ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

アクアに乗るならリースがおすすめ!その理由とメリットを徹底解説

低燃費が魅力のアクアにはリースで乗りたい!その理由とは?
低燃費が魅力のアクアにはリースで乗りたい!その理由とは?

出典:トヨタ「アクア」ギャラリー

トヨタはハイブリッド技術に定評のあるメーカーであり、燃費性能に優れた車を多く開発しています。ハイブリッド専用車種である「アクア」は、数あるトヨタの車の中でもトップレベルの燃費性能を誇るモデルで、できるだけ燃料費を節約しながらカーライフを楽しみたい方はもちろん、環境への関心が高い方など幅広い層の支持を集めています。

しかしハイブリッド車はガソリン車と比較すると車両本体価格が高い傾向があり、アクアも最も安いグレードでも200万円程度と、購入する場合の負担は決して小さいとはいえません。対してカーリースなら、初期費用なし、月々の定額料金の支払いのみでアクアに乗ることが可能になります。

ここでは、アクアに乗りたい方にカーリースをおすすめする理由やカーリースのメリットをご紹介します。

アクアに業界最安水準の料金で乗れるカーリースはこちら

  • カーリースならアクアに月々 26,300 円から乗れる
  • アクアは低燃費であることを重視する方や環境負荷の小さい車に乗りたい方におすすめ
  • リースなら初期費用の負担なく、定額制で新車のアクアに乗れる

カーリースならアクアに月々 26,300 円から乗れる!

カーリースは車のサブスクとも呼ばれ、毎月定額で契約して利用できるサービスです。まずは契約年数ごとのアクアの月額料金をご紹介しましょう。

例として、「おトクにマイカー 定額カルモくん」でアクアを利用したときの料金を基に、契約年数によってどの程度、月額料金が変わるのかを確認してみましょう。グレードは「B」の2WD車で、カーナビやETCなどのアクセサリーや有料のボディカラー、メンテナンスプラン、「もらえるオプション」は追加しないものとしています。

なお、以下のアクアの月額料金は各種税金や自賠責保険料がコミコミの料金です。

契約年数月額料金
11年26,300円
10年27,840円
9年29,270円
8年31,910円
7年34,550円
6年36,200円
5年38,510円
4年43,240円
3年50,665円
2年65,955円
1年111,715円

※2022年5月14日時点の料金

このように、カーリースでアクアに乗る場合、契約年数により月額料金が異なり、定額カルモくんでは最長の11年契約での料金が最安料金となります。

アクアの料金をシミュレーションしてみる

アクアはリースがおすすめ!車のサブスクがお得な理由

カーリースがいい

低燃費で環境に優しいハイブリッドコンパクトカー、アクアでカーライフを始める際、気になるのが初期費用や維持費がどのくらいかかるか、ということではないでしょうか。ここでは、リースならどのようなメリットがあるのか、またリースがおすすめである理由を具体的にご紹介します。

カーリースならカーローンより手軽にアクアに乗れる?

毎月決まった金額を支払う、という点においてカーローンとカーリースは似ている、という声も聞きます。しかし、カーリースは初期費用が不要であるのに対し、カーローンでは一般的に新車登録時に必要な諸費用や頭金を用意しなければならず、初めにまとまった資金が必要です。また、税金や自賠責保険料も別に支払わなければなりません。

対してカーリースは初期費用不要、車に関する税金や自賠責保険料などは毎月のリース料金に含まれています。さらにカーリースでは車両本体価格から返却時の想定下取り価格である残価を差し引いた金額を基にリース料金を算出するため、よりお手軽な金額で好きな車を利用できるのです。

アクアの最も安いエントリーグレード「B」の2WD車でカーローンを利用したときと、カーリースを利用したときの料金を比較してみましょう。カーローンは頭金・ボーナス払いなし、ディーラーローンの相場である金利6%、5年ローンで計算した場合、月々の返済額は38,279円*になります。

定額カルモくんで5年契約とした場合の月々の支払額は38,510円*であり、カーローンと比較すると数百円カーローンが安くなりますが、カーリースの金額には各種税金や自賠責保険料が含まれています。カーローンの場合、これらの法定費用は別に支払わなくてはならず、その負担は決して小さいとはいえません。

