アクアはリースするのがおすすめ!その理由を解説

アクアはリースするのがおすすめ!その理由を解説

出典:トヨタ「アクア」外観

トヨタ「アクア」は、ハイブリッドコンパクトカーとして高い燃費性能が人気の車種。プリウスのハイブリッドシステムを応用したアクアは、走行性能の面でも注目度が高い車でもあります。
しかし、車を購入するのは抵抗がある方でも、カーリースなら月々定額制ですから利用しやすく、さらに、税金や車検代金、メンテナンス費用もコミコミにできるというメリットもあります。
ここでは、アクアに乗るならカーリースがおすすめという理由をご紹介します。

アクア

カーリースだとアクアに月々22,800円(税抜)から乗れる!

カーリースは車のサブスクリプションサービスです。
サブスクリプションとは、携帯電話や音楽配信サービスなどのように毎月定額制で契約して利用するしくみのこと。
そのため、車の所有者はリース会社ですが、利用者は車をマイカーのように自分だけの物として自由に利用できたり、乗りたい新車を選ぶことができたりするのが大きなメリットです。
まずは、カーリースがお得な理由や契約年数ごとのクラウンの金額などをご紹介します。

カーローンよりお得に車に乗れるカーリース

カーローンとは、車の購入時に金融機関などからお金を借り入れて組むローンのこと。カーリースは、所有者であるリース会社に使用料を払う車の利用方法です。買ったお金を分割して払うものと使用料を毎月払うものといった違いです。
月々の支払いにも差があります。カーローンでは借り入れた車両価格を分割して返すだけですが、カーリースでは車両使用料のほかにも税金や自賠責保険料などの維持費も含まれています。

カーリースについてもっと詳しく知りたい方はこちら

契約年数ごとのアクアの料金は?

カーリースは通常、契約年数が長くなればなるほど、月々の料金は安くなります。契約年数ごとにどのくらいの差が生じるのかをマイカー賃貸「カルモ」のアクアの料金をもとにみていきましょう。なお、購入条件はベースとなる「L」グレード、オプションの特別カラーやカーアクセサリーをつけない状態での価格をご紹介します。

11年 22,800円(税抜)
10年 24,100円(税抜)
9年 25,200円(税抜)
8年 27,200円(税抜)
7年 29,400円(税抜)
6年 31,500円(税抜)
5年 33,100円(税抜)
4年 36,900円(税抜)
3年 41,800円(税抜)
2年 53,400円(税抜)
1年 86,400円(税抜)

まずは審査

リースでアクアを手に入れるメリットとは?

カーリースがいい

リースは月々の支出を抑えて車を利用することができることや、ライフステージに合わせて乗り換えができるなどさまざまなメリットがあります。そのほかにも、リースでクラウンを購入する上で知っておきたいメリットをみていきましょう。

1. 月々の支払いが安い

月々の支払いが安い

リースの場合、月々の料金は返却時の価値(残価)を基に算出されます。そのため、車両価格から残価を引いた金額を契約期間で割って支払っていくため、月々の料金を安く利用することができます。

2. 定額で利用できる

車を維持するためには、税金や保険料、メンテナンスなどさまざまな費用が発生します。しかし、リースでは月々の支払金額にそれらの費用が含まれているため、急な出費の心配がありません。契約期間中はずっと定額で利用することができるので、家計管理のしやすさも特徴のひとつです。

3. 頭金や初期費用がいらない

車の購入をするためには、頭金や初期費用が必要となりますが、リースではそれらの費用も必要ありません。そのため、まとまった費用を用意することが難しいときでも、リース契約をすることができます。

4. 経費として計上できる

通常、車などの高額な買い物を経費として申告する際には、まとめて計上することはできません。しかし、リースは定額制サービスと同様に経費として計上することが可能です。(業務で使用した場合に限ります)

ほかにもカーリースのメリットとしては、以下のようなものがあります。
・新車に乗れる
・手続きが簡単
・車検などのメンテナンスも定額にできる(リース会社による)

さらに、カーリースとカーローンの違いやメリットの詳しい内容について知りたい方はこちら

 

早速カーリースのサイトを確認する

ネットでおトクに新車をリース

「アクア」は本当にあなたに合う車なのか。アクアを徹底的に紹介!

