カーローンの固定金利型と変動金利型はどっちがお得?カーリースとの比較も

カーローンの固定金利型と変動金利型はどっちがお得?カーリースとの比較も
貯金ゼロでも

カーローンを利用する際、固定金利型か変動金利型かの金利設定によって、総返済額も大きく異なります。それぞれの特徴や違いをよく理解しておくことが、カーローンの賢い選び方につながります。それぞれどのような違いがあり、どっちがお得なのか、詳しくご紹介します。

また、新車を手に入れる場合、カーローン以外にもお得な方法があります。「おトクにマイカー カルモくん」なら、月々定額の料金を支払うだけなので、カーローンのようにボーナス払いや初期費用などのまとまった出費はありません

保険料や車の維持費もコミコミで、月額10,000円台から新車に乗れる方法を知りたい方はこちら

カーローンよりおトクに新車

【この記事のポイント】
✔ローンの金利には固定金利型と変動金利型の2種類がある
✔固定金利型と変動金利型のどちらがお得かは市場動向次第で変わる
✔金利の計算やサービスを考えればカーリースの利用がお得

固定金利型と変動金利型はどう違う?

固定金利型と変動金利型はどう違う?

カーローンに限らず、ローンを利用する場合には金利負担が発生します。金利には固定金利型と変動金利型の2種類があり、実際にカーローンを組む際には、どちらにするのか決める必要があります。
自身に合った方法を選べるよう、まずはそれぞれの違いを把握しておきましょう。

固定金利型とは?

固定金利型とは、返済期間中に金利が変わらない返済方法です。例えば、金利3%で契約した場合には、適用される金利は完済するまでずっと3%です。
市場の金利は景気の動向によって上下しますが、固定金利型はその影響を受けない設定のため、毎月の返済額が一定で安定性があり、返済計画が立てやすいというメリットがあります。
その一方で、市場で低金利状態が続いている場合には、次にご説明する変動金利型よりも利率が高くなる傾向にあります。

変動金利型とは?

変動金利型は、市場の金利動向に合わせて利率が変動する返済方法です。一般的な変動金利型のローンでは半年ごとに金利が見直され、ローンの返済中であっても利率が変動することがあります。
メリットとしては、低金利の状態では固定金利型よりも利率が低くなることです。逆にデメリットは、市場の金利が上がると固定金利型よりも利率が高くなってしまうことです。

銀行系カーローンでは「キャンペーン金利」として、通常の金利よりも低い利率でカーローンを利用できる場合があります。そうしたキャンペーンでは変動金利型を適用しているのが一般的です。

固定金利型と変動金利型ではどっちがお得?

固定金利型と変動金利型の特徴や違いについてご説明しましたが、実際にカーローンを組む場合、どちらを選択したほうがお得になるのでしょうか。具体的に細かく確認してみましょう。

最初の金利が安いのはどっち?

固定金利型と変動金利型では、カーローンをスタートしたときの金利が異なります。一般的にローンの開始時の金利は、変動金利型が低めに、固定金利型が高めに設定されています
実際に銀行系カーローンのホームページなどで公開されている金利を、固定金利型と変動金利型で比較してみましょう。

〈銀行系カーローンにおける固定金利型の利率〉

銀行名年率
A銀行 1.95~2.95%
B銀行 2.1~3.4%
C銀行1.5~3.3%

 

〈銀行系カーローンにおける変動金利型の利率〉

銀行名年率
D銀行0.95~2.45%
E銀行0.9~2.4%
F銀行1.70~2.45%

※金利はいずれも2021年6月18日時点

いくつかの銀行系カーローンを比較してみると、固定金利型よりも変動金利型のほうが、利率が低いことがわかります。ただし、これはあくまでも現時点での比較です。今後の景気動向によって金利が変動した場合は、カーローンの利率も変化する可能性があるということには注意しておきましょう。

リスクが少ないのはどっち?

カーローンの金利設定を選ぶ際は、総返済額だけではなく、安定性とリスクを考慮することも重要です。
安定性では、カーローンの返済期間中に金利の変動がない固定金利型が有利です。一方、変動金利型はカーローンの返済期間中、通常は半年ごとに金利の見直しが行われ、利率が上昇するリスクがあります。
景気動向の影響を受けないという点では、固定金利型がリスクは少ないということになります。ただ、ほとんどの銀行系カーローンは変動金利型を採用しており、固定金利型を採用している銀行は多くありません。

総返済額でお得なのはどっち?

