ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

車のローンは怖いって本当?理由と対処法、安心してカーライフを楽しむ方法

車のローンは怖いって本当?理由と対処法、安心してカーライフを楽しむ方法

「ローン地獄」や「フルローンで後悔」といった声もあり、車のローンを組むのが怖いと思う方もいるでしょう。憧れの車に乗りたいという願望から、ついつい身の丈以上のローンを組んで返済に追われ、生活苦に悩む方も少なくありません。

しかし、きちんとした返済計画を立てれば、車のローンを活用して充実したカーライフを送れます。
ここでは、ローン地獄に陥らないために知っておきたいことや、ローンより気軽に、利息を気にせず車に乗る方法をご紹介します。

車のローンが怖い方におすすめ!ローンを組まずに好きな車に乗る方法はこちら

  • 車のローンが怖いのは、利息の負担や返済できなくなるリスクがあるから
  • 車のローンが怖いときは低金利のローンを選ぶなどの対策がある
  • 車のローンが怖いならローンを組まなくていいカーリースがおすすめ

車のローンが怖いのはなぜ?

車のローンが怖いのはなぜ?

車のローンが怖いと感じる理由として、借金に対する抵抗感が挙げられます。車は大きな買い物であり、ローンを組めば100万円を超える借金になってしまうことも珍しくありません

また、毎月の返済額を抑えるために返済期間を延ばすと、利息の負担が大きくなり総支払額が大きくなります。「収入が途切れたり、ほかの出費が重なったりして返済できなくなったらどうしよう」という不安を抱える方もいるでしょう。

ほかにも、「車が事故などで故障したら車はないのに借金だけ残ってしまう」という心配から、車のローンは怖いと感じる方も少なくありません。

車のローンが怖いときの対処法

車のローンが怖いときの対処法

ローンが怖いけれど手元にまとまったお金もない、そのようなときはどうすれば好きな車に乗れるのでしょうか。
ローンに対して抵抗感がある方でも、自身の状況に合う車を選ぶなどの対策をすれば、不安を解消できます。
ここでは、車のローンが怖くなくなる対処法を見ていきましょう。

低金利のローンを選ぶ

ローンは利息が発生するから怖いと感じる方は低金利のローンを選びましょう。金利は車ローンの種類や借入先によって異なります。低金利の車ローンを利用できれば、利息負担を抑えることが可能です。

車ローンの中でも、銀行などの金融機関が提供する銀行系マイカーローンは金利が低い傾向にあります。ただし、銀行系マイカーローンはディーラーローンなどと比べて審査がきびしく、時間がかかることを留意しておきましょう。

残価設定ローンを選ぶ

「車ローン以外にも住宅ローンの返済があり、月々の返済負担が大きくなるのが怖い」といった方は、残価設定ローンを選ぶという方法もあります。

残価設定ローンでは、返済期間に応じて設定した想定残価をローンの最終回の返済に据え置いて、残価を除いた残りの金額を契約月数で分割して返済していきます。残価を据え置く分、通常のローンよりも月々の返済額を抑えられる点が残価設定ローンのメリットです。

一方、下取価格を担保するために走行距離やカスタマイズに制限があることや、車の状態によっては残価精算が必要になることがデメリットです。また、残価設定ローンでは車を下取りに出すことが前提となります。車を下取りに出さず、再度ローンを組んで乗り続ける場合、一般的には金利が高く設定される点にも注意が必要です。

頭金を準備する

「利息がかさんで借金地獄に陥るのが怖い」といった不安を持っている方は、頭金を用意することで怖いイメージを解消できます。頭金を支払うことでローンの借入額を減らせるため、利息の負担を軽減できるでしょう。

ただし、資金に余裕がない方は無理して頭金を準備するのは避けましょう。
車を購入したあとは、メンテナンス費用や車検費用が必要になりますし、急な入院や結婚、住宅の購入など大きな出費が発生する可能性があります。将来の蓄えを確保した上で、いくらまでなら頭金に回せるのかを考えましょう

身の丈に合う車を探す

「ローンが怖いけれど車が必要」という方は、身の丈に合う車を探してみてはいかがでしょうか。
収入に見合わない車を購入すると毎月の返済に苦しむことになります。無理のないカーライフを送るため、グレードを下げたり車種を変えたり工夫しましょう。

例えば、軽自動車は比較的安く、燃費が良い車種が多いです。月々の返済額のほか、ガソリン代や高速代、税金などの維持費も普通車より安く設定されているので、車に関する費用負担を軽減できます。
しかし、どうしても乗りたい車がある方、グレードを落としたくない方は資金を貯める必要があるでしょう。

