ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

月額1万円で乗れる軽自動車は?おすすめ車種やカーリースのしくみを徹底紹介

月額1万円で乗れる軽自動車は?おすすめ車種やカーリースのしくみを徹底紹介

もしも月額1万円で新車に乗れたら、家計に負担をかけずに快適なカーライフが送れるはず。ローンであれば多額のボーナス払いや頭金を払えば可能かもしれませんが、それではかえって負担が大きくなってしまいます。しかし、頭金やボーナス払いなしで新車に乗れるカーリースなら月額1万円で新車に乗ることができます。
そこで、月額1万円で乗れるおすすめの軽自動車や、カーリースのしくみについて詳しくご紹介します。

月額1万円で乗れる軽自動車にはどんな車があるの?

カーリースでは、車のボディタイプや車種によってリース料金が変わります。中でも、軽自動車は価格帯が安いボディタイプのため、月額1万円台でも豊富な選択肢の中から好きな車を選ぶことができるのが特徴です。
ここでは、カルモマガジンがおすすめする、「おトクにマイカー 定額カルモくん」なら月額1万円で乗れる軽自動車をご紹介します。ライフスタイルや用途に合わせて、自分に合った車種を選びましょう。

1. 低価格で低燃費、安全装備も充実のダイハツ「ミライース」

ミライース

車両価格は85万8,000円(税込)から、JC08モードの燃費は35.2km/Lと、価格も燃費も軽自動車の中でトップクラスのダイハツ「ミライース」。「定額カルモくん」では、月々11,220円(税込)から乗ることができます

また、ミライースのもう1つの大きな魅力が、先進の安全装備「スマートアシストIII」が搭載されている点です。歩行者も検知できる衝突回避支援ブレーキ機能や誤発進抑制制御機能などの運転支援システムが、安全安心なカーライフをサポートしてくれます。

スマートアシストIIIが標準搭載されたグレードでも、新車価格が92万4,000円(税込)からとなっており、コスパが良く、外観もシンプルで親しみやすいデザインなので、老若男女を問わず乗りやすい車といえるでしょう。

2. 高いコスパとパワフルな走りが魅力のスズキ「アルト」

アルト

ダイハツ「ミライース」と並んで、軽自動車の中でも特にコスパが良いのがスズキ「アルト」です。新車価格は86万3,500円(税込)から、JC08モードでの燃費は37.0km/Lとなっています。また、「定額カルモくん」では、月々14,200円(税込)から乗ることができます

車内の広さや、小回りの良さはミライースと大きな差はありませんが、アルトの魅力は力強く走れるパワフルなエンジン。アクセルに対するレスポンスが優れているため、気持ちよく運転することが可能で、走りやすい軽自動車を求めている方にもおすすめです。

スズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」が搭載されているグレードは、購入すると、車両価格が100万円を超えてしまいますが、カーリースなら月額1万円台で乗ることができます。低燃費で低価格、かつ走行性能にもこだわりたい方におすすめです。

3. シックで中性的なデザインのダイハツ「ミラトコット」

ミラトコット

ミライースの派生モデルであるダイハツ「ミラトコット」は、水平基調の自然体なスクエアデザインの中に、優しい丸みが程良くマッチしたエクステリアが印象的です。車両価格は109万4,500円(税込)から、JC08モード燃費は29.8km/Lと、比較的コスパが良い車種となっています。また、「定額カルモくん」では、月々16,070円(税込)から乗ることができます

おしゃれなデザインの軽自動車の中でも、シックで中性的なエクステリアなので、性別を問わず乗れる車種でもあります。全9色のカラーバリエーションに加えて、キャンバス地調のデザインフィルムトップや、3つのアナザースタイルも用意されるなど、自分らしいカーライフを楽しむことができる車種でもあります。

4. かわいらしい軽自動車の代名詞スズキ「アルトラパン」

アルトラパン

スズキ「アルトラパン」は、丸みのあるスクエアフォルムや、女性を意識したカラーバリエーションで、かわいらしさ満点の軽自動車です。JC08モードの燃費が35.6km/Lと、ベースとなっているスズキ「アルト」譲りの低燃費性能も魅力。新車価格は112万7,500円(税込)と、アルトと比べて少し価格が上がりますが、「定額カルモくん」では、月々16,730円(税込)から乗ることができます

ほかにも、「ナノイー」搭載エアコンや、UVカットガラスが搭載されるなど、設備面も女性から支持される内容となっています。おしゃれでかわいい軽自動車をお探しの方におすすめです。

