ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

車のサブスクはデメリットだらけ?やめておけといわれる理由と解決法を紹介

車のサブスクはデメリットだらけ?やめておけといわれる理由と解決法を紹介|サブスクリプションを知るならカルモマガジン
車のサブスクはデメリットだらけ?やめておけといわれる理由と解決法を紹介|サブスクリプションを知るならカルモマガジン
貯金ゼロでも

車のサブスクは「デメリットだらけ」「やめておけ」といった口コミを目にすることがあります。豊富なメリットが評価され、この数年利用者が急増している車のサブスクですが、いったいどのようなデメリットがあるのでしょうか。また、デメリットを解消できる方法はあるのでしょうか。

そこで、車のサブスクの代表的な6つのデメリットとその解決法、デメリットを解消できるサブスク選びのポイントなどについて詳しくご紹介します。

デメリットを解消できる車のサブスクはこちら

  • 車のサブスクのデメリットはおもに6つ
  • サブスクを選ぶ際はサービス内容に着目しよう
  • 6つのデメリットすべてを解決できるサブスクもある

車のサブスクはやめておくべき?6つのデメリット

車のサブスクはやめておくべき?6つのデメリット

「車のサブスクはデメリットだらけ」「カーリースはやめておけ」などといわれる際には、次のようなことがその理由として挙げられます。これらのデメリットについて、購入する場合との比較もしながら見ていきましょう。

  1. 走行距離制限がある
  2. 中途解約できない
  3. 残価精算が発生する場合がある
  4. 自由にカスタマイズできない
  5. 車が自分のものにならない
  6. 購入するより割高になる場合がある

車のサブスクのデメリット1. 走行距離制限がある

車のサブスクでは「ひと月○km以内」というように、走行距離制限が設けられているのが一般的です。制限距離を超えると追加料金を支払わなければならず、自身で購入した車のように好きなだけ乗れるわけではない点をデメリットと考える方もいます。

しかし、車のサブスクの中には走行距離制限をなくせるところもあります。制限距離の超過が心配な方は、このようなサブスクを利用するといいでしょう。

「走行距離制限がある」の解決法はこちら

車のサブスクのデメリット2. 中途解約できない

車のサブスクでは契約期間中の解約は原則不可能で、やむを得ない理由で認められたとしても違約金を請求されるケースがほとんどです。購入した車であれば、途中で不要になったら売却か廃車の手続きをとれば済みますが、車のサブスクの場合、契約時にどのくらいの期間車に乗るのか決めておかなければなりません。

ただし、契約期間を細かく設定できるサブスクを選べば、自身の都合に合った期間で契約できるため中途解約のリスクを減らすことができます。

「中途解約できない」の解決法はこちら

車のサブスクのデメリット3. 残価精算が発生する場合がある

車のサブスクでは、契約満了時の車の下取り想定価格(残価)を契約時にあらかじめ設定し、それを差し引いた上で月額料金を算出するのが一般的です。これは、自身で車を購入するときにはない、サブスクならではのしくみといえるでしょう。

ただ、車の状態や買取相場の変化により、返却時の車の価値が設定した残価を下回ってしまうと、その差額を請求される場合があります。これを残価精算といい、車のサブスクのデメリットといわれることがあります。

しかし、サブスクの中には残価精算のない契約方式をとっているところもあります。このようなサブスクを選べば、返却時の残価精算を心配せずに安心してカーライフを送れるでしょう。

「残価精算が発生する場合がある」の解決法はこちら

車のサブスクのデメリット4. 自由にカスタマイズできない

車のサブスクでは購入した車とは違って、元に戻せないカスタマイズやドレスアップをすることは原則できません。カーナビの設置やライトの入れ替えのような元に戻せるカスタマイズなら可能ですが、車の返却時には原状回復の義務があり、場合によっては費用もかかってしまうでしょう。

ただし、中には契約満了時に車をそのままもらえるオプションを用意しているサブスクもあり、これを活用すれば原状回復の義務はなくなるので、自由なカスタマイズが可能となります。

「自由にカスタマイズできない」の解決法はこちら

車のサブスクのデメリット5. 車が自分のものにならない

購入した場合は車を自分のものにできるのは当たり前ですが、車のサブスクでは基本的に契約が終わったら車を返却しなければなりません。車を自分のものにしたいと考える方にとっては、デメリットと感じてしまう部分でしょう。

