車のローンの審査時間はどれくらい?審査内容や通過のための対策とは

車のローンの審査時間はどれくらい?審査内容や通過のための対策とは
最短4日納車

車を購入する際にカーローンを利用するには、ローン審査に通らなくてはなりません。しかし、ローン会社によって審査時間が異なるため、すぐに車を購入できないというケースもあります。

そこで、各種ローンの特徴や違い、審査にかかる時間を比較して解説いたします。また、年収や職業、借入金といった審査される項目や、連帯保証人を付ける、借入額を減らす、頭金を用意するなど、審査に通らなかった時の対処法も解説します。

カーローンの審査には時間がかかるものもありますが、カーリースの審査なら、オンラインで簡単に受けられます。5分程度で申込めて、結果も3営業日以内に届くのでとても便利です。カーローンの審査に不安がある方は、まずカーリースの「お試し審査」を試してみましょう。

気軽にお試し審査

審査をしても契約にはなりません。申込み後のキャンセルも可能です

【この記事のポイント】
✔車のローンの審査は当日~1週間ほどかかり、ローン会社によって違う
✔ローンの審査では、年収・職業・借入額・過去の債務歴などが確認される
✔定額カルモくんなら、オンラインで簡単に審査が受けられて新車に乗れる

車のローンの審査時間は?

車のローンの審査時間は?

車のローンの審査にかかる時間は、カーローンの種類によって異なります。そのため、それぞれのカーローンの特徴を理解した上で、申込みを行うことが大切です。

まず、カーローンの種類と特徴、審査にかかる時間について見ていきましょう。

ディーラー系カーローン

ディーラー系カーローンは、大手メーカー系列のディーラーによるカーローンです。車を購入する際の手続きと同時に、ローン審査の申込みを行うことができます。

ほかのカーローンに比べてローン審査に通りやすい傾向があり、審査時間もかからず、結果が当日中にわかることもあります

銀行系カーローン

銀行系カーローンは、メガバンクや都市銀行が提供するマイカーローンです。基本的には、車の購入を目的としていますが、免許の取得やカー用品の購入など、車に関するほかの用途に利用できる場合もあります。

銀行系カーローンは金利が低い反面、審査には1週間程度かかるケースもあるので、急いでいる場合には不向きかもしれません。

なお、本審査の前に、短時間で結果がわかる仮審査を受けることもできます。

自社ローン

自社ローンは、自動車販売店が信販会社などを通さずに、独自の基準で審査を行うカーローンです。

審査基準は販売店によって異なりますが、信用情報など過去の債務歴よりも、現在の支払能力を確認することが多いようです。

即日審査を行っているケースもあるので、比較的審査に時間のかからないカーローンといえます。

消費者金融のカードローン

消費者金融のカードローンは、車の購入だけを目的としたローンではありませんが、マイカーの購入に利用することもできます。

審査基準は厳しくないため、銀行や信販会社を通して行うディーラーなどのローン審査に通らない方でも利用できる可能性があります。

最短で30分など審査が速いメリットがありますが、金利が高いというデメリットもあるので、利用する前に返済計画をよく立てておきましょう。

そもそもカーローンを組まずに新車に乗れる方法もあります。気になった方は、こちらからチェックしてみましょう。

ローン無しでも新車

車のローンで審査される内容は?

車のローンで審査時間がかかるのは、契約する人に返済能力があるのか確認されているからです。では、ローン審査を通過するためには、どのような点に注意すればいいのでしょうか。

