カーリースを利用したい!必要な年収は?カーリースの審査基準を徹底解説

あなたは大丈夫!?定額カルモくんの例を基にカーリースの審査基準を徹底解説
カルモくんなら新車が

カーリースの契約においても、ローンと同じように審査があります。カーリースを利用する際にはどこのカーリース会社であっても審査が行われますが、カーリースの審査ではどのような点がチェックされるのか、気になる方も多いでしょう。年収の目安をはじめ、審査におけるポイントなどにも目を向けながら、カーリースの審査基準について解説していきます。

年収が低くても審査の際にアピールするべき点などにもふれながら、事前に知っておきたい対処法についてアドバイスします。

*審査基準はあくまで一般論であり、最終的には審査会社の方針に拠ることをご了承ください。

理想の車を安く手に入れられるカーリースが知りたい方は、こちらのバナーをチェックしてみましょう。

この記事のポイント
✔ 年収をはじめカーリースの審査で見られるポイントは5つ
✔ カーリースの審査で落ちても再審査へ向けた対処法はある
✔ 定額カルモくんのお試し審査で自身の状況を気軽にチェック

カーリースの審査で見られる5つのポイント

カーリースの契約では、どのような情報を基に審査が行われるのでしょうか。まずは、審査の際にチェックされやすい5つのポイントについてご紹介します。

1. 年収

年収

カーリースの審査において、年収はとても重要なチェックポイントといえるでしょう。数年にわたって毎月支払いをしていくわけですから、審査では支払いに十分な年収が得られているかどうかが見られることになります。
カーリースの審査の場合、年収200万円がひとつの基準になるといわれています。しかし、その他の項目や、毎月の支払額によっては200万円を下回っていても審査に通る可能性は十分にあります。例えば、年収の少ない主婦(主夫)やアルバイトであっても、収入の安定した保証人がいれば、審査に通ることは十分考えられます

2. 収入の安定性、雇用形態

収入の安定性、雇用形態

安定した収入は長く継続する支払いには欠かせません。そのため同じ年収の場合でも、その収入が安定しているかどうかによって評価は変わります。例えば、公務員や正社員は収入が安定しているため、審査に通りやすいといえるでしょう。
一方、アルバイトや非正規雇用、個人事業主の場合は、収入に変動があり安定性が低いため、審査では不利になります。また、個人事業主で赤字経営状態だと、支払能力なしとみなされてしまうので、税金対策をしている場合は注意が必要です。

なお、非正規雇用や自営業の場合、収入の安定性は勤続年数の長さに着目して判断されることも多いです。同じ職業で収入を得ている期間が長いほど、今後も安定した収入を確保できる見込みがあるとの判断につながりやすいため、審査の際には勤続年数の長さを忘れずにアピールしましょう。

3. 資産

資産

年収が低い場合でも、資産を多く保有している場合は審査に有利なことがあります。おもな資産として扱われるのは、持ち家や自動車などです。

持ち家に住んでいる場合、住宅ローンの返済額が残っていたとしても家自体は資産とみなされ評価の対象になります。ただし、あくまでカーリース料金を継続して支払えるかどうかが審査のポイントとなるため、審査を有利に進めるためのプラスの要素にすぎません。逆に賃貸物件に住んでいる場合など、資産を保有していないからといって審査に落ちるわけではありません。

4. 債務履歴

債務履歴

自己破産や任意整理、個人再生など、法的な手段をとって債務整理をしている場合、審査に通りにくくなります。
銀行ローンや消費者金融の契約だけでなく、カーリースの審査でも、支払いを破棄した過去があると信用がないと判断されるのです。少額借入れの返済し忘れでも、「事故情報」としてブラックリストに載ってしまうので注意しましょう。

ブラックリストに載ってしまうと、審査に通らない可能性があります。自身の状態はCIC(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関)やJICC(指定信用情報機関 株式会社日本信用情報機構)などで情報開示請求をすれば確認できます。必要に応じて利用してみるといいでしょう。
もし滞納が見つかったら、まず完済させることを優先し、その上で月々のリース料金を見直すなどして、なるべく審査に通りやすくする工夫も必要です。

