ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

レヴォーグに乗るならカーリース(車のサブスク)がおすすめ!その理由とメリットを徹底解説(2020年~現行モデル)

レヴォーグに乗るならカーリース(車のサブスク)がおすすめ!その理由とメリットを徹底解説(2020年~現行モデル)
レヴォーグに乗るならカーリース(車のサブスク)がおすすめ!その理由とメリットを徹底解説(2020年~現行モデル)

出典:スバル「レヴォーグ」 メディア

車を購入するには、手元にある程度の資金がないと難しいといえます。そのため予算ありきの車選びになることに不満を感じることもあるのではないでしょうか。

スバルのステーションワゴン「レヴォーグ」は、「2020-2021 日本カー・オブ・ザ・イヤー」に選出されるなど、専門家からも高い評価を得ているモデルです。最新鋭の技術を多数搭載し車両本体価格も高い傾向があるので、予算によってはほかの車を検討することもあるかもしれません。

そんなときに利用を検討したいのが車のサブスクであるカーリースです。ここでは、レヴォーグに乗りたい方にカーリースをおすすめする理由やカーリースのメリットをご紹介します。

レヴォーグ​に業界最安水準*の料金で乗れるカーリースはこちら

  • カーリースならレヴォーグに月々 45,270 円から乗れる
  • レヴォーグは最新の運転支援技術を体感したい方や走りの良いステーションワゴンが欲しい方におすすめ
  • 初期費用不要、フラットな支払いのサブスクだから車両本体価格が高いレヴォーグにも無理なく乗れる

*文末の制作日における調査結果に基づく。調査概要はコンテンツポリシー参照。以下「業界最安水準」については同様

カーリースならレヴォーグに月々 45,270 円から乗れる!

カーリースは車のサブスクとも呼ばれ、毎月定額で契約して利用できるサービスです。まずは契約年数ごとのレヴォーグの月額料金をご紹介しましょう。

例として、「​おトクにマイカー 定額カルモくん」でレヴォーグを利用したときの料金を基に、契約年数によってどの程度、月額料金が変わるのかを確認してみましょう。グレードは「GT」で、カーナビやETCなどのアクセサリー、有料のボディカラー、メンテナンスプラン、「もらえるオプション」は追加しないものとしています。

なお、以下のレヴォーグの月額料金は各種税金や自賠責保険料がコミコミの料金です。

契約年数 月額料金 
11年 45,270円
10年 48,570円
9年 51,870円
8年 56,490円
7年 61,880円
6年 60,950円
5年 63,260円
4年 69,640円
3年 77,725円
2年 95,655円
1年 145,485円

※2024年6月21日時点の料金

このように、カーリースでレヴォーグに乗る場合、契約年数により月額料金が異なり、定額カルモくんでは最長の11年契約での料金が最安料金となります。

​レヴォーグの料金をシミュレーションしてみる

レヴォーグはリースがおすすめ!車のサブスクがお得な理由

カーリースがいい

車は高額な買い物なので、現金一括での購入に無理がある場合は分割で支払いができるカーローンを利用して購入する、というケースは多く見られます。しかし、カーローンでは通常頭金を入れる必要があるうえ、登録諸費用もかかるので、ある程度のまとまった資金がないと希望の車は手に入りにくいといえるでしょう。

レヴォーグも安いモデルではないので、予算によっては希望のグレードをあきらめる、または車種そのものを変更せざるをえないこともあるかもしれません。そういった場合には今注目を集めている車のサブスク、カーリースがおすすめです。ここでは、カーリースであれば本当にお得にレヴォーグに乗れるのか、シミュレーションを通して確認してみましょう。

カーリースならカーローンより手軽にレヴォーグに乗れる?

毎月決まった金額を支払う、という点においてカーローンとカーリースは似ている、という声も聞きます。しかし、カーリースは初期費用が不要であるのに対し、カーローンでは一般的に新車登録時に必要な諸費用や頭金を用意しなければならず、初めにまとまった資金が必要です。また、税金や自賠責保険料も別に支払わなければなりません。

一方カーリースは初期費用不要、車に関する税金や自賠責保険料などは毎月のリース料金に含まれています。さらにカーリースでは車両本体価格から返却時の想定下取り価格である残価を差し引いた金額を基にリース料金を算出するため、よりお手軽な金額で好きな車を利用できるのです。