車のローン審査でチェックされる内容についてご紹介します。

年収や職業

ローン審査では、安定した収入があるかどうか、が重要な判断基準となります。

会社勤務などで安定した収入があるかどうか、年収に対して申込みした車の価格が見合っているかも審査対象となります。

そのため、年収が著しく低い場合や、フリーランス、個人事業主などの場合、購入する車が年収に見合わない場合などは、ローンの審査に通りにくくなるおそれがあります。

借入額

借入額

ローンを利用する際には、返済負担比率といって、年収に対して借入れのできる割合が決まっています

返済負担比率は一般的に年収の30%程度とされています。そのため、年収400万円なら、120万円程度の借入れであれば、ローン審査に通る可能性があると考えられます。

ただし、返済負担比率はほかのローンも含めたトータルな比率となるので、もし住宅ローンなどを組んでいる場合は、カーローンで借りられる額も低くなります。

過去の債務歴

ローンの審査では、過去の債務歴や現在の借入れの状況なども、返済能力を判断する上で重視されます。

債務歴などは、CIC(指定信用情報機関)やJICC(日本信用情報機構)といった信用情報機関の情報を基に調べられます。もし、過去に返済の遅延や滞納などの履歴があると、ローンの審査に通りにくくなってしまいます。

カーリースなら、インターネットから気楽に審査を申し込むことができます。もしカーローンの審査に通るか、不安があるなら、まずはカーリースの審査を試してみませんか。残価設定によって購入するより審査対象の金額を抑えられる場合があるので、カーローンより審査に通る可能性が高くなることも考えられます。ぜひチェックしてみましょう。

簡単5分お試し審査

審査をしても契約にはなりません。申込み後のキャンセルも可能です

ローン審査に落ちてしまったらどうすればいい?

では、車のローンの審査に落ちてしまったり、審査に時間がかかりそうだったりした場合、どうすればいいのでしょうか。

そうした場合は、再度ローンの審査を受ける前に、対策を講じることが大切です。どのような対策があるのか見ていきましょう。

連帯保証人をつける

自分の年収や信用情報ではローン審査に通らないという場合には、家族などに連帯保証人となってもらうことで、審査に通る可能性があります。

連帯保証人には、安定した収入がある20歳以上65歳未満の成人などの条件があります。

なお、連帯保証人は、ローンを契約した本人が返済できない場合に支払義務が求められ、拒絶することはできません。そうしたことを理解してもらった上で頼める人を探しましょう。

借入額を下げる

申込金額が返済負担比率に見合っていない場合には、申込金額を下げることで、ローン審査に通る可能性があります。もし審査に落ちてしまったときは、申請額が年収の30%程度に収まっているかどうか確認しましょう。

また、ほかにもローンや借入れがある場合は、それらを含めた金額で返済負担比率を計算してみて、車のローンの申込金額を再度検討しましょう。

頭金を用意する

年収と借入額が見合っていないという場合には、頭金を用意し、ローンの申込金額を減らすという方法も考えられます。

安く車に乗るならカーリースがおすすめ

安く車に乗るならカーリースがおすすめ

これまで、車に乗る方法といえば、カーローンを利用して購入するのが一般的でした。そのため、ローンの審査に通る必要もあったわけですが、安く車に乗りたいのであれば、カーリースという方法もあります。
カーリースは月々定額制で、車を借りて長期間利用できるサブスクリプションサービスです。どのようなメリットがあるのか、ご紹介しましょう。

ディーラーの新車に乗れる

カーリースには、ディーラーの新車を扱っている会社もあります。自分で購入するときと変わらない条件で、乗りたい新車を選んで乗ることができます

家計管理が簡単

車をローンで購入すると、審査に通ってからも、自動車重量税や自賠責保険料など、車の維持費を用意しなければならないわずらわしさがありました。
しかし、カーリースであれば、これらの費用も月々定額の利用料にまとめることができ、家計の管理も簡単です。
さらに、カーリース会社が用意しているメンテナンスプランを利用すれば、車検費用やメンテナンス費用まで定額にできることもあります。節約しつつ、家計の管理も簡単にできるとなれば、車を持つハードルをさらに低くできるでしょう。

