ヴェゼルはリースするのがおすすめ!その理由を解説

ヴェゼルはリースするのがおすすめ!その理由を解説

出典:ホンダ「ヴェゼル」燃費・環境性能

「ヴェゼル」はホンダのヒットモデル、フィットをベースに開発されたコンパクトクロスオーバーSUVです。フィット譲りの広い室内とスタイリッシュなデザイン、ホンダならではの走行性能の高さなどバランスの取れたヴェゼルは競争の激しいコンパクトSUVの中でも高い人気を誇るモデルとなっています。

ヴェゼルは最もお手軽な価格のものでも車両代金は200万円以上。新車を購入するとなると頭金などの負担も生じるので、導入に不安を感じてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、カーリースを利用すれば頭金は不要。さらに税金や自賠責保険料なども月額料金にコミコミになるというメリットもあるのです。ここではヴェゼルに乗るのであればカーリースがおすすめである理由を紹介します。

停止中ヴェゼル

カーリースだとヴェゼルに月々28,710円(税込)から乗れる!

カーリースは車のサブスクリプションサービスです。
サブスクリプションとは、携帯電話や音楽配信サービスなどのように毎月定額制で契約して利用するしくみのこと。
そのため、車の所有者はリース会社ですが、利用者は車をマイカーのように自分だけの物として自由に利用できたり、乗りたい新車を選ぶことができたりするのが大きなメリットです。
まずは、カーリースがお得な理由や契約年数ごとのヴェゼルの金額などを紹介します。

カーローンよりお得に車に乗れるカーリース

カーローンとは、車の購入時に金融機関などからお金を借り入れて組むローンのこと。カーリースは、所有者であるリース会社に使用料を払う車の利用方法です。買ったお金を分割して払うものと使用料を毎月払うものといった違いです。
月々の支払いにも差があります。カーローンでは借り入れた車両価格を分割して返すだけですが、カーリースでは車両使用料のほかにも税金や自賠責保険料などの維持費も含まれています。

カーリースについてもっと詳しく知りたい方はこちら

契約年数ごとのヴェゼルの料金は?

カーリースでは契約年数ごとに月額料金が異なり、契約期間が長ければ長いほど月額料金はお手軽になるのが一般的です。「おトクにマイカー 定額カルモくん」でヴェゼルをリースした場合、契約年数ごとにどのくらいの月額料金の差があるのかを確認してみましょう。

ここでは最もベーシックなグレードの「G・Honda SENSING」の2WD車のオプション・アクセサリーなし、インターネット割引を適用した後の料金を紹介します。

契約年数月額料金(税込)
11年28,710円
10年30,470円
9年32,010円
8年34,760円
7年34,760円
6年36,300円
5年37,620円
4年41,690円
3年46,420円
2年57,530円
1年87,890円
※金額は2020年7月時点です。

まずは審査

リースでヴェゼルを手に入れるメリットとは?

リースでヴェゼルを手に入れるメリットとは?

リースは月々の支出を抑えて車を利用することができることや、ライフステージに合わせて乗り換えができるなどさまざまなメリットがあります。そのほかにも、リースでヴェゼルを購入する上で知っておきたいメリットをみていきましょう。

1. 月々の支払いが安い

月々支払

リースの場合、月々の料金は返却時の価値(残価)を基に算出されます。そのため、車両価格から残価を引いた金額を契約期間で割って支払っていくため、月々の料金を安く利用することができます。

2. 定額で利用できる

車を維持するためには、税金や保険料、メンテナンスなどさまざまな費用が発生します。しかし、リースでは月々の支払金額にそれらの費用が含まれているため、急な出費の心配がありません。契約期間中はずっと定額で利用することができるので、家計管理のしやすさも特徴のひとつです。

3. 頭金や初期費用がいらない

車の購入をするためには、頭金や初期費用が必要となりますが、リースではそれらの費用も必要ありません。そのため、まとまった費用を用意することが難しいときでも、リース契約をすることができます。

4. 経費として計上できる

通常、車などの高額な買い物を経費として申告する際には、まとめて計上することはできません。しかし、リースは定額制サービスと同様に経費として計上することが可能です。(業務で使用した場合に限ります)

ほかにもカーリースのメリットとしては、以下のようなものがあります。
・新車に乗れる
・手続きが簡単
・車検などのメンテナンスも定額にできる(リース会社による)

さらに、カーリースとカーローンの違いやメリットの詳しい内容について知りたい方はこちら

早速カーリースのサイトを確認する

ネットでおトクに新車をリース

「ヴェゼル」は本当にあなたに合う車なのか。ヴェゼルを徹底的に紹介!

