ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

プリウスに乗るならカーリース(車のサブスク)がおすすめ!その理由とメリットを徹底解説

プリウスに乗るならカーリース(車のサブスク)がおすすめ!その理由とメリットを徹底解説
プリウスに乗るならカーリース(車のサブスク)がおすすめ!その理由とメリットを徹底解説

出典:トヨタ「プリウス」デザイン

ハイブリッドカーの代名詞といえるトヨタ「プリウス」。日本のみならず、世界的な知名度も高くトヨタの代表車種でもあります。現行型はデザイン性や走りにも磨きをかけていることに加え、最新鋭の快適装備や予防安全装備を多数採用しており、一般向けのグレードの車両本体価格は320万円からと安いモデルではありません。

そのため、購入するとなると予算によっては選択できるグレードが限られる、またはプリウスではなくほかの車種を検討せざるをえないこともあるのではないでしょうか。そんなときにおすすめなのが近年注目を集めている車のサブスク、カーリースです。

ここでは、プリウスに乗りたい方にカーリースをおすすめする理由やカーリースのメリットをご紹介します。

プリウスに業界最安水準*の料金で乗れるカーリースはこちら

  • カーリースならプリウスに月々 41,640 円から乗れる
  • プリウスは低燃費であることに加え、デザイン性や走りの良さもハイブリッドカーに求める方におすすめ
  • 定額制で新車に乗れる車のサブスクならプリウスに乗るハードルも下がる

*文末の制作日における調査結果に基づく。調査概要はコンテンツポリシー参照。以下「業界最安水準」については同様

カーリースならプリウスに月々 41,640 円から乗れる!

カーリースは車のサブスクとも呼ばれ、毎月定額で契約して利用できるサービスです。まずは契約年数ごとのプリウスの月額料金をご紹介しましょう。

例として、「おトクにマイカー 定額カルモくん」でプリウスを利用したときの料金を基に、契約年数によってどの程度、月額料金が変わるのかを確認してみましょう。グレードは「G」2WDで、カーナビやETCなどのアクセサリー、有料のボディカラー、「もらえるオプション」は追加しないものとしています。

なお、以下のプリウスの月額料金は各種税金や自賠責保険料がコミコミの料金です。

契約年数月額料金
11年41,640円
10年44,280円
9年48,350円
8年52,750円
7年57,920円
6年51,050円
5年53,690円
4年59,520円
3年67,715円
2年84,985円
1年134,045円

※2024年3月26日時点の料金

このように、カーリースでプリウスに乗る場合、契約年数により月額料金が異なり、定額カルモくんでは最長の11年契約での料金が最安料金となります。

プリウスの料金をシミュレーションしてみる

プリウスはリースがおすすめ!車のサブスクがお得な理由

プリウスはリースがおすすめ!車のサブスクがお得な理由

燃費性能や環境性能に優れたハイブリッド車は燃料費が抑えられる、税金が優遇されるなどのメリットがありますが、車両本体価格がガソリン車よりも高い傾向があります。そのためカーローンで購入するとなると初期費用の高さや月々の返済額を負担に感じることもあるのではないでしょうか。

無理なくプリウスでのカーライフを始めたいのであれば、お得な車の乗り方として注目を集めているカーリースがおすすめです。ここでは、カーリースなら本当にお得にプリウスに乗れるのか、またカーリースには具体的にどのようなメリットがあるのかを見ていきましょう。

カーリースならカーローンより手軽にプリウスに乗れる?

毎月決まった金額を支払う、という点においてカーローンとカーリースは似ている、という声も聞きます。しかし、カーリースは初期費用が不要であるのに対し、カーローンでは一般的に新車登録時に必要な諸費用や頭金を用意しなければならず、初めにまとまった資金が必要です。また、税金や自賠責保険料も別に支払わなければなりません。

一方カーリースは初期費用不要、車に関する税金や自賠責保険料などは毎月のリース料金に含まれています。さらにカーリースでは車両本体価格から返却時の想定下取り価格である残価を差し引いた金額を基にリース料金を算出するため、よりお手軽な金額で好きな車を利用できるのです。

では、実際にカーローンでプリウスを購入した場合と、カーリースを利用した場合とで支払額にどの程度の差が出るのかを確認してみましょう。グレードは「G」の2WD車で、カーローンの頭金やボーナス払いは設定しないものとしています。