ここで、レヴォーグの人気グレード「GT-H EX」をカーローンで購入した場合と、カーリースを利用した場合でどの程度支払額に差が出るのかを確認してみましょう。なお、カーローンの返済期間は5年で頭金やボーナス払いは利用しない前提としています。また、カーリースの月額料金は定額カルモくんの料金を例として使用しました。

以下は、カーローンとカーリース、それぞれシミュレーションした結果を表にまとめたものです。

〈レヴォーグの支払額比較〉

 カーローン* 
(5年) 
カーリース 
(5年契約)
カーリース 
(11年契約)
初期費用 23万6,670円 0円 0円 
月々の返済額または 
月額料金 
73,368円 63,260円45,270円
自動車税(種別割) 14万4,000円 0円 0円 
自動車重量税+ 
自賠責保険料(24ヵ月)
50,450円 0円 0円 

※2024年6月21日時点の情報

*カーローンの初期費用はメーカー公式サイトのシミュレーション結果で、月々の返済額は金利をディーラーローンの相場の6%として算出、自動車税(種別割)は初年度を除く4年分、自動車重量税(エコカー減税は考慮せず)と自賠責保険料は車検1回分の費用を算出しています

まず、初期費用に注目してみましょう。カーリースは頭金なしで利用できるうえ、登録時諸費用はリース料金に含まれているので初期費用0円でレヴォーグに乗れます。対してカーローンの場合、頭金を入れない場合でも諸費用は別に支払いが求められるため、完全に初期費用なしでカーライフを始めることはできないのです。

諸費用の金額は車によって異なりますが、レヴォーグの該当グレードの場合は20万円を超えており、決して小さい金額ではありません。

次に、毎月の負担です。カーローンの月々の返済額と、カーローンの返済期間と同じ5年契約のカーリースの月額料金を比較すると、カーローンがより大きな負担になっています。カーローンには金利があるので、車両本体価格が高いモデルになるとそれだけ利息が大きくなり、月々の返済額も高くなるのです。

なお、カーリースではカーローンの月々の返済額よりも安い月額料金であるうえ、この月額料金には登録諸費用のほかにも契約期間中の自動車税(種別割)や自動車重量税、自賠責保険料が含まれています。そのためカーリースはカーローンよりもかなり負担を減らしてレヴォーグでのカーライフを楽しめる、といえるでしょう。

カーリースとカーローンの比較はこちらもご参照ください。

カーリースならカーシェアやレンタカーと違いレヴォーグを専有できる

カーシェアやレンタカーの場合、その時点で用意されている車から選んで利用することになります。レヴォーグに乗りたいと思っていても、必ず乗れるわけではありません。その業者で取扱いそのものがないケースもありますし、取扱いがあってもほかの方が使用していれば利用できません。

その点カーリースなら好きな車を選ぶことができます。ボディカラーやオプションも自由に選べるうえ、最新モデルに乗れるのはカーリースならではのメリットです。

そのほかに、カーリースでは

  • 契約期間中はリース車を専有できるため、自分だけの車として使用できる
  • 「わ」や「れ」ナンバーにならない
  • 24時間365日好きなときに乗れる

などの特徴があり、カーシェアやレンタカーよりも購入したマイカーに近い感覚で使用できます

カーシェアやレンタカーとの違いはこちらもご参照ください。

リースでレヴォーグに乗るメリット・デメリット

リースでレヴォーグに乗るメリット・デメリット出典:スバル「レヴォーグ」 メディア

リースは月々の支出を抑えて車を利用できることや、ライフステージに合わせて乗換えができることなど、さまざまなメリットがあります。ほかにも、レヴォーグをリースするうえで知っておきたいメリットとデメリットを見ていきましょう。

〈カーリースのおもなメリット〉

  • 定額で利用できる
  • 頭金や初期費用なしで新車に乗れる
  • 手続きがネットで完結できる
  • 契約期間が終わったら返却するだけだから楽
  • サポートが受けられる
  • 経費として計上できる

レヴォーグは車両本体価格が安いモデルではありません。しかし、スバルならではのシンメトリカルAWDによる安定した走りやステーションワゴンならではの積載性の高さ、最新鋭の高度運転支援機能「アイサイトX」など、ほかの車には代えがたい魅力があるモデルです。

初期費用なしで好きな新車に乗れるカーリースなら、予算が心許ないためにレヴォーグをあきらめる必要はありません。また、独自の割引によりリーズナブルな月額料金を実現しているので、カーローンと同じ予算でワンランク上のグレードに乗れる可能性もあります。