カーリースについて詳しくはこちら

車の維持費が安くなる

格安で車をリースできる「定額カルモくん」

カルモくん_new

カーリースの中でも、「おトクにマイカー 定額カルモくん」は、日本一安い*カーリースです。Webを中心に運営するなど、無駄なコストを一切削って、その分リース料を安くして車を提供しています。
ほかにも充実したオプションやプランがあります。どのような内容なのか、詳しく見てみましょう。

* 一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

走行距離制限がないから、思う存分乗れる

一般的なカーリースでは、月間、もしくは年間の走行距離の上限が定められていて、その距離を超えて走ると、追加料金を請求されることがあります。これは、車通勤されているなど使用頻度が高い方や、長距離ドライブによく行かれる方には、思いがけないストレスになってしまうかもしれません。
その点、カーリースの定額カルモくんでは、7年以上の契約の場合、走行距離制限がありません。自分で購入した車と同じように、走行距離を気にせずに思う存分乗れるのは、見逃せないポイントといえるでしょう。

契約満了で車がもらえる「もらえるオプション」

カーリースでは通常、契約満了時に車を返却します。しかし、定額カルモくんでは、7年以上の契約に対して、契約満了時に車がもらえる「もらえるオプション」が用意されています。
月額500円を追加することで、契約満了後も車を返却することなくマイカーとして乗り続けることができるのです。
そのため、将来的に車を自分の物にしたいという方にもおすすめです。

もらえるオプションについて詳しくはこちら

車がもらえる

充実したメンテナンスプラン

カーリースであっても、車に乗る以上、どうしても故障などトラブルのリスクはついて回ります。また、トラブルがなくとも、2年に1回は車検を受けなければなりません。さらに、契約満了時、車の状態によっては、原状回復費用を請求されることもあります。
しかし、定額カルモくんのメンテナンスプランに加入していれば、これらの費用も定額にすることができます。また、メーカー保証と同等の保証を契約満了時まで延長して受けられるなど、より充実したプランも選ぶこともできます。
急な出費の心配がなくなれば、より安心して車に乗れるのではないでしょうか。

メンテナンスプランについて詳しくはこちら

メンテバナー

車のローン審査で時間がかからない方法を知っておこう

車のローンの審査時間は、ローンの種類によって異なり、中には時間のかかるものもあります。それぞれのローンの特徴を知り、自分に合ったカーローンを選ぶこと、また、審査に通りやすい対策をとることで、スムーズにカーライフを始められるはずです。

審査と聞くと理由もなく緊張したり、「もし通らなかったらどうしよう」と不安を感じたりする方がいるかもしれません。そんなときは、カーローンではなく、まずはカーリースの審査に通るか試してみてはいかがでしょうか。わずか5分で申し込むことができ、結果も3営業日以内に届きますので、ぜひ試してみましょう。

簡単5分お試し審査

審査をしても契約にはなりません。申込み後のキャンセルも可能です

よくある質問

Q1:車のローンは審査時間にどれくらいかかるの?

A1:ローンの種類によって異なります。ディーラー系は結果が当日中にわかることもありますが、銀行系は1週間程度かかります。自社ローンは、独自の基準で審査を行うので比較的早いとされています。消費者金融は最短30分など、審査は早いですが、金利が高いので注意しましょう。

Q2:車のローンで審査される内容は?

A2:審査でチェックされるのは、安定した収入があるか、年収に対して申込みした車の価格が見合っているか、年収に対して借入れできる返済負担比率に収まっているか、そして過去の債務歴や現在の借入状況などです。

Q3:対策をしてもローン審査が心配なときは?

A3:対策を講じても、審査に通るか心配なときは、カーリースという方法があります。カーリースにも審査はありますが、残価設定によって購入するより審査対象の金額を抑えられる場合があるので、一度審査を受けてみる価値はあるでしょう。審査に通らなかったとしても、保証人を立てることで利用できることもあります。

※記事の内容は2021年6月時点の情報で制作しています。

関連記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

即納できます_読了後