「ヴェゼル」は本当にあなたに合う車なのか。ヴェゼルを徹底的に紹介!出典:ホンダ「ヴェゼル」

ホンダ「ヴェゼル」はホンダ独自の技術によってもたらされる荷室や室内の広さ、加えて優れた燃費性能や安全性能を備えている人気のコンパクトSUVです。

ここではカーリースを利用するにあたってどんな車を選んだらいいのか悩んでいる方はもちろん、ヴェゼルについてもっと知りたい方のためにヴェゼルの魅力や燃費、安全性能などについて紹介します。

ヴェゼルの魅力とは?

ヴェゼルはSUVでありながらもクーペを思わせる流れるような造形を持ち、スタイリッシュさやあでやかさを感じさせるエクステリアデザインが持ち味です。フロントにはインラインタイプのLEDヘッドライトを使用し、SUVらしい迫力と先進性を感じさせる要素もプラスされています。

ハイブリッドモデルにはホンダ独自の優れた動力性能と低燃費を実現させたハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-DCD」を搭載し、燃費性能にもぬかりはありません。またハイブリッド車にも4WDがラインナップされているのも特筆すべきポイントでしょう。

さらにホンダ自慢の安全運転支援システム「Honda SENSING」を標準装備するなど、安全で快適なドライブをサポートする機能が充実している点も魅力です。

ヴェゼルはコンパクトサイズでありながらも広い室内、荷室を備え、居住性の良さもしっかりと確保されている使い勝手のいいコンパクトSUVといえるでしょう。

ヴェゼルのグレードは?

ヴェゼルには8種類のグレードが用意されています。

1.5Lガソリン車には「G Honda SENSING」「X Honda SENSING」「RS Honda SENSING」の3種類、ハイブリッド車には「HYBRID Honda SENSING」「HYBRID X Honda SENSING」「HYBRID Z Honda SENSING」「HYBRID RS Honda SENSING」の4種類、加えてターボエンジンを搭載する「TOURING Honda SENSING」というラインナップです。

基本グレードにあたる「G Honda SENSING」「HYBRID Honda SENSING」にはLEDヘッドライトやスマートキー、プラズマクラスター付きのフルオートエアコンなどが搭載され、シンプルな装備内容ながらも日常的な実用性は確保されています。

中間グレードの「X Honda SENSING」と「HYBRID X Honda SENSING」ではサイドエアバッグとカーテンエアバッグシステムが追加され、より安全性が高まります。

ハイブリッド車のみに設定されている「HYBRID Z Honda SENSING」ではパフォーマンスダンパーを搭載し走りに磨きをかけるとともに、高級感のあるメッキ加飾を随所に使用した専用インテリアが採用され、上級モデルであるラグジュアリーさを感じさせる仕上がりが特徴です。

「RS Honda SENSING」「HYBRID RS Honda SENSING」は「走る歓び」に焦点を当てたグレードで、RS専用チューニングが施されたパフォーマンスダンパーや可変ステアリングギアレシオ、パドルシフトが装備されるほか、専用のブラック塗装のアルミホイールやダーククロームメッキのフロントグリルなどを備え、より精悍なエクステリアになっています。

ヴェゼルで唯一ターボエンジンを搭載する「TOURING Honda SENSING」は他グレードよりもボディの剛性を向上させるとともにTOURING専用仕様のパフォーマンスダンパー、そしてヴェゼルでは初搭載となるコーナリング時の安定性を高めるアジャイルハンドリングアシストが搭載されます。また左右2本出しのエキパイフィニッシャーなど専用エクステリアが用意されました。

グレードによって快適装備や安全性能だけでなく、走行性能にも差をつけているのがヴェゼルの特徴ともいえるでしょう。

さらに詳しくグレードの情報を見るならこちら

ヴェゼルの内装は?