貯金がなくても大丈夫!リーズナブルに人気車種の新車に乗る方法はこちら

車のローンが怖い方におすすめの安心してカーライフを楽しむ方法

車のローンが怖い方におすすめの安心してカーライフを楽しむ方法

ローンに対して抵抗感がある方は別の方法で車に乗れないか考えてみましょう。
ここでは、ローンが怖い方におすすめの、気楽に車に乗れるサービスをご紹介します。

カーシェアリングやレンタカーを利用する

「乗るのは月に数回程度」など、車の利用頻度が低い場合は、購入ではなくカーシェアリングやレンタカーを利用するのもひとつの方法です。必要なときだけ車に乗れて維持費もかからないため、ローンのように毎月の返済に追われる心配がありません。

ただし、利用の度に予約や返却の手続きが必要なことや、必要なときに予約ができない可能性もある点には注意が必要です。また、車の利用頻度が高いほど料金が高額になるため、日常的に車が必要な方にとってはコストパフォーマンスが悪くなります。

車のサブスクを利用する

ローンを避けてもっと自由に車に乗るには、月額料金で利用できる車のサブスクリプションサービス(サブスク)もおすすめです。車のサブスクでは残価設定ローンと同じく残価設定を行うため、負担する車両本体価格を抑えることが可能です。また、ローンを組む必要がないため利息を気にせず車に乗れます

ローンよりも気軽に車に乗れるサブスクのメリット

ローンよりも気軽に車に乗れるサブスクのメリット

利息を気にせず、好きな新車を選んで乗れる車のサブスクにはローンとは異なる魅力が満載です。
車のサブスクがどのようなサービスなのか、特徴を見ていきましょう。

利息が発生しない

サブスクはローンと異なり、利息が発生しません。車ローンで変動金利を選択した場合、金利上昇により利息負担が大きくなる、返済総額が想定していた額より膨れてしまう、といったリスクがあります。その点車のサブスクなら、金利上昇を心配せずに車に乗れます

想定どおりの維持費で安心

車のサブスクであれば、想定どおりの維持費で安心して車に乗れます。車のサブスクは、月額料金に自動車税(種別割)や自動車重量税などの税金、自賠責保険料、各種手数料が含まれています。そのため、時期や頻度がバラバラの維持費を別々に支払う必要がなく、車に関する支出を一定にできるので、家計管理が楽になるでしょう。

また、「おトクにマイカー 定額カルモくん」のように、中にはメンテナンス費用や車検代も月額料金に組み込むことができる車のサブスクがあります。不定期の出費に悩まされる心配がなくなり、より安心して車に乗れます。

好きな車を選んで乗れる

ローンの借入額を抑えるためには、乗りたい車をあきらめなければならないこともあります。また、レンタカーやカーシェアリングでも、自分の希望する車を自由に選ぶことは難しいです。その点、車のサブスクは、すべての国産メーカーの全車種・全グレードを用意しているのが一般的です。車のサブスクは豊富な選択肢から好きな1台を選び、マイカーのように乗れるのが魅力です。

サブスクで乗れる新車を今すぐ確認したい方はこちら

車のローンとサブスクどちらが良い?特徴と費用を比較

車のローンとサブスクどちらが良い?特徴と費用を比較

車ローンと車のサブスクはいずれも月額料金で車に乗れますが、それぞれ異なる特徴があります。
ローンとサブスクは具体的にどう違うのか、特徴や費用を比較してみましょう。

車のローンとサブスク、特徴を比較

車のローンと車のサブスク、それぞれの特徴は下記のとおりです。

車のローン

ローンならではの特徴として、利息がかかることが挙げられます。元金に対して利息がかかるため、借入額や返済期間によっては利息の負担が大きくなってしまうこともあるでしょう。さらに、頭金やボーナス払いを設定しなければローンを組めない場合もあります
また、毎月の返済とは別に、税金や保険料、車検代やメンテナンス費用などの維持費も支払わなければなりません。

車のサブスク

車のサブスクは頭金不要で利息が発生しません。最初から月額料金のみで利用できるのが大きな特徴です。
また、サブスクによってはメンテナンス費用や車検代などの維持費も月額料金に含めることができるので家計管理が楽になります。ただし、一般的に車のサブスクは月間1,000km以内、年間10,000kmまでといった具合に走行距離制限が設定される点に注意が必要です。

毎日の通勤や趣味のドライブで車を利用する機会が多い方は、1,500kmなど走行距離制限が比較的長く設定されていたり、走行距離制限をなくせるプランを用意しているサブスクを選びましょう。

車のローンとサブスク、費用を比較

N-BOX

ここでは、軽自動車の中でも人気の高いスーパーハイトワゴン・ホンダ「N BOX」のベースグレード(Lグレード)を例に、残価設定型で5年間ローンを利用した場合と、車のサブスク・定額カルモくんで5年間契約した場合の費用の違いを比較してみましょう。