5. トータルバランスに優れたスズキ「ワゴンR」

ワゴンR

スズキ「ワゴンR」は、ワゴンタイプの軽自動車の代表格で、走りやすさや使いやすさ、安全装備、燃費など全体的に性能のバランスがいい軽自動車です。「定額カルモくん」では、月々14,530円(税込)から乗ることができます

ワゴンRは、通常走行時のエンジンのモーターを補助する「マイルドハイブリッド車」です。そのため、ワゴンタイプの軽自動車の中ではトップクラスであるWLTCモードで25.2 km/Lという低燃費を実現しました。

また、ハイトワゴンなので車内空間が広く、高さのある物やレジャー用品などをまとめて積むことが可能です。トータルバランスに優れた軽自動車のため、ワゴンタイプを検討している方は一度チェックしておきたい車です。

6. 軽自動車市場のロングセラー車種、ダイハツ「ムーヴ」

ムーヴ

1995年の登場以来、軽自動車の代表格として人気を集めている軽ハイトワゴンがダイハツ「ムーヴ」です。車両価格は113万3,000円から、JC08モードの燃費は31.0km/Lと、低価格で低燃費なところが魅力。「定額カルモくん」では、月々15,960円(税込)から乗ることができます

また、上位グレードには、安全装備「スマートアシストIII」を標準搭載。操縦や走行の安定性に優れているため、乗り心地も良く、総合力が高い軽自動車といえます。ドアは約90°まで開き、ステップも低めの設計なので、乗り降りがしやすく、子育てやビジネスなど幅広いシーンで活用できるでしょう。

7. かわいいルックスと使い勝手の良さが魅力のダイハツ「ムーヴキャンバス」

ムーヴキャンバス

ダイハツ「ムーヴキャンバス」は、ムーヴの派生モデルで、ワーゲンバスを彷彿とさせる愛らしいルックスが魅力です。ムーヴよりも少し価格は高くなりますが、販売台数ではムーヴキャンバスが上回っており、本家をしのぐ人気があるといえるでしょう。「定額カルモくん」では、月々19,040円(税込)から乗ることができます

ムーヴキャンバスの大きな特徴は、ハイトワゴンでありながら両側スライドドアが採用されている点です。スーパーハイトワゴンほどの車高は必要ないが、スライドドアが欲しいという層から人気を集めています。また、後部座席の下に、バスケット型の引き出しが搭載されており、荷物を倒すことなく積むことができます。かわいらしい外観と使い勝手の良さが子育て層や女性に人気ですが、カラーバリエーションが豊富なことから、中高年層からも支持を集めています。

8. 軽自動車でSUVといえばスズキ「ハスラー」

ハスラー

アウトドアライフを楽しみたい方には、SUVテイストのスズキ「ハスラー」がおすすめです。かわいらしくも遊び心を持たせた個性的な内外装が人気を集めています。マイルドハイブリッド車なので、WLTCモード燃費25.0 km/Lと低燃費な点も魅力。「定額カルモくん」では、月々16,730円(税込)から乗ることができます

ハイトワゴンとSUVを融合させた広い車内空間と、優れた悪路走破性が魅力です。運転のしやすさはもちろん、安全装備も充実しており、上位グレードには衝突被害軽減ブレーキなどの「スズキ セーフティ サポート」が搭載されています。普段の生活もアウトドアも、車とともに楽しみたい方におすすめです。

9. 内外装の上質感と走りが魅力のホンダ「N-WGN」

N-WGN

ホンダ「N-WGN」は、ワンランク上の車内空間や走行性能、乗り心地を実現した軽自動車です。ホンダの軽自動車といえば、圧倒的な販売台数を誇るN-BOXがありますが、N-WGNは「上質感」や「快適性」にこだわっている点が違いです。「定額カルモくん」では、月々17,500円(税込)から乗ることができます

座席は身体をしっかりとホールドするデザインのため、長時間座っても疲れにくい設計に。運転席はどんな体型の方でも運転ポジションがとりやすくなっており、静かで安定した走行が可能。上質な軽自動車を探している方におすすめです。

10. 販売台数No.1の軽自動車、ホンダ「N-BOX」

N-BOX

2015~2019年の5年間で、最も売れた軽自動車がホンダ「N-BOX」です。車両価格は141万1,300円からと高めの設定となっていますが、「定額カルモくん」では、月々17,500円(税込)から乗ることができます

スーパーハイトワゴンに分類されるN-BOXは、車内空間が非常に広く、後部座席の足元もゆったりと造られています。また、積載スペースの床面は低く、バックハッチは大きく開くため、自転車も載せることができます。ゆったり乗れて、しっかり積める軽自動車を探している方におすすめの車種です。

カーリースが月々1万円で軽自動車に乗れる理由とは?