〈プリウスの支払額比較〉

 カーローン*
(5年)
カーリース
(5年契約)
カーリース
(11年契約)
初期費用127,950円0円0円
月々の返済額または
月額料金
61,865円53,690円41,640円
自動車税(種別割)144,000円0円0円
自動車重量税+
自賠責保険料(24ヵ月)
42,250円0円0円

※2024年3月26日時点の情報

*カーローンの初期費用はトヨタモビリティ東京、「保証がつくしプラン」なしとしたメーカー公式サイトのシミュレーション結果で、月々の返済額は金利をディーラーローンの相場の6%として算出、自動車税(種別割)は初年度を除く4年分、自動車重量税(エコカー減税は考慮せず)と自賠責保険料は車検1回分の費用を算出しています

カーローンではある程度の頭金を入れるのが一般的ではありますが、頭金なしで利用できるカーローンもあります。ただし、頭金を設定しない場合は借入額が大きくなり、その分利息も高くなります。

シミュレーションした結果、プリウスの「G」2WDを頭金なしでローン購入すると月々61,865円の返済額となりました。対して5年契約のカーリースの月額料金は54,790円で、かなり安く抑えられています。月々の金額の差は7,000円程度ですが、5年を通して考えると42万円と、決して無視できない大きな差になります

なお、プリウスの該当グレードの場合、毎年納税義務のある自動車税(種別割)は36,000円、5初年度を除く4年で考えると14万4,000円が必要です。さらに車検の際には法定費用として42,250円(自動車重量税+自賠責保険料24ヵ月)がかかります。

カーローンの月々の返済額に含まれるのは借入元金と利息だけであり、こういった税金や自賠責保険料は含まれていません。その点カーリースの月額料金には契約期間中の税金と自賠責保険料が含まれているので、突然の大きな出費はありません。さらにカーリースならオプションプランを追加して車検費用やメンテナンス費用なども月額料金にまとめることが可能です。

また、初期費用にも差があります。車を購入する際には、登録諸費用が必要になります。カーローンの場合この諸費用は借入額にまとめることができず、別に最初に支払いを求められることがほとんどです。そのため頭金なしで利用できる場合でも、完全に初期費用なしで車が持てるわけではないのです。

しかし、カーリースでは諸費用も月額料金に含まれています。カーローンよりも安い月額料金であることに加え、初期費用も不要なカーリースは無理なくお得にプリウスに乗れる方法といえるのではないでしょうか。

カーリースとカーローンの比較はこちらもご参照ください。

カーリースならカーシェアやレンタカーと違いプリウスを専有できる

カーシェアやレンタカーの場合、その時点で用意されている車から選んで利用することになります。プリウスに乗りたいと思っていても、必ず乗れるわけではありません。その業者で取扱いそのものがないケースもありますし、取扱いがあってもほかの方が使用していれば利用できません。

その点カーリースなら好きな車を選ぶことができます。ボディカラーやオプションも自由に選べる上、最新モデルに乗れるのはカーリースならではのメリットです。

そのほかに、カーリースでは
・契約期間中はリース車を専有できるため、自分だけの車として使用できる
・「わ」や「れ」ナンバーにならない
・24時間365日好きなときに乗れる
などの特徴があり、カーシェアやレンタカーよりも購入したマイカーに近い感覚で使用できます

カーシェアやレンタカーとの違いはこちらもご参照ください。

リースでプリウスに乗るメリット・デメリット

リースでプリウスに乗るメリット・デメリット出典:トヨタ「プリウス」デザイン

リースは月々の支出を抑えて車を利用できることや、ライフステージに合わせて乗換えができることなど、さまざまなメリットがあります。ほかにも、プリウスをリースする上で知っておきたいメリットとデメリットを見ていきましょう。

〈カーリースのおもなメリット〉

  • 定額で利用できる
  • 頭金や初期費用なしで新車に乗れる
  • 手続きがネットで完結できる
  • 契約期間が終わったら返却するだけだから楽
  • サポートが受けられる
  • 経費として計上できる

現行型のプリウスの一般向けグレード「G」と「Z」は、燃費性能はグレードによる差はありませんが、安全装備や快適装備の充実度が異なります。

上位グレードの「Z」になると、駐車支援機能「トヨタ チームメイト:アドバンスト パーク」が標準装備になるほか、オプションで追加できる先進安全技術の種類も多いので、より快適・安全にカーライフが送れるでしょう。しかしその分車両本体価格が高くなるため、「G」で妥協しようかと考えることもあるかもしれません。