「アクア」は本当にあなたに合う車なのか。アクアを徹底的に紹介! 出典:トヨタ「アクア」外観

トヨタ「アクア」は、小さなプリウスとして高い燃費性能と走行性能が人気の車種です。
カーリースでの車選びに悩んでいる方やアクアについてもっと知りたい方のために、アクアの魅力やグレードの種類などをご紹介します。

アクアの魅力とは?

アクアの一番の魅力は、2代目プリウスのガソリンエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドシステムを継承したことによる燃費性能の高さにあります。また、どんな方でも運転のしやすい5ナンバーのコンパクトなサイズながらも、広々とした室内空間も人気を集めている理由のひとつです。
そして、ベーシックなカラーから絶妙な色の違いを楽しめるカラーバリエーションの豊富さも、カーライフを楽しむ上で、見逃せないポイントではないでしょうか。

アクアのグレードは?

アクアのグレードは、全17種類。
大きく分けて「L」「S」「G」「Crossover」の4つのグレードに分かれており、インテリアなどの標準装備と選択可能なオプション装備の内容がグレードのおもな違いとなっています。また、「S”Style Black”」。「G”ソフトレザーセレクション”」「G”GR SPORT”」「G”GR SPORT”・17インチパッケージ」「Crossover Glam」などの特別仕様車が用意されています。

最もベーシックな「L」グレードは、車の装備は最低限となっていますが、38.0km/Lという最も高い燃費性能を持つグレードでもあります。また、車両価格の安さも見逃せないポイントです。
一番人気の「S」グレードは、「L」グレードに実用性の高い機能が備わった標準グレードです。スーパーホワイトⅡ、シルバーメタリック、ブラックマイカの3色展開から、17パターンのカラーバリエーションから選ぶことができるのもこのグレードの魅力です。

最上位グレードの「G」グレードは、内装の高級感がアップするだけでなく、安全装備の「Toyota Safety Sense」などの最新装備が標準装備となっています。そして、アクアで唯一の3ナンバーであるSUV仕様の「Crossover」は、車高が高くなったことでの視界の良さが魅力。全体的なボリュームアップによって力強い印象を与えてくれるグレードでもあります。

さらに詳しくグレードの情報を見るならこちら

アクアの内装は?

アクアの内装は?出典:トヨタ「アクア」室内

アクアの内装は、コンパクトなボディながらも広々とした室内空間が特徴です。ハイブリッド車ではガソリンエンジンとモーターに加えて大きな走行用バッテリーを搭載しているため、車内空間を圧迫してしまいがちですが、アクアではバッテリーの搭載位置を調整、小型化することによって広々とした空間演出が可能となっています。

エントリーグレードの「L」グレードでは、ナチュラルグレーのシートが標準仕様となっているため、とてもシンプル。「S」グレードになると、シンプルなブルーブラックか鮮やかなブリリアントレッドの2色から選ぶことができます。また、さらにこだわりたい方は特別仕様車の「S”Style Black”」がおすすめです。

最上位グレードの「G」グレードでは、ディープブラウンを基調としたインテリアとなり、高級感がアップ。内装も妥協したくないという方にとっても満足度の高いグレードといえるのではないでしょうか。
そして、「Crossover」はシルバーブラックのシートとなり、SUV仕様となっているため、アクアとは違ったスポーティーな印象を与えてくれます。

さらに詳しく内装の情報を見るならこちら

アクアの燃費は?