ヴェゼルの内装は?出典:ホンダ「ヴェゼル」デザイン・カラー

ヴェゼルの室内はホンダ独自の燃料タンクを前席の床下に配置する「センタータンクレイアウト」によってゆとりあるリアシートの居住空間を確保しています。身長185cmの男性が余裕をもって座れることを基準に設計されているので、一般的に窮屈になりがちなリアシートでもヴェゼルであればゆったりとドライブが楽しめそうです。

インテリアデザインは落ち着きを感じさせるブラックを基調とし、グレードによってシート素材・カラーを変化させることでグレードごとの個性を表現しています。

「G Honda SENSING」「HYBRID Honda SENSING」ではシンプルなブラックのファブリックを使用。「X Honda SENSING」と「HYBRID X Honda SENSING」では標準装備は基本グレードと同じブラックファブリックですが、オプションでフロントシートに本革を、リアシートに合成皮革をあしらったファブリックとのコンビシートが設定され、シートの選択肢が広がります。カラーはブラックのみです。

「HYBRID Z Honda SENSING」ではこのコンビシートが標準装備となり、カラーはブラックに加えてブラウンとブラックを組み合わせたジャズブラウンが用意されます。

「RS Honda SENSING」「HYBRID RS Honda SENSING」では上質さを感じさせるウルトラスエードと合成皮革のダークグレーのコンビシート、「TOURING Honda SENSING」では同じ素材でより洗練された雰囲気を感じさせるダークグレーとブラウンが組み合わされたシートとなっています。

また「HYBRID Z Honda SENSING」と「TOURING Honda SENSING」ではオプションで本革のシートも用意されているなど、かなりシートの種類があるのでシートの質感やカラーでグレードを選ぶ、というのもいいかもしれません。

さらに詳しく内装の情報を見るならこちら

ヴェゼルの燃費は?

車の燃料費を左右する燃費性能は事前にしっかり確認しておきたいポイントのひとつです。ヴェゼルではハイブリッド車にホンダならではのダイレクト感のある走りと優れた燃費性能を両立させたハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-DCD」を採用しました。

さらにエコドライブをアシストする「エコアシスト」やエアコンの省エネモードやアイドリングストップ時間を延長して燃費向上をサポートする「ECONモード」など、燃費を向上させるためのさまざまな技術が搭載されており、実燃費の向上に貢献しています。

ヴェゼルのJC08モードカタログ燃費はガソリン2WD車が20.2~21.2km/L、4WD車が19.6km/L、ハイブリッド
2WD車が23.4~27.0km/L、4WD車が21.6~23.2km/L、ターボ車(2WDのみ)が17.6km/Lです。

一方、ヴェゼルを実際に使用した際の実燃費はガソリン2WD車が12.94km/L、4WD車が16.00Km/L、ハイブリッド2WD車が18.60km/L、4WD車が17.04km/L、ターボ車が15.33km/Lです。

JC08モード燃費は平坦な道をライトやエアコンなどを使わずに走るなど一定の条件のもとで計測されているため、どんな車にでも実燃費との乖離は生まれます。走行環境や運転の仕方によっても異なってきますが、実燃費はカタログ燃費よりも平均3割程度低くなるのが一般的です。

ヴェゼルの実燃費はガソリン2WD車が少しカタログ燃費との差が大きくなっていますが、それ以外では概ね平均値の範囲内、もしくは平均値以上であり実燃費においても優秀な数値であるといえるでしょう。

さらに詳しく燃費の情報を見るならこちら

ヴェゼルの安全性能は?