利率が変わらない固定金利型と、景気動向によって変化する変動金利型では、最終的な総返済額はどちらがお得なのでしょうか?しかし、こればかりはどちらがお得か断定はできません

景気が悪くて低金利の状態が長く続けば、カーローン開始時の利率も低いまま推移するため、トータルで見ると変動金利型が総返済額を抑えられる可能性はあります。逆に景気が良くなり金利が上昇した場合は、固定金利型のほうが安く済む場合が多くなります。
今後の景気がどう変化するのか予測がつかないため、一概にどちらが得かを判断することは難しいといえるでしょう。

固定金利型と変動金利型をシミュレーションすると?

カーローンで車の購入を考えている方は、固定金利型と変動金利型のどちらを選ぶべきか迷われているのではないでしょうか?参考までに、カーローンの返済額が固定金利型と変動金利型とでは、返済額がどのように違うのか、具体的にシミュレーションしてみましょう。

固定金利型のシミュレーションでは?

借入額300万円で、ボーナス月の増額返済はなし、返済期間5年(60ヵ月)、金利5%、元利均等返済の場合を想定してみます。銀行系カーローンなどでは、ウェブサイト上でシミュレーターを公開しています。これを利用した固定金利型での月々の返済金額と総返済額は、次のようになります。

〈固定金利型のシミュレーション〉

金利月々の返済額総返済額利息の支払総額
5%56,613円339万6,780円39万6,780円

(参照:常陽銀行「常陽マイカーローン シミュレーション」

変動金利型のシミュレーションでは?

変動金利型の場合は、同じ条件でも金利の変動に合わせて返済額が変わります。ここでは金利変動に対応した試算ではなく、金利がそれぞれ7%・5%・3%だった場合にどれだけギャップが出るのかを参考までに並べてみました。

〈変動金利型のシミュレーション〉

金利月々の返済額総返済額利息の支払総額
7%の場合59,403円356万4,180円56万4,180円
5%の場合56,613円339万6,780円39万6,780円
3%の場合53,906円323万4,360円23万4,360円

(参照:常陽銀行「常陽マイカーローン シミュレーション」

金利が変わった場合、最終的にどれだけ返済額に違いが出るのかをシミュレーションしてみました。このように金利が下がれば変動金利型が、上がれば固定金利型がお得になります。参考にしてみてください。

ただし、カーローンで借り入れたお金は、一般的に車の購入費用のみに使われることが多く、車を所有しているだけでかかる自動車税(種別割)や車検費用、さらにメンテナンスや消耗品の費用などは別途用意しなければなりません。そのため、上記の月々の返済額以上の出費が必要になることも踏まえて検討することが大切です。

カーローンよりおトクに新車

カーリースを利用すれば金利などを考えなくても大丈夫!

カーローンは、金利の計算などの料金体系が非常に複雑です。銀行系カーローンの場合、キャンペーン期間として特別金利を打ち出したり、ネット経由の申込みで割引きになったりする場合も少なくありません。また、その銀行に口座を持っている、あるいは住宅ローンも借りているという場合は、優遇制度のあるケースもあります。
できるだけ複数のカーローンでシミュレーションし、比較してみましょう。

ただ、カーローンは金利の負担が大きかったり、固定金利型か変動金利型か選べなかったりするケースも多いでしょう。そのような場合は、カーリースを利用することをおすすめします。

カーリースとは?

カーリースとは、頭金0円、毎月定額で好きな新車に乗ることができる車のサブスクリプションサービスです。自動車税(種別割)など法定費用も月額料金にコミコミなので、乗り始めからずっと定額で新車に乗り続けることができます。

料金体系が非常に明快な上、メンテナンスにかかる費用もオプションなどを利用して定額にできるケースが多く、新車購入後にメンテナンス費用などの自己負担が発生したり、支払額がバラバラになったりするカーローンとの大きな違いです。

金利だけでなく、月々の支払いを明快にしたい、サービスの使いやすさも考えて車選びをしたいという方なら、カーリースという選択がおすすめです。

「おトクにマイカー 定額カルモくん」なら、好きな車を自分の利用したい期間だけ、毎月定額のリース料金で手に入れることが可能です。もちろん、支払いに関して金利の動向に一喜一憂する心配もありません。