また、アクアは燃費性能が高い車のため、エコカー減税や環境性能割の恩恵が受けられるモデルではありますが、それでも取得時の諸費用は10万円以上が必要です。対してカーリースであれば初期費用は0円であることに加え、11年契約を選択すれば26,300円*というより負担の少ない金額でアクアに乗ることができるのです。

*金額は2022年5月14日時点の情報で、変更になる可能性があります

カーリースとカーローンの比較はこちらもご参照ください。

カーリースならカーシェアやレンタカーと違いアクアを専有できる

カーシェアやレンタカーの場合、その時点で用意されている車から選んで利用することになります。アクアに乗りたいと思っていても、必ず乗れるわけではありません。その業者で取扱いそのものがないケースもありますし、取扱いがあってもほかの方が使用していれば利用できません。

その点カーリースなら好きな車を選ぶことができます。ボディカラーやオプションも自由に選べる上、最新モデルに乗れるのはカーリースならではのメリットです。

そのほかに、カーリースでは

  • 契約期間中はリース車を専有できるため、自分だけの車として使用できる
  • 「わ」や「れ」ナンバーにならない
  • 24時間365日好きなときに乗れる

などの特徴があり、カーシェアやレンタカーよりも購入したマイカーに近い感覚で使用できます

カーシェアやレンタカーとの違いはこちらもご参照ください。

リースでアクアに乗るメリット・デメリット

リースでアクアに乗るメリット・デメリット出典:トヨタ「アクア」ギャラリー

リースは月々の支出を抑えて車を利用できることや、ライフステージに合わせて乗換えができることなど、さまざまなメリットがあります。ほかにも、アクアをリースする上で知っておきたいメリットとデメリットを見ていきましょう。

〈カーリースのおもなメリット〉

  • 定額で利用できる
  • 頭金や初期費用なしで新車に乗れる
  • 手続きがネットで完結できる
  • 契約期間が終わったら返却するだけだから楽
  • サポートが受けられる
  • 経費として計上できる

アクアのようなハイブリッド車は燃費性能が優れ、税金の軽減や燃料費の節約が期待できますが、車両本体価格がガソリン車と比較して高い傾向にあるため購入時の負担は大きくなりがちです。そのため比較的燃費の良い別のガソリンモデルで妥協しようか迷うこともあるかもしれません。

しかしカーリースなら初期費用がいらないので、購入時のようにまとまった資金を用意する必要はありません。そのためアクアにも乗りやすくなることに加え、エコカー減税の恩恵が受けられない継続車検時の車検費用を心配することもないのです。

なお、事業用にアクアの利用を検討している方は、法人・個人事業主向けのカーリースについてこちらで詳しくご紹介しています。

法人向けのカーリース

〈カーリースのおもなデメリット〉

  • 走行距離制限がある
  • 返却時には原状回復が必要
  • 中途解約が原則できない
  • 利用するには審査に通過しなければならない

カーリースのメリットや詳しい内容について知りたい方はこちら

カーリースの定額カルモくんなら、7年以上の契約で走行距離の制限がありません。また、メンテナンスプランに加入することで返却時の原状回復費用が補償されます。さらに、1~11年のあいだで契約期間を選べるため、中途解約のリスクも低いでしょう。

このようにカーリースのデメリットを解消している定額カルモくんには、アクアを利用できるかどうか簡単にチェックできる「お試し審査」があります。審査通過後に車種やプランを変更したり、キャンセルしたりできるので、まずは下のバナーから気軽に試してみましょう。

アクアを取り扱うリース3社の料金比較

アクアを取り扱うリース3社の料金比較出典:トヨタ「アクア」ギャラリー

個人向けのリースサービスにはさまざまな種類があります。リース会社ごとに取り扱っているメーカーや車種、契約年数などが異なるため、どれを選んでいいかわからないという方もいるのではないでしょうか。

そのような方のために、アクアを取り扱っているリース3社とそれぞれの月額料金をご紹介します。

〈アクアの月額料金3社比較表〉*

契約期間おトクにマイカー 定額カルモくんカーコンカーリースもろコミコスモMyカーリース
11年26,300円~28,600円~-
7年34,550円~36,960円~32,230円~
5年38,510円~-37,840円~