ヴェゼルはミリ波レーダーと単眼カメラを使用して車両前方の状況を確認し、状況に応じてブレーキやステアリング操作を支援して安全運転のサポートや事故回避を支援する安全運転支援技術パッケージの「Honda SENSING」を標準装備しています。

車両に加えて歩行者も検知する衝突軽減ブレーキやペダル踏み間違い時の急加速・急発進を抑制する誤発進抑制機能はもちろん、車線からはみ出しそうになると警告を発するとともにステアリング操作を支援する路外逸脱抑制機能や、側路帯の歩行者を検知して衝突の危険があるとステアリング操作をサポートして衝突回避に努める歩行者事故低減ステアリングなど、事故を回避したり被害を軽減したりする機能が備わっています。

また設定された車速内で定速走行したり適切な車間距離を維持して追従走行したりすることで高速道路などでのドライバーの運転負荷を軽減するアダプティブ・クルーズ・コントロールも搭載。

こうした安全性能は車によって大きく差が出る部分でもあるので、車選びの際にはしっかり確認したいポイントです。ヴェゼルにはステアリング操作を伴う機能もあり、安心してドライブが楽しめる安全性を備えたモデルといえるでしょう。

ヴェゼルの安全性能について、詳しくはこちら

ヴェゼルは燃費と走破性、さらに室内の広さを重視する方におすすめ!

日本の道路事情を考慮すると、コンパクトカーの取り回しの良さは魅力的です。しかしボディサイズが小さいがゆえに室内の広さはどうしても犠牲になってしまいますが、ヴェゼルは「センタータンクレイアウト」によって広い室内空間を確保しています。またヴェゼルのハイブリッド車の優れた燃費性能は魅力的。4WDがハイブリッドにラインナップされているのもうれしいポイントです。

ヴェゼルはコンパクトSUVであっても室内の広さにはこだわりたい方や、ハイブリッド車ならではの低燃費と4WDの走破性を求める方にはぴったりのモデルでしょう。

さらにヴェゼルはボディに制振材を使用してロードノイズを低減しているほか、エンジン内の高圧燃料ポンプの構造を改良してエンジン音を静音化させることによって走行時の静粛性を向上させています。広く静かな室内を備え、燃費性能や走破性にも優れたヴェゼルはあらゆるシーンで活躍してくれる一台となるでしょう。

訴求用ヴェゼル

「ヴェゼル」をリースするには?

「ヴェゼル」をリースするには?出典:ホンダ「ヴェゼル」タイプ一覧

個人向けのカーリースサービスにはさまざまな種類があります。リース会社ごとに取り扱っているメーカーや車種、契約年数などが異なるため、どれを選んで良いかわからないという方もいるのではないでしょうか。
そんな方のために、ヴェゼルを取り扱っているリース会社や実際にカーリースを契約する際に気を付けたいこと、カーリースの利用の流れを紹介します。

ヴェゼルを取り扱うリース会社

・カーコンカーリース「もろコミ」
カーコンビニ倶楽部のカーリースサービス「もろコミ」は、軽自動車から商用車までさまざまな車種を選ぶことができます。また、契約期間は7年の「もろコミ7」と9年の「もろコミ9」の2種類から選択が可能です。オプションプランには、カーナビやETCなどドライブに欠かせない設備がセットになったカーアクセサリーセットや、車の維持に欠かせないメンテナンスパックなども用意されています。

・コスモスマートビークル
コスモ石油のカーリースサービス「コスモスマートビークル」では、ガソリンスタンドの燃料油割引がついているのが
特徴です。メンテナンスパックなしの場合は1円/L割引、メンテナンスパックのレベルごとに最大5円/Lまで割引が設定されています。また、リース期間は3年、5年、7年の3つの期間から選ぶことができ、頭金やボーナス払いの有無も選ぶことができるため、契約時の状況にあわせて選ぶことができます。

・おトクにマイカー 定額カルモくん
定額カルモくん

「おトクにマイカー 定額カルモくん」は、審査申し込みまでをオンラインで手続きが可能なため、忙しい方にもおすすめ。また、主要国産メーカーの人気車種がそろっているので、上位グレードなど、ほかのリース会社にはない車種も選択が可能です。
また、契約期間も最短1年から11年と幅広く、ライフプランに合わせやすい契約スタイルになっています。維持費が心配な方は、整備や車検などもカバーできる定額制プランも用意されているので、安心してカーライフが楽しめます。

<あわせて読みたい>

【徹底比較】人気のおすすめマイカーリース会社3選!本当に良いリース会社とは?

