ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

タントファンクロスに乗るならカーリース(車のサブスク)がおすすめ!その理由とメリットを徹底解説

タントファンクロスに乗るならカーリース(車のサブスク)がおすすめ!その理由とメリットを徹底解説
タントファンクロスに乗るならカーリース(車のサブスク)がおすすめ!その理由とメリットを徹底解説

出典:ダイハツ「タントファンクロス」外観・カラー

ルーフレールや力強さを感じさせるフロントグリルなどを装着し、タフなスタイルが魅力のダイハツのスーパーハイトワゴン「タントファンクロス」。タントファンクロスはデザイン性、利便性ともに高く、アウトドアを楽しむ方や車に個性を求める方におすすめの1台ですが、ベースとなっている「タント」よりも価格設定が高いため、予算的な問題からタントにするかどうか悩むこともあるかもしれません。

しかし、定額制で車に乗れる車のサブスク、カーリースなら予算に縛られることなく自由な車選びが可能になるので妥協することなくタントファンクロスでのカーライフが始められます。

ここでは、タントファンクロスに乗りたい方にカーリースをおすすめする理由やカーリースのメリットをご紹介します。

タントファンクロスに業界最安水準の料金で乗れるカーリースはこちら

  • カーリースならタントファンクロスに月々 21,400 円から乗れる
  • タントファンクロスはアウトドアでも活躍してくれる軽スーパーハイトワゴンが欲しい方におすすめ
  • 車のサブスクであるカーリースなら、安全性を高めるオプションを追加して希望どおりのタントファンクロスに乗れる

カーリースならタントファンクロスに月々 21,400 円から乗れる!

カーリースは車のサブスクとも呼ばれ、毎月定額で契約して利用できるサービスです。まずは契約年数ごとのタントファンクロスの月額料金をご紹介しましょう。

例として、「おトクにマイカー 定額カルモくん」でタントファンクロスを利用したときの料金を基に、契約年数によってどの程度、月額料金が変わるのかを確認してみましょう。グレードは「ファンクロス」2WD車で、カーナビやETCなどのアクセサリー、有料のボディカラー、メンテナンスプラン、「もらえるオプション」は追加しないものとしています。

なお、以下のタントファンクロスの月額料金は各種税金や自賠責保険料がコミコミの料金です。

契約年数月額料金
11年22,060円
10年23,380円
9年24,590円
8年27,560円
7年30,970円
6年31,360円
5年33,890円
4年38,730円
3年45,605円
2年60,345円
1年101,375円

※2024年5月17日時点の料金

このように、カーリースでタントファンクロスに乗る場合、契約年数により月額料金が異なり、定額カルモくんでは最長の11年契約での料金が最安料金となります。

タントファンクロスの料金をシミュレーションしてみる

タントファンクロスはリースがおすすめ!車のサブスクがお得な理由

ボディサイズや排気量に制限のある軽自動車は普通車よりも車両本体価格が安い傾向があるといわれていますが、近年は車全体の価格が上昇しており、軽自動車も例外ではありません。その上タントファンクロスのような全高を高くとりスライドドアを組み合わせたスーパーハイトワゴンは軽自動車の中でも車両本体価格が高く設定されています。

タントファンクロスも最も安いグレードでも170万円以上であり、購入には多額の資金が必要になることに加え、税金や車検などの維持費もかかります。そのため車を持つことは家計の大きな負担になる、と感じているのであれば車のサブスクであるカーリースがおすすめです。

ここでは、カーリースには具体的にどのようなメリットがあるのか、またカーリースなら本当にお得にタントファンクロスに乗れるのかを見ていきましょう。

カーリースならカーローンより手軽にタントファンクロスに乗れる?

毎月決まった金額を支払う、という点においてカーローンとカーリースは似ている、という声も聞きます。しかし、カーリースは初期費用が不要であるのに対し、カーローンでは一般的に新車登録時に必要な諸費用や頭金を用意しなければならず、初めにまとまった資金が必要です。また、税金や自賠責保険料も別に支払わなければなりません。

一方カーリースは初期費用不要、車に関する税金や自賠責保険料などは毎月のリース料金に含まれています。さらにカーリースでは車両本体価格から返却時の想定下取り価格である残価を差し引いた金額を基にリース料金を算出するため、よりお手軽な金額で好きな車を利用できるのです。

