2年だけ車が欲しいなら中古車リースがおすすめ!その理由を徹底解説!

2年だけ車が欲しいなら中古車リースがおすすめ!その理由を徹底解説!
貯金ゼロでも

2年間だけの単身赴任など、決められた期間だけ車が必要になる場合、どんな方法で車を調達すればいいのでしょうか。中古車を購入するには初期費用の負担があり、そうかといってレンタカーを毎日使うのは費用がかさみます。

そんなとき、2年という限られた期間だけ車を使いたい場合におすすめなのがカーリースです。カーリースは、一般的に3年以上の長期契約というイメージがありますが、実は2年間でも契約可能なカーリースもあります。

また、2年間リースするなら、「おトクにマイカー 定額カルモくん」で新車をリースするのがおすすめの理由についてもご紹介します。

中古車よりおトクに新車

【この記事のポイント】
✔2年間なら中古車の購入やレンタカーよりカーリースを利用するほうがお得
✔実は2年間だけ契約が可能なリース会社はそれほど多くない
✔中古車リースより定額カルモくんで新車をリースするのがおすすめ

短期リースのしくみとおすすめのリース会社5選

短期リースのしくみとおすすめのリース会社5選

一般的なカーリースの場合、3年、7年、9年などの長期契約が多いですが、実は中古車のカーリースを中心に1ヵ月や1年単位で契約できるカーリースもあります。このように、短い期間だけ車が使える短期リースですが、いったいどのようなサービスなのでしょうか。

最短1ヵ月単位で利用できる短期リースを扱っている会社は多くない

2年という契約期間は、カーリースとしては短期間にあたります。リース会社により契約内容は異なりますが、最短1ヵ月単位で車を借りることもできる短期リースは、2年間だけ車を使いたいという方にも適したサービスといえるでしょう。

例えば、レンタカーやカーシェアリングを利用した場合、一般的に1日5,000~6,000円ほどかかるのに対し、短期リースの月々の定額料金を日割りにすると1日あたり500円からと、格安な料金で車が利用できるのが特徴です。ただし、すべてのリース会社で短期契約ができるわけではありません。

なお、短期リースをメインにサービスを提供しているリース会社の場合、リース車両に使われるのは中古車が中心となります。2年というリース契約で新車を使いたい方は、1年単位で契約が可能なカーリースを選ぶのがおすすめです。

2年だけ契約できるカーリースおすすめ5選

それでは短期リースも含め、2年契約に対応しているカーリースのおすすめ5選を紹介します。

1. おトクにマイカー 定額カルモくん
中古車リースも扱っている定額カルモくんですが、新車カーリースの契約は最短1年から最長11年のあいだで、1年単位で可能なため、2年の契約も可能です。つまり、中古車メインの短期リースと異なり、定額カルモくんなら新車を2年契約できるというメリットがあります

さらに、定額カルモくんには「メンテナンスプラン」がオプションで用意されており、このプランに加入すればメンテナンス費用なども月額料金に含めることができます。また、契約期間中ずっとメーカー保証が受けられるプランもあるので、修理費用などの心配もありません。

なお、車は国産メーカー、全モデルの全グレードから選択でき、車選びや契約内容に迷ったら、「マイカーコンシェルジュ」にLINEや電話で相談も可能です。

期間が自由に選べる

2. ワンコインリース
低年式で走行距離も伸びている中古車を、1日あたり500円程度の格安料金で利用できる短期リースサービスです。

契約期間はとてもフレキシブルで、1ヵ月単位で自由に設定が可能なので、必要な期間だけ、できるだけ費用を抑えて利用することが可能です。低年式の車の場合、故障が気になりますが、リース期間中に大きな修理が必要な故障が発生した場合には車を返却し、その後のリース費用は一切発生しないので、故障を気にせず利用できます。なお、中途解約の扱いとなるため、車を返却した時点でリース契約は終了になります。

3. ニコリース
契約期間1ヵ月といった、超短期契約にも対応している短期リースです。元々はニコニコレンタカーを展開する会社ですが、2010年から「レンタカーより圧倒的に安い」短期リースサービスも展開し始めました。

月額のリース料金は26,000円からで、1ヵ月ごとのクレジットカード払いか、一括払いかを選べます。車庫証明などの書類がそろっていれば、納車までの期間は契約から最短5日となっています。

