勤続年数が短いと車のローンの審査に落ちる?年数が短い場合の対策を解説

勤続年数が短いと車のローンの審査に落ちる?年数が短い場合の対策を解説
カルモくんなら新車が

車のローンの審査では、申込み者の属性情報として勤続年数を確認されます。実は、勤続年数は車のローン審査で重要な項目であることをご存じでしょうか。ここでは、勤続年数がどのくらい短いと車のローンの審査で不利になるのか、そして勤続年数が短いときでも車のローンを組みやすくする方法についてご紹介します。

なお、勤続年数が短くて車のローンを組めないとお悩みの方には、ローンを組む必要がなく気軽に新車に乗れるカーリースがおすすめです。カーリースについて詳しく知りたい方は、こちらのバナーからチェック してみてください。

ローン無しでも新車

【この記事のポイント】
✔車のローンの多くは、勤続年数1年未満だと審査に通らない
✔勤続年数が短い場合はローン不要で気軽に新車に乗れるカーリースがおすすめ
✔定額カルモくんなら月々10,000円台から新車に乗れる

車のローンの審査は勤続年数が短いと不利

車のローンの審査は勤続年数が短いと不利

勤続年数は、車のローンの審査に大きな影響を与えます。なぜなら、勤続年数は収入が安定しているかどうかを判断する指標となるからです。具体的にどれくらいの勤続年数だと車のローンの審査に通りにくくなってしまうのか、また、勤続年数が短くても車のローンの審査に影響を与えないためにはどうすればいいのかを解説します。

車のローンの審査に通りにくいのは、勤続年数1年未満

勤続年数が1年未満だと、車のローンの審査に通りにくくなってしまいます。これは、勤続年数が収入の安定性の根拠となるからです。良い会社に勤めていたとしても、すぐに辞めてしまっては収入が途絶えて車のローンの返済が難しくなるおそれがあります。

返済が滞ってしまうのを避けるために、車のローンを提供する金融機関などは申込み者の収入が安定しているかどうかをきびしくチェックします。そのため、社会人になりたての新入社員や転職直後の方は、車のローンの審査に通りにくい傾向があるのです。

キャリアアップ転職の場合は審査が有利になることも

近年では、キャリアアップのために転職をする方も増えてきたため、転職に対する世間のイメージはひと昔前よりも良くなりました。そのため、これまでよりも地位の高い役職や給料が高い職業への転職はキャリアアップ転職と判断されて、勤続年数が短くなっても車のローンの審査にあまり悪影響を与えないこともあります。

ただし、キャリアアップ転職なら勤続年数が短くても必ず車のローンの審査に通るというわけではないことを覚えておきましょう。

勤続年数が短い場合の審査対策

勤続年数が短い場合の審査対策

勤続年数が短いのであれば、1年を超えるまで車を買うのを待つのが無難です。しかし、勤続年数が短い場合でも自身でできる対策はあります。車のローン審査に通過するための対策を確認していきましょう。

勤続年数にこだわらないローンを利用する

自社ローンなど、勤続年数の条件が緩いローンも中にはあります。勤続年数が短いときに車のローンを組みたいなら、勤続年数をあまり重視していないローンを利用するといいでしょう。

ただし、そのような車のローンは金利が高いというデメリットが伴うことも多いので注意が必要です。また、低金利であっても、別途保証料がかかったり保証人が必要になったりすることもあります。勤続年数以外の条件もきちんと確認してから利用するか決めましょう。

保証人を立てる

車のローンの審査に保証人は原則不要ですが、保証人を立てることで信用力が高まり、返済能力が高いと判断してもらえる場合もあります。

一般的に車のローンの保証人は、親や配偶者、親族などに頼むことが多いです。ローン会社によっては、年金以外の安定した収入があって信用情報に問題のない成人を保証人とすることもできるため、車のローンを申し込む前に保証人の条件を確認しておきましょう。

勤続年数以外の要素を確認する

車のローンの審査では勤続年数が重視されるとお伝えしましたが、審査で見られるのは勤続年数だけではありません。年収や職業などの属性情報もチェックされます。

さらに、ほかのローンやキャッシングの返済状況などの信用情報も、車のローンの審査で確認される要素です。勤続年数が短いことだけでなく、ほかの要素が原因で審査に通らなくなる可能性もあります。審査で見られる要素を事前に確認した上で、不安な部分は事前にカバーしておくといいでしょう。

車のローン審査で気を付けたいこと

車のローン審査に通過するためには、気を付けたいポイントがいくつかあります。どのようなことに注意するべきなのか、詳しく見ていってみましょう。

嘘をついて勤続年数を長く申告してはいけない

勤続年数が1年未満でも車が欲しいとき、勤続年数を長めに申告したいと考えてしまうかもしれませんが、これは絶対にしてはいけません

ローン会社が在籍確認のため会社に電話をすることはありますが、勤続年数を詳しく調べることはほとんどありません。そのためすぐに嘘が発覚する可能性は低いですが、審査の過程や契約中に嘘が発覚することも十分に考えられます。