しかし先ほどふれたように、サブスクの中には車をもらえるオプションを用意しているところもあります。そのようなサブスクを利用すれば、契約期間中は月額料金を支払いながら車を利用して、契約終了後はマイカーにするといった乗り方も可能です。

「車が自分のものにならない」の解決法はこちら

車のサブスクのデメリット6. 購入するより割高になる場合がある

車のサブスクは購入するよりも割高になるといわれることもあります。場合によっては月額料金を合計した総額が、購入にかかる金額よりも高くなることがある上、走行距離制限の超過料金や残価精算が発生する場合があること、中途解約では違約金が発生することなどが、割高というイメージを強めているようです。

しかし、車のサブスクでは残価を差し引いた上で月額料金を算出しているため、購入するよりも負担する車両本体価格は安くなります。また、月額料金には各種税金や自賠責保険料などが含まれていることも考慮すべきでしょう。

「購入するより割高になる場合がある」の解決法はこちら

車のサブスク6つのデメリットの解決法

車のサブスク6つのデメリットの解決法

「車のサブスクはデメリットだらけ」「カーリースはやめておけ」といわれるときに挙げられる6つのデメリットをご紹介しましたが、これらのデメリットは少しの工夫で解消できます。ここでは、6つのデメリットの解決法を詳しくご紹介します。

  1. 【解決法】走行距離制限がある
  2. 【解決法】中途解約できない
  3. 【解決法】残価精算が発生する場合がある
  4. 【解決法】自由にカスタマイズできない
  5. 【解決法】車が自分のものにならない
  6. 【解決法】購入するより割高になる場合がある

【デメリットの解決法】 走行距離制限がある

サブスクを提供している会社によって制限距離は異なりますが、多くのサブスクではひと月あたり1,000~2,000kmと、普通の乗り方をしていればあまり超過することのない距離が設定されています。

それでも、外回りの営業や出張で車を使う機会が多い方やアウトドアが趣味で遠出が多い方など、頻繁に長距離運転する方は、走行距離の超過が心配かもしれません。その場合には、走行距離制限をなしにできるプランのあるサブスクを利用すれば、安心して車に乗ることができるでしょう。

【デメリットの解決法】 中途解約できない

中途解約のリスクを減らすには、契約前に車が必要な年数をしっかりと検討した上で、それに合わせた契約をする必要があります。そのため、1年ごとに契約年数が選べるサブスクであれば、希望に合わせた契約ができるので中途解約のリスクを下げることができます。

また、契約前に何年くらい車を使うのかはっきり決められないという場合には、短めの年数で契約をして、必要であれば再契約をするのがいいでしょう。

【デメリットの解決法】残価精算が発生する場合がある

車のサブスクには2つの契約方式があり、車の返却時に残価精算があるものをオープンエンド方式、残価精算がないものをクローズドエンド方式といいます。

このうちクローズドエンド方式のサブスクを利用すれば、契約満了時に思わぬ追加の支払いが発生するということがないので、最後まで安心して利用することができます。

【デメリットの解決法】 自由にカスタマイズできない

契約時に車種やグレードだけでなく、メーカーやディーラーのオプションを自由に選べるサブスクであれば、最初から思いどおりの車にしやすいでしょう。

また、契約満了時にそのまま車をもらえる選択ができるサブスクを選べば、いずれはマイカーになるため原状回復の必要がなくなり契約期間中にさらなるカスタマイズも可能です。ボディやホイールを自分好みにドレスアップしたり、車内を自分だけのリフレッシュ空間にしたりといった変更も思いのままになります。

【デメリットの解決法】車が自分のものにならない

先にご紹介したように車をもらえるサブスクであれば、契約満了時に車を返却する必要がなく、そのままマイカーとして乗り続けることができます

さらに、選べる車種が豊富なサブスクなら、購入するときと同じように車選びも楽しめるでしょう。ローンを組むことなく月々の定額料金だけで最新車種に乗りながら最後はマイカーを手に入れられる、賢い利用方法といえます。

【デメリットの解決法】 購入するより割高になる場合がある

車のサブスクでは、契約満了時の車の下取り想定価格である「残価」を差し引いた上で月額料金を算出するため、購入するよりも車両本体価格の負担を抑えて車に乗ることができます。

