ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

中古車買い替えまるわかりガイド!賢くお得に買い替えるポイントを徹底解説

中古車買い替えまるわかりガイド!賢くお得に買い替えるポイントを徹底解説
車検と故障保証付き_中古車リース

中古車をお得に買い替えるには、ちょっとしたポイントを押さえておくことが肝心です。そこで、中古車を買い替える手順や損をしないために必要な知識を徹底解説。買い替えにベストなタイミングと、賢く車を手放す秘訣をお伝えします。

また、買い替えの費用負担を抑えつつ安全な中古車に乗りたい方へ、乗り換え時の負担が少ない中古車リースという選択肢もご紹介しましょう。

初期費用0円で中古車に乗り換える方法を先に知りたい方はこちら

  • 中古車の買い替えは、今の車の売却、次の車の購入、保険の切り替えの手順で
  • 中古車の買い替えで損をしないためには、車を手放すタイミングが大切
  • 買い替え費用を抑えられる中古車リースもおすすめ

中古車の買い替え5ステップ

中古車の買い替え5ステップ
中古車の買い替えは、売却と購入を同時に進めなければなりません。スムーズに買い替えるために、まずは全体的な流れを確認しておきましょう。ここでは5つのステップで買い替えの流れを解説します。

ステップ1:今乗っている車をどこに売却するか決める

まずは、今乗っている車を売却するのか、下取りに出すのかを決めましょう。基本的にはディーラーでの下取りよりも、中古車の流通ルートを持つ買取業者で売却するほうが高く買い取ってもらえる可能性が高いです。

最近ではネットで簡単査定を行っている業者も多いため、まずは自身の車にどの程度の値段がつくのか、大まかな査定相場を調べてみるとよいでしょう。

ただし、ローンがまだ残っている場合には車を自由に売却することができません。車を売却して得るお金で残債分を一括で支払うか、新しい車を購入する際のローンに残債分を組み込むなどして、一度、以前のローンの完済処理をする必要があります。

ステップ2:買い替える車を決める

今乗っている車の査定額がわかったら、予算を立てて購入する車の候補をしぼっていきましょう。希望の車種がまだ決まっていない場合は、乗車人数、使用目的、荷物の積載量、燃費性能などから車種を選ぶと決めやすくなります。

中古車は車種だけでなく走行距離や年式によっても大きく金額が異なります。今後どのくらいの距離・年数を乗りたいのかによって走行距離や年式をしぼっていくとよいでしょう。また、購入価格が安くてもランニングコストがかかる可能性があるため、手元の資金に加え維持費をどれだけ捻出できるのかといったことも考慮する必要があります。

また、実際に店舗で現車を見て、内外装のきれいさやエンジン音などを確認しておくと、のちのトラブルが少なくなるでしょう。

ステップ3:今乗っている車の売却と買い替える車の購入の手続きをする

購入する車が決まったら、今乗っている車の売却と、買い替える車の購入手続きを進めていきます。車の売却と購入には以下の書類が必要です。

車の売却に必要な書類車の購入に必要な書類
・実印
・印鑑証明書
・車検証
・自賠責保険証明書
・自動車納税証明書
・リサイクル券
・実印
・印鑑証明書
・自動車納税証明書
・車庫証明書

 

なお、軽自動車と普通自動車では必要書類が異なります。詳しい情報は店舗に直接確認しておきましょう。手続きのほとんどは販売店で代行してくれるためそこまで意識する必要はありませんが、印鑑証明書など平日に取得しておかなければならない書類もあるため、準備は早めに進めておくことをおすすめします。

ステップ4:任意保険(自動車保険)の切り替え手続きをする

任意保険に加入している場合は、自分で自動車保険会社に連絡をして車両入替の手続きを行う必要があります。これは、自動車保険に登録している車両を新しく購入した車に切り替えるための手続きです。

この切り替えを「車両入替」といいますが、この手続きを行っていないと事故を起こしても保険が適用されず、補償を受けることができません。インターネットで手続きが行える保険会社もありますので、忘れずに切り替えましょう。

車両入替の手続きには車検証のコピーが必要となるため、購入手続きの際に販売店に確認しておくと安心です。なお、手続きには猶予期間が設けられており、万が一忘れてしまっていた場合にも新しい車を取得した日から30日以内であればさかのぼって手続きが可能です。