その点初期費用が必要なく定額制で新車に乗れるカーリースなら、予算に縛られることなく好きな車が選べるのでプリウスの上位グレード「Z」に乗るハードルが下がるでしょう。

なお、事業用にプリウスの利用を検討している方は、法人・個人事業主向けのカーリースについてこちらで詳しくご紹介しています。

法人向けのカーリース

〈カーリースのおもなデメリット〉

  • 走行距離制限がある
  • 返却時には原状回復が必要
  • 中途解約が原則できない
  • 利用するには審査に通過しなければならない

カーリースのメリットや詳しい内容について知りたい方はこちら

カーリースの定額カルモくんなら、7年以上の契約で走行距離の制限がありません。また、メンテナンスプランに加入することで返却時の原状回復費用が補償されます。さらに、1~11年のあいだで契約期間を選べるため、中途解約のリスクも低いでしょう。

このようにカーリースのデメリットを解消している定額カルモくんには、プリウスを利用できるかどうか簡単にチェックできる「お試し審査」があります。審査通過後に車種やプランを変更したり、キャンセルしたりできるので、まずは下のバナーから気軽に試してみましょう。

お申し込みをご希望の方も、お試し審査からどうぞ。

プリウスを取り扱うリース3社の料金比較

プリウスを取り扱うリース3社の料金比較出典:トヨタ「プリウス」デザイン

個人向けのリースサービスにはさまざまな種類があります。リース会社ごとに取り扱っているメーカーや車種、契約年数などが異なるため、どれを選んでいいかわからないという方もいるのではないでしょうか。

そのような方のために、プリウスを取り扱っているリース3社とそれぞれの月額料金をご紹介します。

〈プリウスの月額料金3社比較表〉*

契約期間おトクにマイカー 定額カルモくんORIXカーリース・オンラインMOTA カーリース
11年41,640円42,240円42,130円
7年57,920円57,860円57,750円
5年53,690円67,760円---

*月額料金は2024年3月26日時点の情報で、各社オンライン見積もりでの「G」2WDの最安料金(頭金・ボーナス払いなし、月々均等払いの場合)ですが、変更になる可能性があります

カーリースの月額料金に含まれる項目はリース会社によって異なり、その差が月額料金にも反映されるため同じ契約年数でも月額料金はリース会社によって差が出ます。そのため走行距離制限は十分かどうかや、契約満了時の選択肢などもチェックし、納得できるリース会社を選ぶことが大切です。

また、契約年数の縛りについても確認しておきましょう。一般的に、車検の周期にあたる5年、7年、9年などの区切りで契約年数を設定しているリース会社が多いですが、カーリースでは一般的に中途解約はできません。全損して強制解約となった場合は高額な違約金の支払いが生じます。

その点定額カルモくんでは、1~11年の範囲内なら1年単位で自由に契約年数を設定できます。そのため中途解約のリスクが最小限に抑えられるでしょう。

リース会社の比較ポイントについてはこちらをご参照ください。

プリウスの魅力とは?グレードや性能などから徹底解説!

プリウスの魅力とは?グレードや性能などから徹底解説!出典:トヨタ「プリウス」機能・性能

トヨタのハイブリッドカー「プリウス」はトヨタを代表するグローバルモデルのひとつで、今日のハイブリッド車の普及の立役者ともいえるモデルです。

ここでは、プリウスでカーライフを始めたいとお考えの方に向けて、燃費やグレード、安全性能などプリウスの魅力を詳しくご紹介します。

【プリウスの魅力】
✔プリウスならではの燃費性能・環境性能の高さ
✔従来型のイメージを覆す洗練されたデザインや運転する楽しさを感じられる走りの良さ
✔最先端の先進安全技術を多数採用

プリウスとは

プリウスは1997年、「21世紀に間に合いました」のキャッチフレーズとともにデビューした、世界初の量産ハイブリッドカーです。

初代モデルはまだハイブリッド車に不安を覚える方が多かったことや買いやすい価格のモデルではなかったことなどが影響し、それほどの大きなヒットとはなりませんでした。しかしセダンからハッチバックへボディ形状を変更したことに加え、ボディサイズも拡大し3ナンバーとなった2代目は当時世界最高レベルの低燃費を達成していたこともあり、大ヒットを記録。3代目に移行してもその人気は衰えることを知らず、プリウスは「国民車」といわれるほどの存在になりました。