なお、事業用にレヴォーグの利用を検討している方は、​法人・個人事業主向けのカーリースについてこちらで詳しくご紹介しています。

法人向けのカーリース

〈カーリースのおもなデメリット〉

  • 走行距離制限がある
  • 返却時には原状回復が必要
  • 中途解約が原則できない
  • 利用するには審査に通過しなければならない

カーリースのメリットや詳しい内容について知りたい方はこちら

​カーリースの​定額カルモくんなら、7年以上の契約で走行距離の制限がありません。また、メンテナンスプランに加入することで返却時の原状回復費用が補償されます。さらに、1~11年のあいだで契約期間を選べるため、中途解約のリスクも低いでしょう。

このようにカーリースのデメリットを解消している定額カルモくんには、レヴォーグを利用できるかどうか簡単にチェックできる「お試し審査」があります。審査通過後に車種やプランを変更したり、キャンセルしたりできるので、まずは下のバナーから気軽に試してみましょう。

お申し込みをご希望の方も、お試し審査からどうぞ。

レヴォーグを取り扱うリース3社の料金比較

レヴォーグを取り扱うリース3社の料金比較出典:スバル「レヴォーグ」 メディア

個人向けのリースサービスにはさまざまな種類があります。リース会社ごとに取り扱っているメーカーや車種、契約年数などが異なるため、どれを選んでいいかわからないという方もいるのではないでしょうか。

そのような方のために、レヴォーグを取り扱っているリース3社とそれぞれの月額料金をご紹介します。

〈レヴォーグの月額料金3社比較表〉*

契約期間 おトクにマイカー 定額カルモくん カーコンカーリース コスモMyカーリース 
11年 45,270円51,260円 
7年 61,880円66,660円 51,040円 
5年 63,260円63,690円 59,840円 

*月額料金は2024年6月21日時点の情報で、各社オンライン見積もりでの「GT」の最安料金(頭金・ボーナス払いなし、月々均等払いの場合)ですが、変更になる可能性があります

カーリースの月額料金は、同じ車で同じグレードであってもリース会社によって異なります。これは残価や契約満了時の選択肢、走行距離制限の違いなどさまざまな設定がリース会社によって差があるためなので、契約時には月額料金の額面だけではなく含まれている項目や走行距離制限がどのくらいなのかなども確認しておくことをおすすめします

また、一般的にカーリースでは契約期間が長いほど月額料金は安くなります。できるだけ毎月のコストを抑えてレヴォーグに乗りたいのであれば、より長い契約期間が選択できるカーリースを選ぶのもひとつの方法でしょう。なお、ここで比較した3社の中で最も安い月額料金を実現しているのは定額カルモくんの11年契約です。

リース会社の比較ポイントについてはこちらをご参照ください。

レヴォーグの魅力とは?グレードや性能などから徹底解説!

レヴォーグの魅力とは?グレードや性能などから徹底解説!出典:スバル「レヴォーグ」 メディア

スバル「レヴォーグ」はステーションワゴンの魅力である積載性の高さはもちろんのこと、スバル車ならではの走りの良さや安全性能も高く評価されているモデルです。

ここではレヴォーグでカーライフを始めたいとお考えの方に向けて、グレードごとの装備や内装、安全性能などレヴォーグの魅力について詳しくご紹介します。

【レヴォーグの魅力】
✔スバルの量産車で初めて新デザインコンセプト「BOLDER」を採用
✔新開発のエンジンを採用し走りの質感を向上
✔高度運転支援システム「アイサイトX」を採用

レヴォーグとは

2020年10月に登場した2代目となる現行型のレヴォーグは、スバルの量産車として初めて新デザインコンセプトである「BOLDER」を採用しました。スバル車の共通アイコンであるヘキサゴングリルをより立体的でワイドなデザインとするとともに、シャープで鋭さを感じさせるヘッドランプのデザインや張り出したフェンダーでスバルらしさや力強さを表現しています。

また、新開発された1.8Lの水平対向直噴ターボエンジンの採用、さらに次世代のプラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」とボディ全体の骨格連続性を高めた「フルインナーフレーム構造」を組み合わせ、走りの質感を高めているのも現行型レヴォーグの特徴といえるでしょう。

2021年11月には新開発の「2.4L直噴ターボ“DIT”」エンジン搭載グレードを追加、2023年10月の改良時には安全性能を高めるなど、その魅力を高め続けています。