リース会社選びはオープンエンドとクローズドエンドに気を付けて

カーリースの契約形態にはオープンエンドとクローズドエンドという2種類があり、契約方法によって追加精算が発生する可能性があります。そのため、契約時にしっかり確認しておくことが大切です。

・オープンエンド契約
オープンエンド契約の場合、リース契約終了時の車両の価値(中古車として売却した場合の価格)を見込んだ金額(残存価格)を車両価格から差し引いて月額料金を算出します。そのため、カーリースの月額料金が安くなっています。
しかし、車の価値は年数や走行距離が増える度に減少します。ですから、残存価格を高く見積もりすぎている場合は、追加精算が発生する可能性があります。実際に、オープンエンド契約を採用しているリース会社とのトラブルで、返却のタイミングの価値が想定より下がったなどの理由で高額な追加精算を請求してくるというケースもあるので注意しましょう。

・クローズドエンド契約
クローズドエンド契約は、追加精算がない契約方法です。オープンエンド契約と同様にリース契約終了時の車両の価値はあらかじめ設定しますが、市場価格の変動を理由にした追加精算は行いません。そのため、契約時に残存価格の明示をすることもありません。なお、「おトクにマイカー 定額カルモくん」では、クローズドエンド契約を採用しているので、安心してご利用いただけます。

リースを利用するときの流れ

一般的にリースの申し込みはオンラインや電話などで行われます。また、審査には2〜3日、新車の納車の場合は車種によりますが1ヵ月半~2ヵ月程度かかることが多く、郵送での書類のやりとりもあるため、余裕を持って手続きをするのがおすすめです。
ここでは、「おトクにマイカー 定額カルモくん」での申し込みの流れを基に、リースを利用するときの流れを紹介します。

<リースの流れ>

1. 車を選ぶ
2. オンライン見積もりで費用感を確認
3. 審査申し込み
4. 審査通過後、車種やオプションの決定
5. 契約書を自宅に郵送
6. 返信用封筒を使って契約書を返送
7. 契約締結
8. ディーラーより納車日や必要書類の連絡
9. 自宅へ納車

おトクにマイカー 定額カルモくんの自信

さまざまなカーリース会社がありますが、国産メーカー全車種を取り扱う「おトクにマイカー 定額カルモくん」なら、どのグレードやカラーのヴェゼルでも契約が可能。月々28,710円(税込)からヴェゼルに乗ることができます。
そのほかにも、オプションプランで車検などのメンテナンスも定額制にできることや、契約満了時に車がもらえるオプション「乗り放題オプション」など、知っておきたい定額カルモくんの魅力を紹介します。

定額カルモくんいいですね

国産メーカーの全車種から選べる!

定額カルモくんでは、国産メーカーの全車種を取り扱っており、メーカー保証付きのディーラーの新車に乗ることができます。
グレードやボディカラー、オプションも自由に選択・カスタマイズできるため、マイカーのように自由にカーライフをお楽しみいただけます。
また、どんな車を選んで良いかわからないという方は、車選びのプロが希望条件などを基にアドバイスしてくれるので、ライフプランや生活スタイルに合った最適な1台を見つけられるはずです。家族や友達と大人数で出かけたい、趣味に使いたい、とにかく安く車が欲しいなど、車のことなら何でも気軽に相談してみましょう。

頭金不要、充実したメンテナンスプランも用意

「おトクにマイカー 定額カルモくん」では、頭金などの初期費用、ボーナス払いは不要のため、月々の利用料金のみでリースが可能。
カーリース料金には、自動車税(種別割)や自動車重量税などの税金、自賠責保険料などが含まれているので、急な出費もなく、家計管理も簡単です。さらに、定額カルモくんでは3種類のメンテナンスプランを用意しています。メンテナンス料金を定額にできるだけでなく、指定の大手整備工場などで車検や点検を行うことができるため、お店を探したり手続きをしたりなどの手間も省くことができます。

・シルバープラン
シルバープランは、カーリース契約に必須となる返却時の原状回復や車検費用、法定12ヵ月点検、エンジンオイルやオイルフィルターの交換がついています。原状回復費用や車検費用などは、車の維持費の中でも高額となる可能性があるため、月々の支払いに組み込んでおくと安心です。