軽自動車が比較的安価なボディタイプであるとはいえ、なぜカーリースの月額料金がこれほど安いのか気になっている方も多いはず。そこで、マイカーのように新車に乗ることができるカーリースが、月々1万円台で利用できる理由を見ていきましょう。

車両価格から残価を差し引くから月額料金が安い

カーリースの月額料金は、車両価格から想定される価値である「残価」を差し引いた金額を、支払い回数で割って計算しています。カーリースでは、一般的に契約満了後に車を返却するため、その際の残価を差し引くことで、月額料金が安くなります。つまり、新車を購入するよりも支払う金額が下がるため、月額料金も安くなるのです。

月額料金には税金や保険料がコミコミ!

カーリースの月額料金には、税金や自賠責保険料などの維持費の一部が含まれています。そのため、車の維持費を分割して支払うことになるため、納税時期や車検のタイミングが来ても月々の支払いは大きく増えません。支払いの負担を軽減できる点は、カーリースの大きな魅力といえるでしょう。

長期的な貸出サービスだから安くなる

カーリースは、返却を前提とした長期レンタルサービスです。また、契約期間は、利用者が必要な期間を選ぶことができます。そのため、車両価格が高い車種でも、契約期間を長くすることで、月額料金を安くできるのです。

カーリースの特徴をもっと確認するならこちら

さらに、定額カルモくんなら返却なしでもっとお得に!

カルモくん_new

個人向けカーリースの中でも「カーリ―スの定額カルモくん」なら、さらに安く新車に乗ることができます。カーローンを利用して新車を買うときのように、頭金やボーナス払いへの心配も不要なので、予算不足で購入をあきらめた車種でも、定額カルモくんのカーリースを利用すれば乗ることができるかもしれません。

定額カルモくんなら、乗りたい車に手が届く

定額カルモくんでは、1〜11年のあいだで、1年ごとに契約期間を選ぶことができます。また、業界最長の11年契約を選べば、月額料金をさらに抑えることができます(2020年3月、定額カルモくん調べ)。ほかにも、オンラインで審査申込みができるなど、ネット販売に特化していることから、残価に加えてネット割引が適用されます。

車検代の心配がいらない「メンテナンスプラン」

車に乗る上で、維持費を心配する方も多いでしょう。定額カルモくんの月額料金には、車検時の自動車重量税や自賠責保険料などの法定費用が含まれているため、車検時の出費を抑えられます。加えて、「ゴールドプラン」や「プラチナプラン」を選べば、整備に必要な一部の部品交換費用も月額料金に含めることが可能なので、車検やメンテナンスの金銭的負担を軽減することができます。

メンテナンスプランについて詳しくチェックする

車がもらえる「乗り放題オプション」

一般的なカーリースでは、月々の走行距離に制限が設けられていますが、「乗り放題オプション」をつけることで、制限なく利用することができます。そのため、毎日車に乗る場合など、使用頻度が高い方は乗り放題オプションをプラスするのがおすすめです。また、「乗り放題オプション」に加入すると、リース契約満了後も車を返却する必要がなく、そのまま自分の物にすることができます。

定額カルモくんの詳しいサービス内容はこちら

自分に合った軽自動車を探す

カルモマガジンではあなたにベストな軽自動車を選んでいただけるよう、用途別でおすすめ軽自動車を紹介しています。
ぜひ車選びにお役立てください。

さっそく自分に合う軽自動車を探す

LINEクルマの買い方診断

よくある質問

Q1:月額1万円で軽自動車に乗れるって本当?

A:ローンなどで購入する場合は頭金や初期費用がかかるので難しいかもしれませんが、定額制のカーリースでは、月額1万円台で軽自動車に乗ることができます。

Q2:月額1万円で乗れる車種は?

A:販売台数No.1を誇るホンダ「N-BOX」や、上質な軽自動車を求める方におすすめな「N-WGN」、デザイン性の高いダイハツ「ムーヴキャンバス」、スズキ「アルトラパン」など、豊富な選択肢の中から乗りたい車を選ぶことが可能です。

Q3:カーリースの中でも特に安いサービスは?

A:個人向けカーリースの「おトクにマイカー 定額カルモくん」では、現在販売されている国産メーカーのすべての軽自動車の中から、好きな車を選ぶことができます。ネット販売に特化したサービスなので、さらに安く利用することが可能となっています。

※記事の内容は2020年8月時点の情報で制作しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
読了後バナー