現行型は2023年1月に登場した5代目です。初代の登場時と異なりハイブリッド車が極めて一般的な存在となったことに加え、より環境性能に優れた電気自動車やプラグインハイブリッド車も身近なものとなりつつある今、新たなハイブリッド車の在り方を提案するモデルとして、「虜にさせる走り」や感性を刺激するデザインを持つエモーショナルな車であることを追求して開発されています。

プリウスのグレード

プリウスのグレード出典:トヨタ「プリウス」価格・グレード

現行型のプリウスでは、一般向けのカタログモデルとしては現行型から新採用の2.0Lハイブリッドシステムを搭載した「G」と「Z」の2種類が用意されています。このほかに、法人向けのグレードとしてカタログが分けられた「X」、サブスクリプションサービス「KINTO」専用のグレード「U」もあります。

ここでは、一般向けの「G」と「Z(ハイブリッド車)」についてご紹介します。

「G」の特徴

ベースグレードとなる「G」は、上位グレードに搭載される快適装備を一部省いたり、グレードダウンしたりすることで価格を抑えてはいますが、それでも2WD車で320万円する高額なモデルであり、全体的に装備は充実しています。日常生活で不便を感じるようなことはまずないでしょう。

電動パーキングブレーキやブレーキホールド、前席のヒートシーター、スマートエントリー&スタートシステム、バックカメラといった今の時代の新型車であれば欲しい装備は搭載されています。また、ヘッドランプは最新式の1灯の光源でハイビームとロービームが切り替えられる「Bi-Beam LEDヘッドランプ」が標準装備であることに加え、足回りには上位グレードの「Z」と同じデザイン・サイズのアルミホイールが備わっているので、エクステリアで大きな差はありません。

プリウスを選ぶ方が重視する燃費性能に関しては、「Z」と同じです。そのため車選びで重要視するのは燃費性能でそのほかの装備にはそれほどこだわりがない、という方にとってはおすすめのグレードです。

「Z」の特徴

上位グレードの「Z」では、快適装備や運転支援技術が大幅に充実するのが特徴といえるでしょう。

前席にはシートヒーターに加え、シート表皮の熱気を吸い込んで冷涼感をもたらすシートベンチレーション機能も追加されます。さらにドライバー2名分のシートポジションを記憶し、再現する「運転席シートポジションメモリー」や乗降時に自動で運転席がスライドする「運転席オートスライドアウェイ」、室内の空気環境を快適な状態に導く「ナノイーX」といった、上位グレードならではのおもてなし装備がそろいます。

また、現行型から新たに採用された駐車支援機能「トヨタ チームメイト:アドバンスト パーク」は「Z」には標準装備ですが、「G」には搭載されずオプションでの設定もないため、「トヨタ チームメイト:アドバンスト パーク」が絶対に欲しいのであれば「Z」を選ぶことになります。

プリウスの詳しいグレードの情報はこちら

プリウスの内装

プリウスの内装出典:トヨタ「プリウス」デザイン

現行型のプリウスは「一目惚れするデザイン」をひとつのコンセプトに掲げています。エクステリアは今の時代に合った低重心で洗練されたスタイルに進化し、インテリアも乗る方の気分が高まるようなデザインやカラーリングを採用するとともに、運転に集中できるコックピットを作り上げています。

薄型でスリムベゼルのデザインを採用した「トップマウントメーター」は、運転に必要な情報をリングに集約して表示することで視認性とデザイン性を両立。全車標準装備のディスプレイオーディオは、「G」では8インチ、「Z」では大型で操作性にも優れた12.3インチのディスプレイを採用しています。

また、「G」のインテリアカラーは「グラディエントブラック」1色で、ブラックとダークグレーをベースにインパネやシートにニュアンススティールの加飾、ブルーのインパネイルミネーションがあしらわれ、先進性を演出。

上位グレード「Z」では、インテリアカラーは「グラディエントブラック」と「マチュアレッド」の2色から選択ができ、「グラディエントブラック」の場合のカラーリングは「G」と変わりありません。

「マチュアレッド」を選択した場合には、ブラックベースにインパネとシート加飾は「アナダイズドレッド」、インパネイルミネーションはレッドとなり、これまでのプリウスにはなかった感性を刺激するようなエモーショナルさを感じさせる仕上がりとなっています。

プリウスの内装について詳しく知りたい方はこちら

プリウスの燃費

現行型のプリウスは従来型に設定のあった1.8Lモデルに加え、新たに2.0Lモデルが設定されました。1.8Lモデルは法人向けの「X」と「KINTO」専用の「U」、2.0Lモデルは一般向けの「G」「Z」となります。