5. カーリース以外の債務状況

カーリース以外の債務状況

銀行や消費者金融からの借入れがあると、審査で不利になります。また、金融機関に限らず、高額エステや英会話教室の料金を分割払いにしている場合や、クレジットカードのキャッシングなども不利になりやすいといえます。さらに、最近では携帯端末の未払い金やリボ払いの残高なども審査に影響するといわれています。
住宅ローンなどの場合は、延滞なく返済できているなら必ずしも不利なわけではありません。カーリース以外のローンの返済がある場合には、それらも含めた支払状況が無理のない範囲であるのかを審査されます。自身の債務状況を確認した上で、収入に対して余裕のある支払計画を立てることが大切です。

カーリースはどのくらいの年収があれば利用できる?

カーリースはどのくらいの年収があれば利用できる?

カーリースを利用できる年収の基準は200万円といわれています。しかし、年収はあくまで目安です。この年収に満たないからといって絶対に利用できないというわけではありません。保証人を立てるなど年収が低くても信用度を上げる対策をすれば、カーリースを利用できる可能性はあります。一方、年収が高くても必ず審査に通るとは限らないため油断は禁物です。
では、審査に落ちてしまう方にはどのような理由があるのでしょうか。知っておけば審査をより有利に進めることも可能です。

まずは審査

カーリースの審査に落ちる可能性がある方

カーリースの審査に落ちる可能性がある人

カーリースの審査では年収がひとつの目安になることは確かですが、それ以外にも審査に通りにくくなる原因といわれているものがあります。傾向を把握して自身にあてはまるものがないか、あらかじめ確認しておきましょう。
下記のいずれかにあてはまる場合、カーリースの審査に通らない可能性があります。

〈カーリースの審査に通らない可能性がある方〉

  • 年収が低い方
  • 収入が不安定な方
  • 過去に自己破産などの債務整理をした方
  • ローンの返済に遅れたことがある方、または遅れている方
  • クレジットカードの料金支払いに遅れたことがある方、または遅れている方
  • 過去に支払いが遅れてブラックになっている方
  • 現在、ローンの借入額が多い方
  • 現在、クレジットカードの支払残高が多い方
  • 現在、複数のローンを組んでいる方
  • 過去に住宅ローンやクレジットカードなどの審査に落ちている方
  • 連帯保証人がいない方
  • 審査報告時に虚偽の申請をした方

年収から考える カーリースの審査対策

カーリースの審査に通る可能性を上げるためには、支払能力の信用度を高めることが大切です。とはいえ急に年収を上げることは難しいので、少しでも審査に通る可能性を高めるために今からでもできる対策をご紹介します。

年収に見合うカーリースを探す

カーリースの審査では、「毎月の支払いがきちんとできるか」が見られます。そのため、収支のバランスが取れているかどうかはとても大切です。申込みの前に、現在の収入と各種ローンやリボ払いを含めた支出状況を整理し、収支のバランスが取れているかどうかをチェックしておきましょう。

その際に目安となるのが返済負担率です。返済負担率とは年収に対する年間の返済額の割合のことで、一般的にはこの返済負担率を3割程度に収めることが推奨されています。ほかの借入れを含めた返済負担率が3割程度になるよう、カーリースの予算を見直しましょう

なお、同じ車種でも、残価設定があるカーリースならカーローンを組むより月々の支払いを抑えやすく、審査に通る可能性も高まります。料金の安いカーリースなら、より返済負担率を下げられます。月々10,000円台から新車に乗れるカーリースもあるため、自身の年収に見合った車を探してみましょう。

月々10,000円台から乗れる車を探すなら、カーリースの定額カルモくんをチェックしてみましょう

安い車種で審査を受けてみる

年収に対して希望の車種の料金が高すぎる場合、そのまま審査を申し込んでも落ちてしまう可能性があります。何度も審査に落ちると信用情報に傷をつけてしまい、さらに審査に通りにくくなるといった悪循環に陥ってしまうことにもなりかねません。

そうならないために、まずは乗りたい候補の中から一番安い車種で審査を受けてみるというのもひとつの方法です。「おトクにマイカー定額カルモくん」では、希望の車種に近いものを選んで審査に通るか気軽に試せる「お試し審査」を利用できます。
審査に通るかだけでなく、審査内容で申込み可能な範囲の車やプランも紹介してもらえるため、その後の車選びがスムーズになります。