4. マルトクカーリース
マルトクカーリースは、仙台に本社のあるリース会社です。契約期間は最短1年でからリース期間を設定できるのが特徴です。

しかも走行距離制限がないので、ビジネスとプライベート両方で毎日ハードに車を使う方にも、走行距離超過による追加料金の支払いを気にせずに利用できます。リースに使用されている車両は、6ヵ月ごとに法定点検を受けており、車の性能の面でも安心です。

5. ニチゴカーリース
短期間だけ車が必要な方に向けてサービスを展開しているのが、ニチゴカーリースです。リースに使われる車両は中古車で、契約期間は1ヵ月から可能です。軽自動車の利用なら月々16,000円から、そして普通車の場合でも月々23,000円からとリース料金は格安ながら、自社工場で熟練の整備士が車を整備しているので、品質面でも安心感があります。

迅速な納車も特徴で、最短で契約当日の受け渡しも可能です。ただし、現在、利用できるエリアは関東全域(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県・栃木県・群馬県)限定です。

短期リースを利用するメリット、デメリットは?

短期リースを利用するメリット、デメリットは?

ライフサイクルに合わせた契約がしやすい短期リースの利用には、どのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。また、中古車の購入やレンタカー、カーシェアリングの利用と比べて、どれくらいお得なのか解説します。

短期リースのメリット

短期リースの利用には、以下のようなメリットが挙げられます。

●マイカー感覚で車が使える
短期リースは、レンタカーやカーシェアリングに比べると契約期間が長いため、マイカー感覚で車を利用できます。しかも、レンタカーやカーシェアリングで使われる車は、ナンバーが事業者から貸し出された車であることを示す「わ」や「れ」になりますが、短期リースの場合は一般的なナンバープレートが使用できます

●中途解約の違約金が発生しにくい
一般的なカーリースの場合、契約期間を最低3年に設定しているカーリースがほとんどで、原則として中途解約は認められていません。そのため、3年契約を結んだものの、2年経過後に中途解約しなければならなくなった場合には違約金の支払いが生じます。しかし短期リースであれば、最初から必要な年数分だけの契約になるため、中途解約による違約金の支払いが発生しにくいというメリットがあります。

短期リースのデメリット

一方、短期リースを利用するときに注意しなければならない点は、以下のことが考えられます。

●基本的にリース車両には中古車が利用される
短期リースの場合、貸し出されるリース車両は中古車が基本です。一般的なカーリースでは、リース会社が利用者の希望する新車を購入してリースするのに対し、短期リースは新車が利用できない代わりに、中古車を短期で価格を抑えてリース車両として提供しています。そのため、新車を希望する方にとっては、中古車が基本の短期リースはデメリットになります。

●中途解約が難しい
短期リースも原則として中途解約ができないという点では、一般的なカーリースと同じです。やむをえない理由で契約期間内に解約する場合でも違約金が発生します。

●レンタカーやカーシェアリングに比べると、乗り出しまで時間がかかる
カーリースの契約には、事前審査があります。これは、短期リースでも同様です。また、車庫証明も必要なので、レンタカーやカーシェアリングに比べると、車を選んでから実際に乗ることができるまでに時間がかかります。

定額カルモくんなら最短3週間で納車可能!

2年だけ車を利用するには短期リース以外にどんな選択肢がある?

2年だけ車を利用するには短期リース以外にどんな選択肢がある?

2年間限定で車を使う場合、短期リース以外にはどんな方法があるのでしょうか。ここでは短期リース以外の車の調達方法について、メリット、デメリットを含めて詳しく解説します。

中古車を購入する

たとえ期間限定であっても、好きな車を自分で選んで乗りたいという場合には、中古車を購入して、必要な期間が過ぎたら下取りに出すという選択肢もあります。

ただし、購入に際しては中古車であってもまとまった資金が必要です。そして、購入時や売却時に車両登録や名義変更といった手続きが必要になります。

さらに、中古車の場合は2年で次の車検時期がやってくるため、購入した中古車の車検がどれくらい残っているかが重要になります。車によっては、購入後すぐに車検費用を払わなければならないこともあります。

なお、年式が古い中古車を購入した場合、下取りに出しても価格が付かず、廃車扱いとなって引取りの費用まで負担せざるをえないことも考えられます。

新車をリースする

もし2年間だけ新車の利用を希望する場合、購入以外にも新車をリースする選択肢があります。ただし、一般的に新車のリース契約は3年以上が多く、それ以下の契約年数では短期リースの場合が多く、リース車両は中古車になります

