースとして月額料金が日本最安値。(2021年3月カルモ調べ)

※記事の内容は2021年6月時点の情報で制作しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

読了後バナー