カルモくんなら新車が

定額カルモくんがカーローンよりもおトクな理由

カルモくん_new

定額カルモくんなら、カーローンのように金利の支払いに頭を悩ませるようなこともなく、月々定額のリース料金で車を持てます

しかも、定額カルモくんなら月々の利用料金に各種税金や自賠責保険料、車の維持にかかわる諸費用などが含まれています。カーローンは毎月の返済に加え、車の維持に必要な出費が上乗せされるので、支払いの対する負担が大きくなります。

それでは、安心してお気に入りの新車に乗れる定額カルモくんがカーローンよりもお得な理由を見ていきましょう。

定額カルモくんには金利という概念がない

定額カルモくんに限らず、カーリースではリース会社が購入した車を、利用者が利用料を支払って借りるしくみになっています。つまり、利用者は車の購入資金を借り入れているわけではないため、そもそも金利という概念がありません。

日本一安いカーリースだから月々の料金をカーローンよりも抑えられる

定額カルモくんは、頭金なし、ボーナス払いなし、契約満了時の差額精算も不要の日本一安い*カーリースです。国産全メーカーすべての車種・グレードから新車を選べて、しかも月額10,000円台からお得に乗ることができます。

それでは、先述したカーローンでのシミュレーターと同等(借入金300万円、返済期間5年)の内容で、定額カルモくんならどのくらいの金額で利用できるか、シミュレーションしてみましょう。

トヨタ「プリウス」

プリウス

借入金300万円で購入可能なモデルとして、トヨタ「プリウス」A 2WD(販売価格300万4,000円)を想定します。銀行系カーローンのシミュレーションでは、金利が最も低い3%でも、月々の返済額は53,000円を超えていました。

しかし、定額カルモくんで試算すると、5年の契約期間で月々定額52,960円となります。もちろん、この金額の中に法定費用や手数料などがコミコミです。

カーリースでは、車の利用に必要な総額を契約月数で割って月額料金を算出するため、5年より長い期間で契約すれば、月々の負担をさらに抑えることも可能になります。

料金をチェック

* 一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

メンテナンスプラン加入なら原状回復費用も補償

さらに定額カルモくんのメンテナンスプランに加入することで、車検基本料や消耗品の交換など、車の維持に必要なメンテナンス費用も月額料金に含められます。また、カーリースの返却時に義務付けられている原状回復の費用まで補償しているので契約満了時も安心です。

メンテバナー

カーローンで支払う金利や維持費を考えればカーローンがお得

カーローンは新車購入費用を銀行などから借り入れして、月々返済していく方式のため、車を維持するための諸費用はすべて自己負担になります。また、借り入れである以上、返済には金利が上乗せされるため、当然ながら返済総額は元金よりも高くなります。

カーリースなら、利用者が借りているのはお金ではなく新車になります。つまり、月々に支払う金額はリース料であって、返済金プラス金利という概念ではありません。また、税金などの法定費用がコミコミなので乗り始めから定額が契約満了時までずっと続きます。支払いを明快にしたい場合にはカーローンがおすすめです

なお、定額カルモくんなら定額500円の「もらえるオプション」を追加することで、契約満了時には車をもらえます(7年以上の契約の場合)。つまり、新車の乗り始めから自分の車に等しいため、カーローンと変わりません。自分の車が欲しいという方は、定額カルモくんの利用をおすすめします

車がもらえる

よくある質問

Q1:カーローンの固定金利型と変動金利型の違いは?

A:カーローンの返済では、金利の設定方法として固定金利型と変動金利型があります。利率が一定なのが固定金利型、市場の金利動向に合わせて利率が変動するのが変動金利型です。

Q2:カーローンの固定金利型と変動金利型ではどっちがお得?

A:一概には比較できませんが、景気が悪く低金利が長く続くようであれば変動金利型が、逆に景気が良くなり金利が上昇する場合は固定金利型がお得になります。

Q3:銀行系のカーローンとカーリースどっちがお得なの?

A:銀行系カーローンで車の購入資金を借入れた場合、ほとんどが車の購入費用にあてられます。そのため、法定費用や車の維持・管理にかかる費用は別途必要となります。一方、カーリースの定額カルモくんなら、月々の料金に各種税金や自賠責保険料、車の維持にかかわる諸費用などが含まれているため、カーローンよりお得といえます。

※記事の内容は2021年6月時点の情報で制作しています。

関連記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

カーローンよりおトクに新車