また、毎月の定額料金には各種税金や自賠責保険料が含まれている上、車検やメンテナンスにかかる費用も定額化できるサブスクもあります。車の維持費のほとんどを定額にできるため、家計のコントロールも簡単になるでしょう。

なお、毎月の支払額をできるだけ抑えたいという方は、長い年数での契約が可能なサブスクを選べば、月々の支払額をぐっと抑えることも可能です。

6つのデメリットをすべて解決できる車のサブスクはこちら

車のサブスク選びでデメリットを抑えるポイント

車のサブスク選びでデメリットを抑えるポイント

車のサブスクの代表的な6つのデメリットには、さまざまな解決法がありますが、実際にサブスクの利用を検討する際には、どのような点に気を付ければいいのでしょうか。ここでは、会社選びの際のポイントなども含めて、デメリットを抑えるポイントをご紹介します。

車のサブスクのしくみを理解する

デメリットを抑えるためには、車のサブスクがどのようなサービスなのか、基本的なしくみを理解しておくことが大切です。車のサブスクとは「カーリース」と呼ばれるサービスとほぼ同じもので、毎月定額の料金を支払うことで、サブスクを提供する会社が所有する車を一定期間利用できるサービスです。
購入との違いを正しく理解した上で、自分のニーズに合ったチョイスを心掛けることが、車のサブスクのデメリットを防ぐことにつながるでしょう。

サブスクとカーリースの違いを知りたい方はこちら

カーシェアリングやレンタカーとの違いを知る

車を借りて利用するサービスは、ほかにもカーシェアリングやレンタカーがあります。とはいえ、会員登録した複数名が車を共同利用するカーシェアリングや、おもに時間単位の料金を払って車を借りるレンタカーは、サブスクとさまざまな面で特徴が異なります。

自身にはどの車の使い方が合っているのかをきちんと判断することで、デメリットの発生を防ぐことができるでしょう。

料金体系もしっかりと確認する

どのサブスクを選ぶか検討する際には、月々の料金だけでなく料金に含まれている内容を確認することも大切です。

月額料金には各種税金や自賠責保険料、手数料などが含まれているのが一般的ですが、料金が格安の代わりに自賠責保険料が含まれていないサブスクも中にはあります。
料金のしくみは会社によって異なるので、しっかり確認することでデメリットを抑えることができるでしょう。

サービス内容をきちんと比較する

車のサブスクではサービス内容も会社によって異なるので、きちんと比較検討することが大切です。走行距離制限をなくせる、細かく契約期間が選べる、車をもらえるオプションがある、残価精算がないなど、さまざまな視点でチェックし、デメリットを抑えられるサービスをより多く提供しているサブスクを選びましょう。

車のサブスク各社のサービス内容を詳しく確認したい方はこちら

デメリットだらけじゃない!車のサブスクのメリット

デメリットだらけじゃない!車のサブスクのメリット

ここまで、車のサブスクのデメリットについて解決法なども含めてご紹介してきましたが、一方で車のサブスクにはたくさんのメリットがあります。デメリットとメリットの両方を理解した上で、自身に合ったサービスなのかどうかを検討してみてはいかがでしょうか。

車のサブスクのメリットには、次のようなものがあります。

初期費用0円で新車に乗れる

車を購入する場合、頭金や登録にかかる諸費用などある程度まとまった資金を用意する必要がありますが、車のサブスクなら初期費用0円で新車に乗り始めることができます。

そのため、資金面の問題で車をあきらめていた方でも、負担を抑えてカーライフを始めることができるでしょう。また、中古車ではなく新車に乗りたいという方にとっても、大きなメリットといえます。

購入するときと同じように好きな車種を選べる

車のサブスクでは、乗りたい車種を自身で選ぶことが可能です。契約後はピカピカの新車がディーラーから届くため、マイカーを購入したときのような気分を味わうこともできるでしょう。

取扱車種は会社によって異なりますが、車種やグレード、カラー、装備などを自由に選べるサブスクであれば、購入時と同じように自分だけの1台に仕上げられます。

乗り始めも終わりも手続きが簡単

車のサブスクは、さまざまな手続きが簡単な点もメリットです。会社によっては、車選びから審査申込み、契約までネットと郵送だけで行うことも可能なので、購入するときのようにディーラーまでわざわざ出向く必要がありません。