ここで、タントファンクロスの「ファンクロス」2WD車をカーローンで購入した場合と、カーリースで利用した場合で支払う金額にどの程度の差があるのかを確認してみましょう。

カーローンの返済期間は5年で金利はディーラーローンの相場である6%、頭金やボーナス払いは使用しない前提としています。また、カーリースの月額料金は例として定額カルモくんの料金を使用しました。

〈タントファンクロスの支払額比較〉

 カーローン*
(5年)
カーリース
(5年契約)
カーリース
(11年契約)
初期費用
(自動車重量税+自賠責保険料)
31,030円0円0円
月々の返済額または
月額料金
33,281円33,890円22,060円
軽自動車税(種別割)43,200円0円0円
自動車重量税+
自賠責保険料(24ヵ月)
26,330円0円0円

※2024年5月17日時点の情報
*カーローンの初期費用はメーカー公式サイトのシミュレーション結果で、月々の返済額は金利をディーラーローンの相場の6%として算出、軽自動車税(種別割)は初年度を除く4年分、自動車重量税(エコカー減税は考慮せず)と自賠責保険料は車検1回分の費用を算出しています

上記の条件でシミュレーションした結果、カーローンの月々の返済額は33,281円でした。これに対し、5年契約のカーリースの料金は32,020円であり、カーリースがより安い金額を実現しています。この額面だけで比較すると1,261円の差であり、「それほど変わらない」という印象を受けるかもしれません。

しかし、先にご紹介したとおり、カーリースの月額料金には契約期間中の車関連の税金と自賠責保険料が含まれています。5年間で考えた場合、初年度を除く4年間の軽自動車税(種別割)は43,200円、車検時の法定費用(自動車重量税+自賠責保険24ヵ月)は26,330円かかりますが、カーローンではこの金額を月々の返済金とは別に用意しなければならないため、実際はカーローンでは表で示した月々の支払額の差以上の金銭的負担があるといえます。

また、初期費用にも違いがあります。メーカー公式サイトのシミュレーションによると、タントファンクロスの登録時に必要な税金や自賠責保険料として31,030円、さらにダイハツではシミュレーションに含まれていませんが、新車登録にはリサイクル料金や各種代行費用が必要です。相場として計10万円程度の初期費用が必要となり、この初期費用はローンとは別に契約時などに支払わなければなりません。

その点カーリースでは原則として頭金が不要であることに加え、登録に必要な諸費用も月額料金にコミコミ。まとまった資金を用意することなくタントファンクロスでのカーライフが始められます。

カーリースとカーローンの比較はこちらもご参照ください。

カーリースならカーシェアやレンタカーと違いタントファンクロスを専有できる

カーシェアやレンタカーの場合、その時点で用意されている車から選んで利用することになります。タントファンクロスに乗りたいと思っていても、必ず乗れるわけではありません。その業者で取扱いそのものがないケースもありますし、取扱いがあってもほかの方が使用していれば利用できません。

その点カーリースなら好きな車を選ぶことができます。ボディカラーやオプションも自由に選べる上、最新モデルに乗れるのはカーリースならではのメリットです。

そのほかに、カーリースでは

  • 契約期間中はリース車を専有できるため、自分だけの車として使用できる
  • 「わ」や「れ」ナンバーにならない
  • 24時間365日好きなときに乗れる

などの特徴があり、カーシェアやレンタカーよりも購入したマイカーに近い感覚で使用できます

カーシェアやレンタカーとの違いはこちらもご参照ください。

リースでタントファンクロスに乗るメリット・デメリット

リースでタントファンクロスに乗るメリット・デメリット出典:ダイハツ「タントファンクロス」外観・室内空間

リースは月々の支出を抑えて車を利用できることや、ライフステージに合わせて乗換えができることなど、さまざまなメリットがあります。ほかにも、タントファンクロスをリースする上で知っておきたいメリットとデメリットを見ていきましょう。

〈カーリースのおもなメリット〉

  • 定額で利用できる
  • 頭金や初期費用なしで新車に乗れる
  • 手続きがネットで完結できる
  • 契約期間が終わったら返却するだけだから楽
  • サポートが受けられる
  • 経費として計上できる

タントファンクロスには、複数の先進安全技術のパックオプションが用意されています。また、スマートフォンと連携して利便性を高めるディスプレイオーディオもオプションでの設定のため、欲しいオプションをすべて追加すると20万円以上かかる場合があります。