さっそくこちらのバナーからお試し審査を受けてみましょう

お試し審査

年収評価で審査に落ちたときの対処法

もし審査に落ちてしまったとしても、悲観的になる必要はありません。審査のポイントを見直した上で原因を考え、きちんした対処をして臨めば再審査に通る可能性は十分にあります。あきらめずに以下の対処法を試してみましょう。

原因を解消してから再審査に申し込む

「税金の未払いがある」「複数のローンを組んでいる」といった理由でカーリースの審査に落ちた場合、それらを解消して再審査を申し込めば、審査に通ることも十分考えられます。
ただし、審査に落ちてすぐに再審査を申し込んでも、再照会となり厳しい結果になる場合がほとんどですので、少し期間を置いてから再審査の申込みをするといいでしょう。

保証人を付ける

カーリース会社から提案があった場合は、親や親戚など、安定した収入のある保証人を付けることで審査に通ることもあります。
保証人とは、リース料金の支払いが滞ってしまった場合などに契約者に代わり責任を負う人のことです。万が一の際に大きな負担をかけてしまうことになるため、友人や知人などには気軽に頼まないほうが賢明です。保証人にはなるべく配偶者や両親など親族を立てるようにしましょう。

審査に通りやすくするためには、保証人自身の収入や信用情報も重要になってきます。安定した収入・職業の方や過去の債務履歴がクリアな方に頼むのがいいでしょう。

車のグレードを下げてみる

カーリースの料金は車のグレードによっても変わります。同じ車種でもグレードを下げてリース料金が安くなるよう工夫すれば、審査対象となる金額を抑えることができます

また、車が必要な理由を見直して料金の安い車種に変えることも検討してみましょう。安くても性能の良い車はたくさんあります。収入に見合った車なら審査に通る可能性も上がり、将来的な生活にも余裕ができるでしょう。

ほかのローンを見直してみる

住宅ローンやカードローン、家具や家電の分割払いなど、ほかの返済がある場合には審査が不利になってしまうことがあります。もしすぐに返済できるものがあれば、カーリース審査の前に返済を済ませて多重ローンにならないよう整理しておきましょう

ほかのローンがなければリース料金に注力できると見なされるため、再審査の際に有利に働く見込みがあります。

実際に審査してみないとわからない

実際に審査してみないとわからない

審査に通るかどうかは、実際に審査申込みをしてみなければわかりません。年収が200万円以下で審査に通ることもあれば、年収500万円でも審査に通らないこともあります。支払いに延滞履歴があっても、連帯保証人をつけることで審査を通過することもあるでしょう。
審査の多くは、早ければ1〜2日、遅くても1週間で結果が出ます。あれこれ悩んでいるよりも、思いきって審査に申し込んでみるほうがより早く今の自身の状況がわかります。ただし、無計画な審査申込みは審査に落ちる原因となるため禁物です。これまでご紹介した審査基準を確認して自身の情報を整理し、アピールできるものは盛り込んでおきましょう。

なお、審査の申込みを行う際は、不利になる情報を隠したり偽ったりすることは絶対にやめましょう。虚偽の申請をすると、審査に通る可能性は限りなくゼロに近くなります

定額カルモくんのお試し審査は、こちらのバナーからどうぞ!

お試し審査

定額カルモくんのお試し審査なら、オンラインからたったの5分で申込み完了!

カルモくん_new

定額カルモくんでは、カーリースの利用を決める前でも審査に通るか気軽に試せる「お試し審査」のサービスを設けています。手続きは5分程度で完了します。窓口に足を運んだり、長い時間待ったりする必要がないため、スピーディーかつ気軽にお試しできるのが魅力です。

お試し審査では審査に通るかどうかがわかるのはもちろん、審査に通った段階でサービス担当者から契約可能な範囲の車種の案内もあります。審査を通過しても契約にはならないため、ひとまず安い車種で申し込んでおいて、後からじっくり車種を選ぶこと                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                       も可能です。

定額カルモくんのカーリース料金は日本一安い*ため、より安い価格で審査に申し込めます。審査後のキャンセルも自由ですから、悩む前にさっそくこちらのバナーから気軽にお試し審査を受けてみましょう。

* 一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

まずは審査

定額カルモくんの魅力を大解剖!