また購入した車の場合、必要なくなったときに売却や廃車などの手間がかかりますが、車のサブスクであれば契約満了時に車を返却するだけで済みます。

月額料金は経費として計上することも可能

法人や個人事業主の方が車のサブスクを利用する場合、毎月支払う月額料金を全額経費にすることができます。月額料金には各種税金などが含まれているため、こまごまとした出費を個別に経費として計上する手間を簡略化できる上、節税効果も期待できるでしょう。

さらに詳しくサブスクのしくみやメリットを知りたい方はこちら

【独自調査】車のサブスクが良いと思う理由は?398人の答え

Q2.なぜ利用がいいと思いますか?

上図は、「車は所有するよりもサブスクを利用したほうがいい」と考える方に「なぜそう思うか」を尋ねた結果をグラフにしたものです。

「維持費を抑えられるから」という理由を挙げる方が過半数を占めており、手頃な月額料金に維持費の多くを含めることができる点が評価されていることがわかります。

「いろんな車種を試せるから」「メンテナンスや処分が必要ないから」という回答にも、サブスクの便利な側面が表れているといえるでしょう。

車のサブスクに向いている方

車のサブスクに向いている方

ここでは、車のサブスクを利用するべきか判断する際の材料になる、「車のサブスクに向いている方」をご紹介します。自身に当てはまることが多い場合は、車のサブスクに向いているといえるでしょう。

少ない負担で新車に乗りたい方

車のサブスクは初期費用を用意する必要がなく、手頃な金額の月額料金を支払うだけで新車に乗れるサービスです。そのため、まとまった金額を準備するのが難しい方、負担を抑えて車に乗りたい方、中古車よりも新車に乗りたい方などが向いているといえます。

月々の支払いを安定させたい方

車のサブスクの月額料金には、各種税金や自賠責保険料などが含まれているのが一般的です。また、メンテナンス費用や車検代も月額料金に含められるサブスクもあり、車にかかる出費を一定にすることができます。

不意の出費を心配することなく、毎月定額の料金を支払うだけでカーライフを送れるので、月々の支払いを安定させたい方にも向いているといえるでしょう。

面倒な手続きから解放されたい方

車のサブスクは、ネットや郵送だけで自宅にいながら契約手続きを進められる上、契約期間中の税金の支払いなども自身で行う必要がありません

また、契約満了時は車を返却するだけなので、手間のかかる売却や廃車手続きからも解放されるでしょう。そのため、面倒な手続きにわずらわされずに車に乗りたい方にも向いているといえます。

常に最新車種に乗りたい方

車のサブスクは、常に最新車種に乗りたい方にも向いています。取扱車種が多く契約期間も柔軟に選べるサブスクなら、乗りたい新車を自由に選ぶことができる上、契約期間を短めに設定して、短期間で最新の車種に乗り換えていくといった利用の仕方も可能です。
購入する場合と比べて、乗換えのハードルが低い車のサブスクのメリットを大いに活用できるでしょう。

困ったときにすぐに相談できる環境が欲しい方

車のサブスクの中には、無料で相談できる窓口を設けているところもあります。契約前から車の選び方やプランについてなど不明な点はどのようなことでも相談でき、契約期間中も車に関するさまざまなことを相談可能です。
そのため、サブスクや車に不慣れで、困ったときは誰かに相談したいと考える方にも向いているといえるでしょう。

デメリットを解決できる独自サービスが充実したサブスクはここ!

カルモくん_new

おトクにマイカー 定額カルモくん」は、車のサブスクのデメリットを解消できる独自のサービスが豊富にそろっています。業界最安水準の月額料金で利用できる上、国産メーカー全車種・全グレードから選び放題。さらに、契約前から専任のマイカーコンシェルジュに無料で相談できるなど、サポートの良さにも定評があります。

ここでは、定額カルモくんのサービス内容や、実際に利用している方の声をご紹介しましょう。

車のサブスクのデメリットを解消できる理由

定額カルモくんには次のようなサービスがそろっているため、車のサブスクのさまざまなデメリットを解消することができます。

走行距離制限をなしにできる

定額カルモくんは、7年以上の契約で走行距離制限をなしにすることができます。6年以下の契約でも走行距離制限が1ヵ月あたり1,500kmと、一般的な乗り方であれば十分な距離に設定されているので安心です。