車の燃費は、車選びで重要となるポイントのひとつ。アクアでは、高い走行性能と低燃費という対極する2つのメリットを実現している車種でもあります。2度のマイナーチェンジを重ねて進化した燃費性能と快適性は、燃費の良いコンパクトカーを求める方を満足させてくれること間違いありません。JC08モードでのカタログ燃費を見てみましょう。

一番車両重量の軽いエントリーグレードのLはJC08モード38.0㎞/L、その他のグレードはすべて34.4㎞/Lとなっています。

また、日常生活でアクアを利用した場合の平均燃費は、 24.31km/Lとなっているため、カタログ燃費と実燃費の差は10km/Lほどと考えられます。カタログ燃費は平坦な道をライトやエアコンなどを使わずに走るなど一定の条件のもとで計測されているため、どんな車でもこの乖離は生まれます。実燃費も、走行する道の状態や走り方でも変わりますが、カタログ燃費より平均3割程度低くなるといわれているため、アクアの燃費も平均値といえるのではないでしょうか。

さらに詳しく燃費の情報を見るならこちら

アクアの安全性能は?

安心してカーライフを楽しむためには車の安全性能も重要なポイント。アクアは、国土交通省が認定する「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)認定制度」の対象車です。また、上位グレードの「G」「G“ソフトレザーセレクション”」「Crossover」には、歩行者や事故の回避や衝突の際の衝撃を軽減につながる、トヨタの先進技術を駆使した予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を搭載しています。そのため、トヨタ初となるハンドル操作サポートや、渋滞時にうれしい追従ドライブ支援機能など、さまざまな最新性能を体験できる車でもあります。なお、「S」「L」グレードではオプションで追加することが可能です。

ほかにも、安全な駐車をアシストしてくれるインテリジェントクリアランスソナーや自動パーキングブレーキなど、ミラーだけでは見えない車の背後の障害物との衝突を防いでくれたり、アクセルとブレーキの踏み間違いを回避したりという便利な機能もオプションとして用意されています。車の運転はどれだけ注意しても十分すぎるということはないので、安全性能のサポートを受けながら、安全にドライブを楽しみましょう。

アクアの安全性能について、詳しくはこちら

アクアは燃費の良いコンパクトカーを求める方におすすめ!

アクアは、小回りの利くコンパクトなサイズと燃費の良さを両立した車。車の維持費が気になるという方にもぴったりな車種といえるでしょう。また、車両の重心を下げるなどの工夫により、高速道路や峠道など、走行性能に不安が生じる状況でも安定感のある走りを体感することができます。そのため、日常使いはもちろん、遠出やドライブなどで使いたいという方にもおすすめのコンパクトカーです。
そして、週末のおでかけなどで使いたいという方は、「G」「G“ソフトレザーセレクション”」グレードに標準搭載されている「クルーズコントロール」にも注目したいところ。高速道路などでアクセルを踏まずに一定速度で走行することができるので、長時間のドライブの負担を軽減してくれるため、グレード選びの際のポイントとなるでしょう。

アクア

「アクア」をリースするには?

「アクア」をリースするには?出典:トヨタ「アクア」外観

個人向けのカーリースサービスにはさまざまな種類があります。リース会社ごとに取り扱っているメーカーや車種、契約年数などが異なるため、どれを選んで良いかわからないという方もいるのではないでしょうか。
そんな方のために、クラウンを取り扱っているリース会社や実際にカーリースを契約する際に気を付けたいこと、カーリースの利用の流れをご紹介します。

アクアを取り扱うリース会社

・カーコンカーリース「もろコミ」
カーコンビニ倶楽部のカーリースサービス「もろコミ」は、軽自動車から商用車までさまざまな車種を選ぶことができます。また、契約期間は7年の「もろコミ7」と9年の「もろコミ9」の2種類から選択が可能です。オプションプランには、カーナビやETCなどドライブに欠かせない設備がセットになったカーアクセサリーセットや、車の維持に欠かせないメンテナンスパックなども用意されています。

