車のローンの審査時間はどれくらい?審査内容や通過のための対策とは

車のローンの審査時間はどれくらい?審査内容や通過のための対策とは
カルモくんなら新車が

車を購入する際にカーローンを利用するためには、ローン審査に通らなくてはいけません。しかし、ローン会社によって審査時間が異なるため、すぐに車を購入できないというケースもあります。そこで、車のローン審査にかかる時間や審査内容、通過するための対策などについてご紹介します。

車のローンの審査時間は?

車のローンの審査時間は?

車のローン審査にかかる時間は、カーローンの種類によって異なります。そのため、それぞれのカーローンの特徴を理解した上で、ローンの申込みを行うことが大切です。まず、カーローンの種類と特徴、ローン審査にかかる時間について見ていきましょう。

ディーラー系カーローン

大手メーカー系列のディーラーによるカーローンです。車を購入する際の手続きと同時に、ローン審査の申込みを行うことができます。ほかのカーローンに比べてローン審査に通りやすい傾向があり、審査時間もかからず、結果が当日中にわかることもあります。

銀行系カーローン

銀行系カーローンは、メガバンクや都市銀行が提供するマイカーローンです。車の購入以外にも免許の取得やカー用品の購入など、幅広い用途で利用することができます。銀行系カーローンは金利が安い反面、ローン審査では1週間かかるケースもあるので、急いでいる場合には不向きかもしれません。なお、本審査の前に、即日で結果がわかる事前審査を受けることもできます。

自社ローン

自社ローンとは、自動車販売店が信販会社などを通さずに、独自の基準で審査を行うカーローンです。審査基準は販売店によって異なりますが、信用情報などの過去の債務歴よりも現在の支払能力を確認することが多いようです。即日審査を行っているケースもあるので、比較的審査に時間のかからないカーローンです。

消費者金融のカードローン

消費者金融のカードローンは、車の購入だけを目的としたローンではありませんが、マイカーの購入に利用することもできます。審査基準は厳しくないため、銀行やディーラーなど信販会社を通して行うローン審査に通らない方でも利用できる可能性があります。最短で30分など審査が速いメリットがありますが、金利が高いというデメリットもあるので、利用する前に返済計画をよく立てておきましょう。

車のローンで審査される内容は?

車のローンで審査時間がかかるのは、契約する人の返済能力が問われるからです。では、ローン審査を通過するためには、どのような点に注意すればいいのでしょうか?そこで、車のローン審査でチェックされる内容についてご紹介します。

年収や職業

ローン審査では、安定した収入があるかどうかが重要な判断基準となります。会社勤務などで安定した一定の収入があるかどうか、年収に対して申込みをした車の価格が見合っているかどうかも審査対象となります。そのため、年収が著しく低い場合や、フリーランスや個人事業主などの場合、購入する車が年収に見合わないなどの場合は、ローン審査に通りにくくなる可能性があります。

借入額

借入額

ローンを利用する際には、返済負担比率といって、年収に対して借入れのできる割合が決まっています。返済負担比率は普通30%程度とされているため、例えば年収400万円なら120万円程度までの借入れであれば、ローン審査に通る可能性があります。ただし、返済負担率はほかのローンも含めたトータルな比率となるので、もし住宅ローンなどを組んでいる場合は、カーローンで借りられる額はもっと低くなります。

過去の債務歴

ローン審査では、過去の債務歴や現在の借入れの状況なども、返済能力を判断する上で重視されます。その際には、CIC(指定信用情報機関)やJICC(日本信用情報機構)などの信用情報機関の情報をもとに審査が行われます。もし過去に支払いの遅延や滞納などの履歴があると、ローン審査に通りにくくなってしまいます。

ローン審査に落ちてしまったらどうすればいい?

では、車のローン審査に落ちてしまったり、審査に時間がかかりそうだったりした場合、どうすればいいのでしょうか?そうした場合は、何度もローン審査を受ける前に対策を講じることが大切です。どのような対策があるのか見ていきましょう。

連帯保証人をつける

自分の年収や信用情報ではローン審査に通らないという場合には、家族などに連帯保証人となってもらうことで、審査に通る可能性があります。連帯保証人には、安定した収入がある20歳以上65歳未満の成人などの条件があります。なお、連帯保証人はローンを契約した本人が返済できない場合に支払義務が求められ、債権者からの支払請求を拒絶することはできません。そうしたことを理解してもらった上で頼める人を探しましょう。

