ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

ハリアーに乗るならリースがおすすめ!その理由とメリットを徹底解説

不動の人気を誇るプレミアムSUV、ハリアーはリースで乗るのがおすすめ!その理由に迫る

出典:トヨタ「ハリアー」ギャラリー

トヨタ「ハリアー」は国産プレミアムSUVとして不動の人気を誇るモデルです。上級モデルならではのステータス感あふれるたたずまい、充実した快適装備やラグジュアリーな内装はほかのSUVにはない魅力といえるでしょう。

ただ、高額なモデルであるため新車を購入するとなるとベーシックグレードでも300万円近い資金が必要になり、負担はかなり大きいといえます。その点カーリースなら初期費用を用意することなく、月々40,000円台で新車のハリアーに乗ることができるのです。

ここでは、ハリアーに乗りたい方にカーリースをおすすめする理由やカーリースのメリットをご紹介します。

ハリアーに業界最安水準の料金で乗れるカーリースはこちら

  • カーリースならハリアーに月々40,050円から乗れる
  • ハリアーはエレガントで洗練されたSUVが欲しい方におすすめ
  • 頭金や登録諸費用を別途用意する必要がないため、ワンランク上のグレードのハリアーにも乗りやすい
ハリアー

カーリースならハリアーに月々40,050円から乗れる!

カーリースは車のサブスクとも呼ばれ、毎月定額で契約して利用できるサービスです。まずは契約年数ごとのハリアーの月額料金をご紹介しましょう。

例として、「おトクにマイカー 定額カルモくん」でハリアーを利用したときの料金を基に、契約年数によってどの程度、月額料金が変わるのかを確認してみましょう。グレードは「S」のガソリン2WD車で、カーナビやETCなどのアクセサリーや有料のボディカラー、「もらえるオプション」は追加しないものとしています。

なお、以下のハリアーの月額料金は各種税金や自賠責保険料がコミコミの料金です。

契約年数月額料金
11年40,050円
10年42,690円
9年45,220円
8年49,180円
7年53,580円
6年50,170円
5年52,040円
4年57,540円
3年64,085円
2年79,155円
1年120,405円

※2022年5月7日時点の料金

このように、カーリースでハリアーに乗る場合、契約年数により月額料金が異なり、定額カルモくんでは最長の11年契約での料金が最安料金となります。

ハリアーの料金をシミュレーションしてみる

ハリアーはリースがおすすめ!車のサブスクがお得な理由

カーリースがいい

あこがれのプレミアムSUV、ハリアーでカーライフを始めようと考えたとき、気になるのが初期費用の負担や維持費ではないでしょうか。ここでは、リースなら負担を減らしながらお得にハリアーに乗れる理由を詳しくご紹介しましょう。

カーリースならカーローンよりお得にハリアーに乗れる?

毎月決まった金額を支払う、という点においてカーローンとカーリースは似ている、という声も聞きます。しかし、カーリースは初期費用が不要であるのに対し、カーローンでは一般的に新車登録時に必要な諸費用や頭金を用意しなければならず、初めにまとまった資金が必要です。また、税金や自賠責保険料も別に支払わなければなりません。

対してカーリースは初期費用不要、車に関する税金や自賠責保険料などは毎月のリース料金に含まれています。さらにカーリースでは車両本体価格から返却時の想定下取り価格である残価を差し引いた金額を基にリース料金を算出するため、よりお手軽な金額で好きな車を利用できるのです。

ここでは、ハリアーを購入あるいはカーリースで利用する場合を想定して、カーローンとカーリースの支払額を比較してみましょう。グレードは「S」ガソリン2WD車で、各種メーカーオプションや、カーリースのオプションプランは追加していません。

なお、カーローンは頭金、ボーナス払いなしとし、カーリースは例として定額カルモくんの料金でシミュレーションしています。

〈ハリアーの支払額比較〉

 カーローン*
(5年)
カーリース
(5年契約)
カーリース
(11年契約)
初期費用24万3,090円0円0円
月々の返済額または
月額料金
初回60,318円
2回目以降58,900円
52,040円40,050円
自動車税(種別割)144,000円0円0円
自動車重量税+
自賠責保険料(24ヵ月)
52,810円0円0円