購入であれば予算オーバーで全部のオプションは追加できない、という場合でも、初期費用不要でオプション料金もリース料金にまとめられるカーリースなら手元の資金を気にすることなく欲しいオプションを追加して理想のタントファンクロスでのカーライフを始められます

なお、事業用にタントファンクロスの利用を検討している方は法人・個人事業主向けのカーリースについてこちらで詳しくご紹介しています。

法人向けのカーリース

〈カーリースのおもなデメリット〉

  • 走行距離制限がある
  • 返却時には原状回復が必要
  • 中途解約が原則できない
  • 利用するには審査に通過しなければならない

カーリースのメリットや詳しい内容について知りたい方はこちら

カーリースの定額カルモくんなら、7年以上の契約で走行距離の制限がありません。また、メンテナンスプランに加入することで返却時の原状回復費用が補償されます。さらに、1~11年のあいだで契約期間を選べるため、中途解約のリスクも低いでしょう。

このようにカーリースのデメリットを解消している定額カルモくんには、タントファンクロスを利用できるかどうか簡単にチェックできる「お試し審査」があります。審査通過後に車種やプランを変更したり、キャンセルしたりできるので、まずは下のバナーから気軽に試してみましょう。

お申し込みをご希望の方も、お試し審査からどうぞ。

タントファンクロスを取り扱うリース3社の料金比較

タントファンクロスを取り扱うリース3社の料金比較出典:ダイハツ「タントファンクロス」外観・カラー

個人向けのリースサービスにはさまざまな種類があります。リース会社ごとに取り扱っているメーカーや車種、契約年数などが異なるため、どれを選んでいいかわからないという方もいるのではないでしょうか。

そのような方のために、タントファンクロスを取り扱っているリース3社とそれぞれの月額料金をご紹介します。

〈タントファンクロスの月額料金3社比較表〉*

契約期間おトクにマイカー 定額カルモくんSOMPOで乗―るコスモMyカーリース
11年22,060円--
7年30,970円22,860 円25,080円
5年33,890円24,840 円29,150円

*月額料金は2023年1月20日時点の情報で、各社オンライン見積もりでの「ファンクロス」2WD車(頭金・ボーナス払いなし、月々均等払いの場合)ですが、変更になる可能性があります

カーリースの月額料金は、プランに含まれる項目や走行距離制限、残価、契約満了時の車の扱いなどによって大きく異なります。特に走行距離制限には注意が必要で、制限距離を超えて走行した場合には超過金の精算が必要になることに加え、車の価値が下がるので契約満了時にリース車を返却する際の査定に影響する場合もあります。

なお、ここでのシミュレーションは「SOMPOで乗ーる」は走行距離1,000km、「コスモMyカーリース」は500kmで行っています。この2社では走行距離制限が選択できますが、走行距離制限をこれよりも長く設定すると月額料金はより高額になります。

対して定額カルモくんでは7年以上の契約で走行距離の制限がなくなるので、タントファンクロスで遠出してのアウトドアも思う存分楽しめます。さらに、「もらえるオプション」を追加して最終的にタントファンクロスを自分のものにすることができるので、傷や汚れにそれほど神経質になることなく購入したマイカーと同じ感覚でタントファンクロスが使用できます

リース会社の比較ポイントについてはこちらをご参照ください。

タントファンクロスの魅力とは?グレードや性能などから徹底解説!

タントファンクロスの魅力とは?グレードや性能などから徹底解説!出典:ダイハツ「タントファンクロス」外観・室内空間

ダイハツ「タントファンクロス」は、広い室内空間とスライドドアの利便性の高さで人気のあるスーパーハイトワゴンで、クロスオーバーSUVのようなタフな雰囲気が特徴のモデルです。

ここでは、タントファンクロスでカーライフを始めたいとお考えの方に向けて、燃費や内装、安全性能などタントファンクロスの魅力についてご紹介します。

【タントファンクロスの魅力】
✔力強さやタフさを感じさせるデザイン
✔撥水加工されたシート表皮や防水加工のデッキボードなど、アウトドアにうれしい仕様となっている
✔NAエンジンは軽ハイトワゴンクラストップレベル(2022年10月時点、ダイハツ調べ)の低燃費を実現