1年単位で契約期間を設定できる

定額カルモくんでは、最短1年から最長11年まで1年単位で契約期間を設定することが可能です。希望どおりの年数で契約がしやすいので、中途解約のリスクを減らすことができるでしょう。

残価精算のないクローズドエンド方式

残価精算のないクローズドエンド方式をとっているのも、定額カルモくんのいいところ。契約満了時の実際の車の価値が当初設定していた残価を下回ったとしても、差額の請求がないため最後まで安心して利用できます。

車をもらう選択ができるのでカスタマイズ自由

定額カルモくんでは、7年以上の契約で車をもらえるオプションをつけることが可能です。月額料金に月々500円のオプション料を追加するだけで、契約満了時に車を自分のものにできるので、自由にカスタマイズを楽しみたい方には特におすすめです。

長期契約で月額料金をとことん下げられる

定額カルモくんでは、車のサブスクとしてはかなり長い11年契約が可能です。車のサブスクは、契約期間が長いほど毎月の支払い金額を安くすることができるので、月々の支払いを抑えながら長く乗りたいという方にぴったりです。

【利用者の声】料金体系は魅力的でしたが不安もありました。でも……

Oさん

Oさん・30代|スズキ「スペーシア」を契約期間11年、ゴールドプランで利用中

購入ではなく車のサブスクにしたのは、職場にサブスクを利用している人がいたのがきっかけです。でも、その人が利用している会社は対応面などの問題で「やめたほうがいい」と言われて。料金体系は魅力的でしたが、そういう話を聞いていたこともあって不安もありました。

でも、車検やメンテナンスにかかる費用も定額にできるサブスクはやっぱり便利だと思ったので、広告で見た定額カルモくんにメールで問い合わせてみました。そうしたら、すぐに返信をいただいて。この対応の速さが決め手になり、審査を受けて、サポートの方と電話で話しながら車種を決めるところまでその日中に終わっちゃいました。

カルモが人気の理由

車のサブスクのデメリットは会社選びで解決できる

車のサブスクのデメリットは会社選びで解決できる

車のサブスクのデメリットは、デメリットを解消できるサービスがある会社を選ぶことで解決可能です。独自サービスが豊富な定額カルモくんであれば、よく挙げられる6つのデメリットも簡単に解消できるでしょう。

また、定額カルモくんでは事前に審査結果を確認できる「お試し審査」を受けることも可能です。自身はサブスクを利用できるのか、どの価格帯の車なら乗れるのか、といった確認ができるため、まだサブスクを利用するか検討中という方も、判断の目安になります。

審査結果は通常翌営業日(最大3営業日)にはわかるため、車がすぐに必要という方は審査を先に済ませておくことで、その後の手続きがスムーズになるでしょう。審査に通ったからといってそのまま契約にはならないので、気軽に試してみてはいかがでしょうか。

LINE買い方診断_記事内

よくある質問

Q1:車のサブスクはデメリットだらけって本当?

A:走行距離制限や残価精算があること、中途解約やカスタマイズができないことなどがデメリットといわれることがあります。しかし、初期費用0円で新車に乗り始めることができ、維持費も手頃な月額料金に含めることができること、購入と同じように自由に車選びができることなど、メリットが多いサービスでもあります。

Q2:車のサブスクのデメリットを解消するには?

A:走行距離制限をなしにできる、残価精算なしの契約方式を採用している、契約期間が細かく選べて中途解約のリスクを減らすことができる、車をもらう選択ができてカスタマイズを自由に楽しめるなど、デメリットを解消できるサービスがそろっている会社を選ぶといいでしょう。

Q3:車のサブスクに向いているのはどのような方?

A:まとまった資金を用意することなく負担を抑えて車に乗りたい方、税金や車検、メンテナンスにかかる費用など、車の維持費も定額にして毎月の支払いを安定させたい方、常に最新の車に乗りたい方、困ったときに誰かに相談したい方などが、車のサブスクに向いているといえるでしょう。

※この記事の情報は2022年2月時点の情報で制作しています

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
顧客満足度