※2022年5月7日時点の情報

*カーローンの初期費用はメーカー公式サイトでトヨタモビリティ東京、「保証がつくしプラン」をなしとしたシミュレーション結果で、月々の返済額の金利は6.8%として算出、自動車税(種別割)は初年度を除く4年分、自動車重量税(エコカー減税は考慮せず)と自賠責保険料は車検1回分の費用を算出

カーローンでハリアーを購入すると、頭金なしとしても初期費用として25万円弱の決して小さくはない金額が必要です。また、月々の返済額はカーリースの5年契約、11年契約のどちらよりも高い上、税金や自賠責保険料を別に用意しなければならないことを考えると、カーリースはカーローンよりも負担を減らしながらハリアーに乗れる、といえるのではないでしょうか。

カーリースとカーローンの比較はこちらもご参照ください。

カーリースならカーシェアやレンタカーと違いハリアーを専有できる

カーシェアやレンタカーの場合、その時点で用意されている車から選んで利用することになります。ハリアーに乗りたいと思っていても、必ず乗れるわけではありません。その業者で取扱いそのものがないケースもありますし、取扱いがあってもほかの方が使用していれば利用できません。

その点カーリースなら好きな車を選ぶことができます。ボディカラーやオプションも自由に選べる上、最新モデルに乗れるのはカーリースならではのメリットです。

そのほかに、カーリースでは

  • 契約期間中はリース車を専有できるため、自分だけの車として使用できる
  • 「わ」や「れ」ナンバーにならない
  • 24時間365日好きなときに乗れる

などの特徴があり、カーシェアやレンタカーよりも購入したマイカーに近い感覚で使用できます

カーシェアやレンタカーとの違いはこちらもご参照ください。

リースでハリアーに乗るメリット・デメリット

リースでハリアーに乗るメリット・デメリット

リースは月々の支出を抑えて車を利用できることや、ライフステージに合わせて乗換えができることなど、さまざまなメリットがあります。ほかにも、ハリアーをリースする上で知っておきたいメリットとデメリットを見ていきましょう。

〈カーリースのおもなメリット〉

  • 定額で利用できる
  • 頭金や初期費用なしで新車に乗れる
  • 手続きがネットで完結できる
  • 契約期間が終わったら返却するだけだから楽
  • サポートが受けられる
  • 経費として計上できる

ハリアーは最も安いグレードで300万円程度、上級グレードになると500万円を超える高額なプレミアムSUVです。そのため、登録諸費用も高額な傾向があり、カーローンを利用しても初期費用の負担はかなり大きいといえます。頭金や登録諸費用を別途用意することなく新車が利用できるカーリースであれば、ワンランク上のグレードを選んだり、パッケージオプションを追加したりすることも可能になるでしょう。

なお、事業用にハリアーの利用を検討している方は、法人・個人事業主向けのカーリースについてこちらで詳しくご紹介しています。

法人向けのカーリース

〈カーリースのおもなデメリット〉

  • 走行距離制限がある
  • 返却時には原状回復が必要
  • 中途解約が原則できない
  • 利用するには審査に通過しなければならない

カーリースのメリットや詳しい内容について知りたい方はこちら

カーリースの定額カルモくんなら、7年以上の契約で走行距離の制限がありません。また、メンテナンスプランに加入することで返却時の原状回復費用が補償されます。さらに、1~11年のあいだで契約期間を選べるため、中途解約のリスクも低いでしょう。

このようにカーリースのデメリットを解消している定額カルモくんには、ハリアーを利用できるかどうか簡単にチェックできる「お試し審査」があります。審査通過後に車種やプランを変更したり、キャンセルしたりできるので、まずは下のバナーから気軽に試してみましょう。

この車でお試し審査

※審査に通過しても契約をする必要はありません。

ハリアーを取り扱うリース3社の料金比較

ハリアーを取り扱うリース3社の料金比較出典:トヨタ「ハリアー」ギャラリー

個人向けのリースサービスにはさまざまな種類があります。リース会社ごとに取り扱っているメーカーや車種、契約年数などが異なるため、どれを選んでいいかわからないという方もいるのではないでしょうか。