・ゴールドプラン
シルバープランの内容からさらに充実したゴールドプランでは、タイヤのメンテナンスやブレーキオイル・パッドの交換、バッテリーの交換費用、その他消耗品の補充、交換費用などが含まれています。車のメンテナンスに必要な内容がほとんど組み込まれているので、初めて車を持つ方にもおすすめのプランです。

・プラチナプラン
プラチナプランではゴールドプランの内容にメーカー一般・特別保証対象部品の延長保証が追加されます。万一のトラブルが起こっても延長保証で契約満了時までしっかりカバーできるので、長期間の契約であっても安心して利用できるメリットがあります。

そして、カーリースの概念を変える「乗り放題オプション」

カーリースの大きなデメリットといわれていた契約満了時の車の返却ですが、定額カルモくんでは、カーリース契約満了後に車がもらえるオプションプランをご用意しています。月額料金に500円(税込)プラスすることで、オプションの「乗り放題オプション」に加入が可能。加入条件は、契約期間7年以上、対象車種(軽自動車とコンパクトカー)のご契約が対象となっています。リース契約満了後の追加料金もなく、リース車をマイカーとして使い続けることができる新しいカーリースのプランです。

業界初の11年プランも登場!

カーリースでは契約期間が3〜9年のプランが多くありますが、定額カルモくんでは業界初の11年プランを開始しました。
車両代金を契約期間で割って月々支払うというカーリースの特性上、契約期間が長ければ長いほど月々の利用料金は安くなります。そのため、これまでよりも利用料金をグッとおさえて新車に乗っていただけるようになりました。

11年も同じ車に乗り続けるのは不安があるという方もいるかもしれませんが、車の耐久性は技術の向上などにより、以前よりも伸びています。また、軽自動車を除く乗用車の平均使用年数は13.26年(わが国の自動車保有動向|一般財団法人 自動車検査登録情報協会|2019年3月末)という結果もあり、車の寿命自体や利用年数が伸びていることがおわかりいただけるのではないでしょうか。また、車のモデルチェンジのスパンも長くなっているため、車の見た目が古くなってしまうということも少ないといえます。

ヴェゼルに乗るなら定額カルモくんで決まり!

ゆとりある室内と低燃費を兼ね備えたヴェゼルは幅広い層に人気のモデルです。ヴェゼルでカーライフを始めるにあたって、カーリースを使用すれば高額な初期費用の負担がなく、定額の月額料金のみで手軽にヴェゼルに乗れてしまうのです。

さらに「おトクにマイカー 定額カルモくん」なら、11年の長期契約で月額料金をさらに安くする、メンテナンス費用も月額料金にコミコミにしてしまうなど、さまざまなプランの選択肢があります。プランによっては最終的にヴェゼルを自分のものにすることができるなど、メリットがたくさんある「おトクにマイカー 定額カルモくん」でヴェゼルに乗ってみてはいかがでしょうか。

よくある質問

Q1:ヴェゼルのリース料金は月額どのくらい?

A:カーリースでは契約期間が長くなればなるほど月額料金は手頃になるのが一般的です。おトクにマイカー 定額カルモくんでは最長11年の長期契約を用意しているので、ヴェゼルのベースグレード「G・Honda SENSING」の2WD車であれば月々28,710円(税込)から利用することができます。

Q2:ヴェゼルをリースするメリットは?

A:ヴェゼルは新車を購入するとなると200万円以上かかるので、決して安い買い物ではありません。
しかし、カーリースであれば頭金が必要ないので、手元にまとまった資金がなくても月額料金のみで気軽にヴェゼルを導入できるメリットがあります。

Q3:ヴェゼルはどんな人におすすめの車?

A:ヴェゼルはホンダ独自のセンタータンクレイアウトの採用により、コンパクトなボディサイズながらも広い室内空間を実現しています。また、ハイブリッド車には4WD車がラインナップされているので、室内の広さにこだわりたい方や走破性を求めている方にもおすすめできるモデルです。

※定額カルモくんの月額は2020年7月時点です

ホンダヴェゼルの新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他のホンダヴェゼルの記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

この記事をシェアする

タグから記事を探す

pr