タントファンクロスとは

タントファンクロスは、小さな子供のいるファミリーに高い人気を誇るダイハツの軽スーパーハイトワゴン「タント」の派生モデルで、内外装に専用装備を採用しタフさを感じさせるアウトドアにぴったりの仕様とした1台です。

タントは助手席側のセンターピラーをドアに内蔵したピラーイン構造の「ミラクルオープンドア」が特徴であり、タントファンクロスにおいても「ミラクルオープンドア」は全車に標準装備しています。ほかの軽スーパーハイトワゴンにはない大開口で優れた乗降性を実現していることに加え、バックドアに回り込まなくても大きな荷物が積み込めるというメリットもあります。

また、専用のエクステリアパーツやインテリアデザインを採用し、近年人気が高まっているオートキャンプなどのアウトドアニーズに対応するように仕上げられているのが特徴。撥水加工のシートや防水加工のデッキボードなど、アウトドアでの利便性を高める専用装備も多数採用しています。

タントファンクロスのグレード

タントファンクロスのグレード出典:ダイハツ「タントファンクロス」グレード・価格

タントファンクロスのグレードは「ファンクロス」と「ファンクロスターボ」の2種類で、「ファンクロス」がNA(自然吸気)エンジンで14インチアルミホイール、「ファンクロスターボ」がターボエンジンと15インチアルミホイールが搭載されるほかは、大きな装備の差がありません

エクステリアでは専用の力強い形状のフルLEDヘッドランプやフロントグリル、前後のシルバーアンダーガーニッシュ、サイドガーニッシュ、ルーフレールなどを装着しクロスオーバーSUVのような雰囲気を演出しています。

なお、タントファンクロスはベースモデルであるタントよりも高い価格設定になっており、装備は充実しています。キーフリーシステムや両側パワースライドドアは標準装備であり、パワースライドドアには予約しておけば自動で解錠・ドアオープンするウェルカムオープン機能や、パワースライドドアが閉まりきる前にドアロックが予約できるタッチ&ゴーロック機能も搭載されています。

さらに、すべての席を紫外線や赤外線から守ってくれる360°スーパーUV&IRカットガラスや運転席・助手席のシートヒーター、格納式リアドアサンシェードといった快適装備もそろいます

タントファンクロスの詳しいグレードの情報はこちら

タントファンクロスの内装

タントファンクロスの内装出典:ダイハツ「タントファンクロス」外観・室内空間

タントファンクロスは、軽スーパーハイトワゴンならではの広く快適な室内空間を確保しています。室内長は2,125mmあるので、後席でもゆったりとくつろげるゆとりがあります。室内高は1,370mmで、ヘッドクリアランスにも余裕があるので圧迫感を覚えることもありません。

さらに「ミラクルオープンドア」によって助手席側スライドドア開口部が広いので楽に乗り降りでき、小さい子供や高齢者にも優しくファミリーカーにぴったりです。また、助手席は最大380mmのロングスライドが可能で、オプションを追加すれば運転席にも最大540mmのロングスライド機能が備わるのでさまざまな室内のアレンジが可能になり、運転席に座ったまま後席にアクセスしたり、運転席と後席のウォークスルーを可能にしたりできます。

インテリアではエアコンレジスターやドアアームレストなどにオレンジのアクセントカラーをあしらっていることに加え、カモフラージュ柄のシートを組み合わせて個性とアクティブさを演出。なお、シート表皮には撥水加工が施されています。

さらに、タントファンクロスでは専用装備として、リアシート背面と荷室に標準装備される上下2段調節式デッキボードの表面が防水加工になっています。キャンプやマリンレジャーなどで濡れたり汚れたりした荷物も気にせずに積み込める、アウトドアにぴったりの仕様といえるでしょう。

タントファンクロスの内装について詳しく知りたい方はこちら

タントファンクロスの燃費

タントファンクロスは、ダイハツの次世代の車づくりの理念である「DNGA」の理念に基づいた高剛性のプラットフォームを採用し、安定性や乗り心地を向上させています。さらに軽量化も実現し低燃費にも貢献。また、燃費性能に優れたNAエンジンとパワフルなターボエンジンを採用し、トランスミッションには伝達効率の高い「D-CVT」が組み合わされています。

タントファンクロスのWLTCモードカタログ燃費と実燃費は、以下のとおりです。なお、タントファンクロスのNAエンジンの燃費は、軽ハイトワゴンクラスにおいてクラストップレベル(2022年10月、ダイハツ調べ)の低燃費を実現しています。

グレード駆動方式カタログ燃費(km/L)実燃費(km/L)
ファンクロス2WD21.918.1
4WD21.415.8
ファンクロスターボ2WD20.616.2
4WD19.616.1

*実燃費は2023年1月20日時点のe燃費のデータを基に掲載しています

タントファンクロスの燃費について詳しく知りたい方はこちら

タントファンクロスの安全性能

タントファンクロスはダイハツの予防安全機能「スマートアシスト」を標準装備し、全車が「サポカーSワイド」の認定条件を満たす先進安全技術を搭載しています。

「衝突警報機能/衝突回避支援ブレーキ機能」は、自転車や二輪車を含む車両と昼夜の歩行者の検知に対応しています。また、車線からはみ出す危険が発生するとステアリング操作を支援して車線からの逸脱防止をサポートしてくれる「車線逸脱抑制制御機能」、道路標識を検知して表示することで標識の見落としを防止し、安全運転に貢献する「標識認識機能」、ペダル操作ミス時の急発進防止を支援する「ブレーキ制御付き誤発進抑制機能(前方・後方)」など、さまざまな先進安全技術があります。

さらに、オプションで追加できる機能も用意されており、パックオプション「スマートクルーズパック」には高速道路で先行車を検知して追従することでロングドライブ時のドライバーの負担を軽減してくれる「全車速追従機能付きACC(アダプティブクルーズコントロール)」と車線内走行を維持するようステアリングアシストを行う「LKC(レーンキープコントロール)」が含まれます。

さらに、「スマートパノラマパーキングアシスト(駐車支援システム)」が搭載される「スマートパノラマパーキングパック」や、死角になるエリアを可視化して安全確認をサポートする「パノラマモニター対応カメラ」などもあります。

タントファンクロスの安全性能について詳しく知りたい方はこちら

タントファンクロスはアウトドアで使いやすいスーパーハイトワゴンが欲しい方におすすめ!

タントファンクロスはアウトドアで使いやすいスーパーハイトワゴンが欲しい方におすすめ!出典:ダイハツ「タントファンクロス」外観・室内空間

タントファンクロスはアウトドアに似合うタフなエクステリアでありながら、ボディタイプはスーパーハイトワゴンであるため軽クロスオーバーSUVよりも室内や荷室が広いことに加え、スライドドアによる利便性の高さも確保しています。

また、撥水加工のシートや防水加工されたデッキボードなど、アウトドア向けの装備もあるため、アウトドアシーンに似合うデザインと使い勝手の良さを備えたスーパーハイトワゴンが欲しい方におすすめです。

タントファンクロスに乗りたい!おすすめリースは?

カルモくん_new

さまざまなリース会社がありますが、国産メーカー全車種、全グレードを取り扱う「おトクにマイカー 定額カルモくん」なら、どのグレードやカラーのタントファンクロスでも契約が可能。料金は業界最安水準で、月々 21,400 円からタントファンクロスに乗ることができます

そのほかにも、オプションプランで車検などのメンテナンスも定額制にできることなど、知っておきたい定額カルモくんの魅力をご紹介します。

〈定額カルモくんの魅力〉

  • 国産メーカーの全車種、全グレードから選べる
  • 初期費用0円!貯金がなくても新車に乗れる
  • メンテナンスプランが充実していて安心!原状回復費用もカバー
  • オンラインと郵送で手続きが完結、自宅に納車してもらえる
  • 7年以上の契約で全車走行距離制限なし
  • 7年以上の契約に「もらえるオプション」をつけると契約満了時に車をもらえる

定額カルモくんの魅力を詳しく知りたい方はこちら

タントファンクロスのグレード別料金シミュレーション

カーリースではグレードや契約年数、オプションの有無やどのメンテナンスプランを設定するかで月額料金が変わってきます。そのため、プラン内容をよく検討し、条件が変わるごとにシミュレーションして月額料金を確認しておくことをおすすめします。

定額カルモくんはオンラインでシミュレーションもできるので、何度でも試すことができます。なお、定額カルモくんではカーナビとETC、バックカメラ、フロアマット、ドアバイザー、希望ナンバーがオプションとして設定されていますが、タントファンクロスではバックカメラが標準装備です。

以下の表は、「ファンクロス」と「ファンクロスターボ」、それぞれの2WD車で契約年数や追加するオプションなどの条件を変えてシミュレーションした結果をまとめたものです。

〈タントファンクロスの料金シミュレーション〉

 3年7年11年
おすすめグレード
(ファンクロス 2WD)
オプションなし
メンテプランなし
46,045円31,410円22,390円
オプション選択*²
メンテプランなし
51,853円34,314円24,326円
もらえるオプション選択

プラチナメンテプラン加入*³
-41,294円31,806円
上位グレード
(ファンクロスターボ 2WD)
オプションなし
メンテプランなし
47,585円32,840円23,380円
オプション選択
メンテプランなし
53,393円35,744円25,316円
もらえるオプション選択

ゴールドメンテプラン加入
-40,704円30,276円

*¹ 料金は2024年5月17日時点の情報で、変更になる可能性があります
*² カーナビ、ETC、フロアマット、ドアバイザー、希望ナンバーを選択した場合
メンテナンスプランについて詳しくはこちら

ご希望の条件でシミュレーションしたい方はこちら↓
お申込みもこちら↓からどうぞ

顧客対応満足度98.9%*という万全のサポート

顧客対応満足度

定額カルモくんなら、専門的な知識を持ったマイカーコンシェルジュに無料で相談できます。タントファンクロスのプランの選び方がわからないという方も、車選びのプロであるマイカーコンシェルジュに希望条件などを相談することで、ライフプランや生活スタイルに合った最適なプランを見つけられるはずです。

家族や友達と大人数で出かけたい、趣味に使いたい、とにかく安く車が欲しいなど、車のことなら何でも気軽に相談してみましょう。

契約前から何度でも無料で気軽に相談できます

マイカーコンシェルジュ_無料相談
平日10:00~19:00(土日祝・年末年始休み)

サービス資料(パンフレット)もございます。

サービスガイド

カーローンで購入した場合との費用比較や、大手リース他社とのサービス・料金比較、素朴な疑問への回答など、詳しくご紹介しています。

カルモくんを資料で詳しく

* 2019年12月~2021年6月までの定額カルモくんご契約者様504名を対象としたアンケート

サブスクだから気楽!タントファンクロスに乗るならリースで決まり

初期費用なし、定額制で新車に乗れる車のサブスクなら、購入よりも気楽にカーライフが始められます。予算を気にすることなく好きな車が選べるので、タントよりも高いタントファンクロスにも乗りやすくなることに加え、安全性を高めてくれるオプションも追加しやすくなるでしょう。

さらに定額カルモくんなら、もらえるオプションや柔軟に選べる契約年数などのさまざまなメリットがあるだけでなく、顧客対応満足度も高く、安心して利用できるでしょう。定額カルモくんでタントファンクロスに乗ってみませんか?

カーリースを利用できるかどうか「お試し審査」で簡単にチェックできます。審査通過後に車種変更やキャンセルも可能なので気軽に試してみましょう。

審査に通過しても契約する必要はありません_お試し審査をしてみる

よくある質問

Q1:タントファンクロスのリース料金は月額どのくらい?

A:業界最安水準の定額カルモくんでは、ダイハツ「タントファンクロス」も手頃な料金で利用することができます。なお、ベースグレードの「ファンクロス」であれば最長の11年契約なら月額20,000円台から乗ることができます。詳しい料金シミュレーションはこちらをご参照ください。

Q2:タントファンクロスをリースするメリットは?

A:カーリースは頭金や初期費用なしで新車に乗れることに加え、残価設定によってリーズナブルな月額料金を実現しているためタントよりも価格設定の高いタントファンクロスにも無理なく乗ることができます。さらに定額カルモくんなら7年以上の契約で走行距離が無制限になる、契約満了時にタントファンクロスがもらえるオプションが追加できるなどのメリットもあります。

Q3:タントファンクロスはどんな方におすすめの車?

A:軽クロスオーバーSUVよりも広く、スライドドアを備えたアウトドアに似合うスタイルの軽自動車が欲しい方におすすめです。また、人気のスーパーハイトワゴンの中でも周囲と差がつく個性的なスタイルのモデルを探している方にもぴったりでしょう。

※この記事は2023年1月時点の情報で制作しています

ダイハツタントファンクロスの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のダイハツタントファンクロスの記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる

20万人が申し込んだ 人気のカーリース 定額カルモくんの資料を見る