しかし、リース会社によっては新車を1年からリース契約できる場合があります。ただ、1年から契約可能なリース会社はそれほど多くないのがデメリットといえるでしょう。

1年から契約できる新車リースはこちら

レンタカーやカーシェアリングを利用する

2年限定であれば、車を使うときだけレンタカーやカーシェアリングの利用を検討する方もいるでしょう。例えば、平日はあまり車を使わず、週末にまとまった買い物をするときだけ使いたいケースや、たまに遠出を楽しむためだけ車が必要というケースなら、その都度レンタカーやカーシェアリングを利用するほうが経済的です。

レンタカーにも、1週間や1ヵ月といった長期レンタルを前提として、一般的なレンタカーより格安な料金設定になっている「長期レンタカー」という選択肢もあります。料金には任意保険も含まれることが多いため、もしもの事故の際にも安心です。

ただし、カーナビなどのオプション装備は別料金扱いになる場合が多く、場合によっては車本体のレンタル料金を上回ってしまうこともあります。

2年だけ車を利用するなら定額カルモくんがおすすめの理由

カルモくん_new

2年間だけという比較的短期間だけカーリースを利用するなら、最短1年から契約期間を設定できる定額カルモくんがおすすめです。

日本一安いカーリースだから短期リースよりもお得

定額カルモくんは日本一安い*カーリースだからこそ、月々の利用料金を抑えて新車をリースすることが可能です。しかも、契約期間が1~11年のあいだから1年単位で選ぶことができるので、2年だけ車を使いたいという方でも無駄なく利用できます。

また、定額カルモくんは返却時に精算のないクローズドエンド方式を採用しているため、残価の差額を支払わなくていいのもメリットでしょう。

わずか5分で申込みが完了する「お試し審査」が気軽にできる

すぐに車が必要でも、一般的なカーリースでは事前審査に時間がかかり、なかなか車が手に入らないケースもあります。しかも、審査に落ちてしまったら、またリース会社を探さなければいけません。

定額カルモくんにはオンラインで受けられる「お試し審査」があり、リースの申込みが可能なのかを簡単にチェックできます。審査申込みの結果は、最短で翌日(最大3営業日)までにわかり、結果がわかった後でのキャンセルや車種変更も可能なので、気軽に申込みが可能です。

月額1万円台の車でお試し審査_追従

メンテナンスプランを選んで、安心のカーライフを!

定額カルモくんには、オプションでメンテナンスプランが用意されています。月々定額の料金を支払うことで、車検を含めたメンテナンスの費用をフラットにできるので、契約期間中にまとまったメンテナンス費用を負担するリスクが軽減されます。

* 一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

メンテバナー

2年という期間限定なら定額カルモくんで気になる新車をリースしよう!

2年といった短期間だけ車が必要な場合、購入するとコストがかかる上に登録や下取りなどの手間がかかります。しかし、カーリースならまとまった初期費用も不要で、登録や廃車の手続きなどもありません。定額カルモくんのように1年単位で契約できるカーリースなら、短期でも新車で快適にカーライフが送れるのではないでしょうか。

よくある質問

Q1:2年だけ契約できるカーリースはある?

A:1ヵ月単位などの短期リースを実施しているリース会社のほか、一般的なカーリースであっても2年などの短い契約期間に対応しているリース会社があります。ただし短期リースでは、基本的には中古車がリース車両として利用されます。

Q2:カーリース以外に2年だけ使う車を手に入れる方法は?

A:中古車や新車を購入する方法がありますが、ある程度まとまった初期費用を準備する必要があり、登録手続きなども煩雑です。レンタカーやカーシェアリングも利用できますが、2年間毎日使うとなると、かなりコストがかかります。そのため、2年間だけ車を使いたいなら1年単位で契約できるカーリースがおすすめです。

Q3:2年という短期間でも安心して乗れるカーリースは?

A:おすすめなのは定額カルモくんです。1年単位で契約できるため、2年間限定という条件でも契約可能です。オプションでメンテナンスプランが用意されており、プランのグレードによっては車検やメンテナンスの費用までカバーできます。契約期間中に月額料金以外の料金が発生するリスクを回避できる可能性があるので、加入をおすすめします。

※記事の内容は2021年9月時点の情報で制作しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
人気記事ランキング
注目のキーワード
車検記事読了後バナー