レヴォーグのグレード

レヴォーグのグレード出典:スバル「レヴォーグ」 グレード・価格

レヴォーグのグレードラインナップは、「Smart Edition EX」「GT-H EX」「STI Sport EX」「STI Sport R EX」の4種類で、さらに「STI Sport EX」「STI Sport R EX」には特別仕様車として「Black Interior Selection」の設定があります

「Smart Edition EX」の特徴

「Smart Edition EX」は、燃費優先の「インテリジェントモード」とスポーティーな「スポーツモード」を切り替えられる「SI-DRIVE」、パドルシフトなどが標準装備されています。さらに、電動パーキングブレーキやオートビークルホールドなど、運転時の負担を減らす機能や、運転席10ウェイパワーシート、3段階温度調整機能付きの運転席・助手席のシートヒーターなど、快適装備も充実しています。

「GT-H EX」の特徴

「GT-H EX」は、さらなる快適性と便利さを追求したグレードです。「ハンズフリーオープンパワーリヤゲート」やドアを開くと自動でシートが下がり乗り降りをしやすくしてくれる運転席シート自動後退機能、シートやドアミラー位置を再現してくれる運転席シートポジションメモリー機能/ドアミラーメモリー&オート格納機能が追加されています。

「STI Sport EX」の特徴

「STI Sport EX」は、専用のSITパーツによってスポーティーで精悍なエクステリアを持つグレードです。また、状況に応じてダンパーの減衰力を可変制御するZF製の電子制御ダンパーや5つの走行モードを選択できる「ドライブモードセレクト」も搭載され、存分にレヴォーグの走りが楽しめます。

「STI Sport R EX」の特徴

「STI Sport R EX」は、2.4L直噴ターボエンジンと「スバルパフォーマンストランスミッション」を搭載したハイパフォーマンスグレードです。よりスポーティーな走りを実現する「VTD-AWD(不等&可変トルク配分電子制御AWD)」を採用しているのも特筆すべきポイントといえるでしょう。

「STI Sport EX」「STI Sport R EX」に設定がある「Black Interior Selection」は、シート表皮にウルトラスエード®を使用し、ブラック&グレーのカラーリングでクールなインテリアになる特別仕様車です。

レヴォーグの詳しいグレードの情報はこちら

レヴォーグの内装

レヴォーグの内装出典:スバル「レヴォーグ」 メディア

現行型のレヴォーグは、前席と後席の間隔を広げ、さらに後席のシート座面を延長することで後席の居住性を大幅に改善しました。さらにシートヒーターやベンチレーション機能などを備え、季節を問わず快適に過ごせるように配慮されています。

フロントシートはロングドライブ時でも疲労を感じにくく、しっかりとしたホールド性を確保したスポーツシートを採用。11.6インチのセンターインフォメーションディスプレイ&インフォテインメントシステムと12.3インチのフル液晶メーターを搭載したデジタルコックピットが先進性を演出します。

インテリアデザインはグレードによって若干の違いがあり、「Smart Edition EX」はダークメタリックの加飾やシルバーステッチ入りのトリコットシートが特徴です。ワンランク上の「GT-H EX」は、トリコットとファブリックを組み合わせたコンビシートが標準仕様ですが、オプションで本革シートの選択が可能です。

「STI Sport EX」と「STI Sport R EX」は、ボルドー×ブラックの専用本革シートを採用。ダークキャストメタリックの加飾やレッドのステッチで、よりスポーティーな雰囲気を演出しています。特別仕様車の「Black Interior Selection」を選択すると、ブラック/グレーのウルトラスエード®シートになり、上質で精悍な印象が強まります。

また、レヴォーグはステーションワゴンであり、積載性の高さも大きな魅力です。荷室容量はサブトランクを含め561Lを確保しており、荷物の多いアウトドアなどでも十分に対応できるほか、フロアボード下のサブトランクを活用すれば高さのある荷物も積み込めます。

後席は4:2:4分割可倒式で、状況に応じてフレキシブルなアレンジが可能なのもうれしいポイントといえるでしょう。

​レヴォーグの内装について詳しく知りたい方はこちら

レヴォーグの燃費

2020年10月に登場した現行型のレヴォーグは、新開発の最高出力177psを発揮する「1.8L BOXER直噴ターボ”DIT”」と呼ばれるエンジンを採用しています。このエンジンは低回転域から300Nmのトルクを発生し、力強い加速を実現するのが特徴。さらに、最新の技術である「リーン燃焼」を採用することで、燃費性能と環境性能を両立させ、燃料効率を向上させています。