*月額料金は2022年5月14日時点の情報で、各社オンライン見積もりでのエントリーグレードの最安料金(頭金・ボーナス払いなし、月々均等払いの場合)ですが、変更になる可能性があります

カーリースでは長期契約になるほど月々の支払額が安くなるのが一般的です。定額カルモくんと「カーコンカーリースもろコミ」では11年の契約期間が選択できますが、定額カルモくんがより安い月額料金を実現しています。そのため負担の少ないカーライフを実現できるほか、ワンランク上の上級グレードにも手が届く可能性が高まるでしょう。

また、定額カルモくんでは7年以上の契約で走行距離制限がなくなります。そのため、低燃費が自慢のアクアで燃料費も走行距離も気にすることなくドライブが楽しめるのではないでしょうか。

リース会社の比較ポイントについてはこちらをご参照ください。

アクアの魅力とは?グレードや性能などから徹底解説!

アクアの魅力とは?グレードや性能などから徹底解説!出典:トヨタ「アクア」ギャラリー

ハイブリッド車専用のコンパクトカーであるトヨタ「アクア」。優れた燃費性能・環境性能を有しているのはもちろん、最新鋭の先進安全技術を備えた1台です。

ここでは、アクアが自身に合っているかどうか悩んでいる方のために、グレードや燃費、安全性能など、さまざまな面からアクアの特徴や魅力について詳しくご紹介しましょう。

【アクアの魅力】
✔世界トップクラスの燃費性能・環境性能
✔災害時などに活躍するアクセサリーコンセントと非常時給電システムを標準装備
✔最新鋭の先進安全技術を多数採用

アクアとは

世界初の量産ハイブリッドカーとして華々しく登場した「プリウス」の初代が登場したのは1997年。プリウスが2代目以降大型化し3ナンバーとなり、コンパクトハイブリッドカーのニーズが高まったためプリウスの弟分としてデビューしたのがアクアです。

初代のアクアは2011年に登場。2021年7月に初めてのフルモデルチェンジが実施され、現行の2代目へと移行しました。初代のモデルライフが長かったこともあり、プラットフォームやパワートレイン、予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」などすべてを刷新。「さらに次の10年を見据えたコンパクトカー」をコンセプトに最新鋭の技術を投入し、環境性能はもちろん、走行性能や利便性も飛躍的に向上しているのが特徴です。

アクアのグレード

アクアのグレード出典:トヨタ「アクア」価格・グレード

アクアのグレードは「B」「X」「G」「Z」の4種類で、すべてのグレードで2WDと4WDが選択できます。

「B」の特徴

アクアは低燃費が魅力のハイブリッドコンパクトカーですが、グレードによって燃費に差があります。エントリーグレードの「B」はアクアの中で最も低燃費を実現しているグレードで、2WD車の燃費は35.8km/Lを実現しています。何よりも燃費を優先する方には魅力的に映るグレードといえるでしょう。

ただし、価格を抑えたエントリーグレードであることと、低燃費を追求するため車両重量が抑えられていることもあり、現行アクアの目玉といえるワンペダル感覚の運転が楽しめる「快感ペダル」は搭載されていません。また、パワーウィンドウはフロントのみで、追加できるオプションの選択肢が限られるなど、マイカーとして使用するには若干物足りなさを感じさせる部分もあります。

「X」の特徴

「X」以上のグレードでは、現行型アクアのトピックのひとつ「快感ペダル」が標準装備です。

また、上級ファブリックシート表皮や「ナノイーX」、運転席・助手席のシートヒーターなどの快適装備が追加されるパッケージオプション「コンフォートパッケージ」や、シートが回転しながら傾き、両足をそろえたままでスムーズな乗り降りが可能になる「ターンチルトシート」、1灯の光源でハイビームとロービームの切替えが可能な「Bi-Beam LEDヘッドランプ」など、豊富なオプションの選択肢が用意されます。