定額カルモくんは、頭金なし、ボーナス払いなし、契約満了時の差額精算も不要の日本一安い*¹カーリースです。そんな定額カルモくんの魅力を大解剖してみましょう!

〈定額カルモくん10の魅力大解剖〉

1. クローズドエンド方式だから契約満了時の残価精算なし

定額カルモくんは契約満了時の車の価値にかかわらず残価精算が発生しないクローズドエンド方式を採用。

2. 1年から11年のあいだで1年単位の契約が可能

契約期間は1年から11年と幅広く、1年単位の契約が可能だからライフプランに合わせやすい。

3. 国産メーカー全車種・全グレードの新車をラインナップ

軽自動車やコンパクトカー、SUV、ステーションワゴンなど個性豊かな車種から選べる。

4. 7年以上の契約で走行距離制限がなくなる

カーリースでは一般的な走行距離制限がなくなるので、遠出のドライブが楽しくなる。

5. 契約満了時に車がもらえる

7年以上の契約で月額500円の「もらえるオプション」を追加すれば、契約満了時にそのまま車がもらえる。

6. メンテナンスプランで維持費を月額定額化

車検代や法定12ヵ月点検、消耗品の交換など、車にかかる維持費をまとめて月額定額化できる。

7. 専任のマイカーコンシェルジュが車選びをサポート

初めてのカーリースに不安がある方、車のことに詳しくない方にも丁寧に説明してくれるので安心。

8. 98.97%と高い顧客満足度を誇る

2019年12月~2020年10月までの定額カルモくんご契約者様を対象としたアンケート(合計:487件 3~5の評価:482人)にて、98.97%の顧客満足度を達成。

9. 専門家が選ぶカーリース3冠獲得

専門家が選ぶカーリースにて、「コストパフォーマンスが高いカーリース」「納得価格のカーリース」「サポートが充実しているカーリース」の3部門で1位を獲得*²。

10. 「お試し審査」で乗りたい車を簡単チェック

審査に通るかだけでなく、リース可能な範囲の車やプランも紹介してもらえる。申込みはネットで簡単5分。

まずは審査

*¹ 一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

*²2021年2月12日~2月15日に、株式会社ショッパーズアイが行った当社を含む「カーリース」の10サイトを対象としたインターネットイメージ調査。週1回以上運転するファイナンシャルプランナー176s、カーディーラー勤務者297s。

定額カルモくんについて、もっと詳しく知りたい方は、こちら

カーリースが利用できるかは年収だけでは決まらない

カーリースを利用できる目安となる年収は200万円ですが、年収が低くてもあきらめないでほかの審査内容を確認してみましょう。保証人をつけるなど年収をカバーする対処法を考えれば、利用できる可能性はぐっと高まります。
また、年収が高くても場合によっては審査に落ちてしまうこともあります。無理のない支払計画を立てることが大切です。
月々の料金が安い定額カルモくんなら、ローンよりもお手頃に乗れる車がきっと見つかります。カーリースでお得なカーライフを始めてみませんか?

定額カルモくんでおトクに乗れる車を探すなら、こちらのバナーをチェック!

よくある質問

Q1:カーリースの審査でチェックされることは?

A:年収、雇用形態、資産、債務履歴などがチェックされます。カーリースは長期にわたる支払いが発生しますので、十分な年収や支払能力があるかどうかが、審査のポイントになります。

Q2:カーリースは年収がどれくらいあれば利用できる?

A:年収200万円がひとつの基準になるといわれています。ただし、収入の安定性や資産、毎月の支払額などによっては200万円を下回っていても審査に通る可能性は十分にあります。年収だけであきらめずに審査申込みを検討しましょう。

Q3:審査に落ちたときはどうすればいい?

A:お金に関する原因を解消して、再審査を申し込みましょう。また連帯保証人をつけることで、審査に通ることもあります。さらに車のグレードを見直したり、安く利用できるカーリースを探したりして毎月の支払額を抑えれば、審査に通る可能性が高まります。日本一安い*カーリースの定額カルモくんなら、希望の車種を安く利用できます。

* 一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

※記事の内容は2021年6月時点の情報で執筆しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

5分ください_読了後