また、2021年11月の一部改良では、「2.4L BOXER直噴ターボ”DIT”」エンジンと、この新エンジンに合わせて開発されたトランスミッションである「スバルパフォーマンストランスミッション」を搭載したグレードがラインナップに追加されました

レヴォーグのWLTCモードカタログ燃費と実燃費は、以下のとおりです。

グレード 駆動方式 トランスミッション カタログ燃費(km/L) 実燃費(km/L) 
Smart Edition EX/ GT-H EX/ 
STI Sport EX/ 
STI Sport EX Black Interior Selection 
AWD リニアトロニック 13.5 11.3 
STI Sport R EX/ 
STI Sport R EX Black Interior Selection 
AWD スバルパフォーマンストランスミッション 11.0 10.4 

*実燃費は2023年11月13日時点の​​e燃費のデータを基に掲載しています

​レヴォーグの燃費について詳しく知りたい方はこちら

レヴォーグの安全性能

レヴォーグは、360°センシングが可能で、ソフトウェアの性能向上、電動ブレーキブースターの採用によってより高度なシステムへと進化した「新世代アイサイト」を全車に標準装備しています。さらに2023年10月の一部改良では、ステレオカメラに加えて広角単眼カメラを備えた最新のシステムに刷新しました。

「新世代アイサイト」には、衝突被害軽減ブレーキである「プリクラッシュブレーキ」によるブレーキ制御だけでは衝突が回避できない際にステアリング操作の支援も行う「緊急時プリクラッシュステアリング」や、後方からの接近車両がいる状態で車線変更を開始すると、警告するとともにステアリングアシストを行い安全な車線変更をサポートする「エマージェンシーレーンキープアシスト」などが含まれます。

さらに、レヴォーグには高度運転支援システムである「アイサイトX」も搭載しています。「アイサイトX」はGPSや高精度地図データを活用し、位置を正確に把握することでこれまで以上に高度な運転支援を可能にしているのが特徴で、一定の条件を満たすとハンドルから手を離せる「渋滞時ハンズオフアシスト」や、料金所に近付くと安全にゲートを通過できる速度まで自動で減速し、通過後は設定した車速まで加速する「料金所前速度制御」など、高いレベルの運転支援機能によって高速道路でのドライバーの運転負荷を大幅に減らしてくれます。

レヴォーグの安全性能について詳しく知りたい方はこちら

レヴォーグは最新鋭の運転支援技術を搭載し、走りも上質なステーションワゴンが欲しい方におすすめ!

レヴォーグは最新鋭の運転支援技術を搭載し、走りも上質なステーションワゴンが欲しい方におすすめ!出典:スバル「レヴォーグ」 メディア

レヴォーグは最新鋭の先進安全技術を採用しているため、車に高い安全性を求める方はもちろん、最新鋭の運転支援技術を体感したいという方にはおすすめのモデルといえるでしょう。

ステーションワゴンならではの積載性を備えていることに加え、スポーティーな走りも期待できるモデルなので、ミニバンよりも運転する楽しさを味わえる車が欲しい方にも良い選択肢になるのではないでしょうか。

レヴォーグに乗りたい!おすすめリースは?

カルモくん_new

さまざまなリース会社がありますが、国産メーカー全車種、全グレードを取り扱う「おトクにマイカー 定額カルモくん」なら、どのグレードやカラーのレヴォーグでも契約が可能。料金は業界最安水準で、月々 45,270 円からレヴォーグに乗ることができます

そのほかにも、オプションプランで車検などのメンテナンスも定額制にできることなど、知っておきたい定額カルモくんの魅力をご紹介します。

〈定額カルモくんの魅力〉

  • 国産メーカーの全車種、全グレードから選べる
  • 初期費用0円!貯金がなくても新車に乗れる
  • メンテナンスプランが充実していて安心!原状回復費用もカバー
  • オンラインと郵送で手続きが完結、自宅に納車してもらえる
  • 7年以上の契約で全車走行距離制限なし
  • 7年以上の契約に「もらえるオプション」をつけると契約満了時に車をもらえる

定額カルモくんの魅力を詳しく知りたい方はこちら

レヴォーグのグレード別料金シミュレーション

定額カルモくんでは、見積もりシミュレーションもオンラインで試せます。カーリースの月額料金はグレードのほか契約年数やオプションの有無によっても変わるので、予算に合わない場合は契約年数を長くしてみる、グレードを変えてみるなどの工夫をしてみましょう。