「G」の特徴

「G」ではペールゴールド塗装のグリルモールがあしらわれ、エクステリアにワンランク上の上質さをプラスしているのが特徴です。

インテリアにもシルバー加飾やサテン調塗装が追加され、内装の質感も向上。さらに「ナノイーX」やカップホルダー付きのリアセンターアームレストが標準搭載されるため、上級グレードならではの快適性があるのも魅力といえるでしょう。

また、「サポカーSワイド」の認定に必要なペダル踏み間違い急発進抑制装置に相当する予防安全技術「パーキングサポートブレーキ(前後方静止物)」が標準装備になるので、「G」以上のグレードは標準仕様で「サポカーSワイド」に該当する安全性を備えています。

なお、「パーキングサポートブレーキ(前後方静止物)」は、「B」「X」にはオプションで追加が可能です。

「Z」の特徴

最上級グレードの「Z」では、「Bi-Beam LEDヘッドランプ」やLEDフロントフォグランプ、15インチのアルミホイールが標準装備され、先進性を感じさせる存在感のあるスタイルとなっています。

さらに、ほかのグレードでは7インチディスプレイのディスプレイオーディオが標準仕様であるのに対し、「Z」ではより視認性・操作性に優れた10.5インチの大型ディスプレイオーディオを搭載しているのも特筆すべきポイントといるでしょう。

アクアの詳しいグレードの情報はこちら

アクアの内装

アクアの内装出典:トヨタ「アクア」ギャラリー

現行型のアクアは、トヨタの新時代の車づくりの考え方である「TNGA(Toyota New Global Architecture)」の思想を取り入れたプラットフォームを採用し、ホイールベースを従来型比で50mm延長したことにより、居住性を大きく向上させました。

特に狭く感じることの多い後席の居住性に配慮し、十分な前後席間を確保することで後席の乗員がゆとりを持ってくつろげるように配慮されています。

インテリアデザインはブラックをベースとし、シンプルながら機能性の高さやハイブリッド車らしい先進性を感じる空間を演出。合成皮革巻きのオーナメントやアームレストの採用により、クラスを超えた上質さを室内にもたらしています。なお、上級グレードにはシルバーやサテン調の加飾、本革などが随所に使用され、より上質さを高めています。

標準仕様のシート素材は「B」「X」ではファブリック、「G」「Z」では上級ファブリックですが、上級グレードの「G」「Z」ではパッケージオプション「合成皮革パッケージ」の選択が可能です。

「合成皮革パッケージ」を選択すると、シート表皮が合成皮革+ストライプ柄ファブリックにグレードアップするほか、運転席・助手席のシートヒーター、ステアリングヒーター、運転席6ウェイパワーシートが追加されます。

また、ティッシュボックスの収納が可能な助手席アッパーボックスなどの使い勝手の良いポケッテリアを備えていることに加え、AC100V・1500Wのアクセサリーコンセントや災害時などに役立つ非常時給電システムなど、アクアならではのこだわりの装備が全車に搭載されているのも現行アクアの魅力のひとつといえるでしょう。

アクアの内装について詳しく知りたい方はこちら

アクアの燃費

アクアの燃費性能・環境性能の高さは、現行型アクアの最も大きな特徴といえます。従来型においてもハイブリッド専用コンパクトカーとして高い燃費性能を実現していたアクアですが、現行型ではさらにその燃費性能に磨きをかけ、ハイブリッド車のカタログ燃費は世界トップレベル(2021年7月時点、トヨタ調べ)を実現しています。

具体的には、従来搭載していたニッケル水素電池に比べコンパクトで、約2倍の高出力を実現する「バイポーラ型ニッケル水素電池」を駆動用車載電池として世界で初採用(2021年7月時点、トヨタ調べ)し、低速域からスムーズな加速を可能にしていることに加え、電気だけでの走行可能域を拡大しました。

また、ドライブモードスイッチで「POWER+」を選択するとアクセルオフ時の減速度が強くなり、ブレーキとアクセルの踏み替え頻度を減らしてドライバーの負担を軽減し、快適な走りが楽しめるのも現行型アクアのトピックといえるでしょう。