〈ローンとサブスクを5年契約した場合の費用比較〉

ホンダ「N BOX 」 残価設定型ローン※ サブスク 
月額料金 21,400円(初回のみ22,389円) 27,550円 
(税金・自賠責保険料などを含む)
返済・支払総額 168万6,370円 165万3,000円 
その他の維持費 税金・自賠責保険料・任意保険料・ 
車検費用・燃料代・駐車料金など 
燃料代・駐車料金など・ 
車検費用(法定費用は除く)

 

※ホンダ「セルフ見積りシミュレーション」を利用(残価設定型クレジット60回)

車ローンもサブスクも、月々の費用はどちらも20,000円台です。ただしローンの返済総額はサブスクの支払総額より3万円高くなります。また、車のサブスクは、月額料金に車両本体価格のほか、車検時の法定費用である自賠責保険料や税金などの諸費用が含まれているため、ローンよりも維持費を抑えられる点も注目したいポイントです。

条件によってはもっと安くホンダ「N BOX」の新車に乗れる!詳しくはこちら

N-BOX

ローンは怖いけれど車がほしい!おすすめのサブスクは?

ローンは怖いけれど車がほしい!おすすめのサブスクは?

サブスクの魅力はわかったけれど、最後に車を返すのはいやだと考える方もいるのではないでしょうか。そんな方に、業界最安水準の料金で利用できる車のサブスク、定額カルモくんをおすすめします。定額カルモくんなら、7年以上の契約ですべての車種に「もらえるオプション」をつけられます。

もらえるオプションとは月々500円で、契約満了時に車が自分のものになるサービスです。さらに、7年以上の契約なら走行距離制限がなくなるため、より自由にカーライフを送れるでしょう。
ここでは、ローンよりも気軽に車に乗れる、定額カルモくんの特徴をお伝えします。

ボーナス払い・残価精算不要!月額10,000円台で好きな車に乗れる

定額カルモくんは、ボーナス払いなし、完全定額制、月額10,000円台から好きな車に乗れるサブスクです。契約満了時は残価精算も不要なため、追加の支払いの心配もありません。定額カルモくんはすべての国産メーカーの全車種・全グレードを取り扱っているので、乗りたい車がきっと見つかります。

メンテナンスプランで維持費の心配がなくなる

定額カルモくんには、メンテナンス費用や車検代も月額料金に組み込める「メンテナンスプラン」があります。メンテナンスプランを選択すれば車検代やメンテナンス費用といった車の維持費も月額料金に含めることが可能です。メンテナンス費用を気にすることなく、いつも車を万全な状態に保てるため、安心して長く車に乗ることができるでしょう。

また、メンテナンスプランなら返却時の原状回復が不要になります。一般的にサブスクでは返却時に原状回復をする必要があり、車に傷やヘコミなどがあった場合は別途費用がかかってしまいます。その点定額カルモくんのメンテナンスプランなら、原状回復不要なので安心してドライブを楽しめるでしょう

車のローンが怖いときはサブスクも視野に入れよう

車のローンが怖いといわれるのは、想定していた以上に利息が膨れ上がったり、返済できなくなったりしたときのリスクが大きいからだと考えられます。

その点、車のサブスクなら利息を気にせず、ほとんどの維持費を含めた月額料金のみで利用できるため、中長期的な支払いの計画が立てやすくなります。車のローンが怖い、計画的に理想の車に乗りたい、という方はサブスクを検討してみましょう。

なお、車のサブスクにも審査がありますが、定額カルモくんはでオンラインで簡単に受けられる「お試し審査」を実施しています。審査後のキャンセルや車種・プラン変更も可能なので、気軽に受けてみていはいかがでしょうか。

まずは審査

よくある質問

Q1:車のローンが怖いといわれるのはなぜ?

A:車のローンが怖いといわれる理由として、借金に対する抵抗感が挙げられます。車は大きな買い物であり、ローンを組めば100万円を超える借金になってしまうことも珍しくありません。また、「収入が途切れたり、ほかの出費が重なったりして返済できなくなったらどうしよう」という不安を抱える方もいます。

Q2:車のローンが怖いときの対処法は?

A:車のローンは怖いという方は低金利のローンを選んだり頭金を用意したりして、返済総額を抑えましょう。また、収入に見合う車を選んで借入額を減らすのもひとつの方法です。ローンを利用せず、カーシェアリングやレンタカー、車のサブスクリプションサービスを利用するという手もあります。

Q3:車のローンは怖いけれど好きな車に乗りたい!いい方法はある?

A:車のローンは怖いけれど好きな車に乗りたい方には、月額料金のみで利用できるサブスクリプションサービス(サブスク)がおすすめです。定額カルモくんのように、メンテナンス費用や車検代も月額料金に含めることができるサブスクなら、毎月の維持費もフラットにしながら気軽に好きな新車に乗れるでしょう。

※この記事の情報は2021年11月時点の情報で制作しています

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
ローンを組まなくても