ステップ5:納車とそれまで乗っていた車の引き取り

ここまでが無事に済めば、納車と車の引き取り日を待つだけです。納車までの期間は店舗や車両状態により異なりますが、中古車の場合は在庫さえあれば最短当日~2週間程度で納車可能となります。

ただし、売却と購入のタイミングによっては車が手元にない期間が生じる可能性があるため要注意です。日常的に車を使用する方は、納車までの期間に代車が借りられるのかどうか店舗に確認しておきましょう。

多くの販売店では無料で代車サービスを行っていますが、一部店舗では有料となるケースもあります。売却する車の引き取り日を新しい車の納車日まで遅らせて対処することも可能です。

車の買い替え時に損をしないための基礎知識

車の買い替え時に損をしないための基礎知識

手続きがわかったら早速車の査定を申し込みたいところですが、車をお得に買い替えるためにはちょっとしたポイントを押さえておくことが大切です。ここでは車の買い替えで損をしないための基本的な知識を解説します。

車の買い替えでは、何にいくらかかるのか

車を買い替える際にかかるおもな費用は、新しい車の購入費用、前の車を廃車にする場合の手続き費用の2点です。

まずは購入費用を見ていきましょう。車の購入には車両価格以外にも、初期費用として車両価格の1~2割ほどの費用がかかります。初期費用のうち、自動車税(種別割)などの法定費用を除いた登録代行費用、車庫証明代行費用、クリーニング費用などの各種費用に関しては、手続きを自分で行って節約することが可能です。

次に廃車費用です。これまで乗っていた車をディーラーや買取業者に持ち込んでも値段がつかなかった場合には、廃車手続きの費用がかかってしまうことがあります。ディーラーに廃車を依頼する場合の相場は1~8万円ほどですが、廃車買取業者に依頼することで廃車費用を無料にできる可能性があります。

初期費用0円で、ローンを組まずに中古車に乗る方法を知りたい方はこちら

中古車を買い替えるベストなタイミング

中古車は車検が切れる直前で買い替えてしまったほうがお得です。車検を通したばかりの車は査定額がプラスされることもありますが、車検費用を上回るほどではありません。

また、高く売れて安く買える時期を狙うのもポイントです。買う立場では、決算時期である9月や3月は販売店もなるべく多くの車を売ろうとするため、値引きが期待できます。特に3月は新生活に向けて車の需要が高まるため、買取額に高値がつきやすい時期でもあるので、高く売って安く買えるタイミングといえます。

そのほか、走行距離が10万kmに近づいてきた、エンジンの調子が悪くなってきたなど、今後車に大きな費用がかかることが予測できるときや、ライフスタイルが変化したとき、ローンを組む場合は金利状況なども買い替えのタイミングとして視野に入れておくとお得に買い替えができるでしょう。

今乗っている中古車を賢く手放す

買い替えの費用負担を抑えるには、今乗っている車をなるべく高く買い取ってもらうことが重要です。基本的には下取りよりも買取りに出すほうが高値になりやすい傾向があります。

また、中古車の買取業者にもそれぞれ得意分野と不得意分野があるため、同じ車でも買取価格に大きな差がつくケースがあります。必ず複数の買取業者で見積りを取り、交渉を重ねましょう。

その際、純正のナビや車載品、先進安全技術搭載車などアピールできる部分があれば、積極的にアピールしておくとプラス査定につながる可能性があります。スペアキーや取扱説明書なども査定時に持って行くとよいでしょう。

なお、中古車は新しいほど高い買取価格がつきやすいです。年度末の高く売れる時期を狙うのも大事ですが、それまで期間があるのであれば早めに手放してしまっても構わないでしょう。

購入する車の維持費やリセールの価格を把握する

新しく購入する車の維持費や乗った後に売却する際のリセールバリューを把握しておくことも大切です。車の機能は年々進化しているため、基本的には新しい車のほうが燃費性能も良く、維持費がかかりにくいといえるでしょう。

ただし、大きな車に変えたことで税金やガソリン代が高くなってしまうケースや、部品の摩耗によりメンテナンス費用がかさむケースもあるため要注意です。

2~3年で再び車を買い替える予定がある場合には、リセールバリューの高い車を選ぶとお得になります。人気がある車種やカラー、限定モデル、新車から5年未満の車などは高く買い取ってもらいやすいです。