両モデルともに最新の第5世代のハイブリッドシステムを採用しています。なお、2.0Lモデルは排気量をアップしながらも従来型を超える低燃費を実現していることに加え、システム最高出力196psを実現し「虜にさせる走り」を実現する爽快な加速とレスポンスの良さを高いレベルで両立しました。

また、4WD車には最新のE-Fourを設定し雪道などでの登坂性能や旋回時の安定性を向上させているため、雪国の方でも選びやすくなったのもポイントです。

プリウスのWLTCモードカタログ燃費(プラグインハイブリッド車を除く)は、以下のとおりです。

 駆動方式カタログ燃費(km/L)
1.8L2WD32.6
E-Four30.7
2.0L2WD28.6
E-Four26.7

プリウスの安全性能

プリウスは、単眼カメラとミリ波レーダーを検知システムとして使用するトヨタの予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」の最新のものを採用しています。

全車に標準装備される先進安全技術としては、直進時に加え交差点での衝突の回避・衝突被害軽減ブレーキにも対応した「プリクラッシュセーフティ」、高速道路でのドライバーの負担を軽減して安全運転に貢献する「レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付き)」や車線中央付近の走行を維持するようサポートする「レーントレーシングアシスト」などがあります。

また、現行型から、走行中に発生する可能性のあるリスクを先読みして減速支援や操舵支援を行う「プロアクティブドライビングアシスト」や、ドライバーの急病などの異常が発生した際に周囲にホーンなどで異常を知らせながら停止すると同時にドアを解錠、さらにヘルプネット®に接続して事故防止とドライバーの早期救命に貢献する「ドライバー異常時対応システム」なども新たに採用されました。

なお、上位グレードの「Z」にのみ搭載される「トヨタ チームメイト:アドバンスト パーク」はスイッチを押すだけでステアリングとペダル、シフト操作をシステムがサポートすることでスムーズな駐車をサポートする機能です。

さらに、「Z」ではこのほかにも後続車両が非常に接近した場合にシステムがドライバーへ警察やヘルプネット®への接続を提案するとともに、指定のドライブレコーダーを装着している場合は上書きされにくい専用領域への録画を開始する「周辺車両接近時サポート」や、追突される危険が高まった場合に自動でブレーキを作動させる「セカンダリーコリジョンブレーキ」などがオプションで追加できます。

プリウスの安全性能について詳しく知りたい方はこちら

プリウスは環境に優しく洗練されたハイブリッドカーが欲しい方におすすめ!

プリウスは環境に優しく洗練されたハイブリッドカーが欲しい方におすすめ!出典:トヨタ「プリウス」デザイン

現行型のプリウスは、プリウスに期待される環境性能や燃費性能を有していることに加え、これまでのプリウスにはなかった運転する楽しさを得られる走りの良さや、スタイリッシュなデザインを有した新時代のハイブリッドカーです。

低燃費であることや環境に優しいことを重視する方はもちろん、洗練されたハイブリッドカーに乗りたい方や、信頼性が高く安全性に優れたモデルに乗りたい方にも最適でしょう。

プリウスに乗りたい!おすすめリースは?

カルモくん_new

さまざまなリース会社がありますが、国産メーカー全車種、全グレードを取り扱う「おトクにマイカー 定額カルモくん」なら、どのグレードやカラーのプリウスでも契約が可能。料金は業界最安水準で、月々 41,640 円からプリウスに乗ることができます

そのほかにも、オプションプランで車検などのメンテナンスも定額制にできることなど、知っておきたい定額カルモくんの魅力をご紹介します。

〈定額カルモくんの魅力〉

  • 国産メーカーの全車種、全グレードから選べる
  • 初期費用0円!貯金がなくても新車に乗れる
  • メンテナンスプランが充実していて安心!原状回復費用もカバー
  • オンラインと郵送で手続きが完結、自宅に納車してもらえる
  • 7年以上の契約で全車走行距離制限なし
  • 7年以上の契約に「もらえるオプション」をつけると契約満了時に車をもらえる

定額カルモくんの魅力を詳しく知りたい方はこちら

プリウスのグレード別料金シミュレーション

カーリースは契約年数によって月額料金が大きく異なり、一般的に契約期間が長くなるほど月額料金は安くなります。そのためできるだけ月々の負担を抑えたいのであれば長期契約にするのもひとつの方法ではありますが、その分中途解約のリスクは高くなるため、先のライフステージの変化なども見据えて慎重に契約期間を設定することをおすすめします。