借入額を下げる

借入額が返済負担比率に見合っていない場合には、金額を下げることでローン審査に通る可能性があります。もし審査に落ちてしまったときは、申請額が年収の30%程度に収まっているかどうか確認しましょう。また、ほかにもローンや借入れがないか確認し、それらを含めた金額で返済負担率を計算してみて、車のローンの借入額を再度検討しましょう。

頭金を用意する

信用情報などに問題がなく、年収と借入額が見合っていないという場合には、頭金を用意することでローンの借入額を減らし、審査に通りやすくすることができます。

安く車に乗るならカーリースがおすすめ

安く車に乗るならカーリースがおすすめ

これまでマイカーに乗る方法といえば、カーローンを利用して車を購入するのが一般的でした。そのため、ローン審査に通る必要もあったわけですが、安く車に乗る方法にはカーリースもあります。

カーリースは月々定額制で、車を借りて長期間利用できるサブスクリプションサービスです。利用するにはカーローンのような審査を受ける必要がありますが、もっとお得にマイカーに乗れるようなサービスです。どのようなメリットがあるのか、ご紹介します。

ディーラーの新車に乗れる

カーリースには新車と中古車を扱うサービスがありますが、その中にはディーラーの新車を扱っているリース会社もあります。マイカーを購入するときと変わらない条件で、乗りたい新車を選んで乗ることができます。

家計管理が簡単

車をローンで購入するには、ローン審査の時間がかかったり、頭金やボーナス併用払いでまとまったお金がかかったり、別途に車の維持費用がかかったりしました。かかる資金の見通しが立てにくく、家計管理が難しい面がありました。

しかし、カーリースは頭金や初期費用がほとんどかからず、メンテナンスなどの維持費用も月々定額の利用料にまとめることができます。車に関わる費用を定額にできるので、家計管理も簡単です。

格安で車をリースできる「定額カルモくん」

カルモくん_new

カーリースの中でも「おトクにマイカー 定額カルモくん」は、格安で車をリースできるサービスです。サービス案内や審査の申込みをオンラインで完結させ、店舗を持たずにコストを抑えているので、その分リース料を安くして車を提供しています。ほかにも充実したオプションやプランがあります。どのような内容なのか、詳しく見てみましょう。

契約満了で車がもらえる「もらえるオプション」

通常のカーリースは車を借りて、契約満了後は返却するのが原則です。しかし、「定額カルモくん」には契約満了後に車がもらえる「もらえるオプション」というプランがあります。月額500円追加することで、契約満了後も車を返却することなく乗り続けることができます。そのため、将来的にマイカーが欲しいという方にもおすすめです。

充実したメンテナンスプラン

充実したメンテナンスプラン

「定額カルモくん」では、選べるメンテナンスプランを用意しています。それぞれにメンテナンスの範囲が異なりますが、プラチナ、ゴールド、シルバーのプランでは車検点検料や消耗品の交換費用などをカバーしています。車の維持費用を月々の定額料金にまとめることができるため、その都度出費する心配がいりません。

車のローン審査で時間がかからない方法を知っておこう

車のローンでは審査に時間がかかることがあります。その審査内容やローン会社それぞれの特徴を知ることで、審査に通りやすい対策をとることもできます。自分に合ったカーローンやカーリースを選ぶことで、審査時間がかからず、スムーズにカーライフを始めることができます。

よくある質問

Q1:車のローンは審査時間にどれくらいかかるの?

A:車のローン審査にかかる時間は、カーローンの種類によって異なります。ディーラー系カーローンでは、車の購入手続きと同時にローン審査の申込みができ、結果が当日中にわかることもあります。銀行系カーローンはローン審査に1週間かかることもありますが、本審査の前に即日で結果がわかる事前審査を受けることもできます。自動車販売店の自社ローンは独自の基準で審査を行うので比較的時間のかからないカーローンです。消費者金融のカードローンは最短30分など審査が速いものの、金利が高いので利用する前に返済計画をよく立てておきましょう。

Q2:車のローンで審査される内容は?

A:車のローンで審査時間がかかるのは、契約する人の返済能力が問われるからです。安定した収入があるか、年収に対して申込みをした車の価格が見合っているか、年収に対して借入れのできる返済負担比率に収まっているか、そして過去の債務歴や現在の借入状況などもチェックされます。

Q3:ローン審査に落ちてしまったらどうすればいいの?

A:車のローン審査に落ちてしまったら、何度もローン審査を受ける前に対策を講じることが大切です。連帯保証人をつける、借入額を下げる、頭金を用意するなどの対策をとれば、ローン審査に通りやすくなります。

※記事の内容は2020年5月時点の情報で制作しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

読了後バナー