なお、契約満了時にレヴォーグが自分のものになる「もらえるオプション」を追加する場合は、7年以上の契約が必要です。

以下の表は、おすすめグレードの「GT-H EX」と、上位グレードの「STI Sport R EX」で、契約年数やオプションなどの条件を変えてシミュレーションした結果をまとめたものです。

〈レヴォーグの料金シミュレーション〉​*¹

 3年 7年 11年 
おすすめグレード
(GT-H EX)  
オプションなし 80,365円64,300円47,030円
オプション選択​*² 83,390円65,873円48,119円
もらえるオプション選択 66,373円48,619円
上位グレード 
(STI Sport R EX) 
オプションなし 152,965円83,220円60,890円
オプション選択 155,990円84,793円61,979円
もらえるオプション選択 85,293円62,479円

*​¹ 料金は2024年6月21日時点の情報で、変更になる可能性があります
​*² カーナビ、ETC、フロアマット、ドアバイザー、希望ナンバーを選択した場合

ご希望の条件でシミュレーションしたい方はこちら↓
お申込みもこちら↓からどうぞ

顧客対応満足度​98.9%*という万全のサポート

顧客対応満足度

定額カルモくんなら、専門的な知識を持ったマイカーコンシェルジュに無料で相談できます。レヴォーグのプランの選び方がわからないという方も、車選びのプロであるマイカーコンシェルジュに希望条件などを相談することで、ライフプランや生活スタイルに合った最適なプランを見つけられるはずです。

家族や友達と大人数で出かけたい、趣味に使いたい、とにかく安く車が欲しいなど、車のことなら何でも気軽に相談してみましょう。

契約前から何度でも無料で気軽に相談できます

マイカーコンシェルジュ_無料相談
平日10:00~19:00(土日祝・年末年始休み)

サービス資料(パンフレット)もございます。

サービスガイド

カーローンで購入した場合との費用比較や、大手リース他社とのサービス・料金比較、素朴な疑問への回答など、詳しくご紹介しています。

カルモくんを資料で詳しく

* ​​2019年12月~2021年6月までの定額カルモくんご契約者様504名を対象としたアンケート

サブスクだから気楽!レヴォーグに乗るならリースで決まり

運転する楽しさを実感できる走行性能に加え、積載性や安全性も十分なレヴォーグ。そんなレヴォーグに乗りたいとお考えであれば、カーリースの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

カーリースなら頭金や諸費用が不要、月々定額の支払いで新車に乗れるため、購入のようにまとまった資金が必要ありません。そのためレヴォーグに乗るハードルが下がることはもちろん、ハイスペックなエンジンを搭載する上位グレードにも手が届く可能性が高まります。

さらに定額カルモくんなら、もらえるオプションや柔軟に選べる契約年数などのさまざまなメリットがあるだけでなく、顧客対応満足度​​も高く、安心して利用できるでしょう。定額カルモくんでレヴォーグに乗ってみませんか?

カーリースを利用できるかどうか「お試し審査」で簡単にチェックできます。審査通過後に車種変更やキャンセルも可能なので気軽に試してみましょう。

審査に通過しても契約する必要はありません_お試し審査をしてみる

よくある質問

Q1:レヴォーグのリース料金は月額どのくらい?

A:業界最安水準の「定額カルモくん」では、スバルの人気車種「レヴォーグ」も手頃な料金で利用することができます。なお、ベースグレードであれば最長の11年契約なら月額40,000円台から乗ることができます。​詳しい料金シミュレーションはこちらをご参照ください。

Q2:レヴォーグをリースするメリットは?

A:カーリースならまとまった資金が必要ないため、レヴォーグに乗るハードルが下がることは大きなメリットといえるでしょう。ハイスペックなエンジンを搭載する上位グレードにも乗りやすくなります。さらに定額カルモくんなら、7年以上の契約で走行距離制限がなくなるほか、「もらえるオプション」を追加して契約満了時にレヴォーグを自分のものにすることも可能です。

Q3:レヴォーグはどんな方におすすめの車?

A:レヴォーグは、最新鋭の先進安全技術や運転支援技術を採用しているため、車に高い安全性を求める方や最新の運転支援技術を体感したい方には最適なモデルでしょう。ミニバンよりも運転する楽しさを感じられるモデルが欲しい方にもおすすめです。

※この記事は2023年11月4日時点の情報で制作しています

スバルレヴォーグの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のスバルレヴォーグの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる

20万人が申し込んだ 人気のカーリース 定額カルモくんの資料を見る