なお、アクアのWLTCモードカタログ燃費・実燃費は以下のとおりです。

駆動方式カタログ燃費(km/L)実燃費(km/L)
2WD33.6~35.826.5
4WD30.0~30.122.4

*実燃費は2022年5月14日時点のe燃費のデータを基に掲載しています

アクアのライバル車としては日産「ノート」やホンダ「フィット」が挙げられますが、アクアのカタログ燃費はこの2車種よりもかなりの低燃費を実現しています。

アクアの燃費について詳しく知りたい方はこちら

アクアの安全性能

アクアは、最新のトヨタの予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を全車標準装備しています。

衝突被害軽減ブレーキである「プリクラッシュセーフティ」は、夜間の歩行者検知や昼間の自転車運転者の検知が可能であることに加え、交差点右折時の対向直進車や、対向方向から横断してくる歩行者の検知機能もあります。

さらにブレーキ制御だけでは衝突が回避できない場合にはドライバーのハンドル操作をきっかけに操舵支援を行い、車線逸脱の抑制、車両安定性を確保する「緊急時操舵支援機能」、自車の直前にいる歩行者や車両、自転車運転者を検知し、停車もしくは徐行状態からアクセルペダルが必要以上に踏み込まれた場合にモーター出力の抑制や弱いブレーキ制御を行う「低速時加速抑制機能」も搭載されています。

そのほか、高速道路などの自動車専用道路でシステムが適切な車間距離を維持しながら先行車に追従する「レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付き)」、車線の中央を走行するために必要なステアリング操作の一部を支援する「レーントレーシングアシスト」といった運転支援機能もあるため、ロングドライブも快適に楽しめるでしょう。

また、特筆すべき高度運転支援機能に「トヨタ チームメイト アドバンスト パーク」があります。これは駐車時のペダルやステアリング、シフト操作をシステムが制御してくれる最新鋭の先進安全技術で、エントリーグレード「B」を含む全車にオプションで追加が可能です。

アクアの安全性能について詳しく知りたい方はこちら

アクアは低燃費で環境に優しい車が欲しい方におすすめ!

アクアは低燃費で環境に優しい車が欲しい方におすすめ!出典:トヨタ「アクア」ギャラリー

アクアは、世界トップレベルといえる優れた燃費性能、環境性能が魅力のハイブリッドコンパクトカーです。日常的に使用する車だからこそ低燃費にはこだわりたい方、できるだけ燃料費を節約しながらカーライフを楽しみたい方には最適な選択肢といえるでしょう。環境問題に関心が高く、サスティナブルであることやカーライフにおいてもSDGsへの貢献を意識したい方にもぴったりです。

また、現行型アクアは電動車のようなワンペダル感覚の走りが楽しめる「快感ペダル」や、高度な駐車支援機能など、最先端の技術を搭載するモデルでもあります。最新モデルならではの先進的な機能を試してみたい方にもおすすめできる1台といえるでしょう。

アクアに乗りたい!おすすめリースは?

カルモくん_new

さまざまなリース会社がありますが、国産メーカー全車種、全グレードを取り扱う「おトクにマイカー 定額カルモくん」なら、どのグレードやカラーのアクアでも契約が可能。料金は業界最安水準で、月々 26,300 円からアクアに乗ることができます

そのほかにも、オプションプランで車検などのメンテナンスも定額制にできることなど、知っておきたい定額カルモくんの魅力をご紹介します。

〈定額カルモくんの魅力〉

  • 国産メーカーの全車種、全グレードから選べる
  • 初期費用0円!貯金がなくても新車に乗れる
  • メンテナンスプランが充実していて安心!原状回復費用もカバー
  • オンラインと郵送で手続きが完結、自宅に納車してもらえる
  • 7年以上の契約で全車走行距離制限なし
  • 7年以上の契約に「もらえるオプション」をつけると契約満了時に車をもらえる

定額カルモくんの魅力を詳しく知りたい方はこちら

アクアのグレード別料金シミュレーション

アクアには「B」「X」「G」「Z」の4種類のグレードが設定されています。ここでは、おすすめグレード「X」2WD車と、上級グレード「G」2WD車の料金を、3年、7年、11年のそれぞれの契約年数ごとにシミュレーションしてみましょう。カーナビなどのオプションやメンテナンスプラン、もらえるオプションを追加した場合の料金も確認してみます。