契約を具体的に検討する段階になったら、オプションやメンテナンスプランなども含めたらどのくらいかかるのかをシミュレーションで確認しておきましょう。定額カルモくんはオンラインでシミュレーションできるので、納得のいく価格になるまで何度でも繰り返しシミュレーションできます。

なお、定額カルモくんではオプションでカーナビ、ETC、バックカメラ、フロアマット、ドアバイザーと希望ナンバーが選択できますが、プリウスの場合「G」ではバックカメラ、「Z」ではバックカメラに加えてETCが標準装備です。

〈プリウスの料金シミュレーション〉*1

 3年7年11年
おすすめグレード
(G 2WD)
オプションなし67,715円57,920円41,640円
オプション選択*²70,619円59,493円42,729円
もらえるオプション選択-59,993円43,229円
上位グレード
(Z 2WD)
オプションなし76,515円66,280円47,250円
オプション選択*³78,572円67,369円47,976円
もらえるオプション選択-67,869円48,476円

*¹ 料金は2024年3月26日時点の情報で、変更になる可能性があります
*² カーナビ、ETC、バックカメラ、フロアマット、ドアバイザー、希望ナンバーを選択した場合
*³ カーナビ、フロアマット、ドアバイザー、希望ナンバーを選択した場合

ご希望の条件でシミュレーションしたい方はこちら↓
お申込みもこちら↓からどうぞ

顧客対応満足度98.9%*という万全のサポート

顧客対応満足度

定額カルモくんなら、専門的な知識を持ったマイカーコンシェルジュに無料で相談できます。プリウスのプランの選び方がわからないという方も、車選びのプロであるマイカーコンシェルジュに希望条件などを相談することで、ライフプランや生活スタイルに合った最適なプランを見つけられるはずです。

家族や友達と大人数で出かけたい、趣味に使いたい、とにかく安く車が欲しいなど、車のことなら何でも気軽に相談してみましょう。

契約前から何度でも無料で気軽に相談できます

マイカーコンシェルジュ_無料相談
平日10:00~19:00(土日祝・年末年始休み)

サービス資料(パンフレット)もございます。

サービスガイド

カーローンで購入した場合との費用比較や、大手リース他社とのサービス・料金比較、素朴な疑問への回答など、詳しくご紹介しています。

カルモくんを資料で詳しく

* 2019年12月~2021年6月までの定額カルモくんご契約者様504名を対象としたアンケート

サブスクだから気楽!プリウスに乗るならリースで決まり

プリウスは安いモデルではないため、購入となると初期費用が高い、ローンの返済額が高いなどためらいを感じることもあるかもしれません。しかし、定額制で利用できることに加え、残価設定によってリーズナブルな月額料金を実現しているカーリースなら希望のグレードのプリウスにも乗りやすくなるでしょう。

さらに定額カルモくんなら、もらえるオプションや柔軟に選べる契約年数などのさまざまなメリットがあるだけでなく、顧客対応満足度も高く、安心して利用できるでしょう。定額カルモくんでプリウスに乗ってみませんか?

カーリースを利用できるかどうか「お試し審査」で簡単にチェックできます。審査通過後に車種変更やキャンセルも可能なので気軽に試してみましょう。

審査に通過しても契約する必要はありません_お試し審査をしてみる

よくある質問

Q1:プリウスのリース料金は月額どのくらい?

A:業界最安水準の「定額カルモくん」では、トヨタの人気車種「プリウス」も手頃な料金で利用することができます。なお、ベースグレードの「G」であれば最長の11年契約なら月額40,000円台から乗ることができます。詳しい料金シミュレーションはこちらをご参照ください。

Q2:プリウスをリースするメリットは?

A:初期費用が不要、定額制で利用できることに加え、残価設定によってリーズナブルな月額料金を実現しているカーリースならプリウスに乗るハードルが下がります。さらに定額カルモくんなら7年以上の契約で走行距離制限なし、契約満了時にプリウスがもらえる「もらえるオプション」が追加できるなどのメリットがあります。

Q3:プリウスはどんな方におすすめの車?

A:現行型のプリウスは、環境性能や燃費性能はもちろん、気分が上がるようなデザインや走りの良さを持ったハイブリッドカーが欲しい方におすすめです。

※この記事は2023年3月1日時点の情報で制作しています

トヨタプリウスの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のトヨタプリウスの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる

車検・税金込みでも月1万円台~ 定額カルモくんの資料を見る