そのような方のために、ハリアーを取り扱っているリース3社とそれぞれの月額料金をご紹介します。

〈ハリアーの月額料金3社比較表〉*

契約期間おトクにマイカー 定額カルモくんカーコンカーリースもろコミコスモMyカーリース
11年40,050円~42,240円~-
7年53,580円~55,220円~46,420円~
5年52,040円~-53,570円~

*月額料金は2022年5月11日時点の情報で、各社オンライン見積もりでのエントリーグレードの最安料金(頭金・ボーナス払いなし、月々均等払いの場合)ですが、変更になる可能性があります

3社の中で最も幅広い契約期間の設定があるのが定額カルモくんで、1~11年のあいだであれば1年単位で契約期間の設定が可能と、自由度が高いのが特徴です。最長の11年契約であれば、ここで比較した3社の中で最も安い、月々約40,000円でハリアーでのカーライフを楽しむことができるのです。

また、定額カルモくんなら7年以上の契約で月額料金に500円プラスするだけで「もらえるオプション」に加入でき、契約満了時に車を返却する必要がありません。そのため、より高級感を演出するドレスアップなど、ハリアーならではのカスタマイズも可能になります。

リース会社の比較ポイントについてはこちらをご参照ください。

ハリアーの魅力とは?グレードや性能などから徹底解説!

ハリアーの魅力とは?グレードや性能などから徹底解説!出典:トヨタ「ハリアー」ギャラリー

トヨタ「ハリアー」は多くの方を魅了する人気の高いプレミアムSUVで、乗る方の心を豊かにさせる、性能や機能だけにとらわれない付加価値の高い1台です。

ここでは、ハリアーに乗りたいと考えている方のためにグレードや内装、安全性能など、ハリアーの魅力について詳しくご紹介しましょう。

【ハリアーの魅力】
✔都会に似合う洗練されたエレガントな内外装のデザイン
✔上級モデルならではの上質な乗り心地や静粛性
✔充実した内容の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を採用

ハリアーとは

初代のハリアーは1997年に誕生。SUVといえば走破性や実用性が重視されるのがそれまでの認識でしたが、ハリアーは高級サルーンのような快適な乗り心地や上級装備を備えたプレミアムSUVという新ジャンルを開拓したといえるモデルです。

現行型は4代目で、これまで以上に実用性や数値を追い求めるのではなく、人の心を優雅に満たす「感性品質」を重視した新時代のSUVとして、2020年6月に登場しました。流れるような美しさを感じさせるエレガントなエクステリアの造形や自然に会話が楽しめる静粛性の高い快適な室内空間など、車に乗る時間が心を豊かに満たしてくれるひとときとなるようなSUVであることがハリアーの魅力といえるでしょう。

ハリアーのグレード

ハリアーのグレード出典:トヨタ「ハリアー」価格・グレード

ハリアーのグレードは「S」「G」「G“Leather Package”」「Z」「Z“Leather Package”」の5種類があり、価格は「S」から「Z”Leather Package”」に向けて高くなります。

なお、ハリアーにはガソリン車とハイブリッド車が用意されていますが、グレードラインナップに差はありません。

「S」の特徴

「S」はハリアーの中では最も安いベーシックグレードではありますが、プレミアムSUVというだけあり一般的な車に装備される快適装備や利便性を高める装備はほぼ一通りそろっています。

キーを携帯していればスイッチ動作でドアのロック・アンロックやエンジンスタートが可能な「スマートエントリー&スタートシステム」や、左右独立温度コントロールフルオートエアコンなどのほか、スマートフォンと連携するディスプレイオーディオ、「DCM」と呼ばれる車載通信機もあるため、コネクティッドサービスの利用も可能です。

「G」の特徴

ワンランク上の「G」では、切削光輝加工とダークグレーメタリック塗装の18インチのアルミホイール、メッキのリアバンパーガーニッシュやアウトサイドドアハンドルなどが標準装備になり、エクステリアの上質感がアップします。