勤続年数を本来より長く申告することは虚偽申告となり、審査に落ちたりローン契約を破棄されたりすることも考えられます。リスクが高いので、勤続年数を長く偽って申告するのは絶対にやめましょう。

複数の審査に申し込んではいけない

勤続年数が短く希望する車のローンの審査に通らないからといって、複数の車のローンの審査に申し込むことは控えましょう。

車のローンの審査には、仮審査と本審査があります。このうち、本審査を受けた履歴は信用情報機関に登録されるため、車のローン審査時に複数の審査に申し込んでいることを見られてしまうからです。

複数の車のローンの本審査に申し込んだ履歴があると、お金に困っていると判断されたりほかの車のローンで落とされている人物だと認識されたりしてしまう可能性があります。その結果、車のローンの審査に悪影響を与えてしまうため、複数の車のローンの本審査を受けるのは控えたほうがいいでしょう。

勤続年数が短くて車のローンに通るか心配なときはカーリースを選ぼう

カルモくん_new

車が必要だとしても、勤続年数が短いと車のローンの審査には通りにくく、勤続年数の条件が緩い車のローンは金利が高く返済が大変です。勤続年数が短く車のローンの審査が心配なときは、ローン不要で新車に乗れるカーリースがおすすめです。

カーリースとは

カーリースとは、リース会社が購入した新車を長期間借りるサービスです。借りるといっても、ローンで車を購入するときと同様、希望する新車に乗ることができます。

カーリースでは、車両本体価格や税金、自賠責保険料、手数料などを含んだ金額を契約月数で割り、算出した定額の料金を毎月支払っていくことになります。その際、車両価格から契約満了時の残価を差し引いた上で月額料金を算出します。車両価格の全額を支払う必要がある一括購入や車のローンよりも、負担を抑えて新車に乗れるのは、カーリースのこのようなしくみがあるためです。

また、カーリースは車のローンよりも負担する金額が少なくなる分、審査の対象となる金額を下げることができます

定額カルモくんなら月額10,000円台から新車に乗れる

カーリースの定額カルモくん は、勤続年数が短い方でも安心して新車に乗れるカーリースです。これは、定額カルモくんが日本一安い*カーリースだからです

定額カルモくんには、月額10,000円台から乗れる新車も多くあり、月額料金を抑えながらも好きな車を選ぶことができます。さらに、定額カルモくんは頭金やボーナス払いが不要で、初期費用を抑えることが可能です。車にかかる費用を抑えられるので、貯金にそこまで余裕のない方や勤続年数が短く収入が少ない新入社員の方も安心して利用できるでしょう。

定額カルモくんで月額10,000円台から乗れる車種はこちら

* 一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

カーコンシェルジュに相談してから審査に申し込める

定額カルモくんは、勤続年数が短くて車のローンの審査が不安な方でも安心して審査に申し込めます。なぜなら、定額カルモくんでは専任のマイカーコンシェルジュに相談した上で審査に申し込むことができるからです。

予算や好みの車などを相談してから審査に申し込めるため、勤続年数が短く収入が少ない方も無理のない契約内容を選べるのです。

また、審査結果が出た後にキャンセルもできるので、気軽に申し込めるのも魅力です。定額カルモくんが気になる方は、まずは以下からお試し審査を受けてみてはいかがでしょうか。

まずは審査

勤続年数が短いときは、無理に車のローンに申し込まずカーリースを利用してみよう

勤続年数が短い場合、真面目に働いていても収入の安定性が低いとみなされ、車のローンの審査に落ちやすくなってしまいます。勤続年数1年未満でどうしても車に乗りたい場合は、無理に車のローンに申し込まずカーリースを利用するのも賢い選択です。

定額カルモくんのように手軽に審査に申し込めて毎月の出費を抑えやすいカーリースを選べば、勤続年数が短くても新車に乗れる可能性は高まります。勤続年数が短く車のローンの審査に不安がある方は、定額カルモくんのお試し審査を受けてみてください。

よくある質問

Q1:勤続年数が短いと車のローンの審査に通らない?

A:通らないことが多いです。勤続年数が短いと、収入の安定性が低いと判断されてしまうので、車のローンの審査に通るのは難しくなってしまいます。車のローンの中には、勤続年数1年以上を申込み条件としているものもあります。

Q2:勤続年数が短いときに車を購入したい場合、どうすればいい?

A:勤続年数が1年以上になるまで待つのが無難です。勤続年数が短い状態でいくつもの本審査に申し込んで落ちてしまうと、信用情報に履歴が残ってしまいます。どうしても車のローンを組みたいなら、勤続年数にこだわらないローンを選ぶといいでしょう。ただし金利は高めなので、お得に新車に乗りたいならカーリースという選択肢もあります。

Q3:勤続年数が短い場合におすすめのカーリースはある?

A:定額カルモくんなら、専任のカーコンシェルジュに契約内容を相談してから審査に申し込めるので、無理のない範囲で手続きを進めることができます。また、月々の負担も最小限に抑えられるため、勤続年数が短く収入が低い方も新車に乗りやすいでしょう。

※記事の内容は2021年6月時点の情報で制作しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

読了後バナー