・コスモスマートビークル
コスモ石油のカーリースサービス「コスモスマートビークル」では、ガソリンスタンドの燃料油割引がついているのが
特徴です。メンテナンスパックなしの場合は1円/L割引、メンテナンスパックのレベルごとに最大5円/Lまで割引が設定されています。また、リース期間は3年、5年、7年の3つの期間から選ぶことができ、頭金やボーナス払いの有無も選ぶことができるため、契約時の状況にあわせて選ぶことができます。

・マイカー賃貸カルモ

マイカー賃貸カルモ

マイカー賃貸「カルモ」は、審査申し込みまでをオンラインで手続きが可能なため、忙しい方にもおすすめ。また、主要国産メーカーの人気車種がそろっているので、上位グレードなど、ほかのリース会社にはない車種も選択が可能です。
また、契約期間も最短1年から11年と幅広く、ライフプランに合わせやすい契約スタイルになっています。維持費が心配な方は、整備や車検などもカバーできる定額制プランも用意されているので、安心してカーライフが楽しめます。

<あわせて読みたい>

【徹底比較】人気のおすすめマイカーリース会社3選!本当に良いリース会社とは?

リース会社選びはオープンエンドとクローズドエンドに気を付けて

カーリースの契約形態にはオープンエンドとクローズドエンドという2種類があり、契約方法によって追加精算が発生する可能性があります。そのため、契約時にしっかり確認しておくことが大切です。

・オープンエンド契約
オープンエンド契約の場合、リース契約終了時の車両の価値(中古車として売却した場合の価格)を見込んだ金額(残存価格)を車両価格から差し引いて月額料金を算出します。そのため、カーリースの月額料金が安くなっています。
しかし、車の価値は年数や走行距離が増える度に減少します。ですから、残存価格を高く見積もりすぎている場合は、追加精算が発生する可能性があります。実際に、オープンエンド契約を採用しているリース会社とのトラブルで、返却のタイミングの価値が想定より下がったなどの理由で高額な追加精算を請求してくるというケースもあるので注意しましょう。

・クローズドエンド契約
クローズドエンド契約は、追加精算がない契約方法です。オープンエンド契約と同様にリース契約終了時の車両の価値はあらかじめ設定しますが、市場価格の変動を理由にした追加精算は行いません。そのため、契約時に残存価格の明示をすることもありません。なお、マイカー賃貸「カルモ」では、クローズドエンド契約を採用しているので、安心してご利用いただけます。

リースを利用するときの流れ

一般的にリースの申し込みはオンラインや電話などで行われます。また、審査には2〜3日、新車の納車の場合は車種によりますが1ヵ月半~2ヵ月程度かかることが多く、郵送での書類のやりとりもあるため、余裕を持って手続きをするのがおすすめです。
ここでは、マイカー賃貸「カルモ」での申し込みの流れを基に、リースを利用するときの流れをご紹介します。

<リースの流れ>
1. 車を選ぶ
2. オンライン見積もりで費用感を確認
3. 審査申し込み
4. 審査通過後、車種やオプションの決定
5. 契約書を自宅に郵送
6. 返信用封筒を使って契約書を返送
7. 契約締結
8. ディーラーより納車日や必要書類の連絡
9. 自宅へ納車

マイカー賃貸「カルモ」の自信

さまざまなリース会社がありますが、国産メーカー全車種を取り扱うマイカー賃貸「カルモ」なら、どのグレードやカラーのクラウンでも契約が可能。月々40,300円(税抜)からクラウンに乗ることができます。
そのほかにも、オプションプランで車検などのメンテナンスも定額制にできることや、契約満了時に車がもらえる「もらえるプラン」など、知っておきたいカルモの魅力をご紹介します。

カルモいいですね

国産メーカーの全車種から選べる!

カルモでは、国産メーカーの全車種を取り扱っており、メーカー保証付きのディーラーの新車に乗ることができます。
グレードやボディカラー、オプションも自由に選択・カスタマイズできるため、マイカーのように自由にカーライフをお楽しみいただけます。
また、どんな車を選んで良いかわからないという方は、車選びのプロが希望条件などをもとにアドバイスしてくれるので、ライフプランや生活スタイルに合った最適な1台を見つけられるはずです。家族や友達と大人数で出かけたい、趣味に使いたい、とにかく安く車が欲しいなど、車のことなら何でも気軽に相談してみましょう。

頭金不要、充実したメンテナンスプランも用意

マイカー賃貸「カルモ」では、頭金などの初期費用、ボーナス払いは不要のため、月々の利用料金のみでリースが可能。
カーリース料金には、自動車税や自動車重量税などの税金、自賠責保険料などが含まれているので、急な出費もなく、家計管理も簡単です。さらに、カルモでは2種類のメンテナンスプランを用意しています。メンテナンス料金を定額にできるだけでなく、指定の大手整備工場などで車検や点検を行うことができるため、お店を探したり手続きをしたりなどの手間も省くことができます。

・シルバープラン
シルバープランは、カーリース契約に必須となる返却時の原状回復や車検費用、法定12ヵ月点検、エンジンオイルやオイルフィルターの交換がついています。原状回復費用や車検費用などは、車の維持費の中でも高額となる可能性があるため、月々の支払いに組み込んでおくと安心です。

・ゴールドプラン
シルバープランの内容からさらに充実したゴールドプランでは、タイヤのメンテナンスやブレーキオイル・パッドの交換、バッテリーの交換費用、その他消耗品の補充、交換費用などが含まれています。車のメンテナンスに必要な内容がほとんど組み込まれているので、初めて車を持つ方にもおすすめのプランです。

そして、カーリースの概念を変える「もらえるプラン」

カーリースの大きなデメリットといわれていた契約満了時の車の返却ですが、カルモでは、カーリース契約満了後に車がもらえるプランをご用意しています。月額料金に300〜500円(税抜)プラスすることで、オプションの「もらえるプラン」に加入が可能。加入条件は、契約期間7年以上、対象車種(軽自動車とコンパクトカー)のご契約が対象となっています。リース契約満了後の追加料金もなく、リース車をマイカーとして使い続けることができる新しいカーリースのプランです。

業界初の11年プランも登場!

カーリースでは契約期間が3〜9年のプランが多くありますが、カルモでは業界初の11年プランを開始しました。
車両代金を契約期間で割って月々支払うというカーリースの特性上、契約期間が長ければ長いほど月々の利用料金は安くなります。そのため、これまでよりも利用料金をグッとおさえて新車に乗っていただけるようになりました。

11年も同じ車に乗り続けるのは不安があるという方もいるかもしれませんが、車の耐久性は技術の向上などにより、以前よりも伸びています。また、軽自動車を除く乗用車の平均使用年数は13.26年(わが国の自動車保有動向|一般財団法人 自動車検査登録情報協会|2019年3月末)という結果もあり、車の寿命自体や利用年数が伸びていることがおわかりいただけるのではないでしょうか。また、車のモデルチェンジのスパンも長くなっているため、車の見た目が古くなってしまうということも少ないといえます。

アクアに乗るならカルモで決まり!

コンパクトながらもゆったり乗れるアクアは、家族や友達とのお出掛けにも最適な車。洗練されたデザインは、お仕事での利用にもおすすめです。高い燃費性能や走行性能は、コンパクトカーを求めるどんな方も満足させてくれること間違いありません。そんなアクアに乗るなら、定額制で利用できるカーリースがおすすめ。もらえるプランや最長契約年数など、お得に乗れるマイカー賃貸「カルモ」でアクアに乗ってみませんか?

カルモの月額は2019年8月時点です

トヨタアクア の新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他のトヨタアクアの記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

この記事をシェアする

タグから記事を探す