さらに、トヨタ初採用の機能である前後方録画機能を搭載したデジタルインナーミラー、室内の空気を快適な状態に導く「ナノイーX」発生装置が採用されるなど、上級モデルらしい快適装備がそろいます。

「Z」の特徴

上級グレードの「Z」では、19インチの高輝度シルバー塗装アルミホイールで足回りの精悍さを演出

また、トヨタのコネクティッドサービス「T-Connect」が利用できる多機能ナビと、高性能な専用アンプを使用し、9つのスピーカーを最適配置した「T-Connect SD ナビゲーションシステム+JBLプレミアムサウンドシステム」が標準装備となり、オペレーターサービスや緊急時の支援が受けられる「ヘルプネット®」などが利用できます。

さらに、「Z」では現行ハリアーの目玉装備のひとつ、調光機能がついた「調光パノラマルーフ」の追加が可能です。

「Leather Package」とは

「G」と「Z」に設定のある「Leather Package」は、その名のとおりシートに本革が使用されるグレードです。「Leather Package」を選択すると、運転席・助手席の快適温熱シートやシートベンチレーション機能、運転席オートスライドアウェイ、ステアリング・シートのポジションメモリーなども搭載されます。

ハリアーの詳しいグレードの情報はこちら

ハリアーの内装

ハリアーの内装出典:トヨタ「ハリアー」ギャラリー

「感性品質」を重要視している現行型ハリアーの内装は、デザイン性はもちろん、乗っている方が直接ふれたときの感触も大切にし、視覚・触覚ともに上質さを感じさせるように配慮されています。

フロントドアを開けた瞬間にまず目に入るのは、車内で一際大きな存在感を放つセンターコンソール。センターコンソールは「馬の鞍」をイメージし、幅広く堂々とした装いです。インパネはボリューム豊かに左右の広がりを感じさせるデザインで、安心感や居心地の良さを演出します。

また、内装には触り心地にこだわったレザー調素材や、ウッド調加飾、パイピング加飾を随所に使用して上質感を与えているのも特筆すべきポイントでしょう。シート表皮はグレードによって変わり、ベーシックグレードの「S」ではファブリックですが、「G」「Z」ではファブリックと合成皮革のコンビシート、「Leather Package」を選択した場合は本革になります。

内装色の基本となるのはブラックで、「G」「Z」ではブラックに加え、ブラウン、グレーの選択も可能。「Leather Package」ではブラックとブラウンの2色と、グレードによって内装色の選択肢は異なります。いずれもコントラストを抑えた落ち着いたカラーで、シックで洗練された室内空間となっています。

ハリアーの内装について詳しく知りたい方はこちら

ハリアーの燃費

現行型のハリアーは、トヨタの新しい車づくりの思想である「TNGA(Toyota New Global Architecture)」を反映したプラットフォームを採用し、ボディの高剛性化・軽量化を実現して車の基本性能を向上させ、乗り心地の良さと走りの良さ、そして燃費性能を追求しています。

また、防音材の最適配置によって車内でストレスを感じることのない静粛性、会話のしやすさを高いレベルで実現していることに加え、床下形状をフラットにするなどボディの形状の工夫によって空力性能を高めたことも静粛性の向上や燃費向上に貢献しているといえるでしょう。

ハリアーのパワートレインは、ダイナミックフォースエンジンと呼ばれる2.0L直列4気筒ガソリンエンジンと、2.5Lダイナミックフォースエンジンに小型・軽量・高効率化技術を追求したハイブリッドシステムを組み合わせたものを採用しています。

ハリアーのWLTCモードカタログ燃費・実燃費は、以下のとおりです。

 駆動方式カタログ燃費(km/L)実燃費(km/L)*
ハイブリッド車2WD22.317.4
E-Four21.616.8
ガソリン車2WD15.412.2
4WD14.710.0

*実燃費は2022年5月7日時点のe燃費のデータを基に掲載しています

実燃費がカタログ燃費よりも悪化していますが、これはハリアーに限ったことではなく、多くの車で見られる現象です。カタログ燃費は一定の決められた条件下で計測されるのに対し、実燃費は気温や走行環境、運転の仕方、荷物の積載量や電装品の使用などによって変わるからです。

