ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

ピクシスエポックに乗るならカーリース(車のサブスク)がおすすめ!その理由とメリットを徹底解説(2017年~現行モデル)

ピクシスエポックに乗るならリースがおすすめ!その理由とメリットを徹底解説(2017年~現行モデル)
ピクシスエポックに乗るならリースがおすすめ!その理由とメリットを徹底解説(2017年~現行モデル)

出典:トヨタ「ピクシスエポック」ギャラリー

新車の購入時には、車両本体価格に加え登録諸費用もかかり大きな資金が必要です。また、購入後も自動車税(種別割)の納税時期や車検時にはある程度まとまった金額が必要であることに加え、日常的なメンテナンスの費用や燃料費なども欠かせないため、車関連の出費を負担に感じることもあるのではないでしょうか。

その点初期費用不要、月々定額の支払いで新車に乗れるカーリースであれば、家計にかかる負担を減らしながらカーライフを楽しむことができるのです。

ここでは、トヨタ「ピクシスエポック」に乗りたい方にカーリースをおすすめする理由やカーリースのメリットをご紹介します。

ピクシスエポックに業界最安水準*の料金で乗れるカーリースはこちら

  • カーリースならピクシスエポックに月々 13,040 円から乗れる
  • ピクシスエポックは低燃費で経済的な軽自動車が欲しい方におすすめ
  • フラットな支払いでカーライフが楽しめる車のサブスクだから気楽にピクシスエポックに乗れる

*文末の制作日における調査結果に基づく。調査概要はコンテンツポリシー参照。以下「業界最安水準」については同様

カーリースならピクシスエポックに月々 13,040 円から乗れる!

カーリースは車のサブスクとも呼ばれ、毎月定額で契約して利用できるサービスです。まずは契約年数ごとのピクシスエポックの月額料金をご紹介しましょう。

例として、「おトクにマイカー 定額カルモくん」でピクシスエポックを利用したときの料金を基に、契約年数によってどの程度、月額料金が変わるのかを確認してみましょう。グレードは「B」2WDで、カーナビやETCなどのアクセサリー、有料のボディカラー、メンテナンスプラン、「もらえるオプション」は追加しないものとしています。

なお、以下のピクシスエポックの月額料金は各種税金や自賠責保険料がコミコミの料金です。

契約年数月額料金
11年13,040円
10年13,920円
9年14,690円
8年16,010円
7年17,330円
6年18,270円
5年20,580円
4年23,770円
3年28,005円
2年37,465円
1年62,765円

※2023年10月25日時点の料金

このように、カーリースでピクシスエポックに乗る場合、契約年数により月額料金が異なり、定額カルモくんでは最長の11年契約での料金が最安料金となります。

ピクシスエポックの料金をシミュレーションしてみる

ピクシスエポックはリースがおすすめ!車のサブスクがお得な理由

カーリースがいい

車が必要だけれどもまとまった資金が手元にない、維持費の負担も気になる。そういった悩みを抱えているのであれば、車を「購入して所有」することにこだわらず、賢く自分に合った方法で「利用する」ことを視野に入れてみましょう。近年注目を集めているカーリースは、初期費用なし、維持費コミコミの月額料金で好きな新車に気楽に乗れるサービスです。

ここではカーリースとカーローンの違いや、本当にカーリースならお得にピクシスエポックに乗れるのかを詳しく解説します。また、カーリースの仕組みや具体的なメリットについても見ていきましょう。

カーリースならカーローンより手軽にピクシスエポックに乗れる?

毎月決まった金額を支払う、という点においてカーローンとカーリースは似ている、という声も聞きます。しかし、カーリースは初期費用が不要であるのに対し、カーローンでは一般的に新車登録時に必要な諸費用や頭金を用意しなければならず、初めにまとまった資金が必要です。また、税金や自賠責保険料も別に支払わなければなりません。

一方カーリースは初期費用不要、車に関する税金や自賠責保険料などは毎月のリース料金に含まれています。さらにカーリースでは車両本体価格から返却時の想定下取り価格である残価を差し引いた金額を基にリース料金を算出するため、よりお手軽な金額で好きな車を利用できるのです。

ここで、ピクシスエポックの「B」2WDをカーローンで購入した場合と、カーリースで利用した場合とでどの程度支払額に差が出るのかを確認してみましょう。カーローンの返済期間は5年で頭金やボーナス払いは使用せず、金利はディーラーローンの相場である6%としています。また、カーリースの月額料金は例として定額カルモくんの料金を使用しました。

まずは、初期費用から比較してみましょう。車を購入する際には公道を走行できるように車両登録をする必要があります。そのため車両本体価格のほかに、登録諸費用を用意しなければなりません。諸費用の金額は車によって異なりますが、一般的には車両本体価格の10~20%がかかります。メーカー公式サイトのシミュレーションによると、ピクシスエポックの該当グレードの諸費用は94,330円*(トヨタモビリティ東京、保証がつくしプランなし)で、10万円近い金額が必要です。カーローンだと、頭金を入れない場合でもこの諸費用を別に支払わなければならず、現金一括購入ほどではないにしろまとまった資金が手元になければ新車のピクシスエポックには乗れません

次に、月々の負担です。上記の条件でシミュレーションした結果、カーローンの月々の返済額は16,630円*でした。これに対し、カーローンの返済期間と同じ5年契約のカーリースの月額料金は20,580円*であり、カーローンよりも高くなっています。

ただしこの月額料金には契約期間中の軽自動車税(種別割)43,200円*(初年度を除く4年分)、車検の法定費用である自動車重量税+自賠責保険料(24ヵ月)24,140円*、そして先述した登録諸費用が含まれています。車検や納税のタイミングでまとまったお金を用意する必要がないので、家計の見通しが立ちやすく安心してカーライフが送れるのです。さらにオプションの追加で車検基本料や整備費用もリース料金にまとめられます。

また、カーリースではカーローンよりも長い契約期間を設定して月額料金を抑えることが可能です。定額カルモくんの場合、最長の11年契約なら月々13,040円*と、カーローンよりも3,000円以上月々の負担を抑えてピクシスエポックでのカーライフが楽しめます。

こうした点を総合して考えると、カーリースは家計に負担がかかりにくいお得な車の乗り方といえるのではないでしょうか。

*2023年10月25日時点の金額であり、変更になる可能性があります

カーリースとカーローンの比較はこちらもご参照ください。

カーリースならカーシェアやレンタカーと違いピクシスエポックを専有できる

カーシェアやレンタカーの場合、その時点で用意されている車から選んで利用することになります。ピクシスエポックに乗りたいと思っていても、必ず乗れるわけではありません。その業者で取扱いそのものがないケースもありますし、取扱いがあってもほかの方が使用していれば利用できません。

その点カーリースなら好きな車を選ぶことができます。ボディカラーやオプションも自由に選べるうえ、最新モデルに乗れるのはカーリースならではのメリットです。

そのほかに、カーリースでは

  • 契約期間中はリース車を専有できるため、自分だけの車として使用できる
  • 「わ」や「れ」ナンバーにならない
  • 24時間365日好きなときに乗れる

などの特徴があり、カーシェアやレンタカーよりも購入したマイカーに近い感覚で使用できます

カーシェアやレンタカーとの違いはこちらもご参照ください。

リースでピクシスエポックに乗るメリット・デメリット

リースでピクシスエポックに乗るメリット・デメリット出典:トヨタ「ピクシスエポック」ギャラリー

リースは月々の支出を抑えて車を利用できることや、ライフステージに合わせて乗換えができることなど、さまざまなメリットがあります。ほかにも、ピクシスエポックをリースするうえで知っておきたいメリットとデメリットを見ていきましょう。

〈カーリースのおもなメリット〉

  • 定額で利用できる
  • 頭金や初期費用なしで新車に乗れる
  • 手続きがネットで完結できる
  • 契約期間が終わったら返却するだけだから楽
  • サポートが受けられる
  • 経費として計上できる

ピクシスエポックは最も安いグレードなら80万円台と、乗用モデルとしては最安レベルの車両本体価格を実現しています。しかし、そういった安いグレードは今の車には欠かせないといえる衝突被害軽減ブレーキなどの先進安全技術が省かれている点に不安を覚えることもあるかもしれません。

今から車を手に入れるのであれば、やはり時代に合った安全性能を有した車が欲しい、と思うのが自然です。先進安全技術を搭載したグレードは90万円を超えますが、初期費用の必要がなくフラットな支払いでカーライフが始められるカーリースなら安心して使用できる安全性能を備えたグレードにも乗りやすくなるのは大きなメリットといえるでしょう。

なお、事業用にピクシスエポックの利用を検討している方は、法人・個人事業主向けのカーリースについてこちらで詳しくご紹介しています。

法人向けのカーリース

〈カーリースのおもなデメリット〉

  • 走行距離制限がある
  • 返却時には原状回復が必要
  • 中途解約が原則できない
  • 利用するには審査に通過しなければならない

カーリースのメリットや詳しい内容について知りたい方はこちら

カーリースの定額カルモくんなら、7年以上の契約で走行距離の制限がありません。また、メンテナンスプランに加入することで返却時の原状回復費用が補償されます。さらに、1~11年のあいだで契約期間を選べるため、中途解約のリスクも低いでしょう。

このようにカーリースのデメリットを解消している定額カルモくんには、ピクシスエポックを利用できるかどうか簡単にチェックできる「お試し審査」があります。審査通過後に車種やプランを変更したり、キャンセルしたりできるので、まずは下のバナーから気軽に試してみましょう。

お申し込みをご希望の方も、お試し審査からどうぞ。

ピクシスエポックを取り扱うリース3社の料金比較

ピクシスエポックを取り扱うリース3社の料金比較出典:トヨタ「ピクシスエポック」ギャラリー

個人向けのリースサービスにはさまざまな種類があります。リース会社ごとに取り扱っているメーカーや車種、契約年数などが異なるため、どれを選んでいいかわからないという方もいるのではないでしょうか。

そのような方のために、ピクシスエポックを取り扱っているリース3社とそれぞれの月額料金をご紹介します。

〈ピクシスエポックの月額料金3社比較表〉*

契約期間おトクにマイカー 定額カルモくんカーコンカーリースコスモMyカーリース
11年13,040円14,300円-
7年17,330円18,260円16,170円
5年20,580円22,220円19,690円

*月額料金は2023年10月25日時点の情報で、各社オンライン見積もりでの「B」2WDの最安料金(頭金・ボーナス払いなし、月々均等払いの場合)ですが、変更になる可能性があります

価格設定がリーズナブルであることがひとつの特徴といえるピクシスエポック。せっかくピクシスエポックを選ぶのであればできるだけ安く利用できる長い契約期間の設定があるカーリースがおすすめです。カーリースは総額を契約月数で割って月額料金を算出するため、契約期間が長期になるほど月額料金が抑えられるのが一般的だからです。

ここで比較した3社の中では、「カーコンカーリース」と定額カルモくんの11年契約が最長であり、最安の月額料金を実現しているのは定額カルモくんの11年契約です。

リース会社の比較ポイントについてはこちらをご参照ください。

ピクシスエポックの魅力とは?グレードや性能などから徹底解説!

ピクシスエポックの魅力とは?グレードや性能などから徹底解説!出典:トヨタ「ピクシスエポック」ギャラリー

トヨタ「ピクシスエポック」は、軽自動車ならではの魅力が満載の、コストパフォーマンスに優れた1台です。

ここでは、ピクシスエポックでカーライフを始めたいとお考えの方に向けて、燃費やグレードごとの装備などピクシスエポックの特徴を詳しくご紹介します。

【ピクシスエポックの魅力】
✔買いやすい車両本体価格を実現している
✔毎日安心して乗れる低燃費を実現
✔「スマートアシストIII」搭載車は「サポカーSワイド」に該当する安全性能を有している

ピクシスエポックとは

ピクシスエポックは、ダイハツのロングセラーモデルである軽自動車「ミライース」のOEM供給を受けてトヨタが販売する車両です。現行型は2017年5月に登場した2代目モデルで、近年の軽自動車人気を牽引するスーパーハイトワゴンの登場によって軽自動車の車両本体価格が高額化している中、従来の軽自動車の魅力のひとつでもある経済性を維持しているのは大きな特徴といえるでしょう。

エントリーグレードは80万円台、衝突被害軽減ブレーキなどの先進安全技術を搭載しても2WD車なら100万円を切る価格設定のグレードが用意されているのは特筆すべきポイントです。

ピクシスエポックのグレード

ピクシスエポックのグレード出典:トヨタ「ピクシスエポック」価格・グレード

ピクシスエポックのグレードは、大きく「B“SA III”」「L“SA III”」「X“SA III”」「G“SA III”」の4つに分かれており、グレード名の「SA III」はピクシスエポックに採用されている予防安全機能「スマートアシストIII」を指します。

なお、「B“SA III”」「L“SA III”」には「スマートアシストIII」非搭載の「B」「L」の設定があるので、ピクシスエポックは6種類の選択肢があるといえます。

「B」「B“SA III”」の特徴

「B」と「B“SA III”」は、装備を厳選して車両本体価格を抑えたエントリーグレードです。例えば、「B」なら80万円台、「B“SA III”」であっても2WD車なら100万円未満の価格で購入できます。ただし、ドアミラーは手動、パワーウィンドウはフロントのみというように快適装備は最低限のものしか搭載していません。また、足回りは13インチのセンターキャップ付きスチールホイールであり、ボディカラーは3色に限定されています。

「L」「L“SA III”」の特徴

「L」と「L“SA III”」ではボディカラーの選択肢が増え、7色から選択可能です。また、ホイールはスチールホイールではありますが、樹脂フルキャップが付いており、より高級感があります。さらに、リアにもパワーウィンドウが標準装備されるのが「B」「B“SA III”」との違いです。

「X”SA III”」の特徴

「X“SA III”」になると、LEDヘッドランプ、電動格納式のドアミラー、TFTマルチインフォメーションディスプレイなど、上位グレードらしい装備が追加されます。14インチのスチールホイールは複雑なデザインで、高級感を演出します。また、このグレード以上では「スプラッシュブルーメタリック」や「レモンスカッシュクリスタルメタリック」といった上位グレード専用のボディカラーも選択可能です。

「G“SA III”」の特徴

最上位グレード「G“SA III”」には、オートエアコン、キーフリーシステム、プッシュボタンスタートなどの今時の車に期待したい機能が備わっています。また、アルミホイール(14インチ)が標準装備され、ルックスでも差別化されています。

ピクシスエポックの詳しいグレードの情報はこちら

ピクシスエポックの内装

ピクシスエポックの内装出典:トヨタ「ピクシスエポック」ギャラリー

ピクシスエポックは、コンパクトなセダンタイプでありながら室内高や室内長に余裕を持たせ、後席のひざ前の広さを確保し、大人でも快適に座れるスペースを実現しています。また、前席はヒップポイントが下げられたことでヘッドクリアランスにゆとりがあり、前方視界が開放的であるのもポイント。ドライバーも乗員も閉塞感を感じずにドライブが楽しめます。

内装デザインはモノトーンを基調としており、シンプルなデザインが特徴です。「B」「B“SA III”」と「L」「L“SA III”」ではモノトーンインパネが採用されており、加飾などはほぼありません。ステアリングホイールもオーナメントなどがないウレタン製で、機能性を重視した印象です。

さらに、デジタルメーターのイルミネーションはアンバーで、温かみのある雰囲気を醸し出しています。

上位グレードの「X“SA III”」と「G“SA III”」では、ツートーンのインパネが採用され、内装の上質感がアップしています。さらに、メッキがステアリングホイールをはじめとする室内の随所にあしらわれ、内装に輝きを添えています。

シートは全グレード共通で、フロントシートにはブラックとホワイトを組み合わせた2トーンカラーリングで、リアシートはブラックのモノトーンです。

なお、荷室は後席のシートバックを倒せば拡大できますが、一体可倒式で分割して倒すことはできないのでシートアレンジのバリエーションは限られます。

ピクシスエポックの内装について詳しく知りたい方はこちら

ピクシスエポックの燃費

ピクシスエポックでは、エンジンやCVTの効率向上、車体の軽量化、空気抵抗の低減、消費電力の削減など、燃費を向上させるための技術を多数採用しています。

また、減速時に約11km/h以下になると自動的にエンジンを停止させる停車前アイドリングストップ機能「エコアイドル」の搭載によりドライバーが意識的に燃費を気にすることなく、自然にエコドライブができるのも特徴です。

ピクシスエポックのWLTCモードカタログ燃費、実燃費は以下のとおりです。

駆動方式カタログ燃費(km/L)実燃費(km/L)
2WD25.021.6
4WD23.217.4

*実燃費は2023年10月25日時点のe燃費のデータを基に掲載しています

実燃費とカタログ燃費のあいだに差が見られますが、これはピクシスエポックに限定されることではなく、どの車でもある程度は実燃費がカタログ燃費よりも悪化するものといえます。ピクシスエポックでは2WDよりも4WDにおいて差が大きい傾向が見られます。

ピクシスエポックの燃費について詳しく知りたい方はこちら

ピクシスエポックの安全性能

トヨタが生産するモデルには、トヨタの予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」が搭載されます。しかしピクシスエポックはダイハツが生産する「ミライース」のOEMモデルなので、ダイハツの予防安全機能「スマートアシストIII」を採用しているという特徴があります。「スマートアシストIII」はステレオカメラとソナーセンサーによって周囲の状況を検知し、安全運転をサポートするシステムです。

「衝突警報機能/衝突回避支援ブレーキ機能」は、歩行者や車両と接触の危険がある際にドライバーに警報を発し、自動的にブレーキ制御を行います。これにより、事故の発生を未然に防ぐとともに、衝突被害を最小限に抑える役割を果たします。「誤発進抑制制御機能」は、低速での取り回し時のペダル操作ミスによる事故防止に貢献します。

「車線逸脱警報機能」は、車線から逸脱する危険がある際にドライバーに警告。このほかにも自動でハイビームとロービームを切り替える「オートハイビーム」や「先行車発進お知らせ機能」があり、ピクシスエポックの「スマートアシストIII」搭載グレードはサポカーの中でも最上位の分類である「サポカーSワイド」に該当します。

ピクシスエポックの安全性能について詳しく知りたい方はこちら

ピクシスエポックは低燃費でコストパフォーマンスが高い軽自動車が欲しい方におすすめ!

ピクシスエポックは低燃費でコストパフォーマンスが高い軽自動車が欲しい方におすすめ!出典:トヨタ「ピクシスエポック」特長

ピクシスエポックは低燃費で車両本体価格が安く、軽自動車に期待したい経済性を実現したモデルです。コストパフォーマンスが高い軽自動車が欲しい方にはおすすめできる1台といえるのではないでしょうか。

最新鋭の装備などにはあまりこだわりがなく、とにかく安い車を探している、という方のひとつの選択肢にもなるでしょう。

ピクシスエポックに乗りたい!おすすめリースは?

カルモくん_new

さまざまなリース会社がありますが、国産メーカー全車種、全グレードを取り扱う「おトクにマイカー 定額カルモくん」なら、どのグレードやカラーのピクシスエポックでも契約が可能。料金は業界最安水準で、月々 13,040 円からピクシスエポックに乗ることができます

そのほかにも、オプションプランで車検などのメンテナンスも定額制にできることなど、知っておきたい定額カルモくんの魅力をご紹介します。

〈定額カルモくんの魅力〉

  • 国産メーカーの全車種、全グレードから選べる
  • 初期費用0円!貯金がなくても新車に乗れる
  • メンテナンスプランが充実していて安心!原状回復費用もカバー
  • オンラインと郵送で手続きが完結、自宅に納車してもらえる
  • 7年以上の契約で全車走行距離制限なし
  • 7年以上の契約に「もらえるオプション」をつけると契約満了時に車をもらえる

定額カルモくんの魅力を詳しく知りたい方はこちら

ピクシスエポックのグレード別料金シミュレーション

カーリースの月額料金は、契約年数によって大きく異なります。また、一度契約したら契約途中での契約期間の変更はできないことに加え、原則として中途解約は不可なので月額料金とこの先のライフプランを照らし合わせながら無理のない契約期間を設定することをおすすめします。

なお、オンラインシミュレーションを使用する際には、カーナビやETC、メンテナンスプランなど、必要なオプションはすべて追加してトータルの金額を確認しておきましょう

以下の表は、ピクシスエポックの「L」2WDと上位グレードの「X”SA III”」2WDで契約年数やオプションなどの条件を変えてシミュレーションした結果をまとめたものです。

〈ピクシスエポックの料金シミュレーション〉 *¹

 3年7年11年
おすすめグレード
(L 2WD)
オプションなし
メンテプランなし
28,445円17,880円13,480円
オプション選択*²
メンテプランなし
33,648円20,542円15,295円
もらえるオプション選択

プラチナメンテプラン加入*³
-24,860円20,960円
上位グレード
(X“SA III”)
オプションなし
メンテプランなし
32,405円21,400円15,900円
オプション選択
メンテプランなし
37,608円24,062円17,715円
もらえるオプション選択

ゴールドメンテプラン加入
-26,360円20,860円

*¹ 料金は2023年10月25日時点の情報で、変更になる可能性があります
*² カーナビ、ETC、バックカメラ、フロアマット、ドアバイザー、希望ナンバーを選択した場合
メンテナンスプランについて詳しくはこちら

ご希望の条件でシミュレーションしたい方はこちら↓
お申込みもこちら↓からどうぞ

顧客対応満足度98.9%*という万全のサポート

顧客対応満足度

定額カルモくんなら、専門的な知識を持ったマイカーコンシェルジュに無料で相談できます。ピクシスエポックのプランの選び方がわからないという方も、車選びのプロであるマイカーコンシェルジュに希望条件などを相談することで、ライフプランや生活スタイルに合った最適なプランを見つけられるはずです。

家族や友達と大人数で出かけたい、趣味に使いたい、とにかく安く車が欲しいなど、車のことなら何でも気軽に相談してみましょう。

契約前から何度でも無料で気軽に相談できます

マイカーコンシェルジュ_無料相談
平日10:00~19:00(土日祝・年末年始休み)

サービス資料(パンフレット)もございます。

サービスガイド

カーローンで購入した場合との費用比較や、大手リース他社とのサービス・料金比較、素朴な疑問への回答など、詳しくご紹介しています。

カルモくんを資料で詳しく

* 2019年12月~2021年6月までの定額カルモくんご契約者様504名を対象としたアンケート

サブスクだから気楽!ピクシスエポックに乗るならリースで決まり

ピクシスエポックは車両本体価格が安く、軽自動車の中でもリーズナブルなモデルではありますが、それでも決して安い買い物ではありません。できるだけ少ない負担でカーライフを楽しみたいのであれば、車のサブスクであるカーリースの利用を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

定額カルモくんなら、もらえるオプションや柔軟に選べる契約年数などのさまざまなメリットがあるだけでなく、顧客対応満足度も高く、安心して利用できるでしょう。定額カルモくんでピクシスエポックに乗ってみませんか?

カーリースを利用できるかどうか「お試し審査」で簡単にチェックできます。審査通過後に車種変更やキャンセルも可能なので気軽に試してみましょう。

審査に通過しても契約する必要はありません_お試し審査をしてみる

よくある質問

Q1:ピクシスエポックのリース料金は月額どのくらい?

A:業界最安水準の「定額カルモくん」では、トヨタの軽自動車「ピクシスエポック」も手頃な料金で利用することができます。なお、ベースグレードの「B」であれば最長の11年契約なら月額10,000円台から乗ることができます。詳しい料金シミュレーションはこちらをご参照ください。

Q2:ピクシスエポックをリースするメリットは?

A:カーリースでは頭金や新車登録に必要な諸費用を別に用意することなく新車に乗れるため、大きな負担なくピクシスエポックでカーライフを始められます。さらに定額カルモくんなら7年以上の契約で走行距離制限なし、メンテナンスプランの追加でメンテナンスの費用もリース料金にまとめられるなど、さまざまなメリットがあります。

Q3:ピクシスエポックはどんな方におすすめの車?

A:ピクシスエポックは買いやすい価格を維持していることに加え燃費も良く、コストパフォーマンスの高さに定評がある車です。軽自動車ならではの経済性の高さを求める方にはおすすめの1台といえるでしょう。

※この記事は2023年10月3日時点の情報で制作しています

トヨタピクシスエポックの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のトヨタピクシスエポックの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる

車検・税金込みでも月1万円台~ 定額カルモくんの資料を見る