なお、アクアは上級グレードの「G」「Z」ではバックカメラが標準装備です。

〈アクアの料金シミュレーション〉*¹

 3年7年11年
おすすめグレード
(X 2WD)
オプションなし
メンテプランなし
53,085円36,200円27,510円
オプション選択*²
メンテプランなし
60,103円39,709円30,051円
もらえるオプション選択

プラチナメンテプラン加入*³
-43,680円35,490円
上位グレード
(G 2WD)
オプションなし
メンテプランなし
55,615円38,225円28,720円
オプション選択*⁴
メンテプランなし
61,786円41,371円31,019円
もらえるオプション選択

ゴールドメンテプラン加入
-43,495円33,990円

*¹ 料金は2022年5月15日時点の情報で、変更になる可能性があります
*² カーナビ、ETC、バックカメラ、フロアマット、ドアバイザー、希望ナンバーを選択した場合
メンテナンスプランについて詳しくはこちら
*⁴カーナビ、ETC、フロアマット、ドアバイザー、希望ナンバーを選択した場合

ぴったりの条件でシミュレーションしてみたい方はこちら

顧客対応満足度98.9%*という万全のサポート

顧客対応満足度

定額カルモくんなら、専門的な知識を持ったマイカーコンシェルジュに無料で相談できます。アクアのプランの選び方がわからないという方も、車選びのプロであるマイカーコンシェルジュに希望条件などを相談することで、ライフプランや生活スタイルに合った最適なプランを見つけられるはずです。

家族や友達と大人数で出かけたい、趣味に使いたい、とにかく安く車が欲しいなど、車のことなら何でも気軽に相談してみましょう。

契約前から何度でも無料で気軽に相談できます

マイカーコンシェルジュ_無料相談
平日10:00~19:00(土日祝・年末年始休み)

* 2019年12月~2021年6月までの定額カルモくんご契約者様504名を対象としたアンケート

サブスクだから気楽!アクアに乗るならリースで決まり

高いレベルの環境性能、燃費性能を実現し、圧倒的な低燃費を実現しているアクア。ハイブリッド専用車であるだけにエントリーグレードでも車両本体価格が200万円程度と、決して安くはないモデルです。購入するには初期費用の負担が大きいと感じることもあるかもしれません。

そんなときは、カーリースの利用を視野に入れてみてはいかがでしょうか。初期費用不要、毎月の定額料金の支払いで好きな新車に乗れるカーリースなら、低燃費のアクアで理想のカーライフが実現するかもしれません。

定額カルモくんなら、もらえるオプションや柔軟に選べる契約年数などのさまざまなメリットがあるだけでなく、顧客対応満足度も高く、安心して利用できるでしょう。定額カルモくんでアクアに乗ってみませんか?

カーリースを利用できるかどうか「お試し審査」で簡単にチェックできます。審査通過後に車種変更やキャンセルも可能なので気軽に試してみましょう。

よくある質問

Q1:アクアのリース料金は月額どのくらい?

A:業界最安水準の「定額カルモくん」では、高いレベルでの低燃費を実現しているアクアも手頃な料金で利用することができます。なお、エントリーグレードの「B」2WD車であれば最長の11年契約なら月額20,000円台から乗ることができます。詳しい料金シミュレーションはこちらをご参照ください。

Q2:アクアをリースするメリットは?

A:ハイブリッド車はガソリン車よりも車両本体価格が高額な傾向があります。ハイブリッド専用コンパクトカーであるアクアも最安グレードであっても車両本体価格が200万円程度するため、購入時には初期費用としてまとまった資金が必要です。その点カーリースでは頭金などの初期費用なし、定額制で利用できるためアクアに乗りやすくなるメリットがあります。

Q3:アクアはどんな方におすすめの車?

A:アクアは世界トップレベルといえる低燃費を実現しているハイブリッドコンパクトカーです。燃料費の心配をすることなくカーライフを楽しみたい方や、環境負荷の小さい車に乗りたい方には最適なモデルといえるでしょう。また、「快感ペダル」や高度な運転支援機能など最先端の機能も多数採用されているため、先進の技術を試してみたい方にもおすすめです。

※この記事は2022年5月時点の情報で制作しています

トヨタアクアの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のトヨタアクアの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
読了後バナー