なお、ハリアーのカタログ燃費は、ライバル車のマツダ「CX-5」やスバル「フォレスター」よりも低燃費を実現しています。

ハリアーの燃費について詳しく知りたい方はこちら

ハリアーの安全性能

先進安全技術の充実度は、今や車選びの重要ポイントといえます。プレミアムSUVであるハリアーは、安全性能に関しても妥協することなく、充実した内容のトヨタの予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を全車に標準装備しています

事故の危険を事前に検知して警告したり、ブレーキ制御を行ったりすることによって衝突事故の回避や衝突被害の軽減を図る「プリクラッシュセーフティ」は、車両や昼間の歩行者だけではなく、昼間の自転車や夜間の歩行者の検知も可能。また、駐車場などでペダル操作をミスした際の飛び出し防止に貢献する「パーキングサポートブレーキ(前後方静止物)」も採用されています。

さらに、高速道路や自動車専用道路でシステムが適切な車間距離を維持するよう加減速をサポートし、先行車に追従してくれる「レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付き)」や、車線中央付近の走行を維持するためにステアリング操作をアシストする「レーントレーシングアシスト」など、安全運転をサポートするとともにドライバーの運転疲労を減らしてくれる運転支援機能も搭載しています

なお、上級グレードの「Z」「Z“Leather Package“」には、後退して出庫する際に接近する車両を検知し、危険があればブレーキを作動させる「パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)」や、安全な車線変更をサポートする「ブラインドスポットモニター」も標準装備されています。

ハリアーの安全性能について詳しく知りたい方はこちら

ハリアーは洗練されたエレガントなSUVが欲しい方におすすめ!

ハリアーは洗練されたエレガントなSUVが欲しい方におすすめ!出典:トヨタ「ハリアー」ギャラリー

歴代モデルそれぞれが高い人気を誇るハリアー。ハリアーは一般的なクロスオーバーSUVとは異なり、ステータスを感じさせる洗練されたエレガントなエクステリアデザイン、上質で快適な内装、安心して運転できる安全性能を備えたプレミアムSUVです。

SUVであっても上質さやラグジュアリーさを持つモデルが欲しい方や、所有欲を満たしてくれるステータス感のある車が欲しい方には最適な1台といえるのではないでしょうか。

また、ハイブリッド技術に定評のあるトヨタらしく、ハイブリッド車はライバル車よりもかなりの低燃費を実現しています。地球に優しく、SDGsへの貢献にもつながる燃費性能・環境性能が高いモデルに乗りたい方にもおすすめです。

ハリアー

ハリアーに乗りたい!おすすめリースは?

カルモくん_new

さまざまなリース会社がありますが、国産メーカー全車種、全グレードを取り扱う「おトクにマイカー 定額カルモくん」なら、どのグレードやカラーのハリアーでも契約が可能。料金は業界最安水準で、月々 40,050円からハリアーに乗ることができます

そのほかにも、オプションプランで車検などのメンテナンスも定額制にできることなど、知っておきたい定額カルモくんの魅力をご紹介します。

〈定額カルモくんの魅力〉

  • 国産メーカーの全車種、全グレードから選べる
  • 初期費用0円!貯金がなくても新車に乗れる
  • メンテナンスプランが充実していて安心!原状回復費用もカバー
  • オンラインと郵送で手続きが完結、自宅に納車してもらえる
  • 7年以上の契約で全車走行距離制限なし
  • 7年以上の契約に「もらえるオプション」をつけると契約満了時に車をもらえる

定額カルモくんの魅力を詳しく知りたい方はこちら

ハリアーのグレード別料金シミュレーション

定額カルモくんでおすすめグレードのガソリン「G」2WD車、上級グレードのハイブリッド「Z」2WD車を利用したときの料金を3年、7年、11年のそれぞれの契約期間で確認してみましょう。カーナビなどの各種オプションを追加したり、「もらえるオプション」を選択したりしたときの料金も見てみます。

ハリアーは、全グレードにバックカメラが標準装備されています。上級グレードの「Z」「Z“Leather Package”」では、ガソリン車、ハイブリッド車にかかわらずバックカメラに加えカーナビ、ETCが標準装備になります。

〈ハリアーの料金シミュレーション〉*¹

 3年7年11年
おすすめグレード
(ガソリンG 2WD)
オプションなし69,365円60,115円44,560円
オプション選択*²75,899円63,382円46,859円
もらえるオプション選択-60,615円45,060円
上位グレード
(ハイブリッドZ 2WD)
オプションなし91,585円75,580円55,340円
オプション選択*³94,005円76,911円56,187円
もらえるオプション選択-76,080円55,840円

*¹ 料金は2022年5月7日時点の情報で、変更になる可能性があります
*² カーナビ、ETC、フロアマット、ドアバイザー、希望ナンバーを選択した場合
*³フロアマット、ドアバイザー、希望ナンバーを選択した場合

ぴったりの条件でシミュレーションしてみたい方はこちら

プラン詳細・お見積り

顧客対応満足度98.9%*という万全のサポート

顧客対応満足度

定額カルモくんなら、専門的な知識を持ったマイカーコンシェルジュに無料で相談できます。ハリアーのプランの選び方がわからないという方も、車選びのプロであるマイカーコンシェルジュに希望条件などを相談することで、ライフプランや生活スタイルに合った最適なプランを見つけられるはずです。

家族や友達と大人数で出かけたい、趣味に使いたい、とにかく安く車が欲しいなど、車のことなら何でも気軽に相談してみましょう。

契約前から何度でも無料で気軽に相談できます

LINE
フリーダイヤル

* 2019年12月~2021年6月までの定額カルモくんご契約者様504名を対象としたアンケート

サブスクだから気楽!ハリアーに乗るならリースで決まり

SUV人気は日本だけではなく世界的な高まりを見せており、各自動車メーカーがさまざまな個性を持ったSUVを販売しています。ハリアーは数ある国産SUVの中でも、洗練された都会的でスタイリッシュなデザインや上質な内装など、ラグジュアリーな魅力が光るプレミアムSUVといえます。

それだけに車両本体価格が高額なモデルではありますが、初期費用不要、定額制で新車に乗れる車のサブスクであるカーリースなら、購入するときのような大きな負担がなくハリアーでカーライフを手軽に始められます。

さらに定額カルモくんなら、もらえるオプションや柔軟に選べる契約年数などのさまざまなメリットがあるだけでなく、顧客対応満足度も高く、安心して利用できるでしょう。定額カルモくんでハリアーに乗ってみませんか?

カーリースを利用できるかどうか「お試し審査」で簡単にチェックできます。審査通過後に車種変更やキャンセルも可能なので気軽に試してみましょう。

よくある質問

Q1:ハリアーのリース料金は月額どのくらい?

A:業界最安水準の価格で利用できるカーリースの「定額カルモくん」では、1~11年の範囲内であれば1年単位で契約年数を選べます。最長の11年契約であればハリアーのベースグレードであるガソリン「S」2WDの新車に月々40,000円台から乗ることができます。詳しい料金シミュレーションはこちらをご参照ください。

Q2:ハリアーをリースするメリットは?

A:ハリアーは、最も安いベースグレードの「S」でも車両本体価格が300万円程度する高額なプレミアムSUVです。初期費用を別途用意する必要がないことに加え、残価を差し引いてリース料金を算出するため、より負担を少なくしながらハリアーでのカーライフが実現できることはリースの大きなメリットといえるでしょう。

Q3:ハリアーはどんな方におすすめの車?

A:ハリアーは押し出しの強さやアグレッシブさだけではなく、都会に似合うエレガントさや洗練された上質な雰囲気をSUVに求める方におすすめできる1台です。また、快適装備や安全装備が充実し、ストレスなく快適にドライブが楽しめる上級モデルが欲しい方にもぴったりでしょう。

※この記事は2022年5月時点の情報で制作しています

トヨタハリアーの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のトヨタハリアーの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる