ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

車のサブスクリプション「カーリース」の仕組みを徹底解説!

車のサブスクリプション「カーリース」の仕組みを徹底解説!

月々定額制でさまざまなサービスを受けることができるサブスクリプション。マイカーのように車に乗れるカーリースもサブスクリプションのようなサービスです。そこで、さまざまな車に関する費用が月額料金に含まれたカーリースについて、その仕組みやメリット、注意点などについてご紹介します。

サブスクリプションとは?

サブスクリプションとは?

サブスクリプションとは、「定期購読」や「有期契約の使用許可」という意味で、月々の定額を支払うことで毎月同じサービスを受けることができる仕組みを指します。代表的なサブスクリプションサービスには、NetflixやHuluなどの動画配信サービスや、Apple MusicやSpotifyなどの音楽配信サービスなどがあり、ほかにも家電やカメラ、英会話など多岐にわたるサービスが増えてきています。

カーリースは車のサブスクリプリョンサービス?

個人が車に乗るには、マイカーの購入やカーシェア、レンタカーなど、さまざまな方法があります。中でも、いつでも車に乗りたい場合には、これまではほとんどマイカーという選択でした。しかし、最近ではマイカーのようにいつでも車に乗れるカーリースが人気を集めています。このカーリースは、“車のサブスクリプションサービス”とも呼ばれていますが、そのカーリースの仕組みや月額料金に含まれる費用などについて、ご紹介しましょう。

カーリースの仕組み

カーリースとは、車を借りたい方の希望で新車を手配したリース会社が、期間を定めて貸し出すサービスです。そのため、車の所有権はリース会社にあり、契約者は使用権を持つことになります。車の返却を前提としたサービスなので、月々の利用料は、車両価格から返却時に想定される買取価格である残価(残存価格)を差し引いて算出します。そのため、カーローンに比べると月々の支払料金を抑えることができ、契約期間が長いほど安くなります。

月額料金に含まれる費用

カーリースの月額料金には、車両本体の価格だけでなく、税金や自賠責保険料など、車の購入や維持にかかる費用が含まれています。そのため、カーローンと違って、購入時に頭金や初期費用を払う必要がなく、カーライフをスタートさせることができます。なお、任意保険料や駐車場代、ガソリン代などが基本的に自己負担となるのは、カーローンと同様です。

なお、一般的にカーリースの月額料金に含まれている費用には、以下のようなものがあります。

<月額料金に含まれる費用>
・重量税
・自動車税(種別割)
・環境性能割
・自賠責保険料
・登録費用
・ディーラー点検代
・仲介手数料
・お客様サポート料

カーシェアやレンタカーとの違い

カーローンは車を購入する際に分割払いで返済していくもの、カーリースは車を借りて利用料を月々支払っていくものです。では、カーリースはカーシェアやレンタカーなどとはどう違うのでしょう?

カーシェアやレンタカーなどは、車を一時的にレンタルする利用方法です。車を利用したら、その都度返却が必要になります。また、ナンバープレートには賃貸用の「わ」や「れ」のナンバーが用いられます。

一方、カーリースは都度の返却は不要で、自家用車と同じナンバープレートが利用でき、一見してリース車だとわかることはありません。そのため、社用車としても使いやすいという特徴があります。

カーリースはこんな方におすすめ!

カーリースはこんな方におすすめ!

月々定額制で利用できるカーリースは、利用料金や手間を抑えることができるだけでなく、転勤や子育てなど決まった期間だけ利用したいという場合にも最適です。具体的に、カーリースは以下のような方におすすめです。

・月々の費用を抑えて新車に乗りたい
新車を購入する場合には、まとまった費用が必要となります。その点、カーリースであれば、頭金や初期費用も必要なく、マイカーのように新車に乗ることができます。

・家計管理を簡単にしたい
車に関する費用は種類が多く、支払う時期もさまざまです。しかし、カーリースなら月々定額の支払いで多くの費用をまとめることができるので、家計管理も簡単です。

・車にあまり詳しくない
カーリースでは、サポート料も月額料金に含まれています。車にあまり詳しくない方でも、安心してカーライフを送ることができます。

・手間をかけたくない
カーリースでは支払いの手間を減らせるだけでなく、定額料金の中に車検や消耗品の交換などの料金も含まれています。カーリース会社が提携する整備工場などでメンテナンスを行うことで、手間も軽減できます。

・数年で乗り換えたい
カーリースは、あらかじめ期間を決めて契約するため、数年間だけ車が必要なときや、すぐに最新の車に乗りたくなった場合に希望を叶えやすいことがあります。また、購入や売却にかかる手間や費用も必要ありません。

・法人利用で経費にしたい
社用車として車を購入した場合、1年間で計上できる費用には上限があります。しかし、カーリースであれば月額料金を利用料として全額計上することができるので、節税にもつながります。

カーリースを利用する上での注意点

カーリースには多くのメリットがありますが、独自のルールも定められています。そのため、しっかりと確認した上で、契約することが大切です。ここでは、契約時に確認しておきたいカーリースのルールについてご紹介します。

途中解約ができない

月々のリース料金は契約期間を定めた上で算出され、契約期間中の解約は原則的にできません。そのため、利用料を払える範囲で契約期間を決めることが大切です。

違約金が発生する可能性がある

事故などによりリース車が全損した場合などは、残りの契約期間のリース料金が違約金として請求される可能性があります。しかし、車両補償のある任意保険に加入することで、その費用をカバーすることができます。

走行距離に制限がある

車の返却を前提としたカーリースでは、車の価値を保持するために走行距離に制限を設けています。しかし、契約プランの多くは1ヵ月あたり1,000〜1,500kmの制限となっているため、日々の買い物や送り迎え、休日のお出かけ程度であれば問題なく使用できるでしょう。

カーリースなら「定額カルモくん」がおすすめ

カルモくん_new

カーリースにはさまざまなサービスがありますが、中でも「おトクにマイカー 定額カルモくん」はおすすめです。国産メーカーのすべての車種やグレードを取り扱っているため、車の選択肢が豊富です。
ほかにも、「定額カルモくん」には次のようなメリットがあります。

オンラインサービスだから料金が安い

オンラインサービスだから料金が安い

「定額カルモくん」は店舗を持たないオンラインサービスのため、より安い料金で車を利用することができます。インターネットから申込みや審査の申請ができ、郵送で届いた契約書に署名捺印して返送すれば、ディーラーの担当者が自宅まで納車を行ってくれます。忙しい方でも手間いらずで、スムーズに手続きを行うことができます。

メンテナンスプランで車の維持費も定額に

「定額カルモくん」では、点検や車検、消耗品の交換など、車の維持にかかるメンテナンス費用を定額にできるメンテナンスプランを用意しています。中でも、最も充実した内容のプラチナメンテプランでは、メーカー保証とほぼ同等の保証内容を長期間にわたって受けることができるので、より安心して車を利用することができます。

もらえるオプションなら将来マイカーとしてもらえる

走行距離制限や車の返却など、カーリース独自のルールが気になるという方には、「もらえるオプション」がおすすめです。もらえるオプションは月額500円の追加料金で走行距離が無制限となり、契約満了時に利用していた車をもらうことができます。

車もサブスクでお得にカーライフを送ろう

定額制のサブスクリプションは、家計管理もしやすく、お得で便利なサービスです。車にお得に乗りたいという方は、車のサブスクリプション、カーリースを検討してみてはいかがでしょうか。人気のカーリース「定額カルモくん」では、LINEやメールで気軽に相談ができるので、契約内容やプランなどについて知りたい方はお気軽にお問い合わせください。

よくある質問

Q1:サブスクリプションって何?

A:サブスクリプションは、「定期購読」や「有期契約の使用許可」という意味を持つ、月々定額料金のサービスです。代表的なサブスクリプションのサービスには、NetflixやHuluなどの動画配信サービスや、Apple MusicやSpotifyなどの音楽配信サービスなどがあります。

Q2:カーリースは車のサブスクなの?

A:カーリースは、月額定額制でマイカーのように車を借りて乗るサブスクリプションサービスです。リース料金には車両価格をはじめ、税金や自賠責保険料など、車の購入や維持にかかる費用が含まれています。カーローンと違って、購入時の頭金や初期費用なしに、カーライフをスタートさせることができます。

Q3:カーリースのメリットは?

A:カーリースは、月々の支払料金を抑えることができるだけでなく、車のメンテナンスや維持に関する手間を軽減させ、家計管理をシンプルにできるというメリットがあります。また、「定額カルモくん」の「もらえるオプション」では、走行距離制限がなく、契約満了時に車がもらえるサービスも実施しています。

※記事の内容は2020年4月時点の情報で制作しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
読了後バナー