反対に走行距離が10万kmを超えた車や旧式モデルの車はリセールバリューが期待できないため、安く買って乗りつぶしてしまったほうがお得になるでしょう。

新車・中古車とも買い替える前に注意すべき点

新車・中古車とも買い替える前に注意すべき点

車を買い替えるときには、事前に確認しておくべき点がいくつかあります。まず、車の売却は、ローンを払い終わっていること、車に関連した税金の未納がないことが前提です。支払いが済んでいない場合は車の売却価格で相殺できるよう予算に組み込みましょう。

また、新しく車を購入する際にも新車、中古車それぞれに注意しておきたいポイントがあるので詳しく解説します。

新車に買い替える際のポイント

新車に買い替えるメリットは何といっても誰も乗っていない、新しくきれいな車に乗れるところでしょう。数年間はメーカー保証がついているためメンテナンス費用もかかりにくく、中古車に比べ故障トラブルが少ない点も魅力です。

ただし、中古車より購入価格が高いため、ローンを組む場合は次の買い替えまでに払い終わるよう計画を立てる必要があります。新車は一度人の手に渡ってしまうと、たとえ数ヵ月間でも大きくリセールバリューが下がります。売却価格でローンを返済するつもりでいると足りなくなるおそれがあるので注意しましょう。

さらに、新車の納車には1~2ヵ月ほどの期間がかかる点にも注意しておきましょう。売却は中古車販売店、購入はディーラーでと分けて買い替えを行う場合は、納車まで車が手元にない期間が生じてしまう可能性もあります。買い替える際は納車時期を事前に確認するようにしましょう。

費用を抑えて新車に乗り換える方法を知りたい方はこちら

カルモなら新車_目次上

中古車に買い替える際のポイント

中古車に買い替えるメリットは、新車に比べ費用が安いところです。同じ予算でも新車よりハイスペックな車を選びやすいでしょう。また、納車までの期間も短く、場合によっては最短当日での納車も可能です。

一方で、中古車を購入する場合は価格と品質が適正であるかよく注意しておく必要があります。状態が悪い車は維持費がかさみやすい上、故障や事故など重大なトラブルにつながる可能性も否定できません。

必ず実車を確認し、ボディの傷や内装の汚れ、エンジンの状態、走行距離、車検の残り期間、保証の充実度など、さまざまな面から検討を重ねましょう。

なお、中古車であっても購入時にはまとまった費用がかかります。資金に不安がある場合は初期費用もローンに組み込めるか確認しておきましょう。

初期費用0円で、ローンを組まずに中古車に乗る方法を知りたい方はこちら

大きな出費や維持費が不安なら、カーリースも視野に!

大きな出費や維持費が不安なら、カーリースも視野に!

新車でも中古車でも、車の買い替えには大きな出費を伴います。まとまった費用の負担を抑えたいなら、定額のリース料金で車を利用できるカーリースがおすすめです。

カーリースとは、車を長期にわたって借りることでマイカーのように使えるサービスです。カーリースなら初期費用ゼロ、税金や自賠責保険料といった維持費も月額料金に込みなので、車に乗るためにまとまった費用を払う必要がありません。

リース期間が終われば車を返却するだけなので、買い替え時の車の査定、売却といった面倒な手続きも不要で、手軽にカーライフを楽しめます。

新車よりも車両価格を抑えられる中古車リースなら、短い期間からでも月々の負担を抑えて車を利用できます

なお、中古車リースの中には返却時の車両みなし価格である残価を高く設定して月々のリース料金を抑え、返却時に高額な差額精算を求める会社もあります。しかし、残価精算のないクローズドエンド方式の中古車リースなら、車の乗り換え時に新たな費用が発生することがなく安心です。

乗り換え費用なし!取扱台数日本一*の定額カルモくん 中古車がおすすめ!

カルモ中古車

車の買い替えを機に中古車リースに乗り換えるなら、取扱台数日本一*の中古車リース「おトクにマイカー 定額カルモくん 中古車」がおすすめです。定額カルモくん 中古車なら車の乗り換え時の初期費用はゼロ。これまで乗っていた車の買取業者も紹介してくれるため、スムーズに車を乗り換えられます。

また、クローズドエンド方式のリース契約のため、返却時の残価精算もありません。次に車を乗り換えるタイミングでも大きな出費が発生することがなく安心です。

*JALAの特別会員・正会員の中で、一般消費者を対象にリースを行う中古車の取扱台数において(2021年7月2 日、ステラアソシエ株式会社調べ)

定額カルモくん 中古車なら走行距離無制限で車がもらえる!

定額カルモくん 中古車では走行距離の制限がありません。毎日の通勤はもちろん、趣味のドライブや旅行にも好きなだけ車を走らせることが可能です。

また、車検やオイル交換などの気になる維持費用は、メンテナンスプランに加入することで毎月のリース料金に含めることができます。車に関する費用のほとんどを月々の料金にまとめることができるため、出費がフラットになり家計管理が楽になるでしょう。

さらに、メンテナンスプランに加入していれば、リース契約満了時にそれまで乗っていた車をもらうことができます。車を返却しなくていいのでカスタマイズも自由で、万が一車に傷をつけてしまっても原状回復費用を求められることがないお得なプランです。

中古車を探す

全車故障保証1年、車検2年付きで安心!

定額カルモくん 中古車では、全車に1年間の故障保証がついています。乗り始めてすぐに故障してしまっても修理費用は上限なしで定額カルモくん 中古車が負担してくれるので、新車に比べ故障リスクが高い中古車でも安心して乗り始めることができます。

また、安全な納車に努めており、すべての車をリース開始前に整備・点検した上で、2年の車検をつけて納車しています。次の車検まで期間があるので費用負担を気にせずカーライフを楽しめます。

車検と故障保証付き_中古車リース

新車に乗り換えたいときも!日本一安い*カーリース、定額カルモくん

予算さえ許すならばやはり新車に乗りたいという方も多いのではないでしょうか。「おトクにマイカー 定額カルモくん」は新車リースも取り扱っており、日本一安い*料金で新車に乗ることができます

頭金やボーナス払いが不要で初期費用は0円、月々10,000円台から利用できます。車検費用を込みにしても月々10,000円台から乗れる車もあるため、今まで予算の都合で新車をあきらめていた方も手が届くかもしれません。

新車であれば、中古車に比べて故障リスクが低く、パーツ交換の頻度も少ないので維持費を抑えられます国産メーカーの全車種・全グレードを取り扱っており、車種やカラー、グレードも自由に選べる定額カルモくんなら、自分好みの車がきっと見つかります。

*一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

新車が10000円台

手順と注意点を理解して、中古車をお得に乗り換えよう!

手順と注意点を理解して、中古車をお得に乗り換えよう!

きちんと手順を理解しておけば、中古車の買い替えは決して難しいことではありません。ローンがまだ残っている車でも、売却価格によっては完済して新しい中古車に乗り換えることが可能です。まずは今乗っている車がいくらで売れるのか、査定に出してみることから始めてみてはいかがでしょうか。

また、中古車をお得に買い替えるには車検前や決算時期を狙うのがベストですが、必ずしもその時期まで待たないといけないわけではありません。ライフスタイルの変化や今の車の状態なども考慮しながら、自身が買い替えたいと思ったタイミングで買い替えるほうが、結果的に満足度の高いカーライフを送れるでしょう。

買い替え時の費用負担が心配な方や、売却手続きを面倒に感じる方には、乗り換え時の費用負担がなく手続きも簡単な中古車リースがおすすめです。この機会に月々定額で家計管理が楽な中古車リースを検討してみてはいかがでしょうか。

LINEクルマの買い方診断

よくある質問

Q1:中古車の買い替えは、どのような流れ?

A:基本的には今乗っている車を下取りまたは買取りに出し、売却価格が決まってから新しい車を購入する流れになります。また、車の売却と購入手続きが済んだら、利用している任意保険(自動車保険)の切り替え手続きを忘れずに行いましょう。一般的には新しい車の納車まで、中古車は1~2週間、新車は1~2ヵ月ほど日数がかかります。

Q2:車の買い替えで損をしたくない!何に注意したらいい?

A:今乗っている車を手放すタイミングに気を付けましょう。車検後よりも車検前に売ってしまったほうがお得です。また、なるべく高く買い取ってもらうために、車の需要が高まる年度末を狙ったり、複数業者で見積りを取ったりすることも重要です。新しく購入する車のリセールバリューも考えておくと次の買い替え時にお得になります。

Q3:中古車を買い替えるのは経済的に不安。ほかにお得に車に乗る方法は?

A:乗り換え時のまとまった費用負担がなく、毎月の定額料金で車を利用できるカーリースがおすすめです。「おトクにマイカー 定額カルモくん 中古車」なら、選べる車も豊富で車検2年と故障保証1年のついた安全な中古車に、走行距離制限なしで乗れます。また、メンテナンスプランに加入すると車をもらうこともできます。

※記事の内容は2021年10月時点の情